■アルバイト医師でも年収2000万円?


医師のアルバイトの平均的な時給が約1万円です。日中勤務だけをこなすだけでも日給8万円
になります。これを週五日行ったとし、月22日勤務したとすれば172万円となります。


つまりアルバイトだけでも医師の先生方は、年収2000万円を稼ぎだすことができるわけです。
「えっ?私常勤だけどそんなに稼いでない」といった声が聞こえてきそうです。





■非常勤医師の給与の方が割高?


確かに常勤医師の平均年収よりも大幅に上回っています。普通一般の会社では、 アルバイト
の方が正社員よりも安く雇用できるということで、積極的にアルバイトを採用します。


しかし医師のアルバイトの場合は、一般では考えられないほど状況が大きく異なります。常勤
医師よりも非常勤医師の方が給与水準が割高に設定されているケースが多いんです。


医療機関の多くが封建的な世界が根強く続いているせいからか、意外とこうしたことを知らない
医師の先生が少なくありません。転職を機に色々病院の裏事情を知るケースが多いです。





■アルバイト医師の成功例とは?


女性医師の場合、結婚・出産を機に産休に入るわけですが、産休が明けても子育があるので
復職したくても、勤務シフトが複雑で長時間拘束される常勤医師として働くことが困難です。


このため日中勤務を中心にアルバイトする方が少なくありません。最初は週に二回程度だった
のが、こどもの成長に合わせて徐々に勤務日数を増やしていくケースが多く見受けられます。


特殊なケースとはいっても、当直がゼロのアルバイト医師が勤務医よりも年収が多くなるのは
事実でありまして、今後しばらくはこうした傾向が続くことになりそうです。



 カテゴリ