■病院の苦しすぎる裏事情


医師のアルバイトの給与事情について、これまで何度か申しあげてきた通り、常勤医師の給与
よりも非常勤医師の給与の方が圧倒的に割高に設定されています。


しかし、医療崩壊が叫ばれて久しく、大都市圏にある超大型病院が破綻する時代におきまして、
なぜそれほどまでに高額な給与を支払うことが出来るのか、疑問が生じます。


実際に日本国内にある病院の半数以上が赤字とされていますので、それほど高い給与を払い
つづけるのは容易では無いはずなのですが、非常勤の給与が大きく下がる気配はありません。





■常勤医師の重要性がより高まる!


アルバイト医師に支払わなければならない給与が経営を逼迫させてしまったら 何の意味もあり
ませんので、最近はどこの病院も常勤医師の確保を最重要課題としています。


このため常勤医師を確保した段階で非常勤で勤務しているアルバイト医師にやめてもらいます。
とくに大都市圏の病院は、地方よりも人材を確保しやすいので、そうした傾向が強いようです。


問題は地方の病院です。常勤医師を確保すること自体が容易ではないので、アルバイト医師に
高額の給与を払い続けなければなりません。こうした歪んだ構造が病院経営を蝕んでいます。





■今後アルバイト求人は確実に減る


私が住んでいる東京では、これまで以上に常勤医師の確保に力を入れる病院が増えているので、
実際に以前よりも目に見えて医師のアルバイト求人の数は減っています。


やはり、アルバイトとして仕事をこなすだけでは、長期的に医師として働くために必要な能力開発
やキャリアの継続は困難であるため、アルバイトを掛け持ちする働き方はおすすめできません。


常勤医師として勤務しながら余力がある場合に限定してアルバイトをするのが一般的です。時給
1万円は確かに魅力的ですが、常勤医師として働けるステータスを捨てる価値はありません。



 カテゴリ