■精神科医に必要不可欠なスキルとは?


精神科医は患者さんとのコミュニケーションが何より大切です。患者さんを内に向かわ
せないようにコミュニケーションを取りながら、患者さんの症状を把握していきます。


もちろん!他の診療科でもコミュニケーション能力は必要ですが、精神科へ転科するの
であれば、さらに一段上のコミュニケーション能力が必要になります。


しっかり患者さんとコミュニケーションをとって短期間で「 信頼関係 」を築くことが
できなければ、患者さんは二度と病院を訪れなくなってしまうからです。





■精神科医の活躍の場は確実に増えている


ここ数年、多くの企業が過当競争に打ち勝つべく、業務の効率化を図ってコスト削減を
進めたため、「うつ病」など心の病に苦しむ人が急激に増えています。


このため、企業側もこうした問題に危機感を感じているため、メンタルヘルスを診れる
医師を採用する傾向が強いです。実際に積極的に精神科医を雇用しています。


ですので、精神科医が活躍する場は年々確実に広がっています。





■安易な気持ちでは指定医の取得は困難!


医師として将来的なことを考えて、「 精神保健指定医 」を取得するために転科を希望
される方も少なくありません。いうまでもなく「 指定医 」の資格取得は重要です。


とはいっても「指定医」を取得するのは容易ではありません。


ですので、並々ならぬ決意が必要です。


指定医の有無で「診療報酬」や「救急搬送」への対応に差が生じますので、当然のこと
ながら医療機関からすれば、有資格者を積極的に採用したいと考えます。





■精神科への転科は女性医師にも人気!


仮に「指定医」を取得すれば、年収で200万円前後上乗せされますので、「内科系」
の医師よりも年収は高くなりますし、医師として内外の評価もぐんと高まります。


また指定医の募集についてですが、「外来のみ」から「療養病院」まで、仕事とプライ
ベートの両立を実現することができる案件が多いのも魅力の一つとされています。


仕事と家庭の両立を目指す女性医師にもぴったりです!



 カテゴリ
 タグ