■常勤医師は全ての自由を奪われる?


常勤医師は安定して働くことができますが、スペシャリストを目指す医師の方からすれば、
勤務する病院に全てを合わせなければならない点で多少窮屈に感じる面もあります。


就業時間は自分の都合に合わせることはできません。当直だけでなく、科によっては深夜
に頻繁に呼び出されることも少なくないわけですから、休日は体を休めるだけとなります。


そして、空いている時間は新しい知識やスキルを吸収するために割かれることになります
ので、そうなると、自分らしいライフスタイルを築くというのが非常に困難です。





■常勤医師の負担は増える一方


そうした厳しい状況にありながらも常勤医師としてやりがいを感じる人が圧倒的に多いです。
しかし、あまりにも激務であるため、やりがいや生きがいを見いだせない人も多いです。


医療現場を改善する動きは確かに見られますが、現状では、どの病院も必要な数の医療
スタッフを確保するのに苦しんでいるため、常勤医師にかかる負担は増える一方です。


ですので、病院側が出来ることというのは、すでに限界に来ているように思います。国が腰
を据えて取り組まなければならない状況にあります!常勤医師として働くことへの興味を
失っている医師の方が増えているのも、また事実なんです。





■医師不足は改善されるのか?


どこの病院も慢性手的に医師不足です。先に申した通り、病院側は職場環境の改善に取り
組んではいますが、病院側ができることは限られているため、解決にいたってません。


「医師を増やせばよいのでは?」といった議論がテレビ番組の討論などで良く行われていま
すが、現状では厳しいです。まず医者を目指せる環境にある人の数が少なすぎます。


仮に環境が整備されて誰でも医師になれるようになっても、色々な重圧に耐えることが出来、
晴れて医師となれる人はそう多くないでしょう。それくら医師の仕事は大変な仕事です。


また、病院が経営破たんする時代において、安定を求めて常勤医師になっても、常に色々な
不安がつきまといます。もし仮に転職するのであれば、そうした病院の裏事情についても把握
しなければなりません。残念ながら現状では常勤医師の魅力は年々低下しています。



 カテゴリ