■なぜスポット医師として働くのか?


医師としてブランク期間が長いため、ブランクを補うためにスポット医師として実際に働いて
いる方が少なくありません。働きながら徐々に感を取り戻せるのが大きなメリットです。


ブランクが生じてしまう理由は人それぞれですが、女性医師の場合は結婚・出産によって、
家庭に入り、子供に手がかからなくなるまでの間は医師として働くことができません。


ですので、どうしてもブランクが生じます。男性の場合は長期間にわたって療養生活を与儀
なくされるといった理由から、ブランクが生じてしまうケースが少なくありません。





■ブランクの長い医師にぴったり!


いずれにしても、長期間にわたってブランクが生じてしまった場合、いきなり常勤医師として
現場に復帰するのは精神的にも肉体的にも非常に困難です!


これまで培ったスキルを取り戻すには時間がかかります。しかし、いきなりフルタイムで働く
となると、荒療法としての効果はあるかもしれませんが、あまりにもストレスが大きすぎます。


一般職と異なり、医師の仕事は人の生命がかかっているからです。ですので 無理して職場
復帰するのは、得策ではありません。徐々に慣れていくのが一番理想的なんです。





■スポット医師で職場復帰を目指す!


医師転職サイトでも積極的にスポット医師の求人を紹介しています。やはり長期間にわたる
ブランクがある方は、色々な点で不安がよぎるため職場復帰に躊躇するケースが多いです。


日進月歩で進化する医療技術や知識についていけるか不安に感じてしまうのは仕方ありま
せん。スポット医師として、現場の空気に触れるところから始める方が良いわけです。


また、小さなお子様がいる女医さんが子育てや家事を優先しながらも、出来るだけブランクが
生じないようにスポット医師として月に1~2回働くケースもあります。


スポット医師は医師側だけでなく、病院側にもメリットがありますので、色々なニーズに応える
ことができるので、今後さらに求人数が拡大されることを願うばかりです。



 カテゴリ