リハビリテーション科のタグ記事一覧


タグ:リハビリテーション科

リハビリテーション科のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■想像力がなければ厳しい仕事ですリハビリテーション科では、患者さんの身体所見をしっかり観察し、疾患や怪我などの特徴とその状態を把握したうえで、まず考えられるリスク要因を洗い出します。そして、最終的な目標を設定し、それに合わせて適切な訓練と治療を行うわけですが、医師はアセスメントとプランを行わなければならないので、責任重大です。あらゆることを想定したうえでリハビリを計画し、患者さんと一緒に進めていき...

記事を読む

no-image

その他
■需要が急拡大している理由とは?リハビリテーション科を新設している病院が増えています。このため求人の数に関しても他の診療科よりも多く、どこの医療機関も専門医が不足していることから、専門医を取得していれば、優位に転職することができます。リハビリテーション科は、神経筋疾患、脊髄損傷、末梢神経障害、骨関節疾患、慢性腰痛などで日常生活に支障をきたしている患者さんのリハビリを行います。そして、元の生活を普通...

記事を読む

no-image

その他
■脳神経外科医に求められるスキルとは?脳神経外科医は、手術の技量は勿論大切ですが、「 訴訟リスク 」を最小限に抑えるためにも、患者さんやその家族に対してしっかり説明しなければなりません。専門用語を織り交ぜながら手術について説明しても、当然のことながら患者さんには到底理解することができません。逆に不信感を抱かれてしまいます。そのためにどうしても高いコミュニケーション能力が必要となります。■脳神経外科医の...

記事を読む

リハビリテーション科ではこんな医師が求められています




■想像力がなければ厳しい仕事です


リハビリテーション科では、患者さんの身体所見をしっかり観察し、疾患や怪我などの
特徴とその状態を把握したうえで、まず考えられるリスク要因を洗い出します。


そして、最終的な目標を設定し、それに合わせて適切な訓練と治療を行うわけですが、
医師はアセスメントとプランを行わなければならないので、責任重大です。


あらゆることを想定したうえでリハビリを計画し、患者さんと一緒に進めていきます。
このため医師は想像力豊かでないと、適切なプランを作成することができません。





■転化して専門医を目指しましょう!


リハビリテーション科へ転科をして転職する場合は、色々と迷われると思います。


他の診療科よりも情報が少ないため、どのように転職活動を進めればよいのか、また、
どのような資格やスキルを取得すれば良いのか分からない方も多いと思います。


全国の医療機関では、約3000人も専門医が不足しています。ですので、転科を希望
されるのであれば、やはり専門医の資格を取得することをおすすめします。


資格を取得することによって転職先はさらに広がり、待遇面でも大幅に優遇されます。





■こんな医師が求められています


基本的に多くの医療機関において「リハビリテーション科」は、いまだに手探りの状態
にあるため、一つの診療科として確率するために研究熱心な医師が求められます。


また、実際の職場では、看護師をはじめ、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、言語
聴覚士(ST)、管理栄養士といった様々な資格をもったスタッフと働きます。


それぞれの立場から色々な意見が飛び交うので、しっかり現場をコントロールしなけれ
ばなりません。ですので、リーダーシップがしっかり取れる医師が求められます。


連携が不十分だったために、高齢者に過度な機能回復訓練を行い、骨折などのトラブル
が全国の医療機関で多発していますので、高いコミュニケーション能力も必要です。



リハビリテーション科が転科しやすい理由とは?




■需要が急拡大している理由とは?


リハビリテーション科を新設している病院が増えています。


このため求人の数に関しても他の診療科よりも多く、どこの医療機関も専門医が不足
していることから、専門医を取得していれば、優位に転職することができます。


リハビリテーション科は、神経筋疾患、脊髄損傷、末梢神経障害、骨関節疾患、慢性
腰痛などで日常生活に支障をきたしている患者さんのリハビリを行います。


そして、元の生活を普通に送ることができるように、訓練や治療を行っています。


また、高齢化が急速に進んでいるため、脳卒中後の片麻痺などによって、リハビリを
受けるケースが増えており、今後さらに需要が大きくなることが予想されています。





■危機的な人材難


病院の半数以上が赤字経営にあるため、どこも業務効率を高めることに必死です。


このため入院日数を短縮化する動き急速に広がっていますので、リハビリ科が果たす
役割は、今後さらに拡大することが求められてるわけですが、問題が山積みです。


圧倒的にリハビリの専門医が不足しています。その数は日本全国でおよそ3000人
とされているので、いかに危機的な状況にあるかお分かり頂けると思います。





■未経験者でも採用される可能性が高い


こうした問題を解消するために、多くの病院が神経内科、脳神経外科、整形外科から
転科を希望する医師を積極的に採用しているため、転科しやすい診療科の一つです。


上述した通り、様々点でリハビリテーション科を求める動きが広がっていることから、
リハビリテーション科を新設する「 病院 」が急速に増えています。


こうした流れは今後しばらく続くことが予想されています。また、危機的な人材不足
にあるため、「 未経験者 」でも採用されるケースが少なくありません。



脳神経外科医を最も求めている診療科とは?




■脳神経外科医に求められるスキルとは?


脳神経外科医は、手術の技量は勿論大切ですが、「 訴訟リスク 」を最小限に抑える
ためにも、患者さんやその家族に対してしっかり説明しなければなりません。


専門用語を織り交ぜながら手術について説明しても、当然のことながら患者さんには
到底理解することができません。逆に不信感を抱かれてしまいます。


そのためにどうしても高いコミュニケーション能力が必要となります。





■脳神経外科医の人気の転科先とは?


これまで脳神経外科は、「心臓血管外科」と並んで手術の花形とされてきましたが、
訴訟リスクが高いので、脳神経外科医を目指す医師が減少しているのが現状です。


全診療科の中でも脳神経外科は、高難度手術に関してはダントツです!


脳神経外科は、他の科からの転科はまずありませんが、高難度手術を生涯にわたって
行うことは困難であるため、一定の年齢に達すると現場を退かなければなりません。


このため脳神経外科での経験と技術を活かすため、リハビリテーション科をはじめ、
精神科、人間ドック施設などに転科するケースが圧倒的に多いです。





■リハビリテーション科で能力開花?!


脳神経外科医の給与についてですが、全診療科の中でもダントツに難易度の高い手術
を行い、過酷な職場であるため他の外科系よりもかなり高めに設定されています。


最近は回復期リハビリテーション病棟を新設する動きが全国的に広がっているため、
確かな技術と経験のある脳神経外科医の募集が積極的に行われています。


このため脳神経外科からリハビリテーション科へ転科を希望する医師の先生も増えて
いるのですが、残された現役の脳神経外科医の負担はさらに強まることこなります。



Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます