仕事のタグ記事一覧


タグ:仕事

仕事のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■在宅医療の需要が拡大する理由 ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。 ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が 高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。 基本的に在宅医師は、病院に勤務する...

記事を読む

no-image

その他
■産業医の転職について 今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、 具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。 このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然 と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。 産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生...

記事を読む

no-image

その他
■産業医が増えない理由とは? 産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人 は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか? 病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、 あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。 場合によっては企業への訪問が延期することもあります...

記事を読む

no-image

その他
■医師になるまでの費用が莫大! 今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを 知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。 医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは 比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。 勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけ...

記事を読む

no-image

その他
■在宅医師の仕事とは? 在宅医師の仕事についてですが、当然のことながら往診が中心となります。訪問先は何も 患者さんの自宅だけではありません。老人介護施設など福祉施設へも往診します。 高齢者が多いことから、患者さんの病状をしっかりと管理したうえで診療や投薬などを行う のですが、患者さんの中には重度の病気を患っているため日常生活が困難な方もいます。 例えば透析されている患者さんには、患者さんのご自宅で...

記事を読む

在宅医師として働くリスクについて



■在宅医療の需要が拡大する理由


ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら
しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。


ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が
高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。


基本的に在宅医師は、病院に勤務する医師よりも患者さんと直接触れ合う機会が多いですし、
自ら一定のエリア内のお宅を訪問することで、地域に根差した活動を行うことになります。





■在宅医療を利用する患者の大半は!


ここ数年ご自宅で治療を受けることを望む患者さんが増えています。ちなみに在宅治療を受け
られる患者さんの大半は高齢者の方です。通院すること自体困難な方も少なくありません。


病院の行き返りは、ご家族に付き添ってもらうにしても、病院の中で何時間も待たされるのは、
さすがに体にこたえます。特に寒さ暑さが厳しいときは高齢の患者さんにとって厳しいです。


また、入院に関してですが、病院側の事情で入院できないケースもありますし、人生の最後を
病院ではなく、慣れ親しんだ自宅で迎えたいと考えてから入院を拒否されるケースも多いです。





■在宅医師が直面する現実


在宅医療を利用される全ての患者さんが重度の病気を患っていたり、すでに危篤状態にある
わけではありません。通常生活を送れる方もいますので、対応の仕方も当然異なります。


それだけに病院勤務にはない難しさがあります。患者さんと触れ合うだけでなく、 そのご家族
とも色々なことで向き合わなければなりません。難しい相談を受けることも多いです。


在宅医師は地域全体に頼りされていますので、やりがいのある仕事です。しかし、それ以上
に責任の大きさから、全てを重荷に感じてしまう在宅医師も少なくありません。




 カテゴリ
 タグ

産業医の病棟勤務にはない難しさについて




■産業医の転職について


今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、
具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。


このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然
と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。


産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生徒の中で実際に産業医として働く人
は二割に届かないのが現状です。逆にいえば、なり手が少ない分チャンスがあります!。





■病院勤務にはない難しさ


産業医は、簡単にいうと企業で働く医師のことです。しかし、病院のように医療行為を行う
ことはほとんどありません。このため一般的な医師のイメージとはかけ離れています。


医療行為を行うのではなく、従業員の健康管理が主な仕事であるため、残念ながら産業医の
仕事を見下す方が少なくないのが現状です。しかし、いうまでもなく非常に重要な仕事です。


従業員が多いほど、細かいルールを作成して管理しようとします。このため気がつけば非常
に働きにくい職場環境となってしまい、突発的な病気や怪我が増えることになります。





■職場環境の改善も大事な仕事


産業医を配置することによって、従業員の健康を管理するだけでなく、働きやすい職場環境
を作りあげるために、会社内の業務をチェックしながら問題点を拾い上げています。


職場環境が改善されることによって、従業員の業務に対する効率も高まりますので、こうし
た点からも、産業医の存在価値は非常に高く、企業価値を高めるうえで欠かせません。


産業医は、大手企業の医務室で働くイメージが強いですが、本来であれば従業員が50名以上
いる会社は産業医を配置する必要があるので、必ずしも大企業だけではありません。




 カテゴリ
 タグ

産業医は恵まれている?気になる裏事情とは?




■産業医が増えない理由とは?


産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人
は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか?


病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、
あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。


場合によっては企業への訪問が延期することもあります。そして、常勤として働く医療機関
が変わることによって、同じ企業で働くことが困難になるケースもあります。





■勤務条件は年々改善されています!


これでは長期間に渡って従業員の健康管理を行うことは困難ですので、産業医として長期間
に渡って勤務すること自体が困難であるため、産業医不足が慢性化しているわけです


従来の産業医の求人の多くが非常勤が中心でした。しかし、非常勤では長期間に渡って人材
を確保することが困難であることから、最近では常勤で働ける産業医を募集しています。


また、求人条件は決して悪くありません。完全土日・祝日が休めて年収は1,000~1,200万円
程度を提示していますし、また週3~4日程度出勤すればOKのところもあります。





■産業医の内定率は良くない


上述した理由から、産業医として長期間にわたって勤務すること自体が困難であったため、
実際に産業医として働いている医師の多くが常勤勤務が困難な方ばかりでした。


例えば育児中の方や、年齢・体力的な問題によって臨床医の現場を去った方が産業医として
勤務するケースが少なくありませんでしたが、近年では環境が大きく変わりつつあります。


しかし、だからといって採用されやすいわけでもありません。企業側が求める産業医の条件
は決して低くないので、医療機関への転職と比べると、内定率は圧倒的に良くありません。





 カテゴリ
 タグ

医師の年収は決して高くない!




■医師になるまでの費用が莫大!

今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを
知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。


医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは
比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。


勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけですから、裕福であることは間違いありませんが、
もし、両親に医師になるまでにかかった費用を返せと言われても返すことはできません。





■医師になっても下積みは続く

それくらい膨大な費用がかかるわけですが、医師免許を取得するまでは本当に長い道のりで、
ようやく研修医として働き始めても、スタートしたばかりの頃の給料は非常に安いです。


一般的にみれば、確かに医師は高収入を得られる職種ですが、実際に医師となるまでには、
他の職種以上に過酷な下積み生活を余儀なくされますが、メディアの多くが伝えません。


ですので、裕福で勉強が出来るお坊ちゃま、お嬢様が何の苦労もしないでなれると誤解される
わけですが、医療業界は特殊なので医師になったらなったで苦労は付きまといます。




■特殊な医療現場

医療業界のカースト制度は特殊です。医師が病院内で怒鳴り散らしているイメージが強いかも
しれませんが、実際にはそんなことはなく、看護婦長にいじめられているケースも多いです。


医療現場の人間関係は非常に複雑なので、医師として働くには強靭な精神と肉体が必要です。
そうでないと、患者さんの病気を治す前に自分が病気になって倒れてしまいます。


また、それなりの実績を積まないと一人前の医師として認められないので、医療スキルと知識
を高めるために必死です。年収を一つの評価とするならば、低すぎると断言できます。




 カテゴリ
 タグ

在宅医師の仕事について




■在宅医師の仕事とは?


在宅医師の仕事についてですが、当然のことながら往診が中心となります。訪問先は何も
患者さんの自宅だけではありません。老人介護施設など福祉施設へも往診します。


高齢者が多いことから、患者さんの病状をしっかりと管理したうえで診療や投薬などを行う
のですが、患者さんの中には重度の病気を患っているため日常生活が困難な方もいます。


例えば透析されている患者さんには、患者さんのご自宅で人工透析を行います。難易度の
高い大規模な手術は出来ませんが、それ以外の医療的サービスはほぼ提供できます。





■病院勤務にはない難しさ


患者さんの病気に合った診療を行うのは勿論ですが、高齢者の方の場合長期間にわたって
療養するわけですから、療養中に不安になってパニックになるケースも少なくありません。


ですので、そういった事態を極力避けるためにも患者さんとご家族に対して療養上の適切な
アドバイスを行う必要があります。こういったことも在宅医師の大切な仕事です。


在宅医師は病院勤務よりも患者さん一人一人に向き合う時間が長いので、やりがいも大きい
ですが、良かれと思ったことが仇となったりするケースもあるので、難しい面もあります。





■家族の心のケアも大事な仕事

高齢者の患者さんの場合、ご家族が沢山いて、交代で患者さんを介護しているケースは多く
ありません。一人二人で親の面倒を見ているケースが圧倒的に多いのが現状です。


特に核家族化が進んでいる大都市では、 こうしたケースが多く、介護疲れで精神的に苦しん
でいるご家族の方が少なくありません。日常的に相談相手がいないのも問題となってます。


藁にもすがる思いで在宅医師に色々な相談をしてくるご家族の方もいます。どうかこうした方
を突き放すのではなく、出来る範囲内で相談にのってあげて下さい。これも大切な仕事です。




 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます