■個人情報の取扱について


ネットによって情報のやりとりに関する利便性は飛躍的に向上したわけですが、それゆえに
悪用する輩が後をたちません。日本では、2005年から個人情報保護法が施行されました。


それ以前と比べれば厳格化されてはいますが、いまだ十分とはいえません。しかし、企業や
関係諸機関側は、こうした「個人情報」の取扱いについて、行政以上にシビアになってます。


ちなみに医師転職サイトを利用するにあたり、無料会員登録を行わなければなりません。
医師の皆様は、登録するさいに自ら個人情報を医師転職サイトに提供しています。





■医師転職サイトに提供する個人情報


医師転職サイト側に提供する医師の皆様の「個人情報」は、以下のとおりです。

●名前
●住所および電話番号
●写真

これらの情報は個人を特定することができますので、医師転職サイト側も取り扱いには細心
の注意を払っています。一方、個人を特定出来ない情報として次のようなものがあります。

+-----+ +-----+ +-----+ +-----+ 

出身大学:私立大学医学部卒
医師経験:5年以上10年未満
性別:男
スキル:肝臓内科
勤務希望地:東京都
希望年収:1300万円以上
年齢:31歳

+-----+ +-----+ +-----+ +-----+ 


これだけですと個人を特定することは困難です。医師転職サイトの多くは、こういった個人を
特定できない簡素なプロフィールを求人担当者と打ち合わせ入念に行います。


そしてマッチングの可能性を探ることになるわけですが、求人側もいくら医師不足と言っても、
医師であれば誰でもいいというわけには行きませんので、求人先が求める理想の医師像を
理解した上で医師の皆様にお声をかけさせていただくことになります。





■個人情報流出に怯えなくて良い


医師の皆様が自分に有利に「医師転職サイト」を利用するには、やはりそれなりのことをやら
なければダメなんです。ただ単に無料会員登録すれば良いというわけにはいきません。


しっかり求人先の理想にかなった医師であることを自らアピールするには、まず以下の点に
ついて、ご家族にもしっかり相談して、将来的なことを具体的に検討してみてください。


●専門医の有無について

●得意な分野について

●将来の目標などについて

●仕事に対する理念について

●自分の性格について


こうした個人を特定できない情報を上手にまとめ、しっかり医師転職サイト側ににアピールする
ことができます。これなら個人情報が流出することになっても、何の心配もいりませんよね。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ