■民間病院の給与が公立病院よりも高い理由


「公立病院」と「民間病院」の給料を比較した場合、圧倒的に民間病院の方が高めに
設定されています。給与を高めに設定しないと人が集まらないからです。


依然として民間病院を希望する医師は少ないので、民間病院は医師確保に必死です。


労働環境を比較しても民間病院のほうが働きやすい環境が整備されています。


しかし、この仕事面に関しては多くの医師を満足させる環境にはないため、中々医師
が集まらないのです。苦肉の策として給与を高めに設定しているわけです。





■給与だけでは医師の心は動かない!


つまり医師の先生方にとって「給与」は、あくまでも条件の一つであって、全てでは
ないわけです。医師として働きがいがある「環境」を多くの医師が求めています。


しかしだからといって公立病院が医師の数が満足な状態にあるわけではありません。
地方にある多くの公立病院が「 医師不足 」に苦しめられています。


小児科医や産婦人科医が極端に不足している地域の病院では、子供を産んでも満足な
医療が受けられないため、住民らが結集して署名運動が起こったりします。


しかし、それでも医師は思うように集まりません。


なぜなら、その地域にある病院が医師の先生方が満足できる環境にないからです。






■安易な募集は逆に医師を遠ざける


多くの医師の先生が医師としてのやりがいを強く求めています。


医師としてのやりがいが満たされる職場であれば、多少「給料」が平均より安くても、
その地域に暮らす人達の健康を守るために必死になって働いてくれます。


医師が去ってしまった地域は、満足のいく環境ではないわけです。


しかし、雇用する側の多くがこの点を全く理解していません。


「平均よりもかなり高い給料を設定すれば来てくれるだろう」といった安易な気持ち
で募集をかけるので、そうした思惑を医師の先生が見逃すわけもありません。



 カテゴリ