内科のタグ記事一覧


タグ:内科

内科のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■内科は全ての診療科の基本転科先として最も多いのが内科です。内科は全ての診療科の基本となります。病気を患った患者さんがまず最初に受診してプライマリーケア(初期治療)を受けます。内科には以下のとおり、複数の「 専門医療 」が存在しています。(1)「 循環器科 」(2)「 呼吸器科 」(3)「 消化器科 」(4)「 感染症科 」(5)「 腎臓・内分泌科 」(6)「 糖尿病・代謝・内分泌科 」(7)「 アレルギー科 」■...

記事を読む

no-image

その他
■圧倒的に医師が不足しているのは内科!医師の皆様は、実際の医療現場で目の当たりしているのでお分かりだと思いますが、圧倒的に医師が不足しているのは内科です。求人情報の過半数を占めるくらい需要があります。実際に病院を訪れる患者さんの約半分が内科であることから、医師の割合も必然的に内科が半分を占める恰好となります。ですので、医師不足の大半は内科医不足です。しかし内科といっても色々な専門がありますが、求人...

記事を読む

内科へ転科する前に知っておきたい裏事情




■内科は全ての診療科の基本


転科先として最も多いのが内科です。内科は全ての診療科の基本となります。


病気を患った患者さんがまず最初に受診してプライマリーケア(初期治療)を受けます。
内科には以下のとおり、複数の「 専門医療 」が存在しています。


(1)「 循環器科 」

(2)「 呼吸器科 」

(3)「 消化器科 」

(4)「 感染症科 」

(5)「 腎臓・内分泌科 」

(6)「 糖尿病・代謝・内分泌科 」

(7)「 アレルギー科 」





■内科医はなぜ忙しいのか?


このため内科医は 「頭痛」、「胃炎」、「高血圧」、「糖尿病」など、幅広く診療しな
ければなりません。しかも限られた時間内に的確な診断をしなければなりません。


内科を訪れる患者さんの症状は幅広いです。中には診察を受ける必要がない人もいます。
また、しっかりとヒアリングしているつもりでも症状が分からないことも多いです。


このため相当時間が取られてしまうので診療時間内に外来診療が終わらないことも少なく
ありません。病院の全診療科の中でも、一二を争うくらい忙しいです。





■内科医へ転科するなら?


内科医は、患者さんの話をしっかりと聞く温厚な性格の方でなければ到底務まりません。
患者さんと向き合いながら色々なことを聞きだすので、相当な忍耐力を要します。


内科は転科先としては最も人気が高いです。あらゆる診療科の医師が転科をしています
ので、本気で転科するのであれば専門医になるまでのキャリアプランを構築します。


そして転科を確かなものにするためにも、過去に沢山の医師の先生方を転科させている
医師転職サイトを利用するのが得策です。悩む前にまず相談してみましょう!!



 カテゴリ
 タグ

医師の求人が圧倒的に多いのは内科?




■圧倒的に医師が不足しているのは内科!


医師の皆様は、実際の医療現場で目の当たりしているのでお分かりだと思いますが、圧倒的
に医師が不足しているのは内科です。求人情報の過半数を占めるくらい需要があります。


実際に病院を訪れる患者さんの約半分が内科であることから、医師の割合も必然的に内科が
半分を占める恰好となります。ですので、医師不足の大半は内科医不足です。


しかし内科といっても色々な専門がありますが、求人情報を科別に分けると上位10のうち半分
以上が内科の科目となっているので、いかに医師が不足しているか良く分かります。





■なぜ小児科や産婦人科の求人が少ないのか?


テレビや新聞などのメディアでは、ことさら小児科や産婦人科の医師が不足していることから、
満足な医療が受けられないといった報じられかたがなされています。確かにこれは事実です。


これらの科目は、ただ単に医師の数が少ないだけでなく、訴訟リスクや経営上の問題が多分
にあるため、どこも病院を集約化することで、こうした問題を回避する動きが広がってます。


勿論どこの病院もきちんとこれらの科を設けているわけですが、 科そのものの規模が小さい
ので、病院全体の割合から見れば非常に小さいく、求人の数としても多くないわけです。





■今後ますます病院経営が難しくなる?


それゆえ科目を標榜する医療機関が少なくなっており、求人の数ということでは、それほど多く
はありませんし、皮膚科や耳鼻科、麻酔科などのマイカー科も求人は少なくなります。


どこの病院も人材不足で苦しめられていながら、赤字経営のところが少なくありません。首都圏
の老舗病院が倒産する時代ですから、今後ますます厳しい状況を迎えるかもしれません。


ですので、やむえず転職を余儀なくされることもあるでしょう。そうなったときに頼りになるのは、
確かな情報と、その情報に対して適切なアドバイスをしてくれる存在です。


その役割を果たしてくれるのが医師転職サイトの存在です。もし将来的なキャリアプランを明確
にしたいのであれば、相談するだけでも十分利用する価値はあります。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます