労働条件のタグ記事一覧


タグ:労働条件

労働条件のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■待遇改善されることのない過酷な現場小児科に新生児集中治療室(NICU)がある病院は、24時間365日体制で小児科医を配置させなければなりませんので、小児科医の先生は本当に大変です。「 新生児医療 」に力を入れている病院は、小児科医の給与は高めに設定されているので、激務であっても給与に関する不満は小さいと考えられています。しかし、32時間(定時に終わることはないので実際には36時間)連続勤務に耐えながら...

記事を読む

no-image

その他
■労働条件が悪い分収入面はよい小児科医を目指す若手医師は年々減少傾向にあるため、小児科はどこも人材難です。そうした状況にありながら「新生児医療専門」の求人に注目が集まっています。医療技術は日々進化し続けているわけですが、その中でも特に「新生児医療」の進化は凄いものがあります。このため「 労働条件 」が非常に厳しいです。毎日長時間に渡って激務をこなさなければらないので、その分給料も良いです。このため優...

記事を読む

過酷過ぎる小児科医の当直の実態とは?




■待遇改善されることのない過酷な現場


小児科に新生児集中治療室(NICU)がある病院は、24時間365日体制で小児科医
を配置させなければなりませんので、小児科医の先生は本当に大変です。


「 新生児医療 」に力を入れている病院は、小児科医の給与は高めに設定されている
ので、激務であっても給与に関する不満は小さいと考えられています。


しかし、32時間(定時に終わることはないので実際には36時間)連続勤務に耐え
ながら働き続けるのは非常に困難で、並の精神力では到底無理です。





■過酷過ぎる小児科医の当直の実態


スケジュールどおり毎日進めばいいのですが、入院患者さんの容態が急変することも
しばしばありますし、ハイリスクな分娩になると人手不足が災いします。


ただでさえ現場にいる小児科医が少ないのに、残された小児科医が手分けして現場を
切り盛りすることになります。そうなると残業がいつも以上に長くなります。


場合によっては、40時間を超えることもあります。


そうなると「 思考回路 」が極端に低下し、集中できなくなります。


何でもない天敵や採血すら失敗します。ミスが多くなってしまうのです。


しかも、人の命がかかっているので、医療ミスもとなれば徹底的に責められます。





■小児科医の給与水準は高いのか?


こうした過酷過ぎる当直が月に最低でも「5回」以上あります。


休日は身体を休めるだけになります。というより身体を休めるだけにしておかないと、
余計なエネルギーを消費してしまい、働き続けることができなくなります。


また最新の医療知識を空いているスキマ時間に勉強しなければなりません。


休日は趣味に没頭するなんてことは到底できません。


30代で専門医を取得された先生でも年収は1400万円前後です。


ボーナスが基本給の4ヶ月であれば、月収で100万円は到底超えません。


最近になって、ようやく待遇改善を見直す動きが広がっています。



 カテゴリ

小児科医は労働条件が悪い分収入面はよい?




■労働条件が悪い分収入面はよい


小児科医を目指す若手医師は年々減少傾向にあるため、小児科はどこも人材難です。
そうした状況にありながら「新生児医療専門」の求人に注目が集まっています。


医療技術は日々進化し続けているわけですが、その中でも特に「新生児医療」の進化
は凄いものがあります。このため「 労働条件 」が非常に厳しいです。


毎日長時間に渡って激務をこなさなければらないので、その分給料も良いです。


このため優秀でキャリア志向が高い医師の応募が殺到します。


「新生児医療専門」の求人は、国立病院をはじめ求人数が多いです。


そして「医療機関」だけでなく、それぞれの地域の自治体も「 地域医療の重要項目 」
としてバックアップしていますので、今後さらに注目を集めることになりそうです。





■小児科の地域格差は広がるばかり!


残念ながら小児科は減少傾向にあります。その理由は少子高齢化など様々です。


このため地域によって格差が広がりつつあります。


厚生労働省の調べでは、小児科医がもっとも多い徳島県ともっとも少ない岩手県都の
差は何と2.49倍まで広がっていまして、今後さらに開く可能性が高いです。


小児科は産婦人科と並んで地域格差が大きいです。


今後抜本的に改善される可能性は低いのが現状です。


人材難であるため一人あたりの医師にかかる負担は尋常ではありません。


ですので、収入面は確かに良いですが、小児科医として働くのは非常に大変す。


このため小児科医を目指す若手医師が少ないです。





■専門医を取得者は厚遇を期待できる!


小児科を取り巻く環境は依然厳しい物がありますが、「専門医」を取得された医師は、
厚遇が得られますし、転職するにしても非常に有利な条件で転職できます。


求人先と直接交渉することも問題なくできますので、ネックとされる当直に関しても、
一ヶ月間の当直時間を労働時間に全てカウントしてシフトを組む無ことができます。


ですので転職するにあたって情報が何より大切です。


しかし、激務の中で転職活動を行うのは難しいです。


一々求人情報を精査していたら時間がいくらあっても足りません。


民間の医師専門の転職支援サービスを利用すれば、無理なく進めることができます。


希望にあった求人の中から最も良い条件を提示する求人を探してくれますので、面倒
な作業に翻弄されることがありません。普段どおり働くことができます。



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます