■勤務地を軽視する傾向が強い!


一般企業に勤務されている方々が転職する場合、勤務地も非常に重要な条件となります!
特にすでにマイホームを購入されている方にとっては外すことが出来ない条件です。


一方、医師の方々が転職する場合、意外にも勤務地を条件にされる方が少ないです。こうした
背景には、仕事に対する使命感、義務感、責任感が強い方点が要因として挙げられます!


人によっては転職に合わせて引っ越す方もいらっしゃいます!。あくまでも医師としての仕事
を優先させるのが目的であって、そのためであれば、勤務地にはこだわらないようです。





■労働条件を優先させると失敗する?


医師によっては、給与や労働条件を最優先させるために、転職に関する条件を無理に広げて
しまう方が少なくありません。こうした場合、後々になって公開する可能性が高いです。


ただでさえ医師の仕事は、肉体的にも精神的にもハードでありながら、往復の通勤に3時間も
かかったら、いくらなんでも体が持ちません。体調を壊して退職することになったら大変です。


もし、常勤医師としての転職を希望するのであれば、病院側からの急な呼び出しや急な対応を
余儀なくされることもあります。その時に、勤務地から自宅が遠ければ相当な不都合が生じます。





■勤務地を軽視すると大変なことに!


マンションや一軒家を購入されている医師の方の場合、一旦家に帰ってから出直すことが困難
なので、頻繁に病院で寝泊まりすることになります。これが日常化すると大変です。


医師が慢性的に不足している病院側にとって、こうした仕事に対する姿勢は大変ありがたいこと
です。しかし、家で帰りを待っているご家族からすれば、たまったものではありません。


大都市圏にある医療機関であれば、求人情報も多いので探しやすいでしょうが、地方の場合は、
極端に少なくなります。勤務地もしっかり考慮したうえで転職活動を進めるべきです!。




 カテゴリ
 タグ