医局のタグ記事一覧


タグ:医局

医局のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■臨床研修医制度は問題だらけだったのか?2004年に導入された新医師臨床研修制度によって、大学医局の力は削がれ、医局から派遣される医師に依存していた地方の病院はより医師不足が深刻化することなりました。しかし、研修医からすると自由に研修先を選べるようになるなど、それなりにメリットも多く、実際に研修を終えた研修医の多くが臨床研修医制度自体に満足されているようです。それまでは医局で上級医師の下働きをさせ...

記事を読む

no-image

その他
■原因は新医師臨床研修制度?医師不足がこれほどまで深刻化するきっかけとったのが、2004年度から実施されることとなった「新医師臨床研修制度」です。当時の小泉政権下で多方面で規制緩和が行われました。その大半が失敗してますが、新医師臨床研修制度には医学界からは批判が殺到しました。新医師臨床研修制度によって、研修医が出身大学の医局以外でも自由に研修病院を選択できるようになったわけですが、その代償として医...

記事を読む

no-image

その他
■研修医までなら誰でもなれる?医師になるためには、研修医としての修業期間を避けることはできないわけですが、あえて極論を言えば研修医までならば誰でもなれますが、そこから先は本当に険しき道です。医師には年齢制限のようなものがありませんので、SMAPの草なぎ剛さんが主演して話題となったドラマの主人公のように30代後半の人でも医師になることができます。■多様化する医学部まず医学部に入学し、しっかり卒業することが...

記事を読む

no-image

その他
■医局員の医局に対する不満と将来に対する不安大学医局は良くも悪くも封建的な世界であるため、組織上の縛りが非常に強いので、不満を通り越して常に怒りを胸の内に抱えながら働いている医局員も少なくありません。また常にどこに派遣されるかわからないといった不安定な職場環境も医局員を苦しめます。そうした非常に過酷な環境の中で働き続ける医局員のモチベーションは専門医を取りたい、学位を取りたい、一定の技術を学びたい...

記事を読む

no-image

その他
■円満退局をめざす!医局を退局するにあたって、まず教授に退局の相談しなければなりません。このさいに注意しなければならない点が幾つかあります。職場の不満を漏らすことのないようにして下さい。医療業界は広いようで本当に狭い業界です。揉めに揉めて逃れるように退局したことにより、根も葉もない悪い噂を入職したばかりの病院内で流されるかもしれません。医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >...

記事を読む

研修医の待遇は良くなっている?




■臨床研修医制度は問題だらけだったのか?


2004年に導入された新医師臨床研修制度によって、大学医局の力は削がれ、医局から派遣
される医師に依存していた地方の病院はより医師不足が深刻化することなりました。


しかし、研修医からすると自由に研修先を選べるようになるなど、それなりにメリットも多く、
実際に研修を終えた研修医の多くが臨床研修医制度自体に満足されているようです。


それまでは医局で上級医師の下働きをさせられ、薄給のためアルバイトをしなければ生活すら
ままならなかった状況から比べると、研修医を取り巻く環境は、かなり良くなっています。





■医療機関側にもメリットがあった


では、「 研修医側にしかメリットはないのか? 」ととわれれば、答えは「 NO 」です。


研修医の多くが、これまでとは比較にならないくらい研修先で幅広く色々なことを学び、また、
経験したことによって、一般的な診察であれば問題なく対応できるようになったようです。


このため医療機関側もこうした点にはプラスの評価を下しているケースが多いです。





■医師不足は20年間なにもしなかったことのツケ


臨床研修制度は、国が本来目指していたことは、それなりの成果が出ているわけですが、その
代償として「 医師不足 」が加速するという大きな問題が生じてしまいました。


もっとも、臨床研修制度が導入される以前も医師不足や偏在はあったわけですし、制度の有無
に関係なく医療費は右肩上がりで年々増大し、患者の増加に医師が足りない状況が続いてます。


ですので、医療機関が抱える問題全てをこの制度だけに押し付けることは無理があります。





■すでに制度の見直しが行われている


臨床研修制度は、すでに研修できる病院や地域の受け入れに制限を設けてます。


そのまま放置するのではなく、 状況を見ながら改善が行われており、今後も研修医の地域的な
偏在をなくす方向に動くことが予想されていますので、悲観することはありません。



 カテゴリ

医局が崩壊した理由とは?




■原因は新医師臨床研修制度?


医師不足がこれほどまで深刻化するきっかけとったのが、2004年度から実施されることと
なった「新医師臨床研修制度」です。当時の小泉政権下で多方面で規制緩和が行われました。


その大半が失敗してますが、新医師臨床研修制度には医学界からは批判が殺到しました。


新医師臨床研修制度によって、研修医が出身大学の医局以外でも自由に研修病院を選択できる
ようになったわけですが、その代償として医局が崩壊したっといっても過言ではありません。





■実施されたことによる影響について


医局の関連病院に医師を派遣できなくなったことによって、「医師不足」を解消するどころか、
より深刻化することとなりました。とくに医局に依存していた地方の病院は大変です。


「より医師を確保するのが難しくなった」と悲鳴をあげています。この制度が実施されたこと
によって、地域の差こそあれ、医師不足を加速させてしまったことは間違いありません。





■研修医にはメリットがあった?


色々問題が指摘されていますが、これにより研修医は自由に研修先を選べるようになったので、
それまでのように医局カーストの強く圧力に苦しめられることが、かなり緩和されています。


実施される以前の研修医は、上級医師の下働きを身を粉にして行わなければなりませんでした。
しかもものすごく薄給ですから、アルバイトで食いつなぐ研修医が今以上に多かったんです。


しかし「研修医」が自ら選べるようになったため、研修先が人気の病院に集中してしまいます。
都市部にある病院にその傾向が強く、今後さらに二極化がさらに進むことになりそうです。





■なぜ国はこの制度を導入したのか?


国がこの臨床研修制度を実施した本当の理由は、研修医の教育環境、労働環境をしっかり整備
するためです。確かに前期2年の間に色々な科目で経験を積むことができます。


医師として基本的な診療能力を、この短い間に身に付けることを目的に導入されたわけですが、
医学界からは、「この制度が導入されて本当に良かった」といった声は聞こえてきません。



なぜ医局は多くの研修医を失望させるのか?




■研修医までなら誰でもなれる?


医師になるためには、研修医としての修業期間を避けることはできないわけですが、あえて
極論を言えば研修医までならば誰でもなれますが、そこから先は本当に険しき道です。


医師には年齢制限のようなものがありませんので、SMAPの草なぎ剛さんが主演して話題
となったドラマの主人公のように30代後半の人でも医師になることができます。





■多様化する医学部


まず医学部に入学し、しっかり卒業することが認められ、国家試験に合格すれば誰でもなれ
ます。これまでは、高校卒業して大学の医学部を受験するのが一般的とされていました。


このためどこの大学も医学部は一種独特な雰囲気がありましたが、今では医師不足が問題
になっているだけでなく、今後さらに少子化が進むため大学側も生き残りをかけて必死です。


このため幅広く学生を受け入れたいといった意向から、医学部でさえも門戸を広げて取り組
んでいます。事実、編入学や社会人入学などによって、色々な学生が集まっています。





■医学部の学生も多様化が進む


このため、一度は大学で弁護士を目指して法学部で法律を勉強するも卒業したあと、医学部
に入り直したり、大企業に勤務した後に仕事を辞めて医学部に入り直すケースもあります。


また、一度は看護師や薬剤師などの医療関連の仕事に従事するも、医師になることを志して
医学部の門をたたくケースもありますので、医学部の学生も本当に多様化しています。





■多くの研修医を失望させる現状


こうした傾向は非常に素晴しいことではあるのですが、問題は研修医として属する病院が旧態
依然のままであることです。このためせっかく研修医になっても失望する方が多いんです。


とくに大企業でしっかりとしたキャリアを積んだ方などは、ありえなくらい医局のカースト制
の強さに嫌気します。ですので、残念ながら非常に根の深い問題となっています。



 カテゴリ
 タグ

長年勤務する医局員が陥りやすい問題とは?




■医局員の医局に対する不満と将来に対する不安


大学医局は良くも悪くも封建的な世界であるため、組織上の縛りが非常に強いので、不満
を通り越して常に怒りを胸の内に抱えながら働いている医局員も少なくありません。


また常にどこに派遣されるかわからないといった不安定な職場環境も医局員を苦しめます。


そうした非常に過酷な環境の中で働き続ける医局員のモチベーションは専門医を取りたい、
学位を取りたい、一定の技術を学びたいなど非常に前向きな物が多いです。





■長年勤務している医局員の陥りやすい問題とは?


しかし、いくらモチベーションが高いからといはいえ、理不尽な思いを抱きながら一定の年齢
まで医局で過ごさなければならないので、なにか違った方向から希望を見出そうとします。


例えば退局したら給与は大幅にあがり、当直などの夜間勤務は減少し、教授との軋轢から
も開放されるといった具合です。医局に対する不満が大きいほど希望が大きくなります。


「あともう少し、あともう少し頑張れば全てが報われる」と考えることにより、日々の仕事での
ストレスも解消されるので、それに従って退局したあとの希望は自然と大きくなります。





■妄想で終わらせないために必要なこととは?


そうした状況で長期間に渡って働き続けると、「 週4日、当直なし、1500万円 」といった求人
広告が突然目に入ってきます。そうなると居ても立ってもいられなくなります。


しかしながら、条件がよい求人の裏には何かしら落とし穴があります。大学医局においても
メリット・デメリットがあるように、一般の病院においても良い点、悪い点があります。


一時的な感情に振り回されないためにも、 キャリアプランが必要です。 それだけのためでも
いいので、一度医師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談することをオススメします。



 カテゴリ

医師が円満退局しやすい退局理由とは?



■円満退局をめざす!


医局を退局するにあたって、まず教授に退局の相談しなければなりません。このさいに注意
しなければならない点が幾つかあります。職場の不満を漏らすことのないようにして下さい。


医療業界は広いようで本当に狭い業界です。揉めに揉めて逃れるように退局したことにより、
根も葉もない悪い噂を入職したばかりの病院内で流されるかもしれません。


医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >>





■円満退局するための理由について


そして、またすぐに転職することになったら最悪です。映画やドラマの見過ぎと思われるかも
しれませんが、実際にそうしたトラブルに巻き込まれてしまったケースがいくつもあります。


大学医局の力を見くびってはなりません。 以前ほどではないにしろ、依然として医学界では、
とてつもない大きな力があるので、絶対に円満退局を目指さなければなりません。


当然のことながら円満退局を目指すうえで大切なのが、 医局を「 辞める理由 」です。 医局を
辞めるさいによく使われる理由について以下のとおりまとめてみました。




(1)親の病院を継ぐため

医師の親が医師というケースが少なくありません。実際に親の病院を継ぐために医師になった
先生も多いです。ですので、退局する理由としては自然ですし、実際に多く使われています。


もし実家が病院を経営していなくても、親族で病院を経営していれば、その病院を手伝うという
理由も十分通用します。波風を立てずに医局を去るための理由としては一番かもしれません。



(2)結婚・出産のため

これは男性医師ではなく、 女性医師が退局するにあたってよく使います。もちろん本当に結婚
するわけですから、正当な理由として通ります。医学界では普通に認められます。



(3)両親の介護のため

実際40歳前後の医師の両親ともなれば、高齢者とされる65歳を超えているのが普通ですから、
両親の介護は十分理由として成立します。これも反対されにくい理由として最適です。


いつでも気軽に相談できる「医師転職ドットコム」 >>




 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます