医師不足のタグ記事一覧


タグ:医師不足

医師不足のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。しかも、毎年確実に増え続け...

記事を読む

no-image

その他
■医師不足は地域で格差がさらに広がる医師不足が依然として解消される兆しがありません。実際にどれくらい医師が不足しているのか明確な数字にしないと分かりませんよね。残念ながら地域によってとてつもない大きな差があります。以前厚生労働省が行った調査によりますと、東京都内にある病院は平均して8%医師を増やせば病院側の希望の体制を維持できると答えています。一方、岩手県の病院は平均して40%不足していると回答し...

記事を読む

no-image

その他
■医師専門の転職支援サービスの需要が急増中医師転職サイトは、求職者である医師の先生方と求人先の医療機関のマッチングが主な仕事です。最終的なゴールである採用までを出来るだけ効率よくスムーズに行います。ですので、ここ数年で医局の力が大幅に低下したこともあいまって、飛躍的に利用者数が増大し、すでに医師専門の人材紹介会社は、大中小合わせて100社を超えてます。■医師転職サイトのマッチングについて採用に至るに...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師への期待は高まる一方で...医師不足を解消させるための起爆剤として、右肩上がりで増え続けている女性医師に対する期待は高まる一方なのですが、女性が男性のように働くのは、現実的に厳しいようです。社会的に制約が多いことから、欧米のように女性が社会進出するのが困難であるため、女性医師が男性医師のような仕事に対するマインドを持ちながら働くのは難しいようです。■女性医師は常勤で働き続けるのが困難専門医の...

記事を読む

医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?




■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?


今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。


テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き
起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。


なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。


そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。


しかも、毎年確実に増え続けていまして、当時は「このまま医師の数増え続ければ必ず
過多になる」と言われていましたので、まったく逆のことが起こっています。


しかし、東京は今でもそのような状況にあると思われています。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■医師不足とはどういった状態なのか?


医師不足とは「医師全体の総仕事量に対して医師一人の仕事量が多すぎる状態」です。


ですので、医師全体の総仕事量が少なければ医師不足に陥ることもありません。


また医師の数が医師全体の総仕事量を上回るほど多ければ医師不足にはなりません。


つまり医師一人あたりの仕事量が、昔よりも尋常じゃないレベルにまで増えてしまった
ことが「医師不足」の大きな原因となっていますので、今後も注意が必要です。


また2004年に導入された臨床研修医制度も大きな影響を与えています。


好きなところで「研修」を受けられるので、地方にある病院は医局から派遣される医師
に依存していたので、より厳しい状況に追い込まれることになってしまったのです。


このころは小泉政権下で、アメリカ型の政策が強引に進められました。





■アメリカ型の医療が進められるとどうなるのか?


アメリカの医療は80年代以降急速に「 医療費 」が高騰することとなり、もはや中流
以上の方でなければ、まとなもな医療は受けることすらできません!!


まず風邪程度の病気で病院へ行く人はいません。


ちなみに盲腸の手術だけで100万円くらいかかります。


ですので、代替医療が人気化することとなり、一大産業となっています。


ですので、今後より医療業界全体がアメリカ型へ進む可能性が高いです。


そうれなれば地方は完全に切捨てられ、経営状況が厳しい病院はとどめを刺されること
になり、一気に地方の医療は集約型にシフトするかもしれません。


役人の方々は超が何個つけても足りないくらい完璧な頭脳を持った人達です。


確実に弱者切捨ての医療をめざす政策が進められるのでしょうね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

医師が増えても医師不足が解消されない?




■医師不足は地域で格差がさらに広がる


医師不足が依然として解消される兆しがありません。


実際にどれくらい医師が不足しているのか明確な数字にしないと分かりませんよね。


残念ながら地域によってとてつもない大きな差があります。


以前厚生労働省が行った調査によりますと、東京都内にある病院は平均して8%医師
を増やせば病院側の希望の体制を維持できると答えています。


一方、岩手県の病院は平均して40%不足していると回答しています。


しかし、医師が増えても勤務医不足が解消しません。





■医師は毎年確実に増えている?


医師国家試験の合格者は毎年約8000人に達してます。一方、引退する医師が毎年
約4000人いるので、差し引いても、年に約4000人ペースで増えています。


医学部の「入学定員」は毎年増員されていますので、このまま増えればいずれどこの
病院でもまんべんなく医師の数が足りるようになるかもしれません。


しかしなぜこのような偏った医師不足が起こってしまうのでしょうか?


地方では、あまりにも無計画に病院を設置してしまう点が大きな要因とされてます。


確かに地方にいくと似たような総合病院がいくつもあるのを見かけます。


小児科など昼夜を問わず診療することが求めれられる科では、配置される医師の数が
少なすぎるので、診療体制が不十分であるため、医療事故のリスクが高まります。


ですので専門医を取得するまで我慢して、取得後に開業する方も多いです。


つまり、いくら医師の数を増やしても、こうした状況が抜本的に改善されない限り、
「 医師不足 」が解消されることはないというのが、大方の見方です。





■小児科はブラックの中のブラック?


国はこうした問題を解決するために、国が強い権限を持つことを求めています。


それ自体は全く問題ないのですが、何か問題が起こったさいに責任を取ろうとしない
点が問題です。小児科医は36時間の当直が毎週1~2回こなしています。


一般職であれば、完全に労働基準法違反で、雇用側は罰せられることになります。


某居酒屋チェーンがブラック企業であるとした認識が世間に広がり、上場以来初めて
赤字を計上することになり、大きな話題となっています。


であるならば、小児科はブラック企業を超えたブラックですね。


しかしなぜか医療の世界だけは一切咎められません。こうした問題をクリアにしない
限り、今後も医師の先生方を取り巻く環境が改善される可能性は低いでしょう。



 カテゴリ

医師不足解消をさまたげているものとは?




■医師専門の転職支援サービスの需要が急増中


医師転職サイトは、求職者である医師の先生方と求人先の医療機関のマッチングが主な
仕事です。最終的なゴールである採用までを出来るだけ効率よくスムーズに行います。


ですので、ここ数年で医局の力が大幅に低下したこともあいまって、飛躍的に利用者数
が増大し、すでに医師専門の人材紹介会社は、大中小合わせて100社を超えてます。





■医師転職サイトのマッチングについて


採用に至るには二つのパターンがあります。まず転職を希望されている医師の先生方の
要望をしっかりヒアリングした上で、条件に近い求人を探し出し、それをすすめます。


もう一つは、求人先である医療機関の要望にあった医師の先生を探しだし、紹介します。
ですので、最終的なゴール(採用)は同じですが、その過程が異なるわけです。





■医師の転職市場について


医師の転職市場におきまして、圧倒的に需要が供給を上回っています。こういった需要
と供給のバランスを適正化することができれば、確実に医師不足は解消できます。


しかし、残念ながら地域によって需要と供給が非常に偏っています。求人情報をみれば
一目瞭然です。例えば東京の中心部では、すでに求人の数は減少傾向に入っています。


一方、地方においては深刻な医師不足が続いているところが圧倒的に多いです。





■需給バランスは依然偏っている


医師不足が問題となって久しいですが、 微増ながら医師になる人が増えている状況で、
依然として深刻なのは、単純に医療機関と医師のマッチングの問題だと思います。


情報がしっかり行き届いていないため、マッチングがうまく行われていません。


ですので、今後医師転職サイトのような医師専門の人材紹介会社が果たす役割はさらに
大きなものになると確信していますし、現実にそうなりつつあります。



 カテゴリ
 タグ

女性医師が増えても医師不足が解消しない理由




■女性医師への期待は高まる一方で...


医師不足を解消させるための起爆剤として、右肩上がりで増え続けている女性医師に対する
期待は高まる一方なのですが、女性が男性のように働くのは、現実的に厳しいようです。


社会的に制約が多いことから、欧米のように女性が社会進出するのが困難であるため、女性
医師が男性医師のような仕事に対するマインドを持ちながら働くのは難しいようです。





■女性医師は常勤で働き続けるのが困難


専門医の資格までを取得するまで大学医局に勤務した女性医師の例をあげさせて頂きますと、
その方は医局に勤務している間に職場の同僚と結婚し、出産を機に退局しました。


3人のお子さんのママとして子育に追われる生活を送っています。家庭の家事は、全て一人で
行っているため、殘念ながら常勤医師として復職することは現実的に難しいです。


とはいっても専門医の資格まで取得したので、当然のことながら医師としてのキャリアを捨てる
つもりはなく、復職するにしても、パートで週3~4日程度働ければ良いと考えているようです。





■将来的に女性の社会進出は活性化するのか?


経済的に非常に余裕があるので、無理に常勤で働く必要がないため、子育て中の女性医師は、
このように考えているケースが多く、今後もこのような状態が続くことが予想されます。


日本政府は何もせず、ただ傍観しているだけなのかといえば、決してそんなことはありません。
しかし、各党から上がってくる政策が現状にまったくマッチしていないものばかりです。





■国が考えることは現状にマッチしていない!


例えば、女性の社会進出を活性化させるため政策として次のようなものがあります。 フィリピン
やベトナムなどのアジアの後進国から家政婦さんとして働く女性を大量に入国させます。


そして、世帯年収700万円以上の家庭は、家庭での家事や育児は すべてこうした家政婦さん
にやってもらい、夫婦それぞれの仕事に専念してもらうというものです。


またこうしたサービスを広く浸透させるために、利用する世帯の節税にもなるよう検討しているの
だとか。殘念ながら、これでは当分明るい時代はやってきそうにもありませんね。



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます