医師のタグ記事一覧


タグ:医師

医師のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医師になるまでの費用が莫大! 今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを 知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。 医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは 比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。 勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけ...

記事を読む

no-image

その他
■医師の多くは対価を得ていない? 医師は高収入を得ているイメージが強いですが、医療現場で実際に働いている医師の皆様 からすれば到底認めることはできないでしょう。それくらい医師の仕事は過酷です! 医師は人の命を預かるわけですから、医療スキルがいくら高くても、強靭な精神がなければ 患者さんを救うことはできません。それくらいハードなわけですから対価を求めて当然です。 米国の病院勤務の医師は実績とスキルに...

記事を読む

no-image

その他
■30年間医師の仕事が増え続けている理由とは?医師不足が深刻な問題とされている最大の理由は、過去30年間にわたって医師の先生一人あたりの「 仕事量 」と「 責任 」が増え続けたためです。ではなぜ歯止めがきかないレベルにまで医師の仕事量が増えたのでしょうか?!医学が飛躍的に進歩したことにより、これまで不治の病とされていた難病も治療できるようになったことで、医療が介入できる余地が増えることになりました。こ...

記事を読む

no-image

その他
■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。しかも、毎年確実に増え続け...

記事を読む

no-image

その他
■医師の接待事情について病院の夕方になるとスーツ姿の方が沢山訪問され、廊下で並んでいます。その大半が医薬品メーカーのMRです。お目当ての先生方を待ち構えているわけですが、あれほど腰が低い人を見たことがないと、思えるほど皆さん腰が低いです。病院内の患者さんがあの姿を見たら、恐らく医師の先生が偉そうに振舞っているように思うでしょうね。それくらい徹底しているので、本当に頭がさがる思いです。一般の会社でいえ...

記事を読む

医師の年収は決して高くない!




■医師になるまでの費用が莫大!

今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを
知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。


医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは
比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。


勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけですから、裕福であることは間違いありませんが、
もし、両親に医師になるまでにかかった費用を返せと言われても返すことはできません。





■医師になっても下積みは続く

それくらい膨大な費用がかかるわけですが、医師免許を取得するまでは本当に長い道のりで、
ようやく研修医として働き始めても、スタートしたばかりの頃の給料は非常に安いです。


一般的にみれば、確かに医師は高収入を得られる職種ですが、実際に医師となるまでには、
他の職種以上に過酷な下積み生活を余儀なくされますが、メディアの多くが伝えません。


ですので、裕福で勉強が出来るお坊ちゃま、お嬢様が何の苦労もしないでなれると誤解される
わけですが、医療業界は特殊なので医師になったらなったで苦労は付きまといます。




■特殊な医療現場

医療業界のカースト制度は特殊です。医師が病院内で怒鳴り散らしているイメージが強いかも
しれませんが、実際にはそんなことはなく、看護婦長にいじめられているケースも多いです。


医療現場の人間関係は非常に複雑なので、医師として働くには強靭な精神と肉体が必要です。
そうでないと、患者さんの病気を治す前に自分が病気になって倒れてしまいます。


また、それなりの実績を積まないと一人前の医師として認められないので、医療スキルと知識
を高めるために必死です。年収を一つの評価とするならば、低すぎると断言できます。




 カテゴリ
 タグ

医師の年収は本当に高いのか?






■医師の多くは対価を得ていない?


医師は高収入を得ているイメージが強いですが、医療現場で実際に働いている医師の皆様
からすれば到底認めることはできないでしょう。それくらい医師の仕事は過酷です!


医師は人の命を預かるわけですから、医療スキルがいくら高くても、強靭な精神がなければ
患者さんを救うことはできません。それくらいハードなわけですから対価を求めて当然です。


米国の病院勤務の医師は実績とスキルによって年収が決まるわけですが、同じ病院に勤務
している医師の間でも日本では考えられないくらい年収に大きな差があったりします。





■日米の医師の年収比較


日米の医師の平均年収を比較した場合、あくまでも概算ですが、 米国の外科医で18万ドル
(日本円で1,800万円前後)、内科医で16万ドル(1,600万円前後)です。


しかも、ここから高額な医師賠償責任保険を自腹で支払わなければなりません。一方、日本
の場合、院長クラスで年収2,500万円程度、一般の医師で1,300万円程度です。


月給とボーナスを足して12ヶ月で割ると院長クラスで230万円、 一般の医師で110万円程度
です。平均だけでみれば、日本も米国もあまり変わりないようにみえますね。





■目に余る医師パッシング


日本では一時医療過誤による死亡が多発して社会問題となりました!。 当時マスコミによる
必要以上な 「医師バッシング」 は、日本国内の医療現場全体に緊張が走りました!


政治家や役人、公務員叩きと一緒で、叩く対象は叩き安ければ別に何でも良く、糾弾すること
によって庶民の日々の生活の不満に対するはけ口にされてしまった感が強いです。


上述した医師の年収はあくまでも平均であって、平均年収に到達するには何年もかかります。
また、開業医で月収300万円程度稼いでいる方もいます。年収にして3,000万円以上です。


しかし、開業医は医師であり、経営者でもあるので、何か問題が起こってしまった場合も全て
の責任を負うわけですから、これくらい稼がないと実際のところやっていけないのが現状です。




 カテゴリ
 タグ

医師不足の原因は仕事量が増え続けているため?




■30年間医師の仕事が増え続けている理由とは?


医師不足が深刻な問題とされている最大の理由は、過去30年間にわたって医師の先生
一人あたりの「 仕事量 」と「 責任 」が増え続けたためです。


ではなぜ歯止めがきかないレベルにまで医師の仕事量が増えたのでしょうか?!


医学が飛躍的に進歩したことにより、これまで不治の病とされていた難病も治療できる
ようになったことで、医療が介入できる余地が増えることになりました。


このため、患者さんの数が増えるのと同時に、患者さん一人あたりに割かなければなら
ない時間が増えることとなり、その結果として仕事量増えたのです。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■不必要な治療が増えすぎている


満足な医療が受けられないと言われていますが、風邪で病院に行くのは日本だけです。
不必要に医療機関で治療を受ける患者さんの数が激増しました。


また30年前と比較して、出生率は半分まで低下しましたが、小児科の受診数は大幅に
増えています。しかも「 訴訟件数 」は尋常ではないレベルにまで増えています。


訴訟リスクを警戒しすぎて病院側は頭を抱えています。


対策として、治療・手術に関する説明に膨大な時間を費やすこととなりました。





■医師の数が増えても負担は減らない


医療に関する知識がない人に医療の説明をするのは本当に大変ですよね。しかし、事前
に説明しておかないと、訴訟問題になったときに裁判で敗訴する可能性が高いです。


困ってしまうのは、どんなに必死に説明しても理解できない人がいます。しかも、被害
妄想から「自分を騙そうとしている」と思い込み、逆ギレしてしまうのです。


残念ながら医師の先生と患者さんとの距離がどんどん遠のいています。


また同意書や保険関係などの書類の作成までも医師の先生が行わなければなりません。


保険関係の書類は、どんなに頑張っても患者さん1人につき20~30分かかります。
これを細分化しない限り、医師の先生の負担を軽減することはできません。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職! >>



 カテゴリ
 タグ

医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?




■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?


今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。


テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き
起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。


なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。


そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。


しかも、毎年確実に増え続けていまして、当時は「このまま医師の数増え続ければ必ず
過多になる」と言われていましたので、まったく逆のことが起こっています。


しかし、東京は今でもそのような状況にあると思われています。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■医師不足とはどういった状態なのか?


医師不足とは「医師全体の総仕事量に対して医師一人の仕事量が多すぎる状態」です。


ですので、医師全体の総仕事量が少なければ医師不足に陥ることもありません。


また医師の数が医師全体の総仕事量を上回るほど多ければ医師不足にはなりません。


つまり医師一人あたりの仕事量が、昔よりも尋常じゃないレベルにまで増えてしまった
ことが「医師不足」の大きな原因となっていますので、今後も注意が必要です。


また2004年に導入された臨床研修医制度も大きな影響を与えています。


好きなところで「研修」を受けられるので、地方にある病院は医局から派遣される医師
に依存していたので、より厳しい状況に追い込まれることになってしまったのです。


このころは小泉政権下で、アメリカ型の政策が強引に進められました。





■アメリカ型の医療が進められるとどうなるのか?


アメリカの医療は80年代以降急速に「 医療費 」が高騰することとなり、もはや中流
以上の方でなければ、まとなもな医療は受けることすらできません!!


まず風邪程度の病気で病院へ行く人はいません。


ちなみに盲腸の手術だけで100万円くらいかかります。


ですので、代替医療が人気化することとなり、一大産業となっています。


ですので、今後より医療業界全体がアメリカ型へ進む可能性が高いです。


そうれなれば地方は完全に切捨てられ、経営状況が厳しい病院はとどめを刺されること
になり、一気に地方の医療は集約型にシフトするかもしれません。


役人の方々は超が何個つけても足りないくらい完璧な頭脳を持った人達です。


確実に弱者切捨ての医療をめざす政策が進められるのでしょうね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

ちょっと変わった医師のアルバイトについて




■医師の接待事情について


病院の夕方になるとスーツ姿の方が沢山訪問され、廊下で並んでいます。


その大半が医薬品メーカーのMRです。お目当ての先生方を待ち構えているわけですが、
あれほど腰が低い人を見たことがないと、思えるほど皆さん腰が低いです。


病院内の患者さんがあの姿を見たら、恐らく医師の先生が偉そうに振舞っているように
思うでしょうね。それくらい徹底しているので、本当に頭がさがる思いです。


一般の会社でいえばMRは営業マンに近い存在です。


営業の仕事をしている方の中には人によって態度をかえる人が多いですよね。


MRはその辺を意識しているのか、研修医でも部長でも教授でも分け隔てなく、徹底して
低姿勢で接する方が多いように見受けられます。この点だけとっても立派ですね。


接待については、年々縮小傾向にあります。どこの業界も同じようです。


昔は製薬メーカーの多くがこぞって医師の先生方を接待していました。


しかし、公立病院は公務員ということもあって、今ではほとんどありません。


民間病院でも昔ほどではなくなりました。世間の目はどんどん厳しくなっていますね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■変わった医師のアルバイト


医師のバイトとして、「医薬品に関するアンケート」を依頼されることもあります。


例えば冬場になると風邪を患う子供が短期間で急激に増えるので、毎日病院にて風邪の
子供を何人診て、どんな薬を使用し、どのように使い分けているのか尋ねられます。


こういったアルバイトは医薬品メーカーから直接依頼されることはありません。


医薬品メーカーから依頼されて、情報を集める会社から依頼されます。


恐らくそうすることによって、嘘偽りのない医師個人の意見が聞けるからでしょう。


医師と質問者が面談する恰好で1対1のときもあれば、3対1の時もあります


この模様はしっかりデータとして動画や音声として収録されています。


金額はだいたい5万円前後です。収録後には食事をかねた打ち上げもありますので、
アルバイトとしては決して悪くありませんが、そう滅多にあるものではありません。


またアルバイト(場合によってはボランティア)で講演を依頼されることもあります。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます