■医師の転職活動において最大の難関は?


転職活動をすること自体、初めての方も多いかと思います。そうなると、過去に面接を経験された
ことがほとんどないわけですから、面接に対して非常に大きなプレッシャーを感じてしまいます。


当然そうなれば、緊張します。一般的に面接というと面接官による一方的な質問に対して、求職者
が答えるといったイメージが強いのですが、最近では面接ではなく面談形式が多いです。


こうすることで、求職者と求人側が互いに壁を作ることなく、ある程度自由な雰囲気の中で会話
が出来ますので、より本音で話し合うことができます。双方にとって大きなメリットです。





■医療機関の面接の特徴とは?


一方、医師の転職現場でも面接というより面談に近い形で話し合いが行われます。医療業界では
決して珍しいことではなく、専門分野を深い部分で理解しているか探るには有効なんです。


もちろん医師不足の状態が長年に渡って続いていることも大きな理由の一つでしょう。なぜなら
求人側が一般企業のように求職者に対し、優位に立ちながら一方的に質問することができません。


ですので医師の転職は「面接」というよりは「面談」です。求職者と求人側とが自分の紹介や
PRを行うので、面接ではなく、どちらかというとお見合いに似たシステムとなっています。





■悪い印象を与えないことが大事!


面接・面談での立ち振舞方や注意点なとについてですが、第一印象が非常に大切なので、やはり、
一番大切なのは、誠意を持って話すことだと思います。そうすれば嫌な印象を与えずにすみます。


何でもないようなことに思えるかもしれませんが、初対面で良い印象を与えるのは本当に難しい
ことなんです。それよりも悪い印象を与えないことの方が簡単なので、それが絶対条件です。


このため事前に相手に嫌な印象を持たれないような話し方や話す内容を選ばなければなりません。
こうした対策も自分一人で行うとなると、「ああしよう、こうしよう、あれはそれ」といった具合
に色々考えてしまうので、迷わず医師転職サイトを利用されることをオススメします。



 カテゴリ
 タグ