■依然として女性医師の取り巻く環境は厳しい


女性医師は一般企業に勤務している女性と同様に社会進出の壁(結婚・出産・子育)がある
ため、残念ながら長期間にわたって男性医師と同等の働きを期待するのは難しいです。


勿論結婚するしないにかかわらず、優れた女性医師は現時点でも沢山いますし、それぞれ
の職場で活躍されていますが、医学界全体でみればどうしても少数派となってしまいます。


医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >>





■現場で女性医師を求める声が拡大!


殘念ながら依然として女性医師を取り巻く環境は決して良いとはいえませんが、厳しい状況
にありながらも、医療の現場では女性医師を求める声が確実に広がっています。


実際に患者さんやそのご家族から女性医師を希望するケースが増えています。診療科では、
「婦人科」「健診」「小児科」「内科」などから女性医師を要望する声が大きいようです。





■今後ますます女性医師が求められる


患者さんが女性で、しかも女性特有の病気を患っている場合は、男性医師より、同性である
女性医師の方が色々話しやすく、自分の痛みを深い部分で理解してくれると感じています。


そして、小さなお子さんをもつママさんも 同じ理由で子供をもつママさんの大変さを深い
部分で理解してくれていると感じているため、患者さん側から強い要望があります。





■医師の仕事が転換期に入った?


ある病院の診療科においては、患者さんから女性医師を求める声が大きすぎて、女性医師
限定の求人が増えており、すでに男性医師を敬遠しはじめているところまで出てきてます。


先に述べた診療科においては、全国的にそうした傾向が広がってます。こういったことは、
これまでは考えられませんでしたが、医療業界も時代の転換期に入っているようです。


ですので、 社会的地位の高い医師の仕事でさえも、サービス業として側面を強くしなけれ
ば、患者さん側から拒否されてしまう時代に入ってしまったようです。


いつでも気軽に相談できる「医師転職ドットコム」 >>



 カテゴリ