厚労省のタグ記事一覧


タグ:厚労省

厚労省のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■特定看護師の制度案がようやくまとまるスーパー看護師=特定看護師の制度案が昨年ようやくまとまったようです。しかし、正式に認可されるまでにはもうしばらくかかりそうです。専門看護師や認定看護師でさえ思うように増えていないので、仮に特定看護師が制度化されたとしても、厚労省側が期待するほどには増えないと思います。特定看護師になれば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことが認めらるので、医師の仕...

記事を読む

no-image

その他
■今後容赦ない規制緩和が進む?医師不足は解消されますかと問われても、「 国にその意思が無いから無理です! 」としか答えられません。役人の方々は医療の現実を見ようとしていません。今後は、政治家を動かして規制緩和を徹底的に進め、外資を含めた民間が新規で参入しやすい環境になっていくのではないかと思っています。そうなれば既得権益の代表である医局を潰す動きが加速することでしょう。その代わりに派遣業がこれまで以...

記事を読む

no-image

その他
■医師不足が解消されない元凶とは?医師不足が叫ばれて久しいですが、国が全く何もしていないわけではありません。しかし残念ながら「厚労省」が主導でやることはことごとく失敗します。問題の本質を理解していない場合が圧倒的に多いです。このため現場で働く人達からすれば、ありがた迷惑なことが少なくありません。以前厚労省から発表された打開策は以下のとおりです。■医師を増やす(1)医学部の定員を増やす(2)優秀な歯科...

記事を読む

医療崩壊を加速させる原因とは?




■特定看護師の制度案がようやくまとまる


スーパー看護師=特定看護師の制度案が昨年ようやくまとまったようです。


しかし、正式に認可されるまでにはもうしばらくかかりそうです。


専門看護師や認定看護師でさえ思うように増えていないので、仮に特定看護師が制度化
されたとしても、厚労省側が期待するほどには増えないと思います。


特定看護師になれば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことが認めら
るので、医師の仕事を軽減できると安易に考えているようです。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■医療現場はさらに混乱する?


例え特定看護師制度が制度化されたとしても、どうしても患者さんの病気の診断や治療
を行なうにあたって医師の責任がともないます。そうでなければ職場は混乱します。


薬の処方一つとっても、いきなりは無理です。


例え必要な知識を学んでいるとしても、患者さん一人ひとりの症状にあわせて処方しな
ければならないわけですから、どうしてもそれ相当の経験が必要になります。


医師の先生方は長期間に渡る厳しい研修期間を経ていますが、特定看護師にはそうした
経験を積む場がありません。せいぜい実習の授業だけですから厳しいです。


しかもたった2年間でものにしなければならないので、忘れるのも早いでしょうね。





■全ては医療費増加抑制のため


いきなり医療現場で責任のある仕事をおしつけるなんてできません。


ここ最近財務省を筆頭に役人の横暴が目立ちますよね。


政治家は落選させることができるので、相当のリスクをとっています。


しかし、役人はどれだけ間違った政策を掲げて失敗しようとも責任を一切負いません。
医療崩壊が叫ばれて久しいですが、そもそもこうした状況を創りだしたのは役人です。


医療費が高騰するのを抑えることだけを考えて、医師よりも人件費が安い看護師に仕事
を振り分ければコストを抑えられると、きっと安易に考えているのでしょう。


ですので、医療費増加抑制だけのために地域的弱者、社会的弱者の方々が医療を受けら
れないようにしているとしか思えません。医療崩壊を加速させる原因は役人様ですね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

医療を崩壊させた厚労省の愚策について




■今後容赦ない規制緩和が進む?


医師不足は解消されますかと問われても、「 国にその意思が無いから無理です! 」
としか答えられません。役人の方々は医療の現実を見ようとしていません。


今後は、政治家を動かして規制緩和を徹底的に進め、外資を含めた民間が新規で参入
しやすい環境になっていくのではないかと思っています。


そうなれば既得権益の代表である医局を潰す動きが加速することでしょう。


その代わりに派遣業がこれまで以上に台頭してくるのではないでしょうか?


そうすれば、医師の先生方をはじめとした医療に携わる人達の賃金を抑えられます。


確かに医師不足は劇的に解消されるかもしれませんが、医療費高騰は免れません。


そのしわよせは医療の質の低下という形で全て国民が負うことになります。





■日本の医療は現場を知らなさ過ぎる人達に壊される


以下は以前厚労省から発表された「麻酔科医不足」を解消するための政策です。


医療に従事する人達の仕事について、低く見ているとしか思えません。


(1)一定の研修を受けた歯科医が医科手術の麻酔を行えるようにする

(2)認定資格を付与された麻酔専門看護師が麻酔を行えるようにする



歯科医は規制を緩和しすぎたことにより、開業医があふれています。歯科医の先生方
も解剖学・生理学などは当然勉強されているので素養は確かに高いと思います。


しかしながら看護師にいたっては人材不足が続いていますので、歯科医の先生の副業
と専門看護師が増えたところで、医師不足を解消できる要因にはなりえません。


麻酔をかけるというのは、手術中に患者さんの全身管理を行うことです。


安心・安全が当たり前を実現するのがどれほど大変なことか理解できないようです。


その責任は全て麻酔科医の先生が負うことになります。一方手術が無事成功すれば、
担当の先生が評価されるだけなので、非常に「不平等感」が強いです。






■医療の質を保つためには?


看護師に関しても全ての責任を負わせるのは非常に酷な話です。


認定資格を取得すれば年収ベースで100万円以上アップするならまだしも、そうで
なければ、恐らく厚労省側が期待しているほど「なり手」が増えないと思います。


日本の医療の質を落とさないようにするには、医療費を増やす以外の道はありません。


それ以外のことを強引にやろうとしても、現場が混乱するだけです。



 カテゴリ

なぜ医師不足は解消されないのか?




■医師不足が解消されない元凶とは?


医師不足が叫ばれて久しいですが、国が全く何もしていないわけではありません。
しかし残念ながら「厚労省」が主導でやることはことごとく失敗します。


問題の本質を理解していない場合が圧倒的に多いです。


このため現場で働く人達からすれば、ありがた迷惑なことが少なくありません。



以前厚労省から発表された打開策は以下のとおりです。



■医師を増やす

(1)医学部の定員を増やす
(2)優秀な歯科医師と看護師を医師にする
(3)外国から優秀な医師を受け入れる
(4)診療科によってばらつきがある状態を是正する



■医師の仕事を減らして負担を軽減

(1)コメディカルを増やして医師の業務をサポートする
(2)健康に関する啓蒙活動などを行い患者の数を減らして診療数を減らす
(3)病院を集約化して効率よく診療する
(4)医療の質を下げて診療数を減らす





■団塊世代の医師が抜けた穴を埋めるのに苦しんでいる!


厚労省がこうした打開策を突如発表したのには理由があります。


団塊世代の医師が大量に現役を引退するため、人手不足に拍車がかかったためです。
中でも麻酔科医の不足が全国的に深刻化したため、急遽打開策が発表されました。


半数以上の麻酔科医が退職したら病院は手術が行えません。


このため当時年収4000万円近くを提示して麻酔科医を募集している病院があり、
世間を大いに賑わせました。それでもすぐには雇用できる状況にはないんです。





■厚労省の提案に非難殺到!!


この記事を読まれた麻酔科医と歯科医の先生方は激怒されたと思います。


私もさすがにこの時ばかりは「役人は何もわかっていないだなと...」呆れました。


(1)一定の研修を受けた歯科医が医科手術の麻酔を行えるようにする。

(2)認定資格を付与された麻酔専門看護師が麻酔を行えるようにする。


麻酔科医と歯科医の先生方でなくても、医療関係の仕事に従事されている人がこれを
見たら「馬鹿にするのもいい加減にしろ!!」と、間違いなく怒ると思います。


医師不足が解消されない理由がお分かり頂けたかと思います。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます