在宅医師のタグ記事一覧


タグ:在宅医師

在宅医師のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■在宅医療の需要が拡大する理由 ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。 ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が 高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。 基本的に在宅医師は、病院に勤務する...

記事を読む

no-image

その他
■小規模経営の病院で働く場合の問題点 小規模経営のクリニックで5~6人程度の複数人体制を取りながら在宅医師として働くケース が多いのですが、開業医として病院を経営しながら在宅医師として働いている方もいます。 在宅医師を育成する専門機関が少ないうえに、在宅医師を目指す方も少ないので、最初から 複数人体制を取ることができません。このため24時間心が休まるときがありません。 なぜなら自分が経営する病院に通院...

記事を読む

no-image

その他
■きれいごとでは務まらない 在宅医師として働いている方の多くが、地域医療に対して多大な貢献をしています。 自治体が 在宅医療に対して力をいれていない所では、損な役回りに苦しめられている方も多いです。 在宅医療を利用される患者さんの多くが高齢者ではありますが、 高齢者以外にも自分で病院 に通うことが困難な方が沢山います。こうした人達に手を差し伸べるのが在宅医療の仕事です。 在宅医師はキレイごとでは務ま...

記事を読む

no-image

その他
■在宅医師の仕事とは? 在宅医師の仕事についてですが、当然のことながら往診が中心となります。訪問先は何も 患者さんの自宅だけではありません。老人介護施設など福祉施設へも往診します。 高齢者が多いことから、患者さんの病状をしっかりと管理したうえで診療や投薬などを行う のですが、患者さんの中には重度の病気を患っているため日常生活が困難な方もいます。 例えば透析されている患者さんには、患者さんのご自宅で...

記事を読む

在宅医師として働くリスクについて



■在宅医療の需要が拡大する理由


ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら
しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。


ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が
高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。


基本的に在宅医師は、病院に勤務する医師よりも患者さんと直接触れ合う機会が多いですし、
自ら一定のエリア内のお宅を訪問することで、地域に根差した活動を行うことになります。





■在宅医療を利用する患者の大半は!


ここ数年ご自宅で治療を受けることを望む患者さんが増えています。ちなみに在宅治療を受け
られる患者さんの大半は高齢者の方です。通院すること自体困難な方も少なくありません。


病院の行き返りは、ご家族に付き添ってもらうにしても、病院の中で何時間も待たされるのは、
さすがに体にこたえます。特に寒さ暑さが厳しいときは高齢の患者さんにとって厳しいです。


また、入院に関してですが、病院側の事情で入院できないケースもありますし、人生の最後を
病院ではなく、慣れ親しんだ自宅で迎えたいと考えてから入院を拒否されるケースも多いです。





■在宅医師が直面する現実


在宅医療を利用される全ての患者さんが重度の病気を患っていたり、すでに危篤状態にある
わけではありません。通常生活を送れる方もいますので、対応の仕方も当然異なります。


それだけに病院勤務にはない難しさがあります。患者さんと触れ合うだけでなく、 そのご家族
とも色々なことで向き合わなければなりません。難しい相談を受けることも多いです。


在宅医師は地域全体に頼りされていますので、やりがいのある仕事です。しかし、それ以上
に責任の大きさから、全てを重荷に感じてしまう在宅医師も少なくありません。




 カテゴリ
 タグ

在宅医師の勤務先の種類について




■小規模経営の病院で働く場合の問題点


小規模経営のクリニックで5~6人程度の複数人体制を取りながら在宅医師として働くケース
が多いのですが、開業医として病院を経営しながら在宅医師として働いている方もいます。


在宅医師を育成する専門機関が少ないうえに、在宅医師を目指す方も少ないので、最初から
複数人体制を取ることができません。このため24時間心が休まるときがありません。


なぜなら自分が経営する病院に通院されている患者さんを中心に診察しながら、通院困難な
患者さんのところへ往診するからです。時間的効率があまりにも悪すぎます。





■在宅医師として働く難しさとは?


比較的規模の大きな病院が一つのサービとして在宅医療を行っている場合と、上述したような
個人が経営する小規模医院が昔ながらの往診する場合では対応の仕方が微妙に異なります。


ある程度規模が大きい病院では、しっかりと在宅医療に対する体制が整っています。 しっかり
システム化されているため医師にかかる負担がある程度抑えられています。


例えば 重度の病を患っている患者さんだけを往診するような形でシステム化されていますが、
小規模経営の場合はシステム化するのが困難なので、医師一人当たりの負担が大きいです。





■地域によって差が大きい!


志を持って在宅医師になったにもかかわらず、あまりにも負担が大きすぎるために道半ばで
在宅医師を辞めるケースも残念ながら少なくありません。また、地域によっても差があります。


自治体が積極的に在宅医療に力を入れている所もありまして、自治体に在宅医師として登録
する形をとっています。患者さんは自治体に申請することで在宅医療を受けられます。


基本的に自治体が全てを管理しているため、 自ら開業医として働く場合や体制が整ってない
小規模経営のクリニックで働くよりは医師にかかる負担は圧倒的に少ないです。


ですので、高齢化が急速に進む中で、こうしたケースが今後増えることが期待されています。




 カテゴリ
 タグ

在宅医師に向いている医師と不向きな医師



■きれいごとでは務まらない


在宅医師として働いている方の多くが、地域医療に対して多大な貢献をしています。 自治体が
在宅医療に対して力をいれていない所では、損な役回りに苦しめられている方も多いです。


在宅医療を利用される患者さんの多くが高齢者ではありますが、 高齢者以外にも自分で病院
に通うことが困難な方が沢山います。こうした人達に手を差し伸べるのが在宅医療の仕事です。


在宅医師はキレイごとでは務まりません。毎日一人一人の患者さんと密接に向き合いながら、
緩和医療として患者さんとその家族を色々な面で支えていますので、ある意味特殊です。





■キャリアアップは二の次


大型病院や有名大学病院に勤務されている医師の中には、キャリアアップ、収入アップを第一
に考えて働いている方が少なくありませんが、在宅医師の場合はどうでしょうか?。


結論から言うと、そういったことを考えている暇がないくらい在宅医師の仕事は大変です。実際
の現場では辛いことも多く、効率よく患者さん宅を訪問するだけでも容易ではないのです。


患者さんや家族から感謝されることも多いですが、長期間に渡る患者さんの介護に疲れ果て、
家庭が崩壊しているケースもあるため、見たくないことを見なければならないことも多いです。





■在宅医師に向いている方の特徴


そうした中で患者さんのことを24時間考えながら働いている在宅医師の方も少なくありません。
在宅医師になる前までは、聞けば誰もが羨む有名大学病院に勤務されていた方もいます。


出世の道から外れて、あえて在宅医師の道を選んだ理由として、大きな組織に所属していては
できないことをやりたい、といった思いがあげられています。本当に貴重な存在です。


もし、 患者さんと真剣に向き合いながら、 患者さんの人生に深く関わることを恐れずに、自分に
出来る最高の医療を施したいと考えているのであれば、在宅医師はまさにピッタリの仕事です。




 カテゴリ
 タグ

在宅医師の仕事について




■在宅医師の仕事とは?


在宅医師の仕事についてですが、当然のことながら往診が中心となります。訪問先は何も
患者さんの自宅だけではありません。老人介護施設など福祉施設へも往診します。


高齢者が多いことから、患者さんの病状をしっかりと管理したうえで診療や投薬などを行う
のですが、患者さんの中には重度の病気を患っているため日常生活が困難な方もいます。


例えば透析されている患者さんには、患者さんのご自宅で人工透析を行います。難易度の
高い大規模な手術は出来ませんが、それ以外の医療的サービスはほぼ提供できます。





■病院勤務にはない難しさ


患者さんの病気に合った診療を行うのは勿論ですが、高齢者の方の場合長期間にわたって
療養するわけですから、療養中に不安になってパニックになるケースも少なくありません。


ですので、そういった事態を極力避けるためにも患者さんとご家族に対して療養上の適切な
アドバイスを行う必要があります。こういったことも在宅医師の大切な仕事です。


在宅医師は病院勤務よりも患者さん一人一人に向き合う時間が長いので、やりがいも大きい
ですが、良かれと思ったことが仇となったりするケースもあるので、難しい面もあります。





■家族の心のケアも大事な仕事

高齢者の患者さんの場合、ご家族が沢山いて、交代で患者さんを介護しているケースは多く
ありません。一人二人で親の面倒を見ているケースが圧倒的に多いのが現状です。


特に核家族化が進んでいる大都市では、 こうしたケースが多く、介護疲れで精神的に苦しん
でいるご家族の方が少なくありません。日常的に相談相手がいないのも問題となってます。


藁にもすがる思いで在宅医師に色々な相談をしてくるご家族の方もいます。どうかこうした方
を突き放すのではなく、出来る範囲内で相談にのってあげて下さい。これも大切な仕事です。




 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます