失敗のタグ記事一覧


タグ:失敗

失敗のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■転職するための準備が足りない 医師として初めて転職するにあたって色々な不安があると思います。その不安を一つ一つ消して いくためにもしっかり準備する必要があるのですが、多くの方が勢いで進めていこうとします。 当然いきあたりばったりとなり、失敗する可能性が高まります。そうならないためにも、最低限以下 の点について、しっかり調べて頂き、自分の取るべき行動を明確にする必要があります。 (1)医師の求人市...

記事を読む

no-image

その他
■優秀な医師でも病院側の評価は低い?10年くらい経験をつめば、どの診療科でも「一人前の医師」として認められるわけですが、ここで止まってしまう医師と、さらに貪欲なまでに進化し続ける医師と大きく分かれます。その差は何でしょうか? 私が見てきた限りでは、「患者さんのため」にと、毎日頑張ってる医師の先生は、目的・目標がブレることがないため、進化し続ける傾向が強いです。こうした先生は、 当然のことながら患者さ...

記事を読む

no-image

その他
■安易に考えすぎると転職は失敗する転職に失敗する医師の方の多くが転職を「安易」に考えすぎている点が要因としてあげられます。「なぜ転職しなければならないのか?」、転職する目的・目標が明確になっていません。まずありがちなのが、情報らしい情報がない段階で求人先に対してまるで理想の職場であるかのような妄想に近い期待をかけてしまいます。これでは上手くいく可能性は極めて低いです。仮に転職が上手くいったとしても...

記事を読む

転職に失敗しやすい医師の特徴




■転職するための準備が足りない


医師として初めて転職するにあたって色々な不安があると思います。その不安を一つ一つ消して
いくためにもしっかり準備する必要があるのですが、多くの方が勢いで進めていこうとします。


当然いきあたりばったりとなり、失敗する可能性が高まります。そうならないためにも、最低限以下
の点について、しっかり調べて頂き、自分の取るべき行動を明確にする必要があります。


(1)医師の求人市場を知る

(2)求人の需要を良く調べる

(3)転職を楽観視しない

(4)医療機関が求めている人材像

(5)面接対策について





■転職候補先を美化しすぎる


「職場の人間関係の悪さ」を理由に転職を決意する医師の方が少なくありません。医療現場では
一分一秒を争って人の命を救うために必死なわけですから、仲良しこよしでは無理ですよね。


しかし、しっかり準備せずに勢いで転職を進めてしまうと、「転職先候補を美化」しようとする傾向
が意外に強いんです。「ここは人間関係が良さそう」といった具合に過剰なまでに期待します。


しかし、実際に勤務してみると、前以上に「人間関係が悪かった」なんてことになりかねません。
そうならないためにも準備を怠らず、ある程度余裕を持って転職活動する必要があります。





■転職について相談出来る人がいない


転職は本当に「孤独との戦い」といった面が強いので、安易に進めると失敗するリスクが高まり
ます。しかし、転職について相談出来る人がいないと、自分の都合良く楽観視します。


また、反対に不安から、「失敗するリスク」を心配しすぎる方も多いです。そして、時が流れるに
したがって、転職したいという強い思いが薄れていき、また嫌なことがあると転職を決意します。


そうしたことを繰り返しているうちに、転職そのものを完全に諦めなければならなくなりますので、
そうならないためにも、転職について気軽に相談出来る人を一人でも持つべきです。




» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

優秀な医師が転職に失敗する理由とは?




■優秀な医師でも病院側の評価は低い?


10年くらい経験をつめば、どの診療科でも「一人前の医師」として認められるわけですが、
ここで止まってしまう医師と、さらに貪欲なまでに進化し続ける医師と大きく分かれます。


その差は何でしょうか? 私が見てきた限りでは、「患者さんのため」にと、毎日頑張ってる
医師の先生は、目的・目標がブレることがないため、進化し続ける傾向が強いです。


こうした先生は、 当然のことながら患者さんからの評価も「 非常に高い 」のが特徴です。
しかし、残念ながら必ずしも病院側の評価が高いとはいえないケースが多いです。





■理想の職場を求めて転職することに...


医師の仕事に対する意識が非常に高くて、患者さんへの思いが強すぎる医師の先生は、
下手をすると疎んじられてしまいます。まったくおかしな話ですが、事実なんです。


とにかく「最高の医療」を提供するためにスタッフ一丸となって患者さんに対応することを
誰よりも真剣に考えているため、病院の中で衝突することも少なくありません。


病院の経営陣とも妥協せずに自分の正しいと思うことを伝えるため、衝突することになる
わけですが、遅かれ早かれ理想の病院を求めて一度は転職することになります。





■求人先の面談でも衝突してしまう?


しかし、転職といっても確かなキャリアがあってのことですから、求人先の病院で各施設
を見学したうえで面談を受けるにあたって、いきなり衝突してしまうケースもあります。


例えば 「医療機器が古い」「マンパワーが足りない」「施設全体が老朽化しすぎている」
といったことを、いきなり院長に対して言ってしまったら衝突しないほうが不思議です。


当然のことながら、どんなに医師不足に苦しんでいる病院でも、面談でこのような物言い
をする医師を採用することはありませんので、多少のことは目をつぶる必要があります。



 カテゴリ
 タグ

安易に期待し過ぎると転職に失敗する




■安易に考えすぎると転職は失敗する


転職に失敗する医師の方の多くが転職を「安易」に考えすぎている点が要因としてあげられます。
「なぜ転職しなければならないのか?」、転職する目的・目標が明確になっていません。


まずありがちなのが、情報らしい情報がない段階で求人先に対してまるで理想の職場であるかの
ような妄想に近い期待をかけてしまいます。これでは上手くいく可能性は極めて低いです。


仮に転職が上手くいったとしても、実際に勤務するようになれば、すぐに失望します。冷静に
考えれば当たり前のことなのですが、こうしたケースが少なくないのが現状です。





■転職する目標・目的を明確にする


入職してから「こんなはずではなかった」とならないために、面談など条件交渉の場でしっかり
話し合うことで回避できますが、交渉相手は、過去に沢山の人と交渉を重ねた交渉のプロです。


そんな相手に自分に有利に交渉を進める自身がありますか?。そもそも条件交渉で有利に進めら
れるのであれば、職場でも有利な立場に入れるでしょうから、そもそも転職を考えません。


仮に想定ていたように理想の職場であったとしても、入職してから半年後、1年後に同じ職場の
先生達が大量に退職するなど、たった一夜にして状況が変わってしまう可能性だってあります。





■安易に求人先に期待しない


こういった言い方は大変失礼ですが、医局に属しながら低賃金で勤務されている方の中には、医局
よりも市中病院の方が条件も扱いも格段によい状況にあると期待して転職活動を進めます。


病院は慈善事業団体ではないので、経営にはにシビアなので、先生方にも質の高いパフォーマンス
を求めます。賃金の面で多少良くなっても労働条件は以前にも増して過酷なケースもあるんです。


転職して、取り返しのつかない後悔をしないためにも、以下の点を明確にしてください。


(1)なぜ転職したいのか?


(2)転職するにあたり最も重視しているものは?

A.給与

B.勤務エリア

C.職場の雰囲気


人間関係に悩む医師の方が実際に多いので、職場の雰囲気を最重要とする医師の方が多いです。


しかし、転職・目的が明確になっていない場合、ぶれやすいので気がついたら給与の高さに目が
向き、転職してみたら失敗だったというケースも多いので、注意しなければなりません。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます