女性医師のタグ記事一覧


タグ:女性医師

女性医師のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■小児科はマイナス要因が多い?小児科は、数ある診療科の中でも特に人材不足が深刻です。人が少ないので職場の医師たちは手分けして働かなくてはなりません。当直も残業もその分多くなりますので、医師一人あたりの負担が大きくなります。常に激務をこなしていながら、給料は他の診療科と比べて高いわけではありません。また訴訟リスクが高いので、小児科医を目指す若手医師の数は減少しています。こうしたマイナス要素があまりに...

記事を読む

no-image

その他
■泌尿器科医として求められるスキルとは?泌尿器科では、透析管理まで行える人材がここ最近強く求められています。透析センターを併設する病院が増加傾向にあるため、今後さらにこうした傾向が強まる可能性が高いことから、泌尿器科医は非常に将来性が非常に高いとされています。事実透析センターでの勤務を希望する医師は年々増えています。■透析センターの求人に応募が殺到!!透析センターの求人が出ると、瞬時に応募が殺到しま...

記事を読む

no-image

その他
■産科そのものが減少傾向へ産科は訴訟リスクが一番高い科であるため、産科医になろうとする医師の数が減少するだけでなく、産科そのものを閉鎖してしまうケースが現実に増えています。都市部ではそうした弊害はあまりみられませんが、地方では本当に深刻な問題です。すでに車で数時間かけて他県で出産しなければならないケースが現実に増えています。■訴訟リスク対策の効果についてさすがにこうした問題を「厚生労働省」も見てみぬ...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師が多い診療科目とは?女性医師が多い診療科は、1位:皮膚科、2位:眼科、3位:小児科となっています。逆に女性医師が少ない診療科は、 1位:泌尿器科、2位整形外科、3位:外科となってます。女性医師は年々増加傾向にあるため、どの診療科にも女性医師は存在します。女性医師を医師不足解消の起爆剤として期待する声は非常に大きいのですが、結婚をきっかけに離職するケースが多いうえに復職後も常勤での勤務が困難...

記事を読む

no-image

その他
■解消されない医師不足問題の現状依然として深刻化が進む「 医師不足問題 」を解消するための一つの手段として、出産や育児を理由に離職した女性医師の復帰を支援する動きが日本全国の病院で広がっています。実際に女性医師の支援を病院側もそれなりに取り組んでいます。院内に保育施設を設けたり、短時間勤務制度を採用することで、「女性医師を活用しよう」といった強い姿勢がみられます。しかしながら、医師不足を解消したい病...

記事を読む

小児科で非常勤の女性医師が求められる理由とは?




■小児科はマイナス要因が多い?


小児科は、数ある診療科の中でも特に人材不足が深刻です。


人が少ないので職場の医師たちは手分けして働かなくてはなりません。


当直も残業もその分多くなりますので、医師一人あたりの負担が大きくなります。


常に激務をこなしていながら、給料は他の診療科と比べて高いわけではありません。


また訴訟リスクが高いので、小児科医を目指す若手医師の数は減少しています。


こうしたマイナス要素があまりにも多い小児科ですが、労働環境の改善を進めている
病院も少なからずありまして、改善の兆しが徐々に見え始めています。





■小児科への転科は少ない!


とはいっても、常勤の小児科医を確保するのは依然として困難です。


その代わりを埋めるのが、パート・アルバイトなど非常勤として働く医師です。


以前よりも勤務体制整備されたため、非常勤の小児科医求人は人気があります。


また病院側が女性医師を強く求めているのも大きな要因となっています。



現状では小児科に転科する医師はそれほど多くありません。


転科するにあたって、当然それなりの知識や経験が必要ですが、小さい子供と接する
ので、成人の患者さんと接するのとは違ったコミュニケーション能力が必要です。





■女性医師が救世主?


当然のことながら子供は一人で病院に来るわけではありません。


お母さんに付き添われてくるケースが圧倒的に多いです。


お母さんは、同性である「女性医師」を強く求めています。


同じ女性でしか共有できない悩みなども気軽に相談できるため、人気が高いです。


このため、病院側も積極的に女性医師を雇用することを推し進めています。


しかし、女性医師の場合、結婚・出産を経て子育があるため、どうしても家庭を優先
させなければならない関係で常勤医師として勤務することが困難です。


このため積極的に長期で働ける非常勤医師を雇用し、小児科の勤務体制を整えてます。


また小児科医は、内科、外科、精神科など、子供たちの症状全てを総合的に診なけれ
ばならないため、医師としてそれなりの知識とスキルがどうしても求められます。



 カテゴリ

泌尿器科医の間で透析センターの求人に人気殺到!




■泌尿器科医として求められるスキルとは?


泌尿器科では、透析管理まで行える人材がここ最近強く求められています。


透析センターを併設する病院が増加傾向にあるため、今後さらにこうした傾向が強まる
可能性が高いことから、泌尿器科医は非常に将来性が非常に高いとされています。


事実透析センターでの勤務を希望する医師は年々増えています。





■透析センターの求人に応募が殺到!!


透析センターの求人が出ると、瞬時に応募が殺到します。


それくらい人気がすでに加熱している状態にありますので、もし転科して透析センター
で勤務することが出来れば、本当にラッキーですし、医師としての将来は明るいです。


しかし、実際に入職されたら毎日のように「病棟管理」や「外来処置」などに追われる
ことになりますので、そのあまりの忙しさに驚かれると思います。





■常にスキルアップが求められる!


手術では「腹腔鏡下手術」だけでなく、すでに「ロボット手術」が導入されている医療
施設も少なくありません。このため常にスキルアップが求められます。


泌尿器科医としてキャリアの選択肢を広げるためにも日々忙しい合間を縫って勉強しな
ければならないので、本当に大変ではありますが、確実に大きな財産となります。





■女性医師が強く求められている


そうした中で女性の泌尿器科医は非常に少ないです。泌尿器科を訪れる女性の患者さん
の多くが非常に恥ずかしい思いをしていますので、女性医師を求める声が強いです。


病院側も女性の患者さんが利用しやすいようにと、「 女性外来 」に限定した外来日を
別途設けたりするところも増えており、小規模経営のクリニックでも同様です。


実際に女性に配慮することによって、女性の患者さんを集客しているクリニックが増加
しています。今後こうした動きがさらに拡大することが予想されます。



 カテゴリ

産科は圧倒的な売り手市場




■産科そのものが減少傾向へ


産科は訴訟リスクが一番高い科であるため、産科医になろうとする医師の数が減少する
だけでなく、産科そのものを閉鎖してしまうケースが現実に増えています。


都市部ではそうした弊害はあまりみられませんが、地方では本当に深刻な問題です。


すでに車で数時間かけて他県で出産しなければならないケースが現実に増えています。





■訴訟リスク対策の効果について


さすがにこうした問題を「厚生労働省」も見てみぬふりをするわけにもいかないため、
過失の有無に関係なく、補償金が支払われる「無過失補償制度」を導入しました。


これはあくまでも訴訟リスク対策として導入されたわけですが、問題が多すぎます。


というのも 重度脳性麻痺の一部にのみが適用となっているからです。 それでも導入前
期待する声も大きかったのですが、導入後はすっかりトーンダウンしています。





■なぜ女性の産科医は増えないのか?


産科を訪れる患者さんは当然のことながら全て女性です。


しかも圧倒的に妊婦さんと接する機会が多いわけですから、同性である「 女性医師 」
に適した診療科であるため、女性の産科医が増えることに対する期待は大きいです。


しかし、女性医師の場合結婚・出産後は家庭と仕事の両立が非常に困難です。


復職しても非常勤で勤務するケースが殆どです。


結婚直前まで産科医として勤務していた場合でも、出産後は外来で婦人科や不妊治療科
だけを担当し、そのまま産科に戻らないケースも多いのが現状です。





■産科の今後の展望について


残念ながら現状では産科への転科を希望する医師はほとんどいません。


反対にあまりにも激務であるため、産科を見限って内科や精神・神経科、麻酔科などに
転科する医師が少なくありません。産科医の減少に拍車をかけている状態です。


今後は出産して子育が一段落した女性産科医をどれだけ引き戻せるかにかかってます。


そのためにも女性医師が働きやすい環境を病院だけでなく、国をあげて取り組まなけれ
ばなりません。そうした芽は今のところ小さいですが、確実に育っています。



 カテゴリ

女性医師が多い診療科目とその理由




■女性医師が多い診療科目とは?


女性医師が多い診療科は、1位:皮膚科、2位:眼科、3位:小児科となっています。


逆に女性医師が少ない診療科は、 1位:泌尿器科、2位整形外科、3位:外科となってます。
女性医師は年々増加傾向にあるため、どの診療科にも女性医師は存在します。


女性医師を医師不足解消の起爆剤として期待する声は非常に大きいのですが、結婚をきっかけ
に離職するケースが多いうえに復職後も常勤での勤務が困難であるため現状では難しいです。





■女性医師が診療科目を選ぶ背景について


女性医師が多い診療科の特徴についてですが、女性医師の多くが自ら医師を志して医師になる
ケースが少なく、また女性ということで親の病院を継ぐケースも、さほど多くありません。


学業優秀であっため、教師や両親から勧められて医師になるケースが圧倒的に多いため、結婚
した後のことを考えて、手術などで長時間拘束されるようなハードな仕事を好みません。


また急な呼び出しもほとんどない「 皮膚科 」、「 眼科 」に女性医師が多です。そして同性
の患者さんが多いということで、産婦人科や小児科も女性医師が多いです。





■ライフスタイルに合わせて働く傾向が強い


女性医師の多くが結婚や出産しても勤務しやすい診療科を選ぶ傾向が強いです。自分のライフ
スタイルにあった働き方を求めるので、医師不足解消の起爆剤として期待できません。


例えば皮膚科はスキンケアを含め、女性であれば興味が無い人の方が少ないので、美容皮膚科
などを含め、皮膚科は女性が入りやすい診療科の一つであることは間違いありません。





■キャリアチェンジは簡単ではない


しかし、問題なのは医師としてある程度キャリアをつむと、いつしか物足りなさを感じてしま
うため、違う診療科目でキャリアの再構築を図ろうとする方が少なくありません。


実際に診療科目をシフトするのは容易ではなく、転職するうえで大きな課題となってます。



 カテゴリ

女性医師の復職支援プログラムの実態




■解消されない医師不足問題の現状


依然として深刻化が進む「 医師不足問題 」を解消するための一つの手段として、出産や育児を
理由に離職した女性医師の復帰を支援する動きが日本全国の病院で広がっています。


実際に女性医師の支援を病院側もそれなりに取り組んでいます。院内に保育施設を設けたり、
短時間勤務制度を採用することで、「女性医師を活用しよう」といった強い姿勢がみられます。


しかしながら、医師不足を解消したい病院側と女性医師との間では、余りにも互いに求めている
ものに差がありすぎるようで、残念ながら期待通りの結果は依然として得られていません。





■復職支援プログラムの利用について


自治体と病院が協力して女性医師を対象にした復職プログラムを運営しているケースが多いです。
しかし、復職プログラムを受講するために長時間かけて移動しなければならなかったりします。


大都市圏の病院であれば電車で問題なく通えますが、地方の場合は、大型病院が中心地から離れ
ている場合が少なくありません。車で1~2時間かかってしまうケースはザラです。


ですので、こうした復職プログラムそのものが利用しにくいという切実な問題があります。





■感謝されない病院の支援策の実態


実際に復職支援プログラムを受講しても、同じような理由から紹介された病院が遠すぎて通えない、
給与が安いなど、勤務条件が医師側の要望とあまりにもかけ離れているケースが多いようです。


子育て中の女性医師が通いやすいように保育所を設ける病院が増えていますが、利用しやすい環境
には程遠いケースが多いようです。このため実際に利用している方が少なくいようです。



Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます