女性医師のタグ記事一覧


タグ:女性医師

女性医師のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■依然として女性医師の取り巻く環境は厳しい女性医師は一般企業に勤務している女性と同様に社会進出の壁(結婚・出産・子育)があるため、残念ながら長期間にわたって男性医師と同等の働きを期待するのは難しいです。勿論結婚するしないにかかわらず、優れた女性医師は現時点でも沢山いますし、それぞれの職場で活躍されていますが、医学界全体でみればどうしても少数派となってしまいます。医師の転職なら平均年収アップ率146.6%...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師への期待は高まる一方で...医師不足を解消させるための起爆剤として、右肩上がりで増え続けている女性医師に対する期待は高まる一方なのですが、女性が男性のように働くのは、現実的に厳しいようです。社会的に制約が多いことから、欧米のように女性が社会進出するのが困難であるため、女性医師が男性医師のような仕事に対するマインドを持ちながら働くのは難しいようです。■女性医師は常勤で働き続けるのが困難専門医の...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師が転職支援サービスを利用する理由意外に思われるかもしれませんが、「医師転職サイ」トの利用者の約半数が女性医師です。女性医師は、結婚・出産・子育などを理由に仕事を辞めたり、変えなければなりません。こうした理由から、将来的には医師転職支援サービスを利用する頻度は、女性医師の方が男性医師よりも多くなっているかもしれません。それくらい急増しています。しかし、常勤医師として働く女性医師は少ないので...

記事を読む

no-image

その他
■常勤として働き続ける女性医師は少ない女性医師の数が右肩上がりで増え続けている中で、 医学界における女性医師の地位は依然として低いままです。これは医学界の体質的な問題が原因ではありません。日本の社会構造に大きな問題があります。日本は先進国でありながら、欧米のように働く女性がキャリアを積むことが非常に困難である点が主な原因としてあげられます。事実医学部を卒業してから、常勤医師として勤務し続ける女性医師...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師が医師を目指したきっかけとは?女性医師が医師の道を選択した理由として意外にも多かったのが、両親からのススメです。あらためて医師になるには志の高さや情熱だけではなれないのだなと思った次第です。医学部を卒業するまでに膨大な費用(国立大学で約350万円、私立大学で約3000万円)がかかりますから、それこそ裕福な家庭でなければ費用を工面することすら困難です。裕福な家庭でなければ、娘に手に職をつけ...

記事を読む

女性医師を求める声が急増している理由



■依然として女性医師の取り巻く環境は厳しい


女性医師は一般企業に勤務している女性と同様に社会進出の壁(結婚・出産・子育)がある
ため、残念ながら長期間にわたって男性医師と同等の働きを期待するのは難しいです。


勿論結婚するしないにかかわらず、優れた女性医師は現時点でも沢山いますし、それぞれ
の職場で活躍されていますが、医学界全体でみればどうしても少数派となってしまいます。


医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >>





■現場で女性医師を求める声が拡大!


殘念ながら依然として女性医師を取り巻く環境は決して良いとはいえませんが、厳しい状況
にありながらも、医療の現場では女性医師を求める声が確実に広がっています。


実際に患者さんやそのご家族から女性医師を希望するケースが増えています。診療科では、
「婦人科」「健診」「小児科」「内科」などから女性医師を要望する声が大きいようです。





■今後ますます女性医師が求められる


患者さんが女性で、しかも女性特有の病気を患っている場合は、男性医師より、同性である
女性医師の方が色々話しやすく、自分の痛みを深い部分で理解してくれると感じています。


そして、小さなお子さんをもつママさんも 同じ理由で子供をもつママさんの大変さを深い
部分で理解してくれていると感じているため、患者さん側から強い要望があります。





■医師の仕事が転換期に入った?


ある病院の診療科においては、患者さんから女性医師を求める声が大きすぎて、女性医師
限定の求人が増えており、すでに男性医師を敬遠しはじめているところまで出てきてます。


先に述べた診療科においては、全国的にそうした傾向が広がってます。こういったことは、
これまでは考えられませんでしたが、医療業界も時代の転換期に入っているようです。


ですので、 社会的地位の高い医師の仕事でさえも、サービス業として側面を強くしなけれ
ば、患者さん側から拒否されてしまう時代に入ってしまったようです。


いつでも気軽に相談できる「医師転職ドットコム」 >>



 カテゴリ

女性医師が増えても医師不足が解消しない理由




■女性医師への期待は高まる一方で...


医師不足を解消させるための起爆剤として、右肩上がりで増え続けている女性医師に対する
期待は高まる一方なのですが、女性が男性のように働くのは、現実的に厳しいようです。


社会的に制約が多いことから、欧米のように女性が社会進出するのが困難であるため、女性
医師が男性医師のような仕事に対するマインドを持ちながら働くのは難しいようです。





■女性医師は常勤で働き続けるのが困難


専門医の資格までを取得するまで大学医局に勤務した女性医師の例をあげさせて頂きますと、
その方は医局に勤務している間に職場の同僚と結婚し、出産を機に退局しました。


3人のお子さんのママとして子育に追われる生活を送っています。家庭の家事は、全て一人で
行っているため、殘念ながら常勤医師として復職することは現実的に難しいです。


とはいっても専門医の資格まで取得したので、当然のことながら医師としてのキャリアを捨てる
つもりはなく、復職するにしても、パートで週3~4日程度働ければ良いと考えているようです。





■将来的に女性の社会進出は活性化するのか?


経済的に非常に余裕があるので、無理に常勤で働く必要がないため、子育て中の女性医師は、
このように考えているケースが多く、今後もこのような状態が続くことが予想されます。


日本政府は何もせず、ただ傍観しているだけなのかといえば、決してそんなことはありません。
しかし、各党から上がってくる政策が現状にまったくマッチしていないものばかりです。





■国が考えることは現状にマッチしていない!


例えば、女性の社会進出を活性化させるため政策として次のようなものがあります。 フィリピン
やベトナムなどのアジアの後進国から家政婦さんとして働く女性を大量に入国させます。


そして、世帯年収700万円以上の家庭は、家庭での家事や育児は すべてこうした家政婦さん
にやってもらい、夫婦それぞれの仕事に専念してもらうというものです。


またこうしたサービスを広く浸透させるために、利用する世帯の節税にもなるよう検討しているの
だとか。殘念ながら、これでは当分明るい時代はやってきそうにもありませんね。



 カテゴリ

キャリア志向の女性医師が少ない理由




■女性医師が転職支援サービスを利用する理由


意外に思われるかもしれませんが、「医師転職サイ」トの利用者の約半数が女性医師です。
女性医師は、結婚・出産・子育などを理由に仕事を辞めたり、変えなければなりません。


こうした理由から、将来的には医師転職支援サービスを利用する頻度は、女性医師の方が
男性医師よりも多くなっているかもしれません。それくらい急増しています。


しかし、常勤医師として働く女性医師は少ないので、医師不足を解消する力になりません。





■アルバイトのかけもちも多い!


医師転職サイトを利用する女性医師の中心とっている30歳~40歳は、一般女性であれば、
育児が一段落したので家計を助けるために働きに出るケースが比較的多いです。


しかし、育児が一段落したといっても、小さなお子さんを保育園や幼稚園の送り迎えしながら
常勤医師として働くことは難しいので、非常勤のアルバイト医師として働くケースが多いです。


どんなに多くても週4日、それも一つの病院に腰を据えて働くのではなく、アルバイトを何個
か掛け持ちして、育児を優先しながら働きますので、かなり大変です。





■女性医師はキャリア志向が少ないは本当か?


30歳~40歳の女性医師の中には、当然のことながら独身の女性もいます。しかし意外にも
独身の女性医師は、独身の男性医師と較べてキャリア志向の方が少ないです。


女性医師の場合、長期間に渡って常勤医師として勤務すると、男性のように過酷な環境の中
で長時間勤務するのが肉体的にも精神的にもきついと感じる方が多いようです。


もちろん男性医師が全て超がつくほどの激務をこなしているわけではありませがん、出世すれ
ばするほど、責任も大きくなりますので、それを避けたいと考える医師の方も少なくありません。



 カテゴリ
 タグ

常勤で働き続ける女性医師が少ない理由




■常勤として働き続ける女性医師は少ない


女性医師の数が右肩上がりで増え続けている中で、 医学界における女性医師の地位は依然
として低いままです。これは医学界の体質的な問題が原因ではありません。


日本の社会構造に大きな問題があります。日本は先進国でありながら、欧米のように働く
女性がキャリアを積むことが非常に困難である点が主な原因としてあげられます。


事実医学部を卒業してから、常勤医師として勤務し続ける女性医師が少ないです。女性医師
の場合、結婚・出産・子育てによってどうしても長期間にわたるブランクが生じます。





■常勤で復職するのが困難


上述した理由からブランクが生じてしまうと、 病院の多くが深刻な医師不足でありながら、
復職するのが困難であるため、多くの女性医師が常勤で働くことをあきらめてしまいます。


ですので、仕方なく非常勤として働くケースが圧倒的に多いのが女性医師の現状なんです。
具体的には週1~2日、3~4日程度非常勤として働くケースが多いです。


非常勤医師の病院内における扱いは確かに低くいのですが、時間換算にすると常勤医師より
も圧倒的に給与がいい点が、非常勤として働く唯一の救いといえそうです。





■日本の社会構造に問題あり?


女性医師の場合、 仮に復職しても非常勤として勤務するケースが多いので、 抜本的に医師
不足を解消する力にはなりえないとされています。これは本当に大きな問題です。


実際に医師転職サイトを利用する女性医師の大半は非常勤での勤務を希望していますので、
日本の社会構造に変化がない限り、今後もこうした傾向はしばらく続くことが予想されます。



 カテゴリ

女性医師が医師を目指した理由について



■女性医師が医師を目指したきっかけとは?


女性医師が医師の道を選択した理由として意外にも多かったのが、両親からのススメです。
あらためて医師になるには志の高さや情熱だけではなれないのだなと思った次第です。


医学部を卒業するまでに膨大な費用(国立大学で約350万円、私立大学で約3000万円)
がかかりますから、それこそ裕福な家庭でなければ費用を工面することすら困難です。


裕福な家庭でなければ、娘に手に職をつけるために医師になれとはすすめられません。





■成績優秀だと医学部を勧められる


御存知の通り医師の仕事は女性でも一生涯続けられる仕事です。そして、社会的に信用も
高いので、一つの職業としてみた場合、医師の仕事は大変人気があります。


このため、高校時代に成績が良いと医学部を学校側から勧められるケースも多いようです。
こうした理由から比例するからのように医学部進学を目指す女性が増えていています。


すでに医学部によっては、女性の入学者の数が全体の4割超えているところもあります。





■地方では優秀な人達の受け皿が少ない?


東京や大阪など大都市圏には、女性が活躍できる場所が沢山ありますが、地方の場合は、
地域によって格差がありすぎるため、勉強熱心で優秀な生徒の受け皿が少ないです。


このため、比較的裕福で教育熱心な親ほど自分の子供を医師にしたいと考えるようです。
このため地方の医学部がある大学の女性が占める割合が年々増えています。


しかし、女性の社会進出をようやく国が「国策」としてサポートしようとしているくらい、
先進国の中で我が国は遅れをとっています。このため色々な問題が山積み状態です。


女性医師がそうした状況を改善するための火付け役になることを願うばかりです。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます