■小児科医の未来は明るい?


小児科医は、常にハードワークを求められるうえに、「 訴訟リスク 」が他の診療科の
医師よりも高いので、小児科医を目指す医師が少ない点が大きな問題となっています。


病院側も思うように医師を集めることができないため、小児科を閉鎖する病院が一時期
増えました。しかし、さすがに危機的状況を迎え、環境改善の動きが出ています。


過酷な労働条件を何とか改善し、プライベートと仕事のワークライフバランスを出来る
限り整えようと働きかけている病院が実際に増えていますので、未来は明るいです。





■過酷な状況はもうしばらく続く


しかしまだまだ小児科医と小児科をとりまく環境は厳しい状況が続きます。人工透析、
内科などに転科して小児科を去っていく医師も依然として多いです。


劇的に環境改善がなされるわけではないので、医師を集めても仕事が過酷なゆえ、すぐ
退職してまうといった、負のスパイラルに陥っている病院も少なくなりません。


特に小児集中治療室(PICU)は全国規模で施設が不足しているため、日本全国から患者
が搬送されることから、医師の労働環境は、さらには苛酷な状況です。





■小児科医として働く最低条件


しかしながら、「小児救急」は、誕生してからまだ日が浅いので、将来的に大きく成長
する可能性がありますので、早い段階で転科して、技術取得に励むのも一つの手です。


10年後には名医として小児救急の分野で権威になっているかもしれません。


もしも小児科医になるのであれば、子供が好きであることが最低条件です。やはり子供
嫌いでは、コミュニケーションが思うように取れないので、難しいです。


また、コミュニケーションが十分にとれない乳児や小さい子供の場合は、その子たちの
親御さんとコミュニケーションをとることになるので、信頼関係が何より大切です。





■女性医師の需要が高い理由とは?


子供たちを病院につれてくるのは、大半はお母さんです。


このためお母さんたちからは、男性医師よりも同じ女性である女性医師が好まれます。
このため産科や小児科は女性医師の確保に力を入れているところが増えています。


先に述べた通り小児科の環境改善する動きは全国的に広がっています。女性医師による
ワークシェアリングや短時間勤務によって各科を回す動きも広がっています。



 カテゴリ