小児科のタグ記事一覧


タグ:小児科

小児科のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■小児科はマイナス要因が多い?小児科は、数ある診療科の中でも特に人材不足が深刻です。人が少ないので職場の医師たちは手分けして働かなくてはなりません。当直も残業もその分多くなりますので、医師一人あたりの負担が大きくなります。常に激務をこなしていながら、給料は他の診療科と比べて高いわけではありません。また訴訟リスクが高いので、小児科医を目指す若手医師の数は減少しています。こうしたマイナス要素があまりに...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医を目指す若手医師が激減している理由とは?医療機関の多くが依然として人材難に頭を抱えています。そうした中、小児科は他の診療科と比べても、より厳しい状況にあります。若手医師の間で小児科医を目指す人が少ないのも大きな問題です。小児科の求人に応募する医師の特徴としては、臨床経験を終えた若手医師だけでなく、他の診療科から転科するケースも比較的多いですが、その数は決して多くありません。他の診療科から...

記事を読む

no-image

その他
■小児科を取り巻く環境について残念ながら多くの病院が「 小児科 」を閉鎖せざるえない状況に追い込まれています。このため全国的に小児科は減少傾向にあります。しかし小児科医は不足しています。また、小児科は一般的に15歳までの小児を診察の対象としているため、容態が急変し、緊急搬送されることも多いことから、夜勤や当直が非常に多いです。最近は「訴訟件数」が産科と一二を争う状況にあるくらい訴訟リスクが大きいです。■...

記事を読む

小児科で非常勤の女性医師が求められる理由とは?




■小児科はマイナス要因が多い?


小児科は、数ある診療科の中でも特に人材不足が深刻です。


人が少ないので職場の医師たちは手分けして働かなくてはなりません。


当直も残業もその分多くなりますので、医師一人あたりの負担が大きくなります。


常に激務をこなしていながら、給料は他の診療科と比べて高いわけではありません。


また訴訟リスクが高いので、小児科医を目指す若手医師の数は減少しています。


こうしたマイナス要素があまりにも多い小児科ですが、労働環境の改善を進めている
病院も少なからずありまして、改善の兆しが徐々に見え始めています。





■小児科への転科は少ない!


とはいっても、常勤の小児科医を確保するのは依然として困難です。


その代わりを埋めるのが、パート・アルバイトなど非常勤として働く医師です。


以前よりも勤務体制整備されたため、非常勤の小児科医求人は人気があります。


また病院側が女性医師を強く求めているのも大きな要因となっています。



現状では小児科に転科する医師はそれほど多くありません。


転科するにあたって、当然それなりの知識や経験が必要ですが、小さい子供と接する
ので、成人の患者さんと接するのとは違ったコミュニケーション能力が必要です。





■女性医師が救世主?


当然のことながら子供は一人で病院に来るわけではありません。


お母さんに付き添われてくるケースが圧倒的に多いです。


お母さんは、同性である「女性医師」を強く求めています。


同じ女性でしか共有できない悩みなども気軽に相談できるため、人気が高いです。


このため、病院側も積極的に女性医師を雇用することを推し進めています。


しかし、女性医師の場合、結婚・出産を経て子育があるため、どうしても家庭を優先
させなければならない関係で常勤医師として勤務することが困難です。


このため積極的に長期で働ける非常勤医師を雇用し、小児科の勤務体制を整えてます。


また小児科医は、内科、外科、精神科など、子供たちの症状全てを総合的に診なけれ
ばならないため、医師としてそれなりの知識とスキルがどうしても求められます。



 カテゴリ

小児科医を目指す若手医師が激減!




■小児科医を目指す若手医師が激減している理由とは?


医療機関の多くが依然として人材難に頭を抱えています。


そうした中、小児科は他の診療科と比べても、より厳しい状況にあります。


若手医師の間で小児科医を目指す人が少ないのも大きな問題です。


小児科の求人に応募する医師の特徴としては、臨床経験を終えた若手医師だけでなく、
他の診療科から転科するケースも比較的多いですが、その数は決して多くありません。


他の診療科から「転科」する場合、医療に関する基礎的知識は同じであっても、違う
職に転職するようなものです。それくらい仕事の内容が他の診療科とは異なります。





■小児科がどんどん少なくなっている


今現在小児科の看板を下ろすところが増えています。


これは個人経営の診療所だけではありません。


比較的規模の大きい総合病院でも同様の動きが広がっています。


それにともなって、小児科医を目指す医師が減少しています。


これには色々な理由があります。まず他の診療科よりも夜勤や当直が多いです。


緊急搬送されることも多いので、夜中に呼び出されることも少なくありません。


小児科医は、日々大変な思いをしながら激務をこなしています。


しかし、訴訟リスクが他の診療科よりも高いです。


こうした理由から小児科を閉鎖させる病院が急速に増え、若手医師の間でも小児科医
を目指す動きが一気に後退することになったのです。改善する兆しはありません。





■小児科医の転科は多い?


あまりにもデメリットが多いことから、他の診療科から転科も少ないのが現状です。


しかし、小児科医に転科したことで、睡眠時間を削りながら激務をこなしている状況
にありながら、医師として働く喜びを見出す先生方も沢山いらっしゃいます。


やはり診療するのが子供であるため、どうしても向き不向きが強いです。


子供が好きという理由だけでは、とてもじゃありませんが務まりません。


子供のお母さんに言われもない誹謗中傷を受けて苦しめられることもあるからです。
クレームを超えた内容であるため、精神的に大きなダメージを受けます。


小児科は、こうしたデメリットが色々とあります。


小児科医としてのやりがいは決して小さくありません。



 カテゴリ
 タグ

小児科は慢性的に医師不足でブラック化が進む!




■小児科を取り巻く環境について


残念ながら多くの病院が「 小児科 」を閉鎖せざるえない状況に追い込まれています。
このため全国的に小児科は減少傾向にあります。しかし小児科医は不足しています。


また、小児科は一般的に15歳までの小児を診察の対象としているため、容態が急変し、
緊急搬送されることも多いことから、夜勤や当直が非常に多いです。


最近は「訴訟件数」が産科と一二を争う状況にあるくらい訴訟リスクが大きいです。





■「子供が好き」では務まらないい


こうした問題があるため、「小児科医」になる医師の数も減少しています。このため、
小児科医が不足することとなり、小児科医一人あたりの負担が大きいです。


内科医の先生の中には「子供が好き」といった理由で、小児科への転科を希望する方が
少なくありません。しかし、そうした安易な気持ちで務まる科ではありません。





■小児科は慢性的に医師不足


特に小さいお子さんは、診察のさいに医師の言うことを聞いてくれないケースが多く、
ちょっとしたことですぐに泣き出したりするので、診察時間が取られます。


また、「医師不足」をカバーするために少ない人数で外来と入院を担当しなければなり
ませんので、日々激務となり、嫌気して小児科を去る医師が後を絶ちません。


補充したくても医師の確保が思うようにいかず、慢性的に医師不足に陥ってます。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます