小児科医のタグ記事一覧


タグ:小児科医

小児科医のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■お母さに必要なのは子供の病気の知識!夜間小児救急外来をやっている病院が近くにある人は本当に恵まれています。しかし小児科医の先生方がいるから出来るのであって、実際に中で働いている人達は本当に大変です。まず朝から午前中の外来や病棟で働きます。そして、午後7時から夜の救急外来を翌朝午前7時まで行ない、また夜までそのまま働くので、体力・精神力によほど自信がなければ到底務まりません。我が子を心配しない母親...

記事を読む

no-image

その他
■小児科はブラックの中のブラック小児科医を取り巻く「労働環境」は非常に劣悪です。改善される兆しがみえません。世間では、ここ数年劣悪な労働環境にあるブラック企業の経営者が槍玉にあげられていますが、医師の労働環境については問題視されることが少ないです。特に小児科医や産婦人科医を取り巻く労働環境は非常に厳しいものがあります。32時間連続勤務となる当直を月に5~6回行います。同じくオンコールを月に5~6回...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医を取り巻く環境について小児科医は肉体的にも精神的にもハードな当直が月に最低5回はあります。人手が足りなくなると、さらに増えることになります。医療崩壊が叫ばれてから久しいですが、それでも何とかこれまでやってこれたのも、全て医師の先生方をはじめ、現場で必死に働く人たちのおかげです。こうした厳しい状態は20年ほど前から続いています。しかし当時は今ほど「 モンスター・ペイシェント 」のような存在は...

記事を読む

no-image

その他
■待遇改善されることのない過酷な現場小児科に新生児集中治療室(NICU)がある病院は、24時間365日体制で小児科医を配置させなければなりませんので、小児科医の先生は本当に大変です。「 新生児医療 」に力を入れている病院は、小児科医の給与は高めに設定されているので、激務であっても給与に関する不満は小さいと考えられています。しかし、32時間(定時に終わることはないので実際には36時間)連続勤務に耐えながら...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医の年収は高くない?小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。他の診療科よりも残業や当直が...

記事を読む

小さなお子さんをもつお母さんのための病気の豆知識




■お母さに必要なのは子供の病気の知識!


夜間小児救急外来をやっている病院が近くにある人は本当に恵まれています。


しかし小児科医の先生方がいるから出来るのであって、実際に中で働いている人達は
本当に大変です。まず朝から午前中の外来や病棟で働きます。


そして、午後7時から夜の救急外来を翌朝午前7時まで行ない、また夜までそのまま
働くので、体力・精神力によほど自信がなければ到底務まりません。


我が子を心配しない母親はいません。しかしあまりにも心配しすぎるのも問題です。
普段と様子が違うという理由だけで、深夜に病院に連れてくる方もいます。


当然病気でも何でもない状態ですから、異常なしとしか言いようがありません。


自分で判断するよりもプロに診てもらったほうが確実です。


しかし、ある程度自分で判断できるようになるために、たまごクラブかひよこクラブ
などの育児雑誌で子供が患いやすい病気に関する知識を身につける必要がありますね。






■夜間救急外来を受診すべきか迷ったら?


子供が病気を患えば、受診すべきか、もうしばらく様子見するか迷われますよね。
以下のような症状が見られたら、迷わず診てもらいましょう!!


(1)意識の状態が悪くボンヤリし、名前を読んで問いかけても反応が普段より鈍い。


うるさくわめくのであれば問題ありません。しかしこうした状態は何らかしらの病を
すでに患っている可能性が高いので出来るだけ早めに診てもらいましょう。



(2)呼吸の状態が悪く表情が苦しそう


お子さんを上半身を裸にして呼吸をみます。


肩を上下に揺らしたり、胸のみぞおちの所をへこませるような呼吸をしてる場合は、
呼吸が苦しい証拠なので、すぐに診てもらいましょう。



(3)嘔吐を繰り返し、腹痛が長時間続く場合

我が子が突然「嘔吐」や「下痢」を繰り返すと心配になります。しかし嘔吐と下痢に
関しては、それほど心配する必要はありません。問題は脱水症状になることです。


とくに夏場は汗も大量にかくので水分補給が何より大切です。



(4)3か月未満の赤ちゃんが発熱した場合

この場合は問答無用です。できるだけ早く病院連れていきましょう



(5)けいれんやひきつけが起こった場合

高熱でけいれんが起こった場合、5分以内でけいれんがおさまったのであれば、その
まま様子みてもいいですが、それ以上となればすぐに病院に連れて行きましょう。



(6)長時間にわたって高熱が続く場合

41度を超えていたら危険ですので、即病院へ連れて行きましょう。





■小さい子供をもつお母さんに啓蒙活動が必要


お子さんの様子がおかしくなったら、救急病院へ電話してどのようにすればよいか、
質問しましょうといった啓蒙活動を各地域ごとに行なう必要があります。


夜間であっても救急外来を受診したほうがいいケースは10%に届きません。


40度の熱が出た場合でも、水分が採れる状態にあるのであれば心配いりません。


高熱で脳に障害が生じることを以上に心配する方がいますが、まず心配いりません。


ただし、子供の場合は容態が急変することが少なくないので、注意が必要です。


小児科医の先生方が困ってしまう時間帯は、朝の4時~5時にかけてです。


すでに20時間前後働いているため、意識が朦朧としているため、一番辛いんです。



 カテゴリ

小児科医のブラックな労働環境について




■小児科はブラックの中のブラック


小児科医を取り巻く「労働環境」は非常に劣悪です。改善される兆しがみえません。


世間では、ここ数年劣悪な労働環境にあるブラック企業の経営者が槍玉にあげられて
いますが、医師の労働環境については問題視されることが少ないです。


特に小児科医や産婦人科医を取り巻く労働環境は非常に厳しいものがあります。


32時間連続勤務となる当直を月に5~6回行います。


同じくオンコールを月に5~6回行います。

オンコールは何もなければ支払われませんので、「 完全無料 」で拘束されることに
なりますので、お酒が好きな方にとってはかなり苦痛だと思います。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■時間外手当が制限されるケースがほとんど


また、極めつけは時間外労働が月に上限が決まっている場合が多いです。


例えば月間の時間外労働に対する残業手当を50時間までに制限されている病院では、
50時間を超えた分に関しては、当然のことながら一切支給されません。


つまり無償で働くことになってしまいます。


こうした過酷な労働環境の中で働く小児科医や産婦人科医の先生の中には、極限状態
まで追い込まれ、過労死や自ら命を絶ってしまうケースが過去に何度もありました。


国は過酷な堂々環境にあることを一切認めようとしません。





■ブラック化の流れを断ち切るには?


医師の仕事に限ったことではありませんが、どんな仕事でも大変さは実際に働いてる
人にしか分かりません。理解しようと思って出来るものでもありません。


特に責任感の強い医師の先生ほど、過酷な労働環境にありながら、患者さんのことは
勿論のこと周囲のスタッフにも気を使い、色々なことを思い悩み苦しんでいます。


医学部では先輩や教授から小児科医と産婦人科医だけにはなるなと言われます。


それだけ小児科医を取り巻く環境は過酷なわけですが、一向に改善されません。


事実国は何もしようとはしません。少しでも良い職場が増えるためにも、良い職場に
人が集中し、ブラックな職場に人材が流れない環境を作っていくしかありません。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



小児科医を取り巻く環境は悪化している?




■小児科医を取り巻く環境について


小児科医は肉体的にも精神的にもハードな当直が月に最低5回はあります。


人手が足りなくなると、さらに増えることになります。


医療崩壊が叫ばれてから久しいですが、それでも何とかこれまでやってこれたのも、
全て医師の先生方をはじめ、現場で必死に働く人たちのおかげです。


こうした厳しい状態は20年ほど前から続いています。


しかし当時は今ほど「 モンスター・ペイシェント 」のような存在は多くありません
でした。同様に「 訴訟リスク 」も多くありませんでした。


感謝されることのほうが多かったので、今以上にやりがいがありました。


ご存知のとおり最近はより凄まじい状況にありますよね。


今後も改善される可能性は残念ながら低いです。





■人材不足の元凶は?


一般には長らく医師は十分足りていると思われていました。


厚生労働省による何らかのプロパガンダがあったと思っています。


医師は人件費が一番高いのだから「 待遇改善 」などもってのほか、といった空気が
流れていましたので、人員補強を訴えても拒絶されるだけでした。


そのつけがいまになって大きな問題となってあります。


急に人が足りないから何とかしろと言われても対応するのに時間がかかります。


こうした問題の元凶である厚生労働省は、問題に対して責任を取ることもなければ、
取ろうとする姿勢すら見せませんので、医療に従事する人達が浮かばれません。





■小児科医の給料は本当に高いのか?


小児科医は給料が他よりも高いとされています。


確かに総支給額の額面だけみれば高いと思われるでしょう。


当直と残業が多いので、当然といえば当然です。


基本給自体は一般の同年代のサラリーマンの方とさほど変わりません。


その代わり各種手当てと当直代が基本給をも上回ります。


このため、ボーナスの支給額を低く抑えることができます。


年収で1200万円以上貰えれば、世間一般的には年収は申し分無く高いわけですが、
その責任の大きさと、過酷過ぎるという言葉が軽すぎるくらい労働時間が長いです。


ですので、正直割に合いません。


病院経営も苦しいので賃金が上昇しない方向に動いています。


20年ほど前なら2000万円を超えているケースも多かったのですが...



過酷過ぎる小児科医の当直の実態とは?




■待遇改善されることのない過酷な現場


小児科に新生児集中治療室(NICU)がある病院は、24時間365日体制で小児科医
を配置させなければなりませんので、小児科医の先生は本当に大変です。


「 新生児医療 」に力を入れている病院は、小児科医の給与は高めに設定されている
ので、激務であっても給与に関する不満は小さいと考えられています。


しかし、32時間(定時に終わることはないので実際には36時間)連続勤務に耐え
ながら働き続けるのは非常に困難で、並の精神力では到底無理です。





■過酷過ぎる小児科医の当直の実態


スケジュールどおり毎日進めばいいのですが、入院患者さんの容態が急変することも
しばしばありますし、ハイリスクな分娩になると人手不足が災いします。


ただでさえ現場にいる小児科医が少ないのに、残された小児科医が手分けして現場を
切り盛りすることになります。そうなると残業がいつも以上に長くなります。


場合によっては、40時間を超えることもあります。


そうなると「 思考回路 」が極端に低下し、集中できなくなります。


何でもない天敵や採血すら失敗します。ミスが多くなってしまうのです。


しかも、人の命がかかっているので、医療ミスもとなれば徹底的に責められます。





■小児科医の給与水準は高いのか?


こうした過酷過ぎる当直が月に最低でも「5回」以上あります。


休日は身体を休めるだけになります。というより身体を休めるだけにしておかないと、
余計なエネルギーを消費してしまい、働き続けることができなくなります。


また最新の医療知識を空いているスキマ時間に勉強しなければなりません。


休日は趣味に没頭するなんてことは到底できません。


30代で専門医を取得された先生でも年収は1400万円前後です。


ボーナスが基本給の4ヶ月であれば、月収で100万円は到底超えません。


最近になって、ようやく待遇改善を見直す動きが広がっています。



 カテゴリ

小児科医の年収は決して多くない




■小児科医の年収は高くない?


小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。


ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。


平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。


ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の
年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。


他の診療科よりも残業や当直が多いにもかかわらず、給料が少ないイメージが強い
ですが、数字でみれば平均より少しいいくらいですが、それ以上に仕事は過酷です。





■開業医が直面する現実について


地域によっては少子高齢化が進みすぎてしまい、小児科を閉鎖する病院もあります。
また仕事が過酷であるため、若手医師で小児科医を目指す人が少ないです。


こうした理由から小児科は以前よりもかなり減少しています。


しかし、当然のことながら子供がいなくなるということは絶対にありません。


安心して子供を育てることができる社会になるには小児科医の存在は欠かせません。


小規模な個人経営の病院でも小児科は少なくなっています。


個人経営の病院は、「少数精鋭」で対応しなければなりません。


ですので、「採算」を取るのが非常に難しく、昨今では「訴訟リスク」へも配慮して
対応しなければならないので、正直これでは割にあいません。


残念ながら全体的にみて小児科医は減少傾向にあります。


開業医の年収についてですが、平均2400万前後です。


人気の開業医になると3000万円以上を軽く超えます。





■非常勤の方が稼げてしまう現実


しかし例え勤務医であっても、病院で10年ほど経験を積めば年収2000万円程度
の収入が得られます。勿論小児科医のスキルによっても給与は左右されます。


しかし現場の最前線で働いている人からすれば、皆さん給料が低いと感じています。


同じ小児科医でも満足度にかなりばらつきがあります。


生活がかかっているので給料は、言うまでもなく大切です。これから求職活動を行う
のであれば、長く勤務するためにも、自分に適した職場を選ぶほうが得策です。


ちなみに小児科医としてアルバイトで働いた場合の給料についてですが、時給1万円
以上は普通ですし、非常勤でもフルタイムで働くことができます。


そうなると非常勤で働いたほうが年収が多くなります。


勿論病院側の都合でいつ切り捨てられるか分からにといったリスクはありますが、
それを差し引いても、非常勤で働いたほうが年収が多くなるのは魅力です。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます