常勤のタグ記事一覧


タグ:常勤

常勤のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■常勤産業医として働く最大のメリットとは? 臨床医として働いている医師の中には、余りにも仕事が多忙であるため家族と過ごす時間が 少なすぎることを嘆いている方が少なくありません。家庭の悩みは仕事に大きく影響します。 このため人によっては転職を検討せざるえない状況にあります。こういった悩みを持つ医師 の方々におススメしたいのが、産業医として大手企業で勤務することです。 産業医の仕事は従業員の健康管理が...

記事を読む

no-image

その他
■常勤として働き続ける女性医師は少ない女性医師の数が右肩上がりで増え続けている中で、 医学界における女性医師の地位は依然として低いままです。これは医学界の体質的な問題が原因ではありません。日本の社会構造に大きな問題があります。日本は先進国でありながら、欧米のように働く女性がキャリアを積むことが非常に困難である点が主な原因としてあげられます。事実医学部を卒業してから、常勤医師として勤務し続ける女性医師...

記事を読む

求人が少なすぎる常勤産業医として転職する方法




■常勤産業医として働く最大のメリットとは?


臨床医として働いている医師の中には、余りにも仕事が多忙であるため家族と過ごす時間が
少なすぎることを嘆いている方が少なくありません。家庭の悩みは仕事に大きく影響します。


このため人によっては転職を検討せざるえない状況にあります。こういった悩みを持つ医師
の方々におススメしたいのが、産業医として大手企業で勤務することです。


産業医の仕事は従業員の健康管理が中心です。しかし、決して楽な仕事ではありませ。その
かわり労働条件は病院勤務よりも良いので、家族と過ごす時間を無理なく増やせます。





■産業医として働くには?


産業医なら年収1,000万円以上で、週3、4日程度勤務すればOKの求人も少なくありません。
一般企業で働くので土日・祝日も無理なく休むことができるので、ご家族も喜ばれます。


人によっては、臨床医としてこれまで培った経験と知識を産業医として生かしたいと考えて
いる方も多いかと思います。産業医として働くには、資格を取得しなければなりません。


ちなみに産業医の資格を取得する方法についてですが、日本医師会認定の産業医学基礎研修
を受講するか、産業医科大学の産業医学基本講座を受講する形になります。





■転職を成功させるには?


基本的に産業医研修を修了することによって産業医の資格を取得できます。国家試験はあり
ませんので、これで晴れて産業医として一般企業で働くことが可能となります。


また、 研修会の開催日程などに関しましては、 日本医師会や都道府県医師会会報のホーム
ページから確認することができます。受講手続きの案内も分かりやすく解説されています。


もし、産業医として働くことを検討されているのであれば、「医師転職サイト」を利用されることを
強くおススメします。何と言っても産業医の求人を探すのは、非常に困難です。


しかし医師転職サイトを利用すれば担当の転職コンサルタントが産業医の求人状況や産業医
として働くうえで役立つ情報を提供してくれるので、転職活動もスムーズに行えます。




 カテゴリ
 タグ

常勤で働き続ける女性医師が少ない理由




■常勤として働き続ける女性医師は少ない


女性医師の数が右肩上がりで増え続けている中で、 医学界における女性医師の地位は依然
として低いままです。これは医学界の体質的な問題が原因ではありません。


日本の社会構造に大きな問題があります。日本は先進国でありながら、欧米のように働く
女性がキャリアを積むことが非常に困難である点が主な原因としてあげられます。


事実医学部を卒業してから、常勤医師として勤務し続ける女性医師が少ないです。女性医師
の場合、結婚・出産・子育てによってどうしても長期間にわたるブランクが生じます。





■常勤で復職するのが困難


上述した理由からブランクが生じてしまうと、 病院の多くが深刻な医師不足でありながら、
復職するのが困難であるため、多くの女性医師が常勤で働くことをあきらめてしまいます。


ですので、仕方なく非常勤として働くケースが圧倒的に多いのが女性医師の現状なんです。
具体的には週1~2日、3~4日程度非常勤として働くケースが多いです。


非常勤医師の病院内における扱いは確かに低くいのですが、時間換算にすると常勤医師より
も圧倒的に給与がいい点が、非常勤として働く唯一の救いといえそうです。





■日本の社会構造に問題あり?


女性医師の場合、 仮に復職しても非常勤として勤務するケースが多いので、 抜本的に医師
不足を解消する力にはなりえないとされています。これは本当に大きな問題です。


実際に医師転職サイトを利用する女性医師の大半は非常勤での勤務を希望していますので、
日本の社会構造に変化がない限り、今後もこうした傾向はしばらく続くことが予想されます。



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます