常勤医師のタグ記事一覧


タグ:常勤医師

常勤医師のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■常勤医師は全ての自由を奪われる?常勤医師は安定して働くことができますが、スペシャリストを目指す医師の方からすれば、勤務する病院に全てを合わせなければならない点で多少窮屈に感じる面もあります。就業時間は自分の都合に合わせることはできません。当直だけでなく、科によっては深夜に頻繁に呼び出されることも少なくないわけですから、休日は体を休めるだけとなります。そして、空いている時間は新しい知識やスキルを吸...

記事を読む

no-image

その他
■常勤医師は恵まれている!常勤医師は一般企業でいうところの正社員にあたります。一般企業と比較した場合、病院などの医療機関の勤務形態は特殊なので週4回以上病院で業務にあたる医師を指します。病院に勤務する医師のほとんどが常勤医師です!。常勤医師として病院で働くメリットは色々ありますが、正規雇用であるため社会保険や福利厚生を受けられる点がまずあげられます。また、給料も毎月一定額がからなず支払われますので、...

記事を読む

no-image

その他
■アルバイトの方が実労働の対価が良い!一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので...

記事を読む

常勤医師として働くデメリットとは?過酷な職場環境は今後も続く?




■常勤医師は全ての自由を奪われる?


常勤医師は安定して働くことができますが、スペシャリストを目指す医師の方からすれば、
勤務する病院に全てを合わせなければならない点で多少窮屈に感じる面もあります。


就業時間は自分の都合に合わせることはできません。当直だけでなく、科によっては深夜
に頻繁に呼び出されることも少なくないわけですから、休日は体を休めるだけとなります。


そして、空いている時間は新しい知識やスキルを吸収するために割かれることになります
ので、そうなると、自分らしいライフスタイルを築くというのが非常に困難です。





■常勤医師の負担は増える一方


そうした厳しい状況にありながらも常勤医師としてやりがいを感じる人が圧倒的に多いです。
しかし、あまりにも激務であるため、やりがいや生きがいを見いだせない人も多いです。


医療現場を改善する動きは確かに見られますが、現状では、どの病院も必要な数の医療
スタッフを確保するのに苦しんでいるため、常勤医師にかかる負担は増える一方です。


ですので、病院側が出来ることというのは、すでに限界に来ているように思います。国が腰
を据えて取り組まなければならない状況にあります!常勤医師として働くことへの興味を
失っている医師の方が増えているのも、また事実なんです。





■医師不足は改善されるのか?


どこの病院も慢性手的に医師不足です。先に申した通り、病院側は職場環境の改善に取り
組んではいますが、病院側ができることは限られているため、解決にいたってません。


「医師を増やせばよいのでは?」といった議論がテレビ番組の討論などで良く行われていま
すが、現状では厳しいです。まず医者を目指せる環境にある人の数が少なすぎます。


仮に環境が整備されて誰でも医師になれるようになっても、色々な重圧に耐えることが出来、
晴れて医師となれる人はそう多くないでしょう。それくら医師の仕事は大変な仕事です。


また、病院が経営破たんする時代において、安定を求めて常勤医師になっても、常に色々な
不安がつきまといます。もし仮に転職するのであれば、そうした病院の裏事情についても把握
しなければなりません。残念ながら現状では常勤医師の魅力は年々低下しています。



 カテゴリ

常勤医師として働くメリットとは?本当に非常勤よりも恵まれているのか?




■常勤医師は恵まれている!


常勤医師は一般企業でいうところの正社員にあたります。一般企業と比較した場合、病院など
の医療機関の勤務形態は特殊なので週4回以上病院で業務にあたる医師を指します。


病院に勤務する医師のほとんどが常勤医師です!。常勤医師として病院で働くメリットは色々
ありますが、正規雇用であるため社会保険や福利厚生を受けられる点がまずあげられます。


また、給料も毎月一定額がからなず支払われますので、不安なく安心して働けます。名のある
大手の病院で勤務すれば、それなりの高収入を得られますし、キャリアにも箔がつきます。





■充実した福利厚生を受けられる!


残念ながら 長引く不況と医療崩壊が重なり、大型病院が破たんへ追い込まれるケースが少な
からずあります。病院で勤務する医療スタッフは大なり小なり不安を抱えながら働いています。


常勤医師として勤務すれば、万一勤務先の病院が破たんしても失業保険が支給されますので、
離職票を手にし、ハローワークで所定の手続きを行えば、失業保険が支給されるます。


充実した福利厚生を受けることが出来れば安心して働くことができます。誰もが安心して働ける
環境を求めていますので、例外なく多くの医師が常勤医師として働くことを好みます。





■キャリアアップの近道!

しっかり環境が整備された病院を選べば、常勤医師として専門科のスキルアップが望めるという
大きなメリットがあります。このため新しい医療技術や関連知識を学び続ける姿勢が必要です。


常勤医師だから、最新の技術や治療方法などを学びながら技術を磨くことができます。ある程度
目途がつけば、さらに上を目指してキャリアアップするために、転職を選ぶのも良いでしょう。


常勤医師の中には独立を考えている方も少なくありません。常勤医師として働くことで、独立前後
に必要な人脈を構築することができます。これも常勤医師の大きなメリットです!


情報収集と分析能力は独立を考えているならば必須です。独立医が成功するにはいうまでもなく
人脈が大切です。常勤医師として勤務することで得られるものは大きいでしょう。



 カテゴリ
 タグ

常勤より非常勤の方が給料が良い理由




■アルバイトの方が実労働の対価が良い!


一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも
安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。


一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤
医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。


アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので、実労働としての対価は常勤医師
よりも非常勤医師の方が遥かにいいので、知人にこの話をすると大抵驚かれます。





■なぜ非常勤の方が常勤よりも実入りが良いのか?


なぜこのような状態にあるかといえば、医局の力が絶対だった頃は、大学医局に所属する医師
が大半でした。世間の人達は医師=高収入というイメージがありますが、現実は厳しいです。


当時でさえも、ある程度キャリアを積むまでは少ない給料に甘んじなければなりません。そこで、
アルバイトしながら本業とのバランスを取る医師の方も多かったんです。


そして、派遣先の病院からは、医局から派遣される医師が大変重宝されていたので、給与水準
を上げることによって、医局と良好な関係を持とうとしたことが要因として考えられます。





■なぜアルバイトの時給はどこも高いのか?


常勤医師の給与に関しては、一般企業のそれと同じく、 それぞれの病院の立地や働き方、科目
の違いや年齢などを考慮した上で、病院側が独自に決めることができます。


ですので、医師によって給与の差がでるのは理解できますが、アルバイトは仕事自体の内容が
ほぼ同じであるため、病院側独自では決められない面もあります。


例えば以下の条件を同じ県内の病院が提示したいたとしたら、A病院に応募が殺到しますよね。
B病院は非常勤医師を確保するのが難しくなるため、他の病院と横並びになってしまうのでしょう。


A病院:1コマ5万円(時給1万2500円)

B病院:1コマ4万円(時給1万円)



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます