年収のタグ記事一覧


タグ:年収

年収のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医師になるまでの費用が莫大! 今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを 知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。 医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは 比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。 勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけ...

記事を読む

no-image

その他
■医師の多くは対価を得ていない? 医師は高収入を得ているイメージが強いですが、医療現場で実際に働いている医師の皆様 からすれば到底認めることはできないでしょう。それくらい医師の仕事は過酷です! 医師は人の命を預かるわけですから、医療スキルがいくら高くても、強靭な精神がなければ 患者さんを救うことはできません。それくらいハードなわけですから対価を求めて当然です。 米国の病院勤務の医師は実績とスキルに...

記事を読む

no-image

その他
■1年目から大きな差があるい研修医の給与に関して格差が広がっているようです。研修医1年目の平均年収は、400万円程度です。多い人で1000万円を超え、低い人ですと200万円を割り込む水準にあります。ここから税金などが差し引かれるわけですから、手取りで10万円程度となります。同じ研修医でも、研修先の病院によっては800万円も差が生じます。そして二年目に入ると、平均年収が460万円、もっとも多くもらっ...

記事を読む

no-image

その他
■年収1000万円を超えるのに何年かかるのか?医学部卒業してから年収1000万円を超えるまでに平均して10年かかるようです。また10年過ぎても全体の10%超の方が1000万円未満となっています。研修医の間は考える時間もないくらい忙しいですが、給料は仕事に見合っていません。医師としてのキャリアが5年未満の場合、年収500万円未満の方が結構います。同年代の一般企業に勤務するサラリーマンと較べても決して...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医の年収は高くない?小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。他の診療科よりも残業や当直が...

記事を読む

医師の年収は決して高くない!




■医師になるまでの費用が莫大!

今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを
知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。


医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは
比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。


勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけですから、裕福であることは間違いありませんが、
もし、両親に医師になるまでにかかった費用を返せと言われても返すことはできません。





■医師になっても下積みは続く

それくらい膨大な費用がかかるわけですが、医師免許を取得するまでは本当に長い道のりで、
ようやく研修医として働き始めても、スタートしたばかりの頃の給料は非常に安いです。


一般的にみれば、確かに医師は高収入を得られる職種ですが、実際に医師となるまでには、
他の職種以上に過酷な下積み生活を余儀なくされますが、メディアの多くが伝えません。


ですので、裕福で勉強が出来るお坊ちゃま、お嬢様が何の苦労もしないでなれると誤解される
わけですが、医療業界は特殊なので医師になったらなったで苦労は付きまといます。




■特殊な医療現場

医療業界のカースト制度は特殊です。医師が病院内で怒鳴り散らしているイメージが強いかも
しれませんが、実際にはそんなことはなく、看護婦長にいじめられているケースも多いです。


医療現場の人間関係は非常に複雑なので、医師として働くには強靭な精神と肉体が必要です。
そうでないと、患者さんの病気を治す前に自分が病気になって倒れてしまいます。


また、それなりの実績を積まないと一人前の医師として認められないので、医療スキルと知識
を高めるために必死です。年収を一つの評価とするならば、低すぎると断言できます。




 カテゴリ
 タグ

医師の年収は本当に高いのか?






■医師の多くは対価を得ていない?


医師は高収入を得ているイメージが強いですが、医療現場で実際に働いている医師の皆様
からすれば到底認めることはできないでしょう。それくらい医師の仕事は過酷です!


医師は人の命を預かるわけですから、医療スキルがいくら高くても、強靭な精神がなければ
患者さんを救うことはできません。それくらいハードなわけですから対価を求めて当然です。


米国の病院勤務の医師は実績とスキルによって年収が決まるわけですが、同じ病院に勤務
している医師の間でも日本では考えられないくらい年収に大きな差があったりします。





■日米の医師の年収比較


日米の医師の平均年収を比較した場合、あくまでも概算ですが、 米国の外科医で18万ドル
(日本円で1,800万円前後)、内科医で16万ドル(1,600万円前後)です。


しかも、ここから高額な医師賠償責任保険を自腹で支払わなければなりません。一方、日本
の場合、院長クラスで年収2,500万円程度、一般の医師で1,300万円程度です。


月給とボーナスを足して12ヶ月で割ると院長クラスで230万円、 一般の医師で110万円程度
です。平均だけでみれば、日本も米国もあまり変わりないようにみえますね。





■目に余る医師パッシング


日本では一時医療過誤による死亡が多発して社会問題となりました!。 当時マスコミによる
必要以上な 「医師バッシング」 は、日本国内の医療現場全体に緊張が走りました!


政治家や役人、公務員叩きと一緒で、叩く対象は叩き安ければ別に何でも良く、糾弾すること
によって庶民の日々の生活の不満に対するはけ口にされてしまった感が強いです。


上述した医師の年収はあくまでも平均であって、平均年収に到達するには何年もかかります。
また、開業医で月収300万円程度稼いでいる方もいます。年収にして3,000万円以上です。


しかし、開業医は医師であり、経営者でもあるので、何か問題が起こってしまった場合も全て
の責任を負うわけですから、これくらい稼がないと実際のところやっていけないのが現状です。




 カテゴリ
 タグ

研修医の間で広がる給与格差の実態



■1年目から大きな差があるい


研修医の給与に関して格差が広がっているようです。


研修医1年目の平均年収は、400万円程度です。


多い人で1000万円を超え、低い人ですと200万円を割り込む水準にあります。
ここから税金などが差し引かれるわけですから、手取りで10万円程度となります。


同じ研修医でも、研修先の病院によっては800万円も差が生じます。


そして二年目に入ると、平均年収が460万円、もっとも多くもらっているケースで
1300万円台、最も少ないケースで220万円程度となっています。





■大学病院に勤務する研修医の給与水準は低い?


2年目に入っても300万円を超えないとなると、一般企業に勤務する同年代の一般
の会社員よりも少ないです。当直代や残業代がゼロなのかもしれません。


医師の先生方の給与水準は非常に高いとされていますが、基本給だけみるとそうでも
ありません。当直代と残業代が給与の大きな部分を占めています。


研修医2年目までに「年収700万円」以上を手にされている方の多くが地方の病院
に勤務しています。東京や大阪の病院は思いのほか少ないのが現状です。


その内訳をみてみると、北海道、青森、福島、長野、秋田が多いようです。


ただし、大学病院で700万円以上はほとんどありません。


そのすべて「 臨床研修病院 」です。


どうやら研修医の給与格差が広がっている原因はここにありそうです。





■給与が高くても仕事に見合っていない?


しかし、いくら年収が多くても基本給以外の「諸手当」が、実際にどれくらいなのか
分からないので、どれだけ働いているのかが見えてきません。


年収1000万円を大きく超えている場合、相当過酷な職場かもしれません。


36時間勤務を月に5~6回こなさなければならないかもしれません。


36時間働くと一般の会社員の4日分以上ですから、それを5~6回こなすとなると
実働ベースで一般の会社員の倍以上働くことになります。


年収1000万円でも少ないと感じるかもしれないですね。


これでもかなり以前より改善されています。


しかしこのままの状態が続くことは考えにくいので、給与が高いところを求める動き
が高まり、今後給与格差が是正されることになると思います。



 カテゴリ
 タグ

日米の医師の年収はここまで差がある!




■年収1000万円を超えるのに何年かかるのか?


医学部卒業してから年収1000万円を超えるまでに平均して10年かかるようです。
また10年過ぎても全体の10%超の方が1000万円未満となっています。


研修医の間は考える時間もないくらい忙しいですが、給料は仕事に見合っていません。


医師としてのキャリアが5年未満の場合、年収500万円未満の方が結構います。


同年代の一般企業に勤務するサラリーマンと較べても決して多くありません。





■総支給額でみれば全労働人口の最上位


1000万を超えても残業代や当直代が占める割合が非常に大きいので、基本給だけで
みれば決して多くありません。不満に思う医師の先生が多いのが現状です。


医師としてのキャリアが10年を超えると平均して1200万円から1500万円未満
の給与が得られれます。上場する大企業の部長クラスの年収に匹敵します。


日本では年収1000万円を超えるのは全労働人口の約3%です。


つまり医師の先生方の多くがトップ3%に入っているわけです。


といわれても実感がわかないと思います。





■日米の医師の年収比較


ちなみに先進国の中で日本の医師の年収はかなり低いです。


1位は、勿論アメリカで、医師の平均年収は3,162万円です。


ちなみに時給換算すると1万1,200円です。


また1週間あたりの平均勤務時間は、54.3時間です。


一方、日本の医師の平均年収は1,228万円、時給換算すると3,344円です。


また1週間あたりの平均勤務時間は、70.6時間となっています。


日本の医師の先生は先進国の中で最も長い時間働き、年収は下位のほうに位置します。


残念ながら労働時間を考慮すれば実質ビリです。


このまま放置すれば、今後は海外勤務を勤務する若手医師が増えるかもしれません。



 カテゴリ
 タグ

小児科医の年収は決して多くない




■小児科医の年収は高くない?


小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。


ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。


平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。


ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の
年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。


他の診療科よりも残業や当直が多いにもかかわらず、給料が少ないイメージが強い
ですが、数字でみれば平均より少しいいくらいですが、それ以上に仕事は過酷です。





■開業医が直面する現実について


地域によっては少子高齢化が進みすぎてしまい、小児科を閉鎖する病院もあります。
また仕事が過酷であるため、若手医師で小児科医を目指す人が少ないです。


こうした理由から小児科は以前よりもかなり減少しています。


しかし、当然のことながら子供がいなくなるということは絶対にありません。


安心して子供を育てることができる社会になるには小児科医の存在は欠かせません。


小規模な個人経営の病院でも小児科は少なくなっています。


個人経営の病院は、「少数精鋭」で対応しなければなりません。


ですので、「採算」を取るのが非常に難しく、昨今では「訴訟リスク」へも配慮して
対応しなければならないので、正直これでは割にあいません。


残念ながら全体的にみて小児科医は減少傾向にあります。


開業医の年収についてですが、平均2400万前後です。


人気の開業医になると3000万円以上を軽く超えます。





■非常勤の方が稼げてしまう現実


しかし例え勤務医であっても、病院で10年ほど経験を積めば年収2000万円程度
の収入が得られます。勿論小児科医のスキルによっても給与は左右されます。


しかし現場の最前線で働いている人からすれば、皆さん給料が低いと感じています。


同じ小児科医でも満足度にかなりばらつきがあります。


生活がかかっているので給料は、言うまでもなく大切です。これから求職活動を行う
のであれば、長く勤務するためにも、自分に適した職場を選ぶほうが得策です。


ちなみに小児科医としてアルバイトで働いた場合の給料についてですが、時給1万円
以上は普通ですし、非常勤でもフルタイムで働くことができます。


そうなると非常勤で働いたほうが年収が多くなります。


勿論病院側の都合でいつ切り捨てられるか分からにといったリスクはありますが、
それを差し引いても、非常勤で働いたほうが年収が多くなるのは魅力です。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます