教授のタグ記事一覧


タグ:教授

教授のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■大学医局とは?残念ながら一般の人の間で大学医局の存在を知る人は、ほとんどいません。その名前を耳にしたことがあっても、その存在がどのようなものか答えられるのはごく少数です。ただ漠然と医療ドラマのようイメージを持たれているかもしれません。■後期研修を終えると...もし病気になれば、まずどのクリニックに行くかで迷われると思います。例えば風邪をひいたのであれば、内科、骨折やねんざであれば整形外科を利用します...

記事を読む

no-image

その他
■教授を納得させる退局理由とは?退局するための理由として、(1)親の病院を継ぐ(2)両親の介護(3)結婚をあげさせて頂きましたが、それ以外にも医師としてステップアップするなどの前向きな理由も良いです。また体調不良などを退局理由にする医師の方も少なくありません。教授としても、これまで無理に激務をおしつけた後ろめたさもあるので、無理に引き止めることをためらいます。■進路が決まってから退局することを伝える...

記事を読む

no-image

その他
■なぜ医局を退局するのが難しいのか?過去に医局を離れて転職された経験がある医師の皆様は自ら経験されているのでお分かりだと思いますが、いかに円満退職するかが、医師の転職を成功させるカギとなります。医師の先生方は、一般のサラリーマンのように簡単に退職させてもらえません。転職を経験した医師の先生方の大半が退職を切り出してから、何度も引き止められることになります。最終日まで気がまったく抜くことができないの...

記事を読む

医局は教授が絶対的な権力を持つ世界




■大学医局とは?


残念ながら一般の人の間で大学医局の存在を知る人は、ほとんどいません。その名前を
耳にしたことがあっても、その存在がどのようなものか答えられるのはごく少数です。


ただ漠然と医療ドラマのようイメージを持たれているかもしれません。





■後期研修を終えると...


もし病気になれば、まずどのクリニックに行くかで迷われると思います。例えば風邪を
ひいたのであれば、内科、骨折やねんざであれば整形外科を利用します。


診療科によって実際に受けられる医療的ケアが異なるので、花粉症で苦しんでいるのに
整形外科にいっても適切な治療を受けることは当然のことながらできません。


医師になってまず選択しなければならないのは、自分が進む診療科を自ら選ばなければ
なりません。言葉にすれば簡単ですが、将来を決めることなので皆さん迷われます。





■市中病院と大学病院における医師の扱い


初期研修を終えて後期研修を市中病院と大学病院のいずれかで受けることになります。
市中病院で後期研修を終えると、その時点で勤務医として本採用されます。


そして、その所属先として内科や外科といった診療科に属することになります。


一方、大学医学部で後期研修を受けると「 なちゃら大学医学部 麻酔学教室 」に入局
する形になります。市中病院・大学病院それぞれメリット・デメリットがあります。





■大学医局は教授によって支配されている?


医局は組織自体が一種独特な雰囲気があります。医局によっては、独立性が高く革新的
だったりする一方で反対に極端に閉鎖的で封建的なところも依然として多いです。


こうした背景には医局のトップである教授の影響力が強いことも大きな要因としてあげ
られます。教授が絶対的な権力を持っているので、問題視する声も多いです。



 カテゴリ
 タグ

教授を怒らせないで退局するには?




■教授を納得させる退局理由とは?


退局するための理由として、(1)親の病院を継ぐ(2)両親の介護(3)結婚をあげさせて
頂きましたが、それ以外にも医師としてステップアップするなどの前向きな理由も良いです。


また体調不良などを退局理由にする医師の方も少なくありません。教授としても、これまで
無理に激務をおしつけた後ろめたさもあるので、無理に引き止めることをためらいます。





■進路が決まってから退局することを伝える


当然のことながら大学医局を退局するにあたり、すでに進路が決まっていることを前提に進め
なければなりません。決まっていない状態で進めてしまうと必ず引き止められます。


教授も説得しやすいように妥協案を出してきます。これまで地方の関連病院で辛酸を舐めて
きた医師の先生は、教授から本院勤務をちらつかされると、ころっといってしまいます。


教授からすると「海外留学」なども引き止める手段として有効となります。 すでに進路が決ま
っていない場合は教授の引き留め工作にかかりやすいので注意が必要です。





■常に低姿勢で接する!


どんなにしつこく説得されたとしても、低姿勢で応じなければなりません。同じことを何度も
言われると、人間頭にますよね。ですので、忙しく疲れているときは注意が必要です。


「ここにいるメリットはありません!」とか、「教授の下では成長できない!」なんてことを
怒り任せにいったら大変なことになります。医師として生きていけ無くなるかもしれません。





■教授を怒らせると大変


それほど医局の力は医学界では強いんです。もちろん昔ほどではありませんが、日本国内
には派遣病院が依然として数多くありますし、何より医師の世界は狭いのです。


教授を怒らせてしまったがために、その場で恫喝されたり暴言を吐かれるケースもあり
ます。そうなれば、学会などで教授に会っても完全に無視されてしまいます。


医師としてのキャリアにマイナスの影響しか及ぼさないので注意が必要です。



 カテゴリ
 タグ

教授に退局を伝えるさいの注意点




■なぜ医局を退局するのが難しいのか?


過去に医局を離れて転職された経験がある医師の皆様は自ら経験されているのでお分かり
だと思いますが、いかに円満退職するかが、医師の転職を成功させるカギとなります。


医師の先生方は、一般のサラリーマンのように簡単に退職させてもらえません。転職を経験
した医師の先生方の大半が退職を切り出してから、何度も引き止められることになります。


最終日まで気がまったく抜くことができないので、精神的にも辛い日々を過ごさなければなり
ません。もっともそれだけ重要度の高い仕事を日々行っているという証拠なんですよね。





■退局を切り出すタイミングが重要


実際に退局を切り出すのは本当に勇気がいりますよね。一般の会社の場合は退職願の相談
は、直属の上司に行いますが、医局の場合は教授と直接面談しながら行います。


教授は超多忙な身にありながら、何とか時間を作って来期の医局人事を決めるため、医局員
と面談を行うわけですが、その際に退局を切り出すケースが多いように見受けられます。





■退局を切り出すのがとてつもなく大変


もっとも重要とされているのが来春に向けた教授との面談です。大学によって行われる時期
が微妙に異なりますが、実際に面談が行われるのは、11月から翌年の1月にかけてです。


この面談を通して教授は、医局員の今置かれている状況や希望などをヒアリングしたうえで、
来年の派遣先を決定します。この面談を逃してしまうと厳しいので大きな重圧となります。





■前向きな退局理由を用意する


当然のことながら教授は、医局員の皆様を来期も戦力として期待しているわけですから、
次の派遣先などを決めようとしている場で、退局を切り出すというのは大変ですよね。


教授の強いプレッシャーに飲み込まれないためにも、教授をやんわり理解してもらう方向へ
導くためにも、できるだけ前向きでもっともらしい理由が必要となります。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます