■原因は新医師臨床研修制度?


医師不足がこれほどまで深刻化するきっかけとったのが、2004年度から実施されることと
なった「新医師臨床研修制度」です。当時の小泉政権下で多方面で規制緩和が行われました。


その大半が失敗してますが、新医師臨床研修制度には医学界からは批判が殺到しました。


新医師臨床研修制度によって、研修医が出身大学の医局以外でも自由に研修病院を選択できる
ようになったわけですが、その代償として医局が崩壊したっといっても過言ではありません。





■実施されたことによる影響について


医局の関連病院に医師を派遣できなくなったことによって、「医師不足」を解消するどころか、
より深刻化することとなりました。とくに医局に依存していた地方の病院は大変です。


「より医師を確保するのが難しくなった」と悲鳴をあげています。この制度が実施されたこと
によって、地域の差こそあれ、医師不足を加速させてしまったことは間違いありません。





■研修医にはメリットがあった?


色々問題が指摘されていますが、これにより研修医は自由に研修先を選べるようになったので、
それまでのように医局カーストの強く圧力に苦しめられることが、かなり緩和されています。


実施される以前の研修医は、上級医師の下働きを身を粉にして行わなければなりませんでした。
しかもものすごく薄給ですから、アルバイトで食いつなぐ研修医が今以上に多かったんです。


しかし「研修医」が自ら選べるようになったため、研修先が人気の病院に集中してしまいます。
都市部にある病院にその傾向が強く、今後さらに二極化がさらに進むことになりそうです。





■なぜ国はこの制度を導入したのか?


国がこの臨床研修制度を実施した本当の理由は、研修医の教育環境、労働環境をしっかり整備
するためです。確かに前期2年の間に色々な科目で経験を積むことができます。


医師として基本的な診療能力を、この短い間に身に付けることを目的に導入されたわけですが、
医学界からは、「この制度が導入されて本当に良かった」といった声は聞こえてきません。