■医局の重要性について


以前ほどではありませんが、依然として日本の医療における医局が果たす役割は大きいです。
医局から派遣される医師によって、それぞれの地域の医療が何とか保たれています。


これは紛れもない事実ですよね。ですので、医局員である医師の先生方が少なくなれば、当然
のことながら、医師の数が少なくなった分だけ医師の派遣が難しくなっていきます。


そうなれば、その地域の医師不足をも引き起こしかねない大きな問題です。





■医局員は多ければ多いほどいい?


医局員が多いと色々なメリットがあります。例えばその分だけ組織は大きくなるわけですから、
医局内に様々な教育システムを作ることによって、それぞれの分野に研究に没頭できます。


そうした力を拡大することができれば、医局の重要性をより高めることができます。しかしながら
こうしたことは、所詮は医局を運営する側にとってのメリットでしかありません。





■とにかく仕事量がハンパではない


医局に在籍している医師の皆様の多くが、とてつもない激務をこなさなければなりません。特に
若いころは寝食を忘れて働かなければならないほど大変です。しかも驚くほど薄給です。


はっきりいって仕事内容と給与のバランスが全くとれていません。そういうと一般のサラリーマン
の方からは「そんなことをいったらどこも同じだ」といった声が聞こえてきそうです。


しかし、実際に医局から派遣されている医師の先生方が派遣先の病院で働いている姿を見たら、
そうした言葉がでてこないくらいの激務を日々こなしています。それくらいハードなんです。





■医局員が抱える心の葛藤


また結婚に関しても難しい環境に身をおかざるえない状況にあります。なぜなら医局からの派遣
される病院が本院から離れた関連病院であっても、黙って受け入れなければならないからです。


結婚して子供が生まれたら安定を望むのが普通です。しかし来年どこに飛ばされるか分からない
状況では、だれでも不満を覚えます。医局側もこうした不満を抑えるために色々工夫しています。


例えばベテランの先生は本院を基本とし、遠くの関連病院には若い医局員を派遣して経験を積ま
せます。しかし、何があっても医局員である以上、教授の人事決定には逆らえません。



 カテゴリ
 タグ