特定看護師のタグ記事一覧


タグ:特定看護師

特定看護師のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■特定看護師の制度案がようやくまとまるスーパー看護師=特定看護師の制度案が昨年ようやくまとまったようです。しかし、正式に認可されるまでにはもうしばらくかかりそうです。専門看護師や認定看護師でさえ思うように増えていないので、仮に特定看護師が制度化されたとしても、厚労省側が期待するほどには増えないと思います。特定看護師になれば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことが認めらるので、医師の仕...

記事を読む

no-image

その他
■特定看護師とは?数年前に医師不足を解消するための打開策として、スーパー看護師(特定看護師)の制度が突如発表されましたが、依然として検討されたままの状態です。厚生労働省は何が何でも導入したいようなのですが、医師会が猛反発しています。スーパー看護師(特定看護師)になるには、まず大学院修士課程で2年間学びます。そして、認定資格を取得しなければなりません。スーパー看護師になると医療行為を医師の指示がなく...

記事を読む

医療崩壊を加速させる原因とは?




■特定看護師の制度案がようやくまとまる


スーパー看護師=特定看護師の制度案が昨年ようやくまとまったようです。


しかし、正式に認可されるまでにはもうしばらくかかりそうです。


専門看護師や認定看護師でさえ思うように増えていないので、仮に特定看護師が制度化
されたとしても、厚労省側が期待するほどには増えないと思います。


特定看護師になれば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことが認めら
るので、医師の仕事を軽減できると安易に考えているようです。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■医療現場はさらに混乱する?


例え特定看護師制度が制度化されたとしても、どうしても患者さんの病気の診断や治療
を行なうにあたって医師の責任がともないます。そうでなければ職場は混乱します。


薬の処方一つとっても、いきなりは無理です。


例え必要な知識を学んでいるとしても、患者さん一人ひとりの症状にあわせて処方しな
ければならないわけですから、どうしてもそれ相当の経験が必要になります。


医師の先生方は長期間に渡る厳しい研修期間を経ていますが、特定看護師にはそうした
経験を積む場がありません。せいぜい実習の授業だけですから厳しいです。


しかもたった2年間でものにしなければならないので、忘れるのも早いでしょうね。





■全ては医療費増加抑制のため


いきなり医療現場で責任のある仕事をおしつけるなんてできません。


ここ最近財務省を筆頭に役人の横暴が目立ちますよね。


政治家は落選させることができるので、相当のリスクをとっています。


しかし、役人はどれだけ間違った政策を掲げて失敗しようとも責任を一切負いません。
医療崩壊が叫ばれて久しいですが、そもそもこうした状況を創りだしたのは役人です。


医療費が高騰するのを抑えることだけを考えて、医師よりも人件費が安い看護師に仕事
を振り分ければコストを抑えられると、きっと安易に考えているのでしょう。


ですので、医療費増加抑制だけのために地域的弱者、社会的弱者の方々が医療を受けら
れないようにしているとしか思えません。医療崩壊を加速させる原因は役人様ですね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

特定看護師が医師不足に関する問題を解消できるのか?





■特定看護師とは?


数年前に医師不足を解消するための打開策として、スーパー看護師(特定看護師)の
制度が突如発表されましたが、依然として検討されたままの状態です。


厚生労働省は何が何でも導入したいようなのですが、医師会が猛反発しています。


スーパー看護師(特定看護師)になるには、まず大学院修士課程で2年間学びます。


そして、認定資格を取得しなければなりません。


スーパー看護師になると医療行為を医師の指示がなくても行なうことができます。


例えば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことができます。


スーパー看護師の歴史は古いです。アメリカでは1960年代に誕生しています。


当時のアメリカでは一部の大都市をのぞいて「医師不足」が急速に進んでいたため、
こうした状況を改善するために「特定看護師」が誕生したのです。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■特定看護師が検討されることになった理由とは?


日本の医師法では、医療行為を行うことが認められているのは医師だけです。


しかし今後特定の地域でのみ特定看護師さんが医療行為を行なうことを認められる
ように特定看護師制度を厚労省が提案したわけですが、具体的に進んでいません。


2025年まで高齢化社会が容赦なく進むことが予想されています。


もう待ったなしの状況です。そこで、医師の少ない地域や高齢者施設で、投薬や簡単
な医療処置、死亡診断書を医師に代わりに行えるようにしなければなりません。


そのための打開策として、特定看護師が提案されました。





■厚労省の安易な発想に激怒する医師


すでに寝たきりの状態にある患者さんは病院に通うことができませんので、訪問看護
ステーションを利用しなければ、満足な医療および看護ケアを受けられません。


しかし、訪問看護ステーションの数が全く足りてません。


また大半の訪問看護ステーションは深刻な人材不足に苦しめられています。


そうした状況にありながら風邪薬など毎回その地域の開業医に処方箋を書いてもらわ
なければなりません。これは非常に手間がかかるので、常に問題視されています。


しかし高齢者の多くは持病がある方が多いので、薬の組み合わせなどを考慮しながら
処方箋を書けるようになるまでには、相当キャリアを積まなければできません。


こういったことを2年程度大学院で学んだだけで出来るようにしてしまおうと考える
政府に憤りを感じる医師の先生方は決して少なくありません。


医師の先生の仕事を軽減するためには、それ相当のお金を投入しなければなりません。


それをやらずにこうしたことをやろうとするから問題ばかりが大きくなります。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます