産婦人科医のタグ記事一覧


タグ:産婦人科医

産婦人科医のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■小児科はブラックの中のブラック小児科医を取り巻く「労働環境」は非常に劣悪です。改善される兆しがみえません。世間では、ここ数年劣悪な労働環境にあるブラック企業の経営者が槍玉にあげられていますが、医師の労働環境については問題視されることが少ないです。特に小児科医や産婦人科医を取り巻く労働環境は非常に厳しいものがあります。32時間連続勤務となる当直を月に5~6回行います。同じくオンコールを月に5~6回...

記事を読む

no-image

その他
■恐るべき産婦人科医の平均在院時間について産婦人科医の仕事がいかに過酷であるか伝えるメディアは少ないです。大手メディアの多くがこうした厳しい現実を報道しません。その代わり、出産に関する医療サービスがまともに受けられないと批判します。日本産婦人科学会から発表されたデータによりますと、一般病院に勤務する産婦人科師の平均在院時間が月平均295時間、オンコール時間が144時間となっています。一般の会社であ...

記事を読む

no-image

その他
■産婦人科医と小児科医の偉業について劣悪な環境で働いているのは、小児科医だけではありません。産婦人科医も同様です。産婦人科医の先生方のご尽力により出産にともなう妊婦死亡数も新生児死亡数も大幅に改善されることになったにもかかわらず、訴訟件数は年々増えています。産婦人科医と小児科医が分娩出産を管理するようになってから、すでに50年以上経過しており、今でこそ世界最高の医療水準を誇っていますが、それ以前は...

記事を読む

小児科医のブラックな労働環境について




■小児科はブラックの中のブラック


小児科医を取り巻く「労働環境」は非常に劣悪です。改善される兆しがみえません。


世間では、ここ数年劣悪な労働環境にあるブラック企業の経営者が槍玉にあげられて
いますが、医師の労働環境については問題視されることが少ないです。


特に小児科医や産婦人科医を取り巻く労働環境は非常に厳しいものがあります。


32時間連続勤務となる当直を月に5~6回行います。


同じくオンコールを月に5~6回行います。

オンコールは何もなければ支払われませんので、「 完全無料 」で拘束されることに
なりますので、お酒が好きな方にとってはかなり苦痛だと思います。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■時間外手当が制限されるケースがほとんど


また、極めつけは時間外労働が月に上限が決まっている場合が多いです。


例えば月間の時間外労働に対する残業手当を50時間までに制限されている病院では、
50時間を超えた分に関しては、当然のことながら一切支給されません。


つまり無償で働くことになってしまいます。


こうした過酷な労働環境の中で働く小児科医や産婦人科医の先生の中には、極限状態
まで追い込まれ、過労死や自ら命を絶ってしまうケースが過去に何度もありました。


国は過酷な堂々環境にあることを一切認めようとしません。





■ブラック化の流れを断ち切るには?


医師の仕事に限ったことではありませんが、どんな仕事でも大変さは実際に働いてる
人にしか分かりません。理解しようと思って出来るものでもありません。


特に責任感の強い医師の先生ほど、過酷な労働環境にありながら、患者さんのことは
勿論のこと周囲のスタッフにも気を使い、色々なことを思い悩み苦しんでいます。


医学部では先輩や教授から小児科医と産婦人科医だけにはなるなと言われます。


それだけ小児科医を取り巻く環境は過酷なわけですが、一向に改善されません。


事実国は何もしようとはしません。少しでも良い職場が増えるためにも、良い職場に
人が集中し、ブラックな職場に人材が流れない環境を作っていくしかありません。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



産婦人科医の平均在院時間で分かる過酷な現状




■恐るべき産婦人科医の平均在院時間について


産婦人科医の仕事がいかに過酷であるか伝えるメディアは少ないです。


大手メディアの多くがこうした厳しい現実を報道しません。


その代わり、出産に関する医療サービスがまともに受けられないと批判します。


日本産婦人科学会から発表されたデータによりますと、一般病院に勤務する産婦人科師
の平均在院時間が月平均295時間、オンコール時間が144時間となっています。


一般の会社であれば間違いなく「ブラック企業」認定されてしまうレベルです。


しかしこれはあくまでも平均です。実際にはこれ以上の長時間勤務を行っています。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■月の在院時間の内訳について


1日の在院時間は、平均すると1日10~12時間程度です。


1日12時間として平日を月22日とすれば264時間になります。


これに平日当直月4回で48時間、土日の24時間当直が月2回で48時間として、
これららを合計すると、ざっと「360時間」となります。


そして、オンコールの時間は月6回とした場合、平日4回で48時間、土日の2回で
48時間として、これらを合計すると「 96時間 」となります。


月平均の在院時間とオンコール時間を合計すると「450時間」となります。


「私はもっと働いている」といった声が聞こえてきそうです。


しかし、これでも毎月3分の2以上を病院で過ごしていることになります。





■つねに何かに追われるように働くことに


新生児医療に携わる医師の先生方は、これだけ過酷な環境にありながら、いつ予定外
のことが起こるか分かりませんので、精神的な緊張状態を保たなければなりません。


予定外の仕事が立て続けに入れば、その分配置される人間の数が削られます。


少ない人材で対応しなければならなくなるので、医師一人あたりの負担が増えます。


産婦人科医として何年もこうした緊張状態の中で働くと、寝ていても無意識のうちに
頭の中で仕事のことを考えるようになり、さらに精神的に追い込まれます。


少しでも良い環境の中で働きたいと考えるのも無理ありません。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



当直代や残業代が不当に削られていないか注意する




■産婦人科医と小児科医の偉業について


劣悪な環境で働いているのは、小児科医だけではありません。産婦人科医も同様です。


産婦人科医の先生方のご尽力により出産にともなう妊婦死亡数も新生児死亡数も大幅に
改善されることになったにもかかわらず、訴訟件数は年々増えています。


産婦人科医と小児科医が分娩出産を管理するようになってから、すでに50年以上経過
しており、今でこそ世界最高の医療水準を誇っていますが、それ以前は大変でした。


50年前の妊婦死亡数が年間1760人です。それが今では100人を割り込むレベル
にまで改善され、新生児死亡数は3万3千人が500人以下まで減少しています。





■過酷過ぎる産婦人科医の実態


産婦人科医の先生方は、分娩や夜間緊急の手術や診療で「 忙殺 」されます。


とにかく仕事は毎日ハードにこなさなければなりません。


当然のことながら、生まれてくる子供たちの「出産日」を遅らせたり、逆に早めること
は不可能です。ママさんの容態もいつどう変わるか予測することができません。


突発的に色々なトラブルが生じるわけですが、状況に応じて優先順位を決め、目の前の
仕事をこなさないと「 臨機応変 」に対応することができません。


こうした過酷な状況にありながら、一向に改善される兆しがありません。


小児科医と産婦人科医は過酷な当直をこなさなければなりません。


他の診療科からの転科が少ない大きな理由の一つとなっています。


一回の当直で30時間以上働かせながら、当直代を削ろうとする動きがあります。





■当直代を抑えようとする動きが広がる


驚くべきことに「当直代」が支払われないケースがります。病院に限ったことではない
のですが、当直勤務は労働時間として数えられていないケースが少なくありません。


深夜時間外・深夜割増などの賃金支払が行われれば、当直代として支払う義務はありま
せん。これは「 一般企業 」であれば、これでいいかもしれません。


当直代は、医師の給料のかなりの部分を占めます。


ですので、勤務先の病院でこれをやられてしまうとたまりません。


「年俸制」と称し、当直代が支給されないケースもあるので注意して下さい。


当直代をできるだけ抑えたいと考える病院は実際に少なくありません。


病院の規模に関係ありません。「ここの病院は大きいから大丈夫だろう」と、楽観する
のは大変危険です。この点に関してはきちんと確認しましょう。



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます