産業医のタグ記事一覧


タグ:産業医

産業医のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■産業医への転職に関する悩みとは? これまで臨床医として医療機関に勤務されてきた方が産業医へ転職するにあたって、悩み所 となるのが、臨床医として培った経験を全く生かせないのではないかという思いです。 産業医の役割は、あくまでも会社で働く従業員の健康管理です。臨床医のように患者さんの 治療を行うことは皆無なので、そのように思われても仕方がありません。 志望動機が明確にならないので余計に悩まれるようで...

記事を読む

no-image

その他
■産業医になるには? 産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。 しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。 (1)日本医師会認定産業医 (2)産業医科大学の基本講座...

記事を読む

no-image

その他
■産業医の転職について 今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、 具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。 このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然 と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。 産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生...

記事を読む

no-image

その他
■産業医が増えない理由とは? 産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人 は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか? 病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、 あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。 場合によっては企業への訪問が延期することもあります...

記事を読む

no-image

その他
■産業医として働くには? 産業医として働くには、日本医師会認定産業医から認定されている産業医学基礎研修を受講 しなければなりません。研修を受講することによって、産業医として認定されます。 受講すれば終わりというわけではなく、5年おきに資格を更新するために産業医学生涯研修 を受講しなければなりません。そして、20単位取得することが義務付けられています。 産業医の研修会の申し込み等は、日本医師会や各都道...

記事を読む

産業医の役割を理解する!従業員の心と体の健康管理




■産業医への転職に関する悩みとは?


これまで臨床医として医療機関に勤務されてきた方が産業医へ転職するにあたって、悩み所
となるのが、臨床医として培った経験を全く生かせないのではないかという思いです。


産業医の役割は、あくまでも会社で働く従業員の健康管理です。臨床医のように患者さんの
治療を行うことは皆無なので、そのように思われても仕方がありません。


志望動機が明確にならないので余計に悩まれるようです。だからといって求人先企業の採用
担当者を前にして志望動機を、「休みが多いから」とは、口が裂けてもいえません。





■求められる産業医の人物像とは?


企業活動を円滑に行うためにも、従業員が常に健康状態で働ける環境を整えなければなりま
せん。これは企業側の義務です。その重要な役割を産業医が先頭にたって果たすわけです。


企業の採用担当者の多くが確実に業務を行ってくれる医師を求めています。労働環境を良い
ものにするために提案するのも産業医の仕事ですが、主張が強すぎるのも問題です。


産業医は、あくまで健康管理するシステムの中の一部であって、システムそのものではあり
ません。余りにも医師として自己主張が強すぎるのも余計な問題を起こしてしまいます。





■転職に関する不安が生じたら?


臨床医の仕事は、協調性がなにより大切ですが、産業医の場合は、また違った協調性が求め
られます。利益を追求する一般企業働くわけですから、医療機関とは大きく異なります。


組織の仕組みに関しても違和感を感じることも少なくないかもしれません。このため研修会
を受けて産業医の資格を取得しても、一般企業で働くことに対する不安に悩まされます。


転職活動することなく、産業医になることを諦めるかたが少なくありません。そうならない
ためにも、確かな情報を持つ転職サイトを利用されることを強くおススメします。


転職コンサルタントからしっかり説明を受け、産業医の役割を理解したうえで、貴方のこれ
までのキャリアを客観的に評価してもらい、適切な求人情報を紹介してもらうのが得策です。




 カテゴリ
 タグ

産業医が増えない理由とは?なぜ低く見られるのか?




■産業医になるには?


産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは
ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。


しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した
いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。


(1)日本医師会認定産業医

(2)産業医科大学の基本講座終了者

(3)労働衛生コンサルタント






■条件は病院勤務よりも良い!


上述した資格を有することによって、晴れて産業医として働くことが認められます。産業医
として働く経験は比較的高く評価されますので、しっかり経験を積めば転職に有利です。


しかし現実問題として長期間に渡って産業医として働く人は多くありません。せっかく大変
な思いをして産業医になったにもかかわらず、すぐに他の職種へと転職してしまいます。


ちなみに産業医の平均年収は1,100万円程度なので、病院勤務と比較して低くありませんし、
土日祝日はお休みなので、労働条件に関しては、はるかに医療機関よりも良いです。





■なぜ産業医になることを諦めるのか?


産業医として働くことを希望される方は決して少なくありません。しかし、多くの方が不安
をかかえています。一企業の働く場合、倒産とリストラに関するリスクがあります。


これらの問題は病院にもありますが、病院勤務の経験は違う病院で生かすことができます。
しかし、産業医の場合、産業医としての経験は高く評価されるといっても限られています。


そして、医師としてのやりがいを感じられなかった場合を想定される方も少なくありません。
残念ながらこうした不安を抱えてまで産業医になろうとは皆さん考えないようです。




 カテゴリ
 タグ

産業医の病棟勤務にはない難しさについて




■産業医の転職について


今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、
具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。


このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然
と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。


産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生徒の中で実際に産業医として働く人
は二割に届かないのが現状です。逆にいえば、なり手が少ない分チャンスがあります!。





■病院勤務にはない難しさ


産業医は、簡単にいうと企業で働く医師のことです。しかし、病院のように医療行為を行う
ことはほとんどありません。このため一般的な医師のイメージとはかけ離れています。


医療行為を行うのではなく、従業員の健康管理が主な仕事であるため、残念ながら産業医の
仕事を見下す方が少なくないのが現状です。しかし、いうまでもなく非常に重要な仕事です。


従業員が多いほど、細かいルールを作成して管理しようとします。このため気がつけば非常
に働きにくい職場環境となってしまい、突発的な病気や怪我が増えることになります。





■職場環境の改善も大事な仕事


産業医を配置することによって、従業員の健康を管理するだけでなく、働きやすい職場環境
を作りあげるために、会社内の業務をチェックしながら問題点を拾い上げています。


職場環境が改善されることによって、従業員の業務に対する効率も高まりますので、こうし
た点からも、産業医の存在価値は非常に高く、企業価値を高めるうえで欠かせません。


産業医は、大手企業の医務室で働くイメージが強いですが、本来であれば従業員が50名以上
いる会社は産業医を配置する必要があるので、必ずしも大企業だけではありません。




 カテゴリ
 タグ

産業医は恵まれている?気になる裏事情とは?




■産業医が増えない理由とは?


産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人
は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか?


病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、
あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。


場合によっては企業への訪問が延期することもあります。そして、常勤として働く医療機関
が変わることによって、同じ企業で働くことが困難になるケースもあります。





■勤務条件は年々改善されています!


これでは長期間に渡って従業員の健康管理を行うことは困難ですので、産業医として長期間
に渡って勤務すること自体が困難であるため、産業医不足が慢性化しているわけです


従来の産業医の求人の多くが非常勤が中心でした。しかし、非常勤では長期間に渡って人材
を確保することが困難であることから、最近では常勤で働ける産業医を募集しています。


また、求人条件は決して悪くありません。完全土日・祝日が休めて年収は1,000~1,200万円
程度を提示していますし、また週3~4日程度出勤すればOKのところもあります。





■産業医の内定率は良くない


上述した理由から、産業医として長期間にわたって勤務すること自体が困難であったため、
実際に産業医として働いている医師の多くが常勤勤務が困難な方ばかりでした。


例えば育児中の方や、年齢・体力的な問題によって臨床医の現場を去った方が産業医として
勤務するケースが少なくありませんでしたが、近年では環境が大きく変わりつつあります。


しかし、だからといって採用されやすいわけでもありません。企業側が求める産業医の条件
は決して低くないので、医療機関への転職と比べると、内定率は圧倒的に良くありません。





 カテゴリ
 タグ

産業医の需要は本当にあるのか?




■産業医として働くには?


産業医として働くには、日本医師会認定産業医から認定されている産業医学基礎研修を受講
しなければなりません。研修を受講することによって、産業医として認定されます。


受講すれば終わりというわけではなく、5年おきに資格を更新するために産業医学生涯研修
を受講しなければなりません。そして、20単位取得することが義務付けられています。


産業医の研修会の申し込み等は、日本医師会や各都道府県医師会のホームページ、もしくは、
会報誌などから調べることができます。産業医を目指すのであれば必ず確認してください。





■産業医の需要は多い?


本来であれば、50人以上の従業員(アルバイト・パート含む)を雇用している会社は、
従業員の健康管理が義務付けられているので、産業医を専任しなければなりません。


産業医を変更する場合も、速やかに報告することが義務付けられてます。日本国内には
50人以上の企業は膨大にありますので、産業医の需要は非常に多いと考えられます。


従業員1000人以上の規模になると会社の中に医務室を設けているところも少なくありま
さん。従業員の数が多いので、業務としての健康管理は決して簡単ではありません。





■産業医の求人は転職サイトへ!


これまで病院勤務の臨床医から産業医として転職するのは決して容易ではありませんでした。
一個人がどんなに頑張っても、求人情報を入手することからして困難でした。


企業が産業医を募集する場合、これまで各都道府県、あるいはそれぞれの市区町村の医師会
を通して紹介をしてもらうケースが大半であるため、求人そのものが多くありませんでした。


紹介された産業医に対して仮に不満があった場合、解任・変更したいと思っても、紹介して
くれた医師会のことを考えた場合、難し面が亜多いので、転職サイトが一般化したことで、
求人先と求職者のマッチングが容易になりました。この点が大きなメリットです。




 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます