産科のタグ記事一覧


タグ:産科

産科のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■産科そのものが減少傾向へ産科は訴訟リスクが一番高い科であるため、産科医になろうとする医師の数が減少するだけでなく、産科そのものを閉鎖してしまうケースが現実に増えています。都市部ではそうした弊害はあまりみられませんが、地方では本当に深刻な問題です。すでに車で数時間かけて他県で出産しなければならないケースが現実に増えています。■訴訟リスク対策の効果についてさすがにこうした問題を「厚生労働省」も見てみぬ...

記事を読む

no-image

その他
■産科医不足が危機的状況に!医師不足といわれる中で最も深刻な診療科の一つに「産科」があげられます。産科は新しい生命が誕生する場であるため、テレビのドキュメンタリー番組などでも、産婦人科は頻繁に取り上げられることが多いですが、色々な問題が潜んでいます。とにかく産科医が不足しています。とくに地方では危機的状況にあります。人手不足をカバーするために、多くの産科医が過酷な労働を強いられています。■訴訟件数が...

記事を読む

産科は圧倒的な売り手市場




■産科そのものが減少傾向へ


産科は訴訟リスクが一番高い科であるため、産科医になろうとする医師の数が減少する
だけでなく、産科そのものを閉鎖してしまうケースが現実に増えています。


都市部ではそうした弊害はあまりみられませんが、地方では本当に深刻な問題です。


すでに車で数時間かけて他県で出産しなければならないケースが現実に増えています。





■訴訟リスク対策の効果について


さすがにこうした問題を「厚生労働省」も見てみぬふりをするわけにもいかないため、
過失の有無に関係なく、補償金が支払われる「無過失補償制度」を導入しました。


これはあくまでも訴訟リスク対策として導入されたわけですが、問題が多すぎます。


というのも 重度脳性麻痺の一部にのみが適用となっているからです。 それでも導入前
期待する声も大きかったのですが、導入後はすっかりトーンダウンしています。





■なぜ女性の産科医は増えないのか?


産科を訪れる患者さんは当然のことながら全て女性です。


しかも圧倒的に妊婦さんと接する機会が多いわけですから、同性である「 女性医師 」
に適した診療科であるため、女性の産科医が増えることに対する期待は大きいです。


しかし、女性医師の場合結婚・出産後は家庭と仕事の両立が非常に困難です。


復職しても非常勤で勤務するケースが殆どです。


結婚直前まで産科医として勤務していた場合でも、出産後は外来で婦人科や不妊治療科
だけを担当し、そのまま産科に戻らないケースも多いのが現状です。





■産科の今後の展望について


残念ながら現状では産科への転科を希望する医師はほとんどいません。


反対にあまりにも激務であるため、産科を見限って内科や精神・神経科、麻酔科などに
転科する医師が少なくありません。産科医の減少に拍車をかけている状態です。


今後は出産して子育が一段落した女性産科医をどれだけ引き戻せるかにかかってます。


そのためにも女性医師が働きやすい環境を病院だけでなく、国をあげて取り組まなけれ
ばなりません。そうした芽は今のところ小さいですが、確実に育っています。



 カテゴリ

産科医と産科を取り巻く厳しい現状




■産科医不足が危機的状況に!


医師不足といわれる中で最も深刻な診療科の一つに「産科」があげられます。


産科は新しい生命が誕生する場であるため、テレビのドキュメンタリー番組などでも、
産婦人科は頻繁に取り上げられることが多いですが、色々な問題が潜んでいます。


とにかく産科医が不足しています。とくに地方では危機的状況にあります。人手不足
をカバーするために、多くの産科医が過酷な労働を強いられています。





■訴訟件数が他の診療科の約3倍


表向きに公表されている1ヶ月の「平均労働時間」は何と「340時間」です。地方
では500時間を大幅に超えているところもあるので、その深刻さが伺えます。


現状では「法定労働時間」よりも大幅に超過しています。


しかし、産科医が大変なのは長時間労働だけではないんです。


「訴訟件数」が他の診療科の約3倍とされています。それだけ訴訟リスクが高いわけ
ですから、「これでは割にあわない」と思うのが当然です。





■産科そのものが減少している?


ここ数年「出産」に立ち会った担当医が業務上過失致死罪などで訴えられるケースが
急激に増えていまして、今後さらにふえる可能性が高いとされています。


といいますのも、テレビなどの大手メディアの偏向的な報道によって病院側が「巨悪」
に仕立てられているため、知らず知らずのうちに不信感が植え付けられています。


産科医を目指す医師が減少している中で産科を休止する医療機関が増えています。
このままでは出産するためだけに他県に引っ越すなんて時代が来るかもしれません。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます