病院のタグ記事一覧


タグ:病院

病院のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■年俸制に対するイメージが裏切られる皆さんは年俸制についてどのようにお考えでしょうか?プロ野球やプロサッカーのようなプロスポーツ選手は年俸制なので、プロ意識を高めるうえで「 高い効果 」を発揮すると考える人は少なくありません。日本でも一部の企業で欧米の企業のように年俸制を導入しているところがあります。医療機関も同様です。しかし注意が必要です。入職時の契約が履行されないケースが少なく無いからです。病院...

記事を読む

no-image

その他
■医師不足の本質を理解していない悲しいことに人材不足を嘆く地方の病院の多くが、なぜ医師が来てくれないのか理解していないケースが多いです。このためいつまでたっても問題が解決されません。医師の先生方は、仕事に誇りを持てる職場でなければ働けません。肉体的にも精神的にも過酷な仕事ですから当然です。ですので、当然それなりの「職場環境」でなければなりません。地方(田舎)だから医師の先生方が来てくれないのではな...

記事を読む

no-image

その他
■医師として人として優れているから許せないどこの病院にも正義感が強くて人間味あふれる医師の先生が必ずいます。こうした先生は、総じて患者さんへの想いが強く、より高い医療的ケアを行えるように日々努力しています。このため、病院側のシステムについて強い憤りを感じている方が少なくありません。とくに外科医の先生方に多く見受けられます。これには理由がありまして、内科の場合は、外科のように手術がありませんので、医...

記事を読む

no-image

その他
■医師はどの仕事よりも修行期間が長いこちらをご覧になられている皆様の多くが経験されていると思いますが、まず医師になるには、大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格しなければなりません。しかしながら、医師国家試験に合格してもすぐに患者さんを診察することはできないわけでして、研修医として初期研修~後期研修まで約6年ほど修行期間があります。■2004年に研修医制度が大きく変わるこうした点が他の国家資格と大...

記事を読む

no-image

その他
■病院側が求める医師とは?医療機関がどのような医師を採用したいと考えているか考えたことはございますでしょうか?そういったことを考える事自体が媚を売っているとし、嫌悪する医師の先生も少なくありません。病院は慈善事業ではないので、経営を安定化するためには、患者さんを集めなければなりません。そのためには沢山の患者さんを連れて来てくれる医師の先生がいいわけです。「集客に使われるのはごめんだ」と思われるかも...

記事を読む

年俸制を採用する病院には要注意!




■年俸制に対するイメージが裏切られる


皆さんは年俸制についてどのようにお考えでしょうか?


プロ野球やプロサッカーのようなプロスポーツ選手は年俸制なので、プロ意識を高める
うえで「 高い効果 」を発揮すると考える人は少なくありません。


日本でも一部の企業で欧米の企業のように年俸制を導入しているところがあります。


医療機関も同様です。しかし注意が必要です。


入職時の契約が履行されないケースが少なく無いからです。


病院側とのトラブルにより訴訟に発展するケースが日本全国で起こっています。


年俸制を採用している医療機関の中には年俸制を導入することの意味を履き違えている
ところが少なくありませんので、転職するさいには十分注意する必要があります。





■休みは次第に取れなくなるケースが多い


例えば入職時に年間休日についての条件について話し合ったとします。


働く側からすれば休みは大いにこしたことはありませんが、一人休めば、その代わりを
誰かが務めなければ業務は回りませんので、休みについては誰もが確認しますよね。


雇用する側は、大抵「アルバイトの非常勤医師に入ってもらう」と答えます。


最初のうちは面談の場で話し合ったとおり休むことができます。


しかし、次第に日曜日は交代で出勤となり、夏休みも思いっきり削られることとなり、
年末年始は休みのはずが、元旦も出勤することになるケースが少なくありません。





■何でも「年俸制の契約」で押し通そうとする


休めるときは外部の先生が来てくれるときだけ、契約時間外で働くことが多くなるわけ
ですが、こうした働きに対する手当や報酬は一切支給されません。


病院側は「年俸制の契約」だからという理由で押し通そうとします。


本来であれば「 年俸制 」であろうがなかろうが、契約時間外の報酬は支払わなければ
なりませんが、支払う気は一切ないのは、その態度をみれば明らかです。


いずれにせよ「 不誠実 」としかいいようがありません。この点は要注意です!!



 カテゴリ
 タグ

地方の病院はこうして医師を遠ざける




■医師不足の本質を理解していない


悲しいことに人材不足を嘆く地方の病院の多くが、なぜ医師が来てくれないのか理解
していないケースが多いです。このためいつまでたっても問題が解決されません。


医師の先生方は、仕事に誇りを持てる職場でなければ働けません。


肉体的にも精神的にも過酷な仕事ですから当然です。


ですので、当然それなりの「職場環境」でなければなりません。


地方(田舎)だから医師の先生方が来てくれないのではなく、医師として働きがいの
ある「職場環境」にないことが問題であることに早く気づいて欲しいところです。





■署名活動を展開しても人材難が加速するだけ


地方では医師が減れば減るほど提供するサービスの質が即悪化します。


各職場に残された医師一人あたりの負担が増えるので、ある意味当然です。


そうなると各市町村の役人が中心となって、医師の増員を要求する「 署名活動 」が
展開されることがありますが、まったくもって効果がありません。


周辺地域に住む住民が病院側の対応に不満を感じ、自治体にクレームが殺到するから
こうした活動が行われるわけですが、自治体側が問題の本質を理解してません。


医師がいなくなったら、その分すぐに増員しなさいでは、済まされないわけです。


こうした態度では余計に医師の先生方を遠ざけてしまいます。





■新しい医師を受け入れる体制がない?


こうした地方にある病院の特徴として「こんなことまでやらせるの?」と驚くほど、
医師の先生方への負担が大きいです。都会の病院ではまず考えられません。


しかも長年勤務している看護師さんに顎で使われるケースもよく見受けられます。
新しい医師の先生を受け入れる体制がそもそも病院側にないのも問題です。


またこうした「職場の問題」だけでなく、病院内の医療機器が一昔前のものを使って
いたり、施設に関しても老朽化が進んでいたりと、目に余る点が多すぎます。


残念ながら今後もこうした問題は解決される可能性は低いと思います。



 カテゴリ
 タグ

優れた医師ほど組織で生きづらい理由




■医師として人として優れているから許せない


どこの病院にも正義感が強くて人間味あふれる医師の先生が必ずいます。こうした先生は、
総じて患者さんへの想いが強く、より高い医療的ケアを行えるように日々努力しています。


このため、病院側のシステムについて強い憤りを感じている方が少なくありません。


とくに外科医の先生方に多く見受けられます。これには理由がありまして、内科の場合は、
外科のように手術がありませんので、医師の先生の診療によって解決できます。





■外科医が苦しめられるジレンマとは?


しかし、手術がどうしても必要となる診療科では、 手術前から手術完了までをしっかりと
管理し、手術後のリハビリ、退院したあとの対応までに沢山の従業員が携わってます。



このため、 一人の医師の先生だけでは、到底患者さんを診ることができません。病院側の
「 管理体制 」がしっかりしていなければ、提供する医療サービスの質にモロ影響します。






■効率化を求める病院の実情について


あまりにも経営安定化を優先しすぎて、徹底的に効率化を推し進めてしまうと、従業員一人
あたりの負担が大きくなるので、職場全体が重々しい雰囲気となってしまいます。


そのような状況では、患者さんに満足な医療サービスを提供できません。


こうした問題をどこの病院も大なり小なり抱えています。日本国内にある約8000の病院
のうち半分以上が赤字経営にありますので、仕方がない部分も確かにあります。





■優秀な人ほど組織で生きづらい


病院側の理由はどうあれ、こうしたことに不満を持つ医師の先生は少なくありません。特に
人間性に優れている患者さん想いの先生は、例外なく憤りを感じています。


必然的に経営陣と対立してしまいます。そして、自分が理想とする職場へ転職するにしても、
院長と折り合いがつかなければ採用される可能性は一気に低下します。


医師として優秀で人望も厚いのに組織で生きづらいという皮肉な現実があります。



 カテゴリ
 タグ

医学生と病院のマッチングについて




■医師はどの仕事よりも修行期間が長い


こちらをご覧になられている皆様の多くが経験されていると思いますが、まず医師になる
には、大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格しなければなりません。


しかしながら、医師国家試験に合格してもすぐに患者さんを診察することはできないわけ
でして、研修医として初期研修~後期研修まで約6年ほど修行期間があります。





■2004年に研修医制度が大きく変わる


こうした点が他の国家資格と大きく異なります。2004年に新医師臨床研修制度が導入
されたことによって、どこの病院でも研修を受けることができるようになりました。


このため医学部4年生になると、 就活に励む他の大学生のようにスーツを着て「研修先」
を決めるために自分の足で病院を訪問しながら受験する病院を決めます。





■研修医のマッチングにつてい


医学生は希望する病院を記入し、それを病院側の希望と合わせていくのですが、こうする
ことで、より精度の高いマッチングを実現するためにこうしたシステムが導入されました。


今現在「医師臨床研修マッチング協議会」によって執り行われています。一種のお見合い
のようものですが、データを集計した上でコンピューターによって研修先が決まります。





■研修先はこうして決まる


どのように研修先が決められていくのかといいますと、仕組み自体は非常にシンプルです。
例えばA大学医学部のBさんがC病院を第1希望にしていたとします。


しかしC病院側の希望リストにBさんの名前がなければ「アンマッチ」となります。そして、
第2希望、第3希望と病院側の医学生を取りたい順位を比較しながら決定します。



 カテゴリ

病院が求める医師について




■病院側が求める医師とは?


医療機関がどのような医師を採用したいと考えているか考えたことはございますでしょうか?
そういったことを考える事自体が媚を売っているとし、嫌悪する医師の先生も少なくありません。


病院は慈善事業ではないので、経営を安定化するためには、患者さんを集めなければなりま
せん。そのためには沢山の患者さんを連れて来てくれる医師の先生がいいわけです。


「集客に使われるのはごめんだ」と思われるかもしれませんが、病院は外来、入院を問わずに
患者さんを集められなければ、売り上げた立ちません。売上が立たなければ即破綻です。





■なぜコミュニケーション能力が必要なのか?


病院だけに限ったことではないのですが、どの業界も2000年以降コンプライアンスの厳格化が
より進むこととなりました。皮肉なことに厳格化したことで訴訟問題が比例して増えています。


ここで問われるのが患者さんの身になって会話する能力、つまりコミュニケーション能力です。
コミュニケーション能力なしに、臨床経験や高い医学知識があっても意味がないのです。


患者さん目線の医療的ケアが求められている現代において、大先生はもはや不要な存在になり
つつあります。適切な診断を行うためにも、しっかりコミュニケーションが取ることが大切です。





■他のスタッフへのコミュニケーションも重要


病院には医師や看護師だけでなく、コメディカルや事務員など多くのスタッフが働いています。
小規模経営のクリニックであっても、最低5名以上のスタッフが勤務しています。


医療カーストにおいて医師の先生方は、トップにあるわけですが、先に述べた通り大先生が求め
られにくい時代においては、他のスタッフとのコミュニケーションも非常に重要です。


それだけで職場の雰囲気が良くなります。職場の雰囲気が良くなれば各スタッフによる患者さん
への医療サービスが格段と良くなることでしょう。そうなれば患者さんの病気も良くなります。


噂が噂をよんで、やがて沢山の患者さんが訪れるようになるので、病院経営もそれに従って良く
なります。それだけ医師の皆様の役割は大きなものなんです。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます