研修医のタグ記事一覧


タグ:研修医

研修医のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■悲惨だった当時の研修医の実態新臨床研修医制度が導入される前までの研修医は、本当に厳しい条件の中で働かされ、病院側の思いのままに操られる存在でした。とにかく給料が安かったんです。民主党政権時代に大卒の初任給が20万円を割り込んでしまいました。当時あまり話題になりませんでしたが、個人的には大問題だと思っています。それはさておき、2004年に新臨床研修医制度が導入されたわけですが、それ以前の研修医の初...

記事を読む

no-image

その他
■医師になるまでがとにかく大変!医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。新しい臨床研修医制度(スーパーローテー...

記事を読む

no-image

その他
■1年目から大きな差があるい研修医の給与に関して格差が広がっているようです。研修医1年目の平均年収は、400万円程度です。多い人で1000万円を超え、低い人ですと200万円を割り込む水準にあります。ここから税金などが差し引かれるわけですから、手取りで10万円程度となります。同じ研修医でも、研修先の病院によっては800万円も差が生じます。そして二年目に入ると、平均年収が460万円、もっとも多くもらっ...

記事を読む

no-image

その他
■自信過剰が命取りに研修医の約三割がうつ病など心の病に苦しんでいるといわれているくらい、過酷な環境で働いているわけですが、これを乗り越えなければ一人前の医師にはなれません。こうした長期的な体調不良に陥る研修医の特徴としては、周囲の評価以上に自分自身を過剰に評価している傾向にあります。このため身の丈にあった研修病院を選びません。どう考えても無謀としか思えないほどレベルの高い優秀な病院を選ぶ傾向が強い...

記事を読む

no-image

その他
■臨床研修医制度は問題だらけだったのか?2004年に導入された新医師臨床研修制度によって、大学医局の力は削がれ、医局から派遣される医師に依存していた地方の病院はより医師不足が深刻化することなりました。しかし、研修医からすると自由に研修先を選べるようになるなど、それなりにメリットも多く、実際に研修を終えた研修医の多くが臨床研修医制度自体に満足されているようです。それまでは医局で上級医師の下働きをさせ...

記事を読む

新臨床研修医制度導入前の研修医の悲惨な実態




■悲惨だった当時の研修医の実態


新臨床研修医制度が導入される前までの研修医は、本当に厳しい条件の中で働かされ、
病院側の思いのままに操られる存在でした。とにかく給料が安かったんです。


民主党政権時代に大卒の初任給が20万円を割り込んでしまいました。


当時あまり話題になりませんでしたが、個人的には大問題だと思っています。


それはさておき、2004年に新臨床研修医制度が導入されたわけですが、それ以前
の研修医の初任給は20万円を超えることは最後までありませんでした。


看護師さんの初任給は22万円前後ですから、看護師さんよりも少なかったわけです。
しかも研修医ということで、「 非常勤 」として雇用されます。





■給料は手取りで15万円を割り込む


このため国民健康保険に加入し、社会保険と異なり、会社が半分負担してくれることも
なく、自ら払い込まなければならないので、手取りで15万円を軽く割り込みます。


ここから家賃や光熱費などの生活費を支払い、仕事で必要となる専門書などを購入しな
ければならないので、普通に生活すれば完全にマイナスです。


しかも最初の2年間はアルバイトが認められないので、ひたすら耐えるしかありません。


やっとのおもいで研修医としての2年間が終われば、次の病院へ移ることになります。
もし常勤の枠が空いていれば、常勤として働くことが出来ますが、ごく少数です。


しかし、大半の方々がここでも非常勤として働くことになります。





■研修医3年目でようやく人並み


「 専修医 」となるので、扱いが良くなったように思えるかもしれません。


しかし、非常勤なのでボーナスも引き続き支給されません。


もちろんこの時点でやめても退職金は一銭も支払われません。


研修医として3年目に入ったので給料も10万円前後アップします。


大卒の方が普通に会社に勤めても毎年1万円を超える昇給はまずありません。


この点だけみれば、「恵まれすぎている」と思われるかもしれませんね。


当時研修医3年目の平均月収は、当時は額面25万くらいが一般的でした。


さすがに3年目に入ると暗黙の了解で「 当直のアルバイト 」もできるので、お金を
より稼ぎながら、同時に医師として必要な経験を積むことが出来ます。


とはいっても非常勤として働いているので、法的には病院側に研修医を拘束する力は
ありませんが、当時の医局制度は非常に強かったので、為す術もありませんでした。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

研修医の給料は安すぎるのか?




■医師になるまでがとにかく大変!


医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。


大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。


国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師
になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。


医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。


新しい臨床研修医制度(スーパーローテート)によって劇的に変化しました。


病院内にあるほぼすべての診療科(循環器内科、泌尿器科、眼科、小児科、産婦人科)
を医師になって最初の2年間でどこの病院で研修するかを決めなければなりません。


ここからまず研修医としてのスタートを切ることになります。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■過酷な研修医の実態


研修医は当然のことながら、常勤ではありません。非常勤として勤務することになる
わけですが、一般の会社でいえば派遣や契約社員のようなものです。


研修医を受け入れる病院は、研修医はをいつでもやめさせることができます。


しかも非常に安い給料で働いてもらえるわけですから、非常に重宝します。


厚労省から発表された平成24年度の「 賃金構造基本統計調査結果 」によりますと、
大卒の初任給は、199.6千円です。(新政権になってから、かなり上昇しています)





■待遇が改善されても依然として厳しい


ちなみに研修医は新しい臨床研修医制度によって月額30万円以上に定められていま
すので、以前よりもかなり改善されています。以前はとにかく安かったんです。


額面で15万円という信じられない薄給で容赦なく働かされていました。


新臨床研修医制度により、国公立病院でも30万円から40万円程度支給されます。
一方、私立病院は50万円程度支給されていますので、かなり差があります。


しかし、非常勤であるため福利厚生は支給されないケースが多いです。


また医学書などが非常に高額なのでなんだかんだで月10万円くらい生活費とは関係
ないお金が出ていきますので、余裕ある生活は難しいですね。


しかも初期研修の2年間はアルバイトができないので本当に大変です。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ

研修医の間で広がる給与格差の実態



■1年目から大きな差があるい


研修医の給与に関して格差が広がっているようです。


研修医1年目の平均年収は、400万円程度です。


多い人で1000万円を超え、低い人ですと200万円を割り込む水準にあります。
ここから税金などが差し引かれるわけですから、手取りで10万円程度となります。


同じ研修医でも、研修先の病院によっては800万円も差が生じます。


そして二年目に入ると、平均年収が460万円、もっとも多くもらっているケースで
1300万円台、最も少ないケースで220万円程度となっています。





■大学病院に勤務する研修医の給与水準は低い?


2年目に入っても300万円を超えないとなると、一般企業に勤務する同年代の一般
の会社員よりも少ないです。当直代や残業代がゼロなのかもしれません。


医師の先生方の給与水準は非常に高いとされていますが、基本給だけみるとそうでも
ありません。当直代と残業代が給与の大きな部分を占めています。


研修医2年目までに「年収700万円」以上を手にされている方の多くが地方の病院
に勤務しています。東京や大阪の病院は思いのほか少ないのが現状です。


その内訳をみてみると、北海道、青森、福島、長野、秋田が多いようです。


ただし、大学病院で700万円以上はほとんどありません。


そのすべて「 臨床研修病院 」です。


どうやら研修医の給与格差が広がっている原因はここにありそうです。





■給与が高くても仕事に見合っていない?


しかし、いくら年収が多くても基本給以外の「諸手当」が、実際にどれくらいなのか
分からないので、どれだけ働いているのかが見えてきません。


年収1000万円を大きく超えている場合、相当過酷な職場かもしれません。


36時間勤務を月に5~6回こなさなければならないかもしれません。


36時間働くと一般の会社員の4日分以上ですから、それを5~6回こなすとなると
実働ベースで一般の会社員の倍以上働くことになります。


年収1000万円でも少ないと感じるかもしれないですね。


これでもかなり以前より改善されています。


しかしこのままの状態が続くことは考えにくいので、給与が高いところを求める動き
が高まり、今後給与格差が是正されることになると思います。



 カテゴリ
 タグ

挫折する研修医の特徴について




■自信過剰が命取りに


研修医の約三割がうつ病など心の病に苦しんでいるといわれているくらい、過酷な環境
で働いているわけですが、これを乗り越えなければ一人前の医師にはなれません。


こうした長期的な体調不良に陥る研修医の特徴としては、周囲の評価以上に自分自身を
過剰に評価している傾向にあります。このため身の丈にあった研修病院を選びません。


どう考えても無謀としか思えないほどレベルの高い優秀な病院を選ぶ傾向が強いことが
災いとなって、数ヶ月もしないうちに燃え尽きてしまうことになります。





■研修医はこうしたつまづく


当然のことながら医学部の勉強と実際の研修はまったく勝手が異なります。 当然のこと
ながら体力のない研修医はそこで挫折します。そうなると将来に希望を見いだせません。


医療に関する技術も知識を身につけていくのは、 全て積み重ねですから、研修医の段階
で挫折すると、そこからキャリアを修正するのは言うまでもなく非常に困難です。


そうならないためにも、医学部を卒業してからのマッチングがどうしても重要です。





■理想と現実の差に苦しむ


他者のアドバイスを通じて自分の適性を理解することが大切なんですが、冒頭で申し上げ
ました通り、自分自身の能力を過大評価する研修医が少なくありません。


昨日今日格闘技を始めた人が世界最強といわれたヒョードルに勝てると思い込んでしまう
のと同じです。頭の中では自分はできると思っても、実際の現場ではそうはいきません。





■研修医に必要なのは?


しかし、こうした研修医の多くが人のアドバイスを素直に受け入れることができません。
つまり自分の適正を理解しなままマッチングの希望を出すことになります。


これでは上手くいきませんので、研修医は常に謙虚さ素直さが求められます。



 カテゴリ

研修医の待遇は良くなっている?




■臨床研修医制度は問題だらけだったのか?


2004年に導入された新医師臨床研修制度によって、大学医局の力は削がれ、医局から派遣
される医師に依存していた地方の病院はより医師不足が深刻化することなりました。


しかし、研修医からすると自由に研修先を選べるようになるなど、それなりにメリットも多く、
実際に研修を終えた研修医の多くが臨床研修医制度自体に満足されているようです。


それまでは医局で上級医師の下働きをさせられ、薄給のためアルバイトをしなければ生活すら
ままならなかった状況から比べると、研修医を取り巻く環境は、かなり良くなっています。





■医療機関側にもメリットがあった


では、「 研修医側にしかメリットはないのか? 」ととわれれば、答えは「 NO 」です。


研修医の多くが、これまでとは比較にならないくらい研修先で幅広く色々なことを学び、また、
経験したことによって、一般的な診察であれば問題なく対応できるようになったようです。


このため医療機関側もこうした点にはプラスの評価を下しているケースが多いです。





■医師不足は20年間なにもしなかったことのツケ


臨床研修制度は、国が本来目指していたことは、それなりの成果が出ているわけですが、その
代償として「 医師不足 」が加速するという大きな問題が生じてしまいました。


もっとも、臨床研修制度が導入される以前も医師不足や偏在はあったわけですし、制度の有無
に関係なく医療費は右肩上がりで年々増大し、患者の増加に医師が足りない状況が続いてます。


ですので、医療機関が抱える問題全てをこの制度だけに押し付けることは無理があります。





■すでに制度の見直しが行われている


臨床研修制度は、すでに研修できる病院や地域の受け入れに制限を設けてます。


そのまま放置するのではなく、 状況を見ながら改善が行われており、今後も研修医の地域的な
偏在をなくす方向に動くことが予想されていますので、悲観することはありません。



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます