給与のタグ記事一覧


タグ:給与

給与のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■民間病院の給与が公立病院よりも高い理由「公立病院」と「民間病院」の給料を比較した場合、圧倒的に民間病院の方が高めに設定されています。給与を高めに設定しないと人が集まらないからです。依然として民間病院を希望する医師は少ないので、民間病院は医師確保に必死です。労働環境を比較しても民間病院のほうが働きやすい環境が整備されています。しかし、この仕事面に関しては多くの医師を満足させる環境にはないため、中々...

記事を読む

no-image

その他
■1年目から大きな差があるい研修医の給与に関して格差が広がっているようです。研修医1年目の平均年収は、400万円程度です。多い人で1000万円を超え、低い人ですと200万円を割り込む水準にあります。ここから税金などが差し引かれるわけですから、手取りで10万円程度となります。同じ研修医でも、研修先の病院によっては800万円も差が生じます。そして二年目に入ると、平均年収が460万円、もっとも多くもらっ...

記事を読む

no-image

その他
■アルバイトの方が実労働の対価が良い!一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので...

記事を読む

なぜ民間病院は公立病院よりも給与が高いのか?




■民間病院の給与が公立病院よりも高い理由


「公立病院」と「民間病院」の給料を比較した場合、圧倒的に民間病院の方が高めに
設定されています。給与を高めに設定しないと人が集まらないからです。


依然として民間病院を希望する医師は少ないので、民間病院は医師確保に必死です。


労働環境を比較しても民間病院のほうが働きやすい環境が整備されています。


しかし、この仕事面に関しては多くの医師を満足させる環境にはないため、中々医師
が集まらないのです。苦肉の策として給与を高めに設定しているわけです。





■給与だけでは医師の心は動かない!


つまり医師の先生方にとって「給与」は、あくまでも条件の一つであって、全てでは
ないわけです。医師として働きがいがある「環境」を多くの医師が求めています。


しかしだからといって公立病院が医師の数が満足な状態にあるわけではありません。
地方にある多くの公立病院が「 医師不足 」に苦しめられています。


小児科医や産婦人科医が極端に不足している地域の病院では、子供を産んでも満足な
医療が受けられないため、住民らが結集して署名運動が起こったりします。


しかし、それでも医師は思うように集まりません。


なぜなら、その地域にある病院が医師の先生方が満足できる環境にないからです。






■安易な募集は逆に医師を遠ざける


多くの医師の先生が医師としてのやりがいを強く求めています。


医師としてのやりがいが満たされる職場であれば、多少「給料」が平均より安くても、
その地域に暮らす人達の健康を守るために必死になって働いてくれます。


医師が去ってしまった地域は、満足のいく環境ではないわけです。


しかし、雇用する側の多くがこの点を全く理解していません。


「平均よりもかなり高い給料を設定すれば来てくれるだろう」といった安易な気持ち
で募集をかけるので、そうした思惑を医師の先生が見逃すわけもありません。



 カテゴリ

研修医の間で広がる給与格差の実態



■1年目から大きな差があるい


研修医の給与に関して格差が広がっているようです。


研修医1年目の平均年収は、400万円程度です。


多い人で1000万円を超え、低い人ですと200万円を割り込む水準にあります。
ここから税金などが差し引かれるわけですから、手取りで10万円程度となります。


同じ研修医でも、研修先の病院によっては800万円も差が生じます。


そして二年目に入ると、平均年収が460万円、もっとも多くもらっているケースで
1300万円台、最も少ないケースで220万円程度となっています。





■大学病院に勤務する研修医の給与水準は低い?


2年目に入っても300万円を超えないとなると、一般企業に勤務する同年代の一般
の会社員よりも少ないです。当直代や残業代がゼロなのかもしれません。


医師の先生方の給与水準は非常に高いとされていますが、基本給だけみるとそうでも
ありません。当直代と残業代が給与の大きな部分を占めています。


研修医2年目までに「年収700万円」以上を手にされている方の多くが地方の病院
に勤務しています。東京や大阪の病院は思いのほか少ないのが現状です。


その内訳をみてみると、北海道、青森、福島、長野、秋田が多いようです。


ただし、大学病院で700万円以上はほとんどありません。


そのすべて「 臨床研修病院 」です。


どうやら研修医の給与格差が広がっている原因はここにありそうです。





■給与が高くても仕事に見合っていない?


しかし、いくら年収が多くても基本給以外の「諸手当」が、実際にどれくらいなのか
分からないので、どれだけ働いているのかが見えてきません。


年収1000万円を大きく超えている場合、相当過酷な職場かもしれません。


36時間勤務を月に5~6回こなさなければならないかもしれません。


36時間働くと一般の会社員の4日分以上ですから、それを5~6回こなすとなると
実働ベースで一般の会社員の倍以上働くことになります。


年収1000万円でも少ないと感じるかもしれないですね。


これでもかなり以前より改善されています。


しかしこのままの状態が続くことは考えにくいので、給与が高いところを求める動き
が高まり、今後給与格差が是正されることになると思います。



 カテゴリ
 タグ

常勤より非常勤の方が給料が良い理由




■アルバイトの方が実労働の対価が良い!


一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも
安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。


一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤
医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。


アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので、実労働としての対価は常勤医師
よりも非常勤医師の方が遥かにいいので、知人にこの話をすると大抵驚かれます。





■なぜ非常勤の方が常勤よりも実入りが良いのか?


なぜこのような状態にあるかといえば、医局の力が絶対だった頃は、大学医局に所属する医師
が大半でした。世間の人達は医師=高収入というイメージがありますが、現実は厳しいです。


当時でさえも、ある程度キャリアを積むまでは少ない給料に甘んじなければなりません。そこで、
アルバイトしながら本業とのバランスを取る医師の方も多かったんです。


そして、派遣先の病院からは、医局から派遣される医師が大変重宝されていたので、給与水準
を上げることによって、医局と良好な関係を持とうとしたことが要因として考えられます。





■なぜアルバイトの時給はどこも高いのか?


常勤医師の給与に関しては、一般企業のそれと同じく、 それぞれの病院の立地や働き方、科目
の違いや年齢などを考慮した上で、病院側が独自に決めることができます。


ですので、医師によって給与の差がでるのは理解できますが、アルバイトは仕事自体の内容が
ほぼ同じであるため、病院側独自では決められない面もあります。


例えば以下の条件を同じ県内の病院が提示したいたとしたら、A病院に応募が殺到しますよね。
B病院は非常勤医師を確保するのが難しくなるため、他の病院と横並びになってしまうのでしょう。


A病院:1コマ5万円(時給1万2500円)

B病院:1コマ4万円(時給1万円)



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます