給料のタグ記事一覧


タグ:給料

給料のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医師になるまでがとにかく大変!医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。新しい臨床研修医制度(スーパーローテー...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医の年収は高くない?小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。他の診療科よりも残業や当直が...

記事を読む

研修医の給料は安すぎるのか?




■医師になるまでがとにかく大変!


医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。


大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。


国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師
になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。


医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。


新しい臨床研修医制度(スーパーローテート)によって劇的に変化しました。


病院内にあるほぼすべての診療科(循環器内科、泌尿器科、眼科、小児科、産婦人科)
を医師になって最初の2年間でどこの病院で研修するかを決めなければなりません。


ここからまず研修医としてのスタートを切ることになります。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■過酷な研修医の実態


研修医は当然のことながら、常勤ではありません。非常勤として勤務することになる
わけですが、一般の会社でいえば派遣や契約社員のようなものです。


研修医を受け入れる病院は、研修医はをいつでもやめさせることができます。


しかも非常に安い給料で働いてもらえるわけですから、非常に重宝します。


厚労省から発表された平成24年度の「 賃金構造基本統計調査結果 」によりますと、
大卒の初任給は、199.6千円です。(新政権になってから、かなり上昇しています)





■待遇が改善されても依然として厳しい


ちなみに研修医は新しい臨床研修医制度によって月額30万円以上に定められていま
すので、以前よりもかなり改善されています。以前はとにかく安かったんです。


額面で15万円という信じられない薄給で容赦なく働かされていました。


新臨床研修医制度により、国公立病院でも30万円から40万円程度支給されます。
一方、私立病院は50万円程度支給されていますので、かなり差があります。


しかし、非常勤であるため福利厚生は支給されないケースが多いです。


また医学書などが非常に高額なのでなんだかんだで月10万円くらい生活費とは関係
ないお金が出ていきますので、余裕ある生活は難しいですね。


しかも初期研修の2年間はアルバイトができないので本当に大変です。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ

小児科医の年収は決して多くない




■小児科医の年収は高くない?


小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。


ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。


平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。


ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の
年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。


他の診療科よりも残業や当直が多いにもかかわらず、給料が少ないイメージが強い
ですが、数字でみれば平均より少しいいくらいですが、それ以上に仕事は過酷です。





■開業医が直面する現実について


地域によっては少子高齢化が進みすぎてしまい、小児科を閉鎖する病院もあります。
また仕事が過酷であるため、若手医師で小児科医を目指す人が少ないです。


こうした理由から小児科は以前よりもかなり減少しています。


しかし、当然のことながら子供がいなくなるということは絶対にありません。


安心して子供を育てることができる社会になるには小児科医の存在は欠かせません。


小規模な個人経営の病院でも小児科は少なくなっています。


個人経営の病院は、「少数精鋭」で対応しなければなりません。


ですので、「採算」を取るのが非常に難しく、昨今では「訴訟リスク」へも配慮して
対応しなければならないので、正直これでは割にあいません。


残念ながら全体的にみて小児科医は減少傾向にあります。


開業医の年収についてですが、平均2400万前後です。


人気の開業医になると3000万円以上を軽く超えます。





■非常勤の方が稼げてしまう現実


しかし例え勤務医であっても、病院で10年ほど経験を積めば年収2000万円程度
の収入が得られます。勿論小児科医のスキルによっても給与は左右されます。


しかし現場の最前線で働いている人からすれば、皆さん給料が低いと感じています。


同じ小児科医でも満足度にかなりばらつきがあります。


生活がかかっているので給料は、言うまでもなく大切です。これから求職活動を行う
のであれば、長く勤務するためにも、自分に適した職場を選ぶほうが得策です。


ちなみに小児科医としてアルバイトで働いた場合の給料についてですが、時給1万円
以上は普通ですし、非常勤でもフルタイムで働くことができます。


そうなると非常勤で働いたほうが年収が多くなります。


勿論病院側の都合でいつ切り捨てられるか分からにといったリスクはありますが、
それを差し引いても、非常勤で働いたほうが年収が多くなるのは魅力です。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます