転科のタグ記事一覧


タグ:転科

転科のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■小児科医を目指す若手医師が激減している理由とは?医療機関の多くが依然として人材難に頭を抱えています。そうした中、小児科は他の診療科と比べても、より厳しい状況にあります。若手医師の間で小児科医を目指す人が少ないのも大きな問題です。小児科の求人に応募する医師の特徴としては、臨床経験を終えた若手医師だけでなく、他の診療科から転科するケースも比較的多いですが、その数は決して多くありません。他の診療科から...

記事を読む

no-image

その他
■麻酔科医が活躍できる場は沢山あります!麻酔科医の活躍する場は幅広く、「 ペインクリニック 」をはじめ「 集中治療室 」、「 救命センター 」といった様々な分野があり、無くてはならない存在です。しかし、麻酔医を目指す若手医師は、それほど多くありません。仕事は地味ですし、世間では麻酔科医に対する認識がそれほど広がっていません。残念ながら麻酔科医の存在を知らない人も多いのが現状です。そして、激務であるにもか...

記事を読む

no-image

その他
■麻酔医の仕事とは?麻酔医のメインとなる仕事は、手術のさいに麻酔をすることです。実際に病院で行われる手術は実に多種多様です。例えば比較的簡単とされる「虫垂炎」程度の手術であれば、短時間で終了するので、麻酔医は1日3~4件程度行います。一方、難易度が高いとされる心臓や肺、肝臓などを取り扱う外科の手術などは、長時間かかりますので、1日1件麻酔医は麻酔を担当することになります。■訴訟リスクが年々高まってい...

記事を読む

no-image

その他
■想像力がなければ厳しい仕事ですリハビリテーション科では、患者さんの身体所見をしっかり観察し、疾患や怪我などの特徴とその状態を把握したうえで、まず考えられるリスク要因を洗い出します。そして、最終的な目標を設定し、それに合わせて適切な訓練と治療を行うわけですが、医師はアセスメントとプランを行わなければならないので、責任重大です。あらゆることを想定したうえでリハビリを計画し、患者さんと一緒に進めていき...

記事を読む

no-image

その他
■需要が急拡大している理由とは?リハビリテーション科を新設している病院が増えています。このため求人の数に関しても他の診療科よりも多く、どこの医療機関も専門医が不足していることから、専門医を取得していれば、優位に転職することができます。リハビリテーション科は、神経筋疾患、脊髄損傷、末梢神経障害、骨関節疾患、慢性腰痛などで日常生活に支障をきたしている患者さんのリハビリを行います。そして、元の生活を普通...

記事を読む

小児科医を目指す若手医師が激減!




■小児科医を目指す若手医師が激減している理由とは?


医療機関の多くが依然として人材難に頭を抱えています。


そうした中、小児科は他の診療科と比べても、より厳しい状況にあります。


若手医師の間で小児科医を目指す人が少ないのも大きな問題です。


小児科の求人に応募する医師の特徴としては、臨床経験を終えた若手医師だけでなく、
他の診療科から転科するケースも比較的多いですが、その数は決して多くありません。


他の診療科から「転科」する場合、医療に関する基礎的知識は同じであっても、違う
職に転職するようなものです。それくらい仕事の内容が他の診療科とは異なります。





■小児科がどんどん少なくなっている


今現在小児科の看板を下ろすところが増えています。


これは個人経営の診療所だけではありません。


比較的規模の大きい総合病院でも同様の動きが広がっています。


それにともなって、小児科医を目指す医師が減少しています。


これには色々な理由があります。まず他の診療科よりも夜勤や当直が多いです。


緊急搬送されることも多いので、夜中に呼び出されることも少なくありません。


小児科医は、日々大変な思いをしながら激務をこなしています。


しかし、訴訟リスクが他の診療科よりも高いです。


こうした理由から小児科を閉鎖させる病院が急速に増え、若手医師の間でも小児科医
を目指す動きが一気に後退することになったのです。改善する兆しはありません。





■小児科医の転科は多い?


あまりにもデメリットが多いことから、他の診療科から転科も少ないのが現状です。


しかし、小児科医に転科したことで、睡眠時間を削りながら激務をこなしている状況
にありながら、医師として働く喜びを見出す先生方も沢山いらっしゃいます。


やはり診療するのが子供であるため、どうしても向き不向きが強いです。


子供が好きという理由だけでは、とてもじゃありませんが務まりません。


子供のお母さんに言われもない誹謗中傷を受けて苦しめられることもあるからです。
クレームを超えた内容であるため、精神的に大きなダメージを受けます。


小児科は、こうしたデメリットが色々とあります。


小児科医としてのやりがいは決して小さくありません。



 カテゴリ
 タグ

麻酔科医が活躍できる場は確実に増えている?




■麻酔科医が活躍できる場は沢山あります!


麻酔科医の活躍する場は幅広く、「 ペインクリニック 」をはじめ「 集中治療室 」、
「 救命センター 」といった様々な分野があり、無くてはならない存在です。


しかし、麻酔医を目指す若手医師は、それほど多くありません。


仕事は地味ですし、世間では麻酔科医に対する認識がそれほど広がっていません。
残念ながら麻酔科医の存在を知らない人も多いのが現状です。


そして、激務であるにもかかわらず、給料水準は他の診療科に勤務する医師よりも低い
ので、なおさらのこと麻酔科医を目指す若手医師が少ないです。





■縁の下の力持ち!地味だけどやりがいのある仕事!?


しかし、手術というのは麻酔がなければ絶対にできません。


長時間にわたって、あれほどまでの激痛に耐える人間はまずいません。


麻酔によってそれが可能となっているわけです。


また人によっては他人の血が入ることを様々な理由で拒否するケースもあり、そうした
場合も輸血せずに手術をコントロールするのは外科医ではなく麻酔科医です。


そうした中で全く痛みを感じること無く、手術を無事終えることができたことを心から
感謝してくれる患者さんが意外にも多く、こうした喜びが大きなやりがいとなります。


まさに麻酔科医縁の下の力持ちです。絶対的に無くてはならない存在です。





■麻酔科専門医の取得がより困難に...


これから転科されるのであれば、当然「麻酔科専門医」の取得までを視野に入れている
と思います。しかし、現状では研修施設の認定を受けている医療機関が少ないです。


このため希望する医療機関へ転職するのは簡単ではありません。


しかしながら、症例数の多さや指導医の質の高さ、麻酔機器など関連機器や施設も非常
に充実していますので、医師としての生涯をかけて取り組む価値は十分あります。


専門医試験受験資格が4年間の専門医研修プログラム修了となり、しっかりと将来的な
キャリアプランを構築した上で取り組まないと確実に途中で挫折することになります。



 カテゴリ
 タグ

麻酔科はキャリプランに合わせて働きやすい!




■麻酔医の仕事とは?


麻酔医のメインとなる仕事は、手術のさいに麻酔をすることです。


実際に病院で行われる手術は実に多種多様です。例えば比較的簡単とされる「虫垂炎」
程度の手術であれば、短時間で終了するので、麻酔医は1日3~4件程度行います。


一方、難易度が高いとされる心臓や肺、肝臓などを取り扱う外科の手術などは、長時間
かかりますので、1日1件麻酔医は麻酔を担当することになります。





■訴訟リスクが年々高まっている


このため麻酔科という診療科は、全ての手術に参加することを前提としていますので、
欠かすことの診療科ではありますが、その分訴訟リスクが高いです。


ですので、麻酔科も当然に需要は大きいのですが、人材不足が本当に深刻です。


そうした状況にありながらも、これまでの専門知識を「麻酔科医」として活かしたいと
考える外科医や、救急・ICUの医師が転科を希望するケースが増えています。





■キャリアプランに合わせて働ける


麻酔科医は、40代前半くらいまでは手術室や救急医療を中心に仕事を行います。


しかし40代も後半に入ると体力的な問題から、長時間かかる難易度の高い手術に参加
するのが難しいのでペイン外来・ペインクリニック、緩和ケアなどにシフトします。


このように、ご自身のキャリアプランに合わせて活躍の場を選びやすいのも特徴です。


上述させていただいた通り麻酔科は人材不足が深刻な状況になっています。ですから、
他の診療科から転科による転職であっても、採用される可能性は非常に高いです。



 カテゴリ
 タグ

リハビリテーション科ではこんな医師が求められています




■想像力がなければ厳しい仕事です


リハビリテーション科では、患者さんの身体所見をしっかり観察し、疾患や怪我などの
特徴とその状態を把握したうえで、まず考えられるリスク要因を洗い出します。


そして、最終的な目標を設定し、それに合わせて適切な訓練と治療を行うわけですが、
医師はアセスメントとプランを行わなければならないので、責任重大です。


あらゆることを想定したうえでリハビリを計画し、患者さんと一緒に進めていきます。
このため医師は想像力豊かでないと、適切なプランを作成することができません。





■転化して専門医を目指しましょう!


リハビリテーション科へ転科をして転職する場合は、色々と迷われると思います。


他の診療科よりも情報が少ないため、どのように転職活動を進めればよいのか、また、
どのような資格やスキルを取得すれば良いのか分からない方も多いと思います。


全国の医療機関では、約3000人も専門医が不足しています。ですので、転科を希望
されるのであれば、やはり専門医の資格を取得することをおすすめします。


資格を取得することによって転職先はさらに広がり、待遇面でも大幅に優遇されます。





■こんな医師が求められています


基本的に多くの医療機関において「リハビリテーション科」は、いまだに手探りの状態
にあるため、一つの診療科として確率するために研究熱心な医師が求められます。


また、実際の職場では、看護師をはじめ、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、言語
聴覚士(ST)、管理栄養士といった様々な資格をもったスタッフと働きます。


それぞれの立場から色々な意見が飛び交うので、しっかり現場をコントロールしなけれ
ばなりません。ですので、リーダーシップがしっかり取れる医師が求められます。


連携が不十分だったために、高齢者に過度な機能回復訓練を行い、骨折などのトラブル
が全国の医療機関で多発していますので、高いコミュニケーション能力も必要です。



リハビリテーション科が転科しやすい理由とは?




■需要が急拡大している理由とは?


リハビリテーション科を新設している病院が増えています。


このため求人の数に関しても他の診療科よりも多く、どこの医療機関も専門医が不足
していることから、専門医を取得していれば、優位に転職することができます。


リハビリテーション科は、神経筋疾患、脊髄損傷、末梢神経障害、骨関節疾患、慢性
腰痛などで日常生活に支障をきたしている患者さんのリハビリを行います。


そして、元の生活を普通に送ることができるように、訓練や治療を行っています。


また、高齢化が急速に進んでいるため、脳卒中後の片麻痺などによって、リハビリを
受けるケースが増えており、今後さらに需要が大きくなることが予想されています。





■危機的な人材難


病院の半数以上が赤字経営にあるため、どこも業務効率を高めることに必死です。


このため入院日数を短縮化する動き急速に広がっていますので、リハビリ科が果たす
役割は、今後さらに拡大することが求められてるわけですが、問題が山積みです。


圧倒的にリハビリの専門医が不足しています。その数は日本全国でおよそ3000人
とされているので、いかに危機的な状況にあるかお分かり頂けると思います。





■未経験者でも採用される可能性が高い


こうした問題を解消するために、多くの病院が神経内科、脳神経外科、整形外科から
転科を希望する医師を積極的に採用しているため、転科しやすい診療科の一つです。


上述した通り、様々点でリハビリテーション科を求める動きが広がっていることから、
リハビリテーション科を新設する「 病院 」が急速に増えています。


こうした流れは今後しばらく続くことが予想されています。また、危機的な人材不足
にあるため、「 未経験者 」でも採用されるケースが少なくありません。



Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます