転職のタグ記事一覧


タグ:転職

転職のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■徹底した準備が何より重要! 医師転職支援サービスがネットを中心に増えているため、医師の先生方が転職しやすい 環境が整備されたわけですが、皮肉にも転職に失敗するケースが増えています。 どこの病院でも深刻な医師不足であるため、医師は「 売り手市場 」とされています。 この点に関しては、紛れも無い事実ですし、今後しばらくはこの状態が続くでしょう。 しかし、だからといって、思いつくままに行動するような転職...

記事を読む

no-image

その他
■転職するための準備が足りない 医師として初めて転職するにあたって色々な不安があると思います。その不安を一つ一つ消して いくためにもしっかり準備する必要があるのですが、多くの方が勢いで進めていこうとします。 当然いきあたりばったりとなり、失敗する可能性が高まります。そうならないためにも、最低限以下 の点について、しっかり調べて頂き、自分の取るべき行動を明確にする必要があります。 (1)医師の求人市...

記事を読む

no-image

その他
■常に医師の存在が求められている! これまで培った医師としてのキャリアとテクニカルスキルに自身があれば、 転職に対して特別 不安を感じる必要はありません。求人サイトの求人情報から希望の転職先が見つかります。 中でも小児科や内科、外科は、どこも深刻な医師不足に苦しめられています。はっきりいえば、 どの科も医師が十分に足りている状態にありません。病院以外の医療機関も同様です。 そして、医療業界も急速に...

記事を読む

no-image

その他
■産業医になるには? 産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。 しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。 (1)日本医師会認定産業医 (2)産業医科大学の基本講座...

記事を読む

no-image

その他
■非常勤医師として働く理由とは?意外に思われるかもしれませんが、常勤医師として働きながらアルバイト感覚で非常勤医師として他の病院で勤務する方が少なくありません。その目的は収入を増やすことにあります。勤務条件によって異なるので一概にはいえませんが、 単純に常勤医師と非常勤医師の給与を時間で割った場合、非常勤の方が常勤よりも時給が高いケースが圧倒的に多いです。ですので、たった週に一日ペースで非常勤医師と...

記事を読む

高年収求人に騙されないように注意する!!




■徹底した準備が何より重要!


医師転職支援サービスがネットを中心に増えているため、医師の先生方が転職しやすい
環境が整備されたわけですが、皮肉にも転職に失敗するケースが増えています。


どこの病院でも深刻な医師不足であるため、医師は「 売り手市場 」とされています。


この点に関しては、紛れも無い事実ですし、今後しばらくはこの状態が続くでしょう。
しかし、だからといって、思いつくままに行動するような転職は非常に危険です。





■高額給与求人には要注意!


医師専門の転職支援サービスもサービスの質に大きな差があります。


気をつけたいのが、単に利用者が希望する求人情報を右から左に流す転職サイトです。
こうしたところを利用すると入職したあとに後悔することになります。


例えば高年収を提示するような求人の中には悪質な医療機関が少なくありません。


いい加減な医師転職サイトは、何も調べずに求人を紹介しますので、運悪くこうした
悪質な求人先を紹介されてしまう可能性があるので、自ら注意する必要があります。


高給与に惹かれて転職するも、いざ入職してみたら、異常なレベルの残業と当直を押し
つけられ、精神的・肉体的に破綻状態に追い込まれるケースが実際にあります。





■大切なキャリアに傷をつけないために必要なこととは?


とてつもない激務の果てに体を壊してしまっては何の意味もありません。しかし、一度
転職してしまうと、最低でも1年は我慢しないとキャリアに傷がつきます。


懲りずに転職の失敗を繰り返す医師の先生も少なくありません。


本当に転職を繰り返し取り返しがつかなくなるケースもあります。


こうした失敗をしないためにも、すでに失敗された方のお話が生きた教科書になります
ので、医療機関に関する情報を幅広く網羅した医師転職サイトの利用が必須です!


医師転職サイトのキャリアコンサルタントが、過去の事例から適切なアドバイスをして
くれますので、希望する医療機関への転職を最短距離で実現してくれます!!



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

転職に失敗しやすい医師の特徴




■転職するための準備が足りない


医師として初めて転職するにあたって色々な不安があると思います。その不安を一つ一つ消して
いくためにもしっかり準備する必要があるのですが、多くの方が勢いで進めていこうとします。


当然いきあたりばったりとなり、失敗する可能性が高まります。そうならないためにも、最低限以下
の点について、しっかり調べて頂き、自分の取るべき行動を明確にする必要があります。


(1)医師の求人市場を知る

(2)求人の需要を良く調べる

(3)転職を楽観視しない

(4)医療機関が求めている人材像

(5)面接対策について





■転職候補先を美化しすぎる


「職場の人間関係の悪さ」を理由に転職を決意する医師の方が少なくありません。医療現場では
一分一秒を争って人の命を救うために必死なわけですから、仲良しこよしでは無理ですよね。


しかし、しっかり準備せずに勢いで転職を進めてしまうと、「転職先候補を美化」しようとする傾向
が意外に強いんです。「ここは人間関係が良さそう」といった具合に過剰なまでに期待します。


しかし、実際に勤務してみると、前以上に「人間関係が悪かった」なんてことになりかねません。
そうならないためにも準備を怠らず、ある程度余裕を持って転職活動する必要があります。





■転職について相談出来る人がいない


転職は本当に「孤独との戦い」といった面が強いので、安易に進めると失敗するリスクが高まり
ます。しかし、転職について相談出来る人がいないと、自分の都合良く楽観視します。


また、反対に不安から、「失敗するリスク」を心配しすぎる方も多いです。そして、時が流れるに
したがって、転職したいという強い思いが薄れていき、また嫌なことがあると転職を決意します。


そうしたことを繰り返しているうちに、転職そのものを完全に諦めなければならなくなりますので、
そうならないためにも、転職について気軽に相談出来る人を一人でも持つべきです。




» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

医師としての評価気になりませんか?




■常に医師の存在が求められている!


これまで培った医師としてのキャリアとテクニカルスキルに自身があれば、 転職に対して特別
不安を感じる必要はありません。求人サイトの求人情報から希望の転職先が見つかります。


中でも小児科や内科、外科は、どこも深刻な医師不足に苦しめられています。はっきりいえば、
どの科も医師が十分に足りている状態にありません。病院以外の医療機関も同様です。


そして、医療業界も急速に欧米化が進んでいますので、システムをさらに効率化させるために、
今後新しい職種が沢山誕生することも予想されているので、医師は常に求められています!





■医師転職サイトで評価してもらう!


しかしながら求人が沢山あっても働ける場所は一つしか選べません。常勤医師として働くので
あれば、複数の病院を掛け持ちするわけにはいきませんので、絞り込みが必要になります


そのために医師として客観的評価を知る必要があり、その目安となるのが、適正な収入を判断
してもらうことです。そこでおススメしたいのが医師転職サイトで評価してもらうことです。


担当の転職コンサルタントが貴方のこれまでのキャリアから、どれくらいの年収が適正であり、
これまで培った医師としての経験を遺憾なく発揮できる求人情報を徹底的に探してくれます。





■自分の希望をトコトン追求しましょう!


さらに医師としてキャリアアップや年収アップを目指すのも良いですし、家庭がある方は家族
との時間が取れるように、自分の都合にあわせて働きやすい職場を探すのも良いでしょう。


自分で転職活動の全てをやろうと思ったら恐らく転職できないまま時間ばかり過ぎていくこと
でしょう。それくらい医師の仕事はハードですし、時間的余裕もありません。


医師転職サイトを利用すれば、面倒な手続きは全て担当の転職コンサルタントが代行してくれ
ますので、普段通り働きながら、転職活動を進められるのが最大の魅力です!。




 カテゴリ
 タグ

産業医が増えない理由とは?なぜ低く見られるのか?




■産業医になるには?


産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは
ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。


しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した
いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。


(1)日本医師会認定産業医

(2)産業医科大学の基本講座終了者

(3)労働衛生コンサルタント






■条件は病院勤務よりも良い!


上述した資格を有することによって、晴れて産業医として働くことが認められます。産業医
として働く経験は比較的高く評価されますので、しっかり経験を積めば転職に有利です。


しかし現実問題として長期間に渡って産業医として働く人は多くありません。せっかく大変
な思いをして産業医になったにもかかわらず、すぐに他の職種へと転職してしまいます。


ちなみに産業医の平均年収は1,100万円程度なので、病院勤務と比較して低くありませんし、
土日祝日はお休みなので、労働条件に関しては、はるかに医療機関よりも良いです。





■なぜ産業医になることを諦めるのか?


産業医として働くことを希望される方は決して少なくありません。しかし、多くの方が不安
をかかえています。一企業の働く場合、倒産とリストラに関するリスクがあります。


これらの問題は病院にもありますが、病院勤務の経験は違う病院で生かすことができます。
しかし、産業医の場合、産業医としての経験は高く評価されるといっても限られています。


そして、医師としてのやりがいを感じられなかった場合を想定される方も少なくありません。
残念ながらこうした不安を抱えてまで産業医になろうとは皆さん考えないようです。




 カテゴリ
 タグ

非常勤医師として働くメリットとは?




■非常勤医師として働く理由とは?


意外に思われるかもしれませんが、常勤医師として働きながらアルバイト感覚で非常勤医師
として他の病院で勤務する方が少なくありません。その目的は収入を増やすことにあります。


勤務条件によって異なるので一概にはいえませんが、 単純に常勤医師と非常勤医師の給与
を時間で割った場合、非常勤の方が常勤よりも時給が高いケースが圧倒的に多いです。


ですので、たった週に一日ペースで非常勤医師として働くだけでも、 平均的なサラリーマンの
月収を超えるアルバイト代を稼ぐことができますので、これで年収が飛躍します!。





■非常勤医師として働く魅力とは?


常勤医師でありながら非常勤医師として働く理由は、お金だけではありません。今の職場では
決して経験できない経験を積むために非常勤医師として働いている方も少なくありません。


医療に限ったことではありませんが、仕事などの能力を高めるには、色々な人と接する必要が
どうしてもあります。非常勤医師としてなら、こうしたことも決して難しくありません。


色々な病院を非常勤医師として渡り歩いて様々な症例を診察したり経験することは 医師として
プラスにこそなれど、決してマイナスにはなりません。確実にスキルアップします!。




■お金には替えられない財産とは?


経験は積むことで医師としての自信も高まります。将来的に必ずプラスになります。非常勤とは
いえ、勤務先で良い人間関係を構築することができれば、複数の人脈が形成できます。


仕事上の人脈だけでなく、恋愛に関しても新しい出会いがあるかもしれません。こういった人生
に好影響をもたらす出会いは、お金には替えることができない大きな財産となります。


ですので二足の草鞋を履いて働くメリットは決して小さくありません。また、非常勤医師は勤務日
が固定されているので、比較的ストレスが少ないという点も大きなポイントです!。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます