退局のタグ記事一覧


タグ:退局

退局のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■教授を納得させる退局理由とは?退局するための理由として、(1)親の病院を継ぐ(2)両親の介護(3)結婚をあげさせて頂きましたが、それ以外にも医師としてステップアップするなどの前向きな理由も良いです。また体調不良などを退局理由にする医師の方も少なくありません。教授としても、これまで無理に激務をおしつけた後ろめたさもあるので、無理に引き止めることをためらいます。■進路が決まってから退局することを伝える...

記事を読む

no-image

その他
■円満退局をめざす!医局を退局するにあたって、まず教授に退局の相談しなければなりません。このさいに注意しなければならない点が幾つかあります。職場の不満を漏らすことのないようにして下さい。医療業界は広いようで本当に狭い業界です。揉めに揉めて逃れるように退局したことにより、根も葉もない悪い噂を入職したばかりの病院内で流されるかもしれません。医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >...

記事を読む

no-image

その他
■なぜ医局を退局するのが難しいのか?過去に医局を離れて転職された経験がある医師の皆様は自ら経験されているのでお分かりだと思いますが、いかに円満退職するかが、医師の転職を成功させるカギとなります。医師の先生方は、一般のサラリーマンのように簡単に退職させてもらえません。転職を経験した医師の先生方の大半が退職を切り出してから、何度も引き止められることになります。最終日まで気がまったく抜くことができないの...

記事を読む

no-image

その他
■一般企業におきかえると大変さが分かります医局を退局しようにも、一般企業に勤務するサラリーマンの方が退職するようにはいきません。サラリーマンの方の場合、普段接する機会が多い直属の上司に相談します。そして部長などにつないでもらうわけですが、医局の場合はいきなり教授に退局の相談をすることになります。これは一般企業でいえば、社長にいきなり退職願をだすようなものです。■退局を伝えるだけでも大きなストレス社員...

記事を読む

教授を怒らせないで退局するには?




■教授を納得させる退局理由とは?


退局するための理由として、(1)親の病院を継ぐ(2)両親の介護(3)結婚をあげさせて
頂きましたが、それ以外にも医師としてステップアップするなどの前向きな理由も良いです。


また体調不良などを退局理由にする医師の方も少なくありません。教授としても、これまで
無理に激務をおしつけた後ろめたさもあるので、無理に引き止めることをためらいます。





■進路が決まってから退局することを伝える


当然のことながら大学医局を退局するにあたり、すでに進路が決まっていることを前提に進め
なければなりません。決まっていない状態で進めてしまうと必ず引き止められます。


教授も説得しやすいように妥協案を出してきます。これまで地方の関連病院で辛酸を舐めて
きた医師の先生は、教授から本院勤務をちらつかされると、ころっといってしまいます。


教授からすると「海外留学」なども引き止める手段として有効となります。 すでに進路が決ま
っていない場合は教授の引き留め工作にかかりやすいので注意が必要です。





■常に低姿勢で接する!


どんなにしつこく説得されたとしても、低姿勢で応じなければなりません。同じことを何度も
言われると、人間頭にますよね。ですので、忙しく疲れているときは注意が必要です。


「ここにいるメリットはありません!」とか、「教授の下では成長できない!」なんてことを
怒り任せにいったら大変なことになります。医師として生きていけ無くなるかもしれません。





■教授を怒らせると大変


それほど医局の力は医学界では強いんです。もちろん昔ほどではありませんが、日本国内
には派遣病院が依然として数多くありますし、何より医師の世界は狭いのです。


教授を怒らせてしまったがために、その場で恫喝されたり暴言を吐かれるケースもあり
ます。そうなれば、学会などで教授に会っても完全に無視されてしまいます。


医師としてのキャリアにマイナスの影響しか及ぼさないので注意が必要です。



 カテゴリ
 タグ

医師が円満退局しやすい退局理由とは?



■円満退局をめざす!


医局を退局するにあたって、まず教授に退局の相談しなければなりません。このさいに注意
しなければならない点が幾つかあります。職場の不満を漏らすことのないようにして下さい。


医療業界は広いようで本当に狭い業界です。揉めに揉めて逃れるように退局したことにより、
根も葉もない悪い噂を入職したばかりの病院内で流されるかもしれません。


医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >>





■円満退局するための理由について


そして、またすぐに転職することになったら最悪です。映画やドラマの見過ぎと思われるかも
しれませんが、実際にそうしたトラブルに巻き込まれてしまったケースがいくつもあります。


大学医局の力を見くびってはなりません。 以前ほどではないにしろ、依然として医学界では、
とてつもない大きな力があるので、絶対に円満退局を目指さなければなりません。


当然のことながら円満退局を目指すうえで大切なのが、 医局を「 辞める理由 」です。 医局を
辞めるさいによく使われる理由について以下のとおりまとめてみました。




(1)親の病院を継ぐため

医師の親が医師というケースが少なくありません。実際に親の病院を継ぐために医師になった
先生も多いです。ですので、退局する理由としては自然ですし、実際に多く使われています。


もし実家が病院を経営していなくても、親族で病院を経営していれば、その病院を手伝うという
理由も十分通用します。波風を立てずに医局を去るための理由としては一番かもしれません。



(2)結婚・出産のため

これは男性医師ではなく、 女性医師が退局するにあたってよく使います。もちろん本当に結婚
するわけですから、正当な理由として通ります。医学界では普通に認められます。



(3)両親の介護のため

実際40歳前後の医師の両親ともなれば、高齢者とされる65歳を超えているのが普通ですから、
両親の介護は十分理由として成立します。これも反対されにくい理由として最適です。


いつでも気軽に相談できる「医師転職ドットコム」 >>




 カテゴリ
 タグ

教授に退局を伝えるさいの注意点




■なぜ医局を退局するのが難しいのか?


過去に医局を離れて転職された経験がある医師の皆様は自ら経験されているのでお分かり
だと思いますが、いかに円満退職するかが、医師の転職を成功させるカギとなります。


医師の先生方は、一般のサラリーマンのように簡単に退職させてもらえません。転職を経験
した医師の先生方の大半が退職を切り出してから、何度も引き止められることになります。


最終日まで気がまったく抜くことができないので、精神的にも辛い日々を過ごさなければなり
ません。もっともそれだけ重要度の高い仕事を日々行っているという証拠なんですよね。





■退局を切り出すタイミングが重要


実際に退局を切り出すのは本当に勇気がいりますよね。一般の会社の場合は退職願の相談
は、直属の上司に行いますが、医局の場合は教授と直接面談しながら行います。


教授は超多忙な身にありながら、何とか時間を作って来期の医局人事を決めるため、医局員
と面談を行うわけですが、その際に退局を切り出すケースが多いように見受けられます。





■退局を切り出すのがとてつもなく大変


もっとも重要とされているのが来春に向けた教授との面談です。大学によって行われる時期
が微妙に異なりますが、実際に面談が行われるのは、11月から翌年の1月にかけてです。


この面談を通して教授は、医局員の今置かれている状況や希望などをヒアリングしたうえで、
来年の派遣先を決定します。この面談を逃してしまうと厳しいので大きな重圧となります。





■前向きな退局理由を用意する


当然のことながら教授は、医局員の皆様を来期も戦力として期待しているわけですから、
次の派遣先などを決めようとしている場で、退局を切り出すというのは大変ですよね。


教授の強いプレッシャーに飲み込まれないためにも、教授をやんわり理解してもらう方向へ
導くためにも、できるだけ前向きでもっともらしい理由が必要となります。



 カテゴリ
 タグ

なぜ医局を退局するのが難しいのか?




■一般企業におきかえると大変さが分かります


医局を退局しようにも、一般企業に勤務するサラリーマンの方が退職するようにはいきません。
サラリーマンの方の場合、普段接する機会が多い直属の上司に相談します。


そして部長などにつないでもらうわけですが、医局の場合はいきなり教授に退局の相談をする
ことになります。これは一般企業でいえば、社長にいきなり退職願をだすようなものです。





■退局を伝えるだけでも大きなストレス


社員数30人未満の零細規模にある会社であれば、毎日ようによう会っているので、直属の上司
もいないため、いきなり社長に退職について相談しても問題ないかもしれません。


しかし、社員数1万人以上の大企業の社長に退職について報告しなければならないと、なったら
どうでしょう?考えただけでとてつもないストレスを感じるのではないでしょうか?


電話で社長と話すアポイントを取るだけでも大変です。医局を退職するというのは、そういうこと
なんですよね。教授に退局の相談をしにいくと考えただけで胃が痛くなりますよね。





■他にもある退局が難しい理由


教授の権威はさすがに以前ほどは高くはありませんが、それでも教授の考えが絶対であることに
変わりありませんので、単に辞めますというだけですまされないのが現状なんです。


一方、医局からすれば医局員が多ければ多いほどいいわけですから、教授からすれば一人でも
退局されたら困るんです。なぜ医局の力がこれほどまで大きいか考えたことがありますか?


大都市圏では医科大が沢山ありますので、医局派遣も多種多様です。しかし、地方では医局から
派遣される医師がいなければ病院経営は瞬時に崩壊するところばかりなんです。





■悩む前にまず相談!

つまり、地方にいけばいくほど医局派遣の依存度が高いので、 医局の影響力が非常に大きくなり
ます。こうした理由からも簡単には退局できないわけです。しかし、退局できなければ困ります。


転職先がすでに決まっている場合はなおさらです。そうした場合に強い見方となってくれるのが、
医師転職サイトや人材紹介会社です。退局の相談にのるだけではありません。


その場に立ち会って退局までサポートしてくれます。精神的な負担が大幅に軽減されますので、
もし悩まれているのであれば、相談するだけでもする価値は十分にあります!



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます