■将来性のある診療科


泌尿器科は、高齢化社会が進むにつれて需要が拡大しています。高齢者の中には頻尿、
尿漏れなどの排尿に関するトラブルや前立腺肥大症などの問題を抱える方が多いです。


そして、若年層の間では「 クラミジア 」などの性感染症を患うケースが増えています
ので、実際に泌尿器科は高齢者だけでなく、幅広い層に求められています。


今後これらが劇的に減少する可能性が低いので、将来性のある診療科の一つです。





■泌尿器科医に求められるものとは?


泌尿器科医は、基本的に何からなにまで自分ひとりで行わなければなりません。


他の診療科と連携する機会が極端に少ないので、診断にはじまり「治療・手術」まで、
全てに携わることになりますので、職場では何よりも創意工夫が求められます。


例えば「前立腺肥大症」など下半身に関する問題を抱えている患者さんは、「自信」を
失ってしまい、高齢ということもあり、内にこもってしまうケースが多いです。


ですので、コミュニケーションを取りやすい環境を自ら作らなければなりません。





■透析管理の重要性について


泌尿器科医は大規模な総合病院から街中にあるクリニックまで幅広い需要があります。
そうした状況にありがなら泌尿器科と透析施設を併設しているケースが多いです。


このため泌尿器科医求人の多くが「透析管理」までを行える医師が求められます。


もし泌尿器科へ転科するのであれば、将来的なことを考えて「透析管理」に関する技術
を学びなが、しっかりら高めることができる医療機関がよいでしょう。



 カテゴリ