面接のタグ記事一覧


タグ:面接

面接のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■求人を中々紹介してくれない理由医師転職サイトにかぎらず、転職サイトの広告を見ていると、「求人情報」が非常に豊富で迅速に紹介できるようなことを高々とうたっているものが少なくありません。しかし、実際に無料会員登録したにもかかわらず、一向に求人を紹介してくれないところもあるます。これではどうやっても医師の皆様の転職を成功させることはできません。これはわざと無視している可能性も考えられますが、その求職者...

記事を読む

no-image

その他
■面接前に自分の目で実際に病院を確認する!医師の面接は、一般企業における面接とは装いが異なります。求人側が一方的に求職者に対して質問するといったことはありませんので、どちらかとえば面談に近いです。ですので、実際の面接では受身の姿勢ではダメです。謙虚な姿勢は勿論大事なのですが、あまりにも受け身すぎると頼りない印象を与えかねませんので注意してください。できれば面接を受けられる前に実際に病院に足を運んで...

記事を読む

no-image

その他
■医師の転職活動において最大の難関は?転職活動をすること自体、初めての方も多いかと思います。そうなると、過去に面接を経験されたことがほとんどないわけですから、面接に対して非常に大きなプレッシャーを感じてしまいます。当然そうなれば、緊張します。一般的に面接というと面接官による一方的な質問に対して、求職者が答えるといったイメージが強いのですが、最近では面接ではなく面談形式が多いです。こうすることで、求...

記事を読む

医師転職サイトは面接にまで同行してくれる




■求人を中々紹介してくれない理由


医師転職サイトにかぎらず、転職サイトの広告を見ていると、「求人情報」が非常に豊富で
迅速に紹介できるようなことを高々とうたっているものが少なくありません。


しかし、実際に無料会員登録したにもかかわらず、一向に求人を紹介してくれないところも
あるます。これではどうやっても医師の皆様の転職を成功させることはできません。


これはわざと無視している可能性も考えられますが、その求職者が示す条件があまりにも
厳しいと転職サイト側が判断したため、一向に連絡が入らない事態に陥るわけです。





■気になる求人情報を調べてくれる


求人情報に関するリサーチを、全て医師転職サイト側に任せてしまうのは危険すぎます。
医師転職市場がどのようなものか全く分からない状態で転職活動を進めるようなものです。


しかし、ある程度自分で求人情報を調べてみて、ひっかかるような求人があれば、キャリア
コンサルタントに遠慮せずに求人先に問い合わせてもらってみてください。


頼みにくいかもしれませんが、普通であれば嫌な顔せずに直ぐに調べてれます。しかし、
場合によっては、コンサルタント自ら電話で断ってくるケースがあるかもしれません。
そうした医師転職サイトを利用するのは見送ったほうがよいでしょう。





■面接にまで転職サイトの社員が同行してくれます!


ユニークなサービスとして、キャリアコンサルタントが医師の皆様の面接に同行することも
できます。意外に思われるかもしれませんが、こうしたことは特別珍しいことではありません。


傾向としては面接に医師転職サイトの社員が同行するケースが増えています。こうすること
によって、有利に面接を進められます、が自分で応募した場合は、こうはいきません。


医師転職サイト側が広範囲に渡ってカバーしてくれるの、面接の後に行われる小難しい条件
交渉も気軽に行ってくれますので、非常にやりやすいと、実感して頂けると思います。


ちなみ転職サイトの人間が面接にまで同行してくれるサービスを提供してくれるのは、恐らく
医療系の転職サイトだけだと思います。一般の転職サイトよりも遥かに条件が良いです。



 カテゴリ

面接を受ける前にやるべきこととは?




■面接前に自分の目で実際に病院を確認する!


医師の面接は、一般企業における面接とは装いが異なります。求人側が一方的に求職者
に対して質問するといったことはありませんので、どちらかとえば面談に近いです。


ですので、実際の面接では受身の姿勢ではダメです。謙虚な姿勢は勿論大事なのですが、
あまりにも受け身すぎると頼りない印象を与えかねませんので注意してください。


できれば面接を受けられる前に実際に病院に足を運んで自分の目で以下の点を確かめる
のが理想です。これだけで当日の面接は比較的リラックスして受ける事ができます。



(1)受付の対応について

(2)患者さんの数について

(3)医師の年齢層について

(4)看護師やスタッフの勤務態度について

(5)設備や環境について





■病院内の雰囲気を肌で感じてください!


病院経営がより厳しい環境におかれている昨今では、病院で患者さんに対するサービスが
大幅に見直され、独自のサービスを打ち出すところも少しずつ出始めています。


また従来の封建的な職場環境を改善し、職場のスタッフが働きやすい環境を目指す動きも
見られはじめています。今後病院のサービスや職場環境が二極化する可能性が高いです。


スタッフの活気に満ちているところと、雰囲気が暗く、なんとなくスタッフ全員に元気がないと
感じられるところと極端に別れる可能性があります。あなたはどちらで働きたいですか?


この点をしっかり意識してチェックしないと、嫌な雰囲気の職場に飲み込まれてしまいます。





■面談中にもチェックすべきこととは?


入職したら最低3年~長ければ医師として生涯をかけて働く病院であれば、条件交渉だけを
行うだけではだめです。徹底的に自問してください。「本当にここで働けるのか?」と。


面談で求人担当者とのやり取りの中で、目を光らせながらチェックしてください。例えば職場
の雰囲気があまり良くないと感じたら、その中で働く価値は本当にあるのか自問しましょう。


提示された条件が良かったからと安易に入職を決めてしまい、院長や職場のスタッフとソリが
合わず、数ヵ月後にはまた転職活動することになってしまっては、もったいないです。



 カテゴリ
 タグ

医師の面接の特徴と注意点について




■医師の転職活動において最大の難関は?


転職活動をすること自体、初めての方も多いかと思います。そうなると、過去に面接を経験された
ことがほとんどないわけですから、面接に対して非常に大きなプレッシャーを感じてしまいます。


当然そうなれば、緊張します。一般的に面接というと面接官による一方的な質問に対して、求職者
が答えるといったイメージが強いのですが、最近では面接ではなく面談形式が多いです。


こうすることで、求職者と求人側が互いに壁を作ることなく、ある程度自由な雰囲気の中で会話
が出来ますので、より本音で話し合うことができます。双方にとって大きなメリットです。





■医療機関の面接の特徴とは?


一方、医師の転職現場でも面接というより面談に近い形で話し合いが行われます。医療業界では
決して珍しいことではなく、専門分野を深い部分で理解しているか探るには有効なんです。


もちろん医師不足の状態が長年に渡って続いていることも大きな理由の一つでしょう。なぜなら
求人側が一般企業のように求職者に対し、優位に立ちながら一方的に質問することができません。


ですので医師の転職は「面接」というよりは「面談」です。求職者と求人側とが自分の紹介や
PRを行うので、面接ではなく、どちらかというとお見合いに似たシステムとなっています。





■悪い印象を与えないことが大事!


面接・面談での立ち振舞方や注意点なとについてですが、第一印象が非常に大切なので、やはり、
一番大切なのは、誠意を持って話すことだと思います。そうすれば嫌な印象を与えずにすみます。


何でもないようなことに思えるかもしれませんが、初対面で良い印象を与えるのは本当に難しい
ことなんです。それよりも悪い印象を与えないことの方が簡単なので、それが絶対条件です。


このため事前に相手に嫌な印象を持たれないような話し方や話す内容を選ばなければなりません。
こうした対策も自分一人で行うとなると、「ああしよう、こうしよう、あれはそれ」といった具合
に色々考えてしまうので、迷わず医師転職サイトを利用されることをオススメします。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます