麻酔科医のタグ記事一覧


タグ:麻酔科医

麻酔科医のタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■今後容赦ない規制緩和が進む?医師不足は解消されますかと問われても、「 国にその意思が無いから無理です! 」としか答えられません。役人の方々は医療の現実を見ようとしていません。今後は、政治家を動かして規制緩和を徹底的に進め、外資を含めた民間が新規で参入しやすい環境になっていくのではないかと思っています。そうなれば既得権益の代表である医局を潰す動きが加速することでしょう。その代わりに派遣業がこれまで以...

記事を読む

no-image

その他
■麻酔科医が活躍できる場は沢山あります!麻酔科医の活躍する場は幅広く、「 ペインクリニック 」をはじめ「 集中治療室 」、「 救命センター 」といった様々な分野があり、無くてはならない存在です。しかし、麻酔医を目指す若手医師は、それほど多くありません。仕事は地味ですし、世間では麻酔科医に対する認識がそれほど広がっていません。残念ながら麻酔科医の存在を知らない人も多いのが現状です。そして、激務であるにもか...

記事を読む

no-image

その他
■高いコミュニケーション能力が求められる!麻酔医は、手術前日に患者さんと直接対面して、麻酔のメリットやリスクについて説明したうえで、麻酔を使用することに対する同意を得なければなりません。ですので、ある程度高いコミュニケーション能力が求められます。そして手術当日は、朝から麻酔の準備をし、手術が無事終わるまで、患者さんの安全をしっかり守ります。麻酔をすると患者さんが手術中に痛みを感じることはありません...

記事を読む

医療を崩壊させた厚労省の愚策について




■今後容赦ない規制緩和が進む?


医師不足は解消されますかと問われても、「 国にその意思が無いから無理です! 」
としか答えられません。役人の方々は医療の現実を見ようとしていません。


今後は、政治家を動かして規制緩和を徹底的に進め、外資を含めた民間が新規で参入
しやすい環境になっていくのではないかと思っています。


そうなれば既得権益の代表である医局を潰す動きが加速することでしょう。


その代わりに派遣業がこれまで以上に台頭してくるのではないでしょうか?


そうすれば、医師の先生方をはじめとした医療に携わる人達の賃金を抑えられます。


確かに医師不足は劇的に解消されるかもしれませんが、医療費高騰は免れません。


そのしわよせは医療の質の低下という形で全て国民が負うことになります。





■日本の医療は現場を知らなさ過ぎる人達に壊される


以下は以前厚労省から発表された「麻酔科医不足」を解消するための政策です。


医療に従事する人達の仕事について、低く見ているとしか思えません。


(1)一定の研修を受けた歯科医が医科手術の麻酔を行えるようにする

(2)認定資格を付与された麻酔専門看護師が麻酔を行えるようにする



歯科医は規制を緩和しすぎたことにより、開業医があふれています。歯科医の先生方
も解剖学・生理学などは当然勉強されているので素養は確かに高いと思います。


しかしながら看護師にいたっては人材不足が続いていますので、歯科医の先生の副業
と専門看護師が増えたところで、医師不足を解消できる要因にはなりえません。


麻酔をかけるというのは、手術中に患者さんの全身管理を行うことです。


安心・安全が当たり前を実現するのがどれほど大変なことか理解できないようです。


その責任は全て麻酔科医の先生が負うことになります。一方手術が無事成功すれば、
担当の先生が評価されるだけなので、非常に「不平等感」が強いです。






■医療の質を保つためには?


看護師に関しても全ての責任を負わせるのは非常に酷な話です。


認定資格を取得すれば年収ベースで100万円以上アップするならまだしも、そうで
なければ、恐らく厚労省側が期待しているほど「なり手」が増えないと思います。


日本の医療の質を落とさないようにするには、医療費を増やす以外の道はありません。


それ以外のことを強引にやろうとしても、現場が混乱するだけです。



 カテゴリ

麻酔科医が活躍できる場は確実に増えている?




■麻酔科医が活躍できる場は沢山あります!


麻酔科医の活躍する場は幅広く、「 ペインクリニック 」をはじめ「 集中治療室 」、
「 救命センター 」といった様々な分野があり、無くてはならない存在です。


しかし、麻酔医を目指す若手医師は、それほど多くありません。


仕事は地味ですし、世間では麻酔科医に対する認識がそれほど広がっていません。
残念ながら麻酔科医の存在を知らない人も多いのが現状です。


そして、激務であるにもかかわらず、給料水準は他の診療科に勤務する医師よりも低い
ので、なおさらのこと麻酔科医を目指す若手医師が少ないです。





■縁の下の力持ち!地味だけどやりがいのある仕事!?


しかし、手術というのは麻酔がなければ絶対にできません。


長時間にわたって、あれほどまでの激痛に耐える人間はまずいません。


麻酔によってそれが可能となっているわけです。


また人によっては他人の血が入ることを様々な理由で拒否するケースもあり、そうした
場合も輸血せずに手術をコントロールするのは外科医ではなく麻酔科医です。


そうした中で全く痛みを感じること無く、手術を無事終えることができたことを心から
感謝してくれる患者さんが意外にも多く、こうした喜びが大きなやりがいとなります。


まさに麻酔科医縁の下の力持ちです。絶対的に無くてはならない存在です。





■麻酔科専門医の取得がより困難に...


これから転科されるのであれば、当然「麻酔科専門医」の取得までを視野に入れている
と思います。しかし、現状では研修施設の認定を受けている医療機関が少ないです。


このため希望する医療機関へ転職するのは簡単ではありません。


しかしながら、症例数の多さや指導医の質の高さ、麻酔機器など関連機器や施設も非常
に充実していますので、医師としての生涯をかけて取り組む価値は十分あります。


専門医試験受験資格が4年間の専門医研修プログラム修了となり、しっかりと将来的な
キャリアプランを構築した上で取り組まないと確実に途中で挫折することになります。



 カテゴリ
 タグ

麻酔科医の待遇は良くない?割に合わない理由とは?




■高いコミュニケーション能力が求められる!


麻酔医は、手術前日に患者さんと直接対面して、麻酔のメリットやリスクについて説明
したうえで、麻酔を使用することに対する同意を得なければなりません。


ですので、ある程度高いコミュニケーション能力が求められます。そして手術当日は、
朝から麻酔の準備をし、手術が無事終わるまで、患者さんの安全をしっかり守ります。


麻酔をすると患者さんが手術中に痛みを感じることはありません。


しかし実際には非常に大きなダメージが肉体にかけられていますので、麻酔科医は麻酔
をかければ終わりというわけにはいきません。手術中は過度の緊張状態が続きます。





■麻酔科医の仕事は麻酔をすれば終わりではない


全身麻酔された患者さんは、当然のことながら痛みや苦しみを直接自分で訴えることが
できませんので、患者さんの容態を様々なモニターで確認しながらチェックします。


そして薬剤投与や輸血を増やすなど、その時々に応じて適切な対応を行わなければなり
ません。秒単位で容態が微妙に変わるので、常に迅速な判断が求められます。


一度手術室に入れば、それぞれの立場にこだわってはいられません。


手術を成功させるために、外科医とも協力し合いながら困難を乗り越えていきます。





■麻酔科医の待遇はよくない?


麻酔医は、常に緊張状態の中にいるといっても過言ではありません。それくらい大変な
仕事なわけですが、残念ながら麻酔医の待遇はそれほど良くありません。


手術を行うにあたって、様々なリスクがあります。その中で成功させるのは容易なこと
ではありません。しかし手術が無事成功したとしても評価されるのは外科医のみです。


また、何か問題が生じると麻酔科医が矢面に立たされることが多いです。


しかも手術に関するスケジュールは外科医の都合を優先して組まれるので、麻酔科医は、
それに合わせるのが非常に大変です。理不尽なまでに割に合いません。



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます