2014年02月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年02月

2014年02月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■転職はコンサルタントで決まる?今回は医師転職サイトの選び方について解説させていただきます。今現在医師転職サイトは、大中小全て含めると100社程度あり、会社の規模に関係なくサービスに質の差は大きいです。看護師などの他の医療系転職サイトと異なり、利用者による評判や口コミ情報なども少ないので、実際に良い会社なのか、悪い会社なのかを判断するポイントが分かりません。医師転職サイトを利用するにあたり、最も大...

記事を読む

no-image

その他
■医師転職サイトは儲かってるの?医師転職サイトの利用を検討されている医師の方の中には、「なんで全部無料なんだろう?」と、疑問に思われている方も多いかと思います。簡単に仕組みについて解説させてください。医師転職サイトは無料化員登録からはじまり、転職完了までに利用されるすべてのサービスが無料となっており、医師転職サイト側にとってのお客様は求職者と求人側の二つです。しかし、医師転職サイト側は求職者からは...

記事を読む

no-image

その他
■依然として医師転職サイトの認知度は低い?医師の皆様の中には医師に特化した転職支援サービスを提供してくれる医師転職サイトどころか、「人材紹介会社」の存在すら知らない方も多く、これらのサービスの認知度は依然として低いです。すでに転職を経験された医師の方であれば、医師転職サイトの存在をご存知の方も多いですが、基本的にどこの会社のサービスも同じだと考えている向きが非常に強いです。確かに看護師など他の医療...

記事を読む

no-image

その他
■面接前に自分の目で実際に病院を確認する!医師の面接は、一般企業における面接とは装いが異なります。求人側が一方的に求職者に対して質問するといったことはありませんので、どちらかとえば面談に近いです。ですので、実際の面接では受身の姿勢ではダメです。謙虚な姿勢は勿論大事なのですが、あまりにも受け身すぎると頼りない印象を与えかねませんので注意してください。できれば面接を受けられる前に実際に病院に足を運んで...

記事を読む

no-image

その他
■医師の転職活動において最大の難関は?転職活動をすること自体、初めての方も多いかと思います。そうなると、過去に面接を経験されたことがほとんどないわけですから、面接に対して非常に大きなプレッシャーを感じてしまいます。当然そうなれば、緊張します。一般的に面接というと面接官による一方的な質問に対して、求職者が答えるといったイメージが強いのですが、最近では面接ではなく面談形式が多いです。こうすることで、求...

記事を読む

no-image

その他
■医療機関側は一方的に決めつけます転職するにあたり、医療機関側が応募者のキャリアをどのように評価するか、考えてみたことがありますでしょうか?。こうしたことは客観的に自分のキャリアを振り返る意味でも重要です。医療機関側は計画的に自身のキャリアをステップアップさせるための転職は、理解を示しますが、給与などの条件につられて転職を繰り返すというのは当然の事ながら評価されません。特に1年単位で転職するといっ...

記事を読む

no-image

その他
■安易に考えすぎると転職は失敗する転職に失敗する医師の方の多くが転職を「安易」に考えすぎている点が要因としてあげられます。「なぜ転職しなければならないのか?」、転職する目的・目標が明確になっていません。まずありがちなのが、情報らしい情報がない段階で求人先に対してまるで理想の職場であるかのような妄想に近い期待をかけてしまいます。これでは上手くいく可能性は極めて低いです。仮に転職が上手くいったとしても...

記事を読む

no-image

その他
■中途採用に求められるものとは?一般企業では、大学卒の新人を採用するのを「新卒採用」、社会人3年目以降の人間を採用することを「中途採用」と定義されています。医師の皆様には馴染みがありませんよね。求人側からすれば医師免許を取得し、勤務されている段階で「中途採用」となり、「新卒採用」とは意味合いが異なります。まず新卒採用の場合は、求職者の将来性を期待して採用します。一方、「中途採用」は即戦力として採用...

記事を読む

no-image

その他
■転職活動をする前にすべきこと医師の皆様が転職活動するにあたって、まず最初にやるべきことは、これまでご自身が積み上げてきた経験やスキルを踏まえた上で、医師の求人および転職市場をしっかり把握することです。基本的に求人・転職市場は、売り手と買い手のバランスで成り立っています。これに関しては医師の求人・転職市場であっても全く同じです。そして、各地域によって状況は著しく異なります。仮にどんなに素晴しい技術...

記事を読む

医師転職サイトを選ぶポイントについて




■転職はコンサルタントで決まる?


今回は医師転職サイトの選び方について解説させていただきます。今現在医師転職サイトは、
大中小全て含めると100社程度あり、会社の規模に関係なくサービスに質の差は大きいです。


看護師などの他の医療系転職サイトと異なり、利用者による評判や口コミ情報なども少ない
ので、実際に良い会社なのか、悪い会社なのかを判断するポイントが分かりません。


医師転職サイトを利用するにあたり、最も大切なのは担当するコンサルタントの人間性です。
どれだけ親身になって対応してくれるかで、転職が決まると言っても過言ではありません。





■何社くらいに登録すべきか?


求人先との面倒な交渉ごとを嫌な顔一つせずに親身になってサポートしてくれれば、誰でも
ありがたいと思いますよね。反対に適当な対応をされたら当然怒ると思います。


医師転職サイトは、医師の皆様の転職をサポートするのが仕事なわけですから、求人情報
も大切ですが、その情報を活かすも殺すも担当するコンサルタントの熱意にかかってます。


登録したわいいけれど、何の連絡もよこしてこない、こんなのは論外ですよね。ですので、
医師転職サイトの登録は、必ず2~3社しておいたほうが比較する意味でも良いです。




■決め手となるポイントは?

できるだけよい求人情報を入手したいと思って、10社以上登録する方がいますが、オススメ
できません。そこまで網を広げてしまうと未公開求人がかぶっている場合も多いです。


何より各社のコンサルタントから頻繁に連絡がかかってきますので、絶対に混乱してしまい
ます。連絡がいっぺんに重なってしまうと仕事どころではなくなってしまいます。


医師転職サイトを選ぶ上での重要なみつのポイントは以下のとおりです。


■問合せに対して対応がスピーディー

■コンサルタントの提案が具体的である

■コンサルタントに仕事に対する熱意がある



 カテゴリ

医師転職サイトの報酬の仕組みについて




■医師転職サイトは儲かってるの?


医師転職サイトの利用を検討されている医師の方の中には、「なんで全部無料なんだろう?」
と、疑問に思われている方も多いかと思います。簡単に仕組みについて解説させてください。


医師転職サイトは無料化員登録からはじまり、転職完了までに利用されるすべてのサービス
が無料となっており、医師転職サイト側にとってのお客様は求職者と求人側の二つです。


しかし、医師転職サイト側は求職者からは一切お金をいただきません。求職者の転職が無事
完了し、勤務開始から一定の期間をすぎると求人側から報酬という形で利益が発生します。





■医師転職サイトの報酬はいくら?


気になる手数料についてですが、医師の皆様が働いて稼ぎ出す予定の年収の一定の割合を
いただくというシステムになっていますが、一定期間勤務していただかなければなりません。


例えば年収1000万円で転職が成立したと仮定します。半年以上勤務して年収の50%前後
が報酬として支払われます。このケースでいくと500万円が医師転職サイトの報酬です。


ですので、いい加減な仕事をしたら求職者はすぐに転職してしまうので、 報酬を手にするため
に医師転職サイトは、出来るだけ求職者に長く働いてもらうためにマッチングに必死です。





■人材紹介は過酷な仕事?


人材を紹介するだけで、高額報酬を受け取れることに関して、多くの方が誤解されています。
実際に報酬を得るには、医師の皆様とお会いしてマッチングできるのが、3ヶ月~6ヶ月です。


それから実際に勤務がスタートして半年続きます。これは順調に行った場合で、人によって
は、1年以上経ってやっと転職が決まるケースもあります。それほどマッチングは困難です。


2000年以降派遣法が緩和されたことによって、人材の流動性が高まることとなり、人材難を
加速させることとなりました。残念ながらこの流れは現時点では止めることが出来ません。


医療業界に限らず、スピーディに転職するなら転職サイトの利用は不可欠です。



 カテゴリ

医師転職サイトの実態について




■依然として医師転職サイトの認知度は低い?


医師の皆様の中には医師に特化した転職支援サービスを提供してくれる医師転職サイトどころか、
「人材紹介会社」の存在すら知らない方も多く、これらのサービスの認知度は依然として低いです。


すでに転職を経験された医師の方であれば、医師転職サイトの存在をご存知の方も多いですが、
基本的にどこの会社のサービスも同じだと考えている向きが非常に強いです。


確かに看護師など他の医療系転職サイトと異なり、医師転職サイトは圧倒的に数が少ないうえに、
大手と呼べる会社も少ないので、これほどまでに認知度が低いのも無理ありません。





■医師転職サイトの実情


医師の皆様は当然のことながら医師免許を保持しているわけですから、、転職支援サービスを利用
するにあたり、当然のことながら医療系に特化した会社になります。その方が有利に進められます。


医師は医療業界の中でも、医師専門の紹介会社がほとんどとなっています。リクルートなどの大手
の求人サービスを提供する会社も参入してはいますが、その大半は小規模経営の会社です。


医師を含めた医療系の転職支援サービスを提供する会社はせいぜい100社程度です。一般の転職
サイトと異なり、マーケットの規模がさほど大きくないので、大手といえども規模は小さいです。





■医師転職サイトは大手を利用すべきか?


基本的に会社の規模が大きければ大きいほど情報量は多いので、当然のことながら選択肢も広がり、
求職者からすれば小規模の会社よりも利用価値は断然高いです。事実利用者の数が凄いです。


では、小規模経営の医師転職サイトがダメかといえば全くそんなことはありません。社員一丸となって、
求職者目線の手厚いサービスを提供しているところも実際に数多く(特に地方)あります。


反対に大手といえども利用者の数が多すぎて手落ちになっているケースもあります。いくら大手といえ
ども、対応できる人材の数には限りがありますので、サービスの質を維持するのは大変なんです。



 カテゴリ

面接を受ける前にやるべきこととは?




■面接前に自分の目で実際に病院を確認する!


医師の面接は、一般企業における面接とは装いが異なります。求人側が一方的に求職者
に対して質問するといったことはありませんので、どちらかとえば面談に近いです。


ですので、実際の面接では受身の姿勢ではダメです。謙虚な姿勢は勿論大事なのですが、
あまりにも受け身すぎると頼りない印象を与えかねませんので注意してください。


できれば面接を受けられる前に実際に病院に足を運んで自分の目で以下の点を確かめる
のが理想です。これだけで当日の面接は比較的リラックスして受ける事ができます。



(1)受付の対応について

(2)患者さんの数について

(3)医師の年齢層について

(4)看護師やスタッフの勤務態度について

(5)設備や環境について





■病院内の雰囲気を肌で感じてください!


病院経営がより厳しい環境におかれている昨今では、病院で患者さんに対するサービスが
大幅に見直され、独自のサービスを打ち出すところも少しずつ出始めています。


また従来の封建的な職場環境を改善し、職場のスタッフが働きやすい環境を目指す動きも
見られはじめています。今後病院のサービスや職場環境が二極化する可能性が高いです。


スタッフの活気に満ちているところと、雰囲気が暗く、なんとなくスタッフ全員に元気がないと
感じられるところと極端に別れる可能性があります。あなたはどちらで働きたいですか?


この点をしっかり意識してチェックしないと、嫌な雰囲気の職場に飲み込まれてしまいます。





■面談中にもチェックすべきこととは?


入職したら最低3年~長ければ医師として生涯をかけて働く病院であれば、条件交渉だけを
行うだけではだめです。徹底的に自問してください。「本当にここで働けるのか?」と。


面談で求人担当者とのやり取りの中で、目を光らせながらチェックしてください。例えば職場
の雰囲気があまり良くないと感じたら、その中で働く価値は本当にあるのか自問しましょう。


提示された条件が良かったからと安易に入職を決めてしまい、院長や職場のスタッフとソリが
合わず、数ヵ月後にはまた転職活動することになってしまっては、もったいないです。



 カテゴリ
 タグ

医師の面接の特徴と注意点について




■医師の転職活動において最大の難関は?


転職活動をすること自体、初めての方も多いかと思います。そうなると、過去に面接を経験された
ことがほとんどないわけですから、面接に対して非常に大きなプレッシャーを感じてしまいます。


当然そうなれば、緊張します。一般的に面接というと面接官による一方的な質問に対して、求職者
が答えるといったイメージが強いのですが、最近では面接ではなく面談形式が多いです。


こうすることで、求職者と求人側が互いに壁を作ることなく、ある程度自由な雰囲気の中で会話
が出来ますので、より本音で話し合うことができます。双方にとって大きなメリットです。





■医療機関の面接の特徴とは?


一方、医師の転職現場でも面接というより面談に近い形で話し合いが行われます。医療業界では
決して珍しいことではなく、専門分野を深い部分で理解しているか探るには有効なんです。


もちろん医師不足の状態が長年に渡って続いていることも大きな理由の一つでしょう。なぜなら
求人側が一般企業のように求職者に対し、優位に立ちながら一方的に質問することができません。


ですので医師の転職は「面接」というよりは「面談」です。求職者と求人側とが自分の紹介や
PRを行うので、面接ではなく、どちらかというとお見合いに似たシステムとなっています。





■悪い印象を与えないことが大事!


面接・面談での立ち振舞方や注意点なとについてですが、第一印象が非常に大切なので、やはり、
一番大切なのは、誠意を持って話すことだと思います。そうすれば嫌な印象を与えずにすみます。


何でもないようなことに思えるかもしれませんが、初対面で良い印象を与えるのは本当に難しい
ことなんです。それよりも悪い印象を与えないことの方が簡単なので、それが絶対条件です。


このため事前に相手に嫌な印象を持たれないような話し方や話す内容を選ばなければなりません。
こうした対策も自分一人で行うとなると、「ああしよう、こうしよう、あれはそれ」といった具合
に色々考えてしまうので、迷わず医師転職サイトを利用されることをオススメします。



 カテゴリ
 タグ

医療機関側が医師に最も求めることとは?




■医療機関側は一方的に決めつけます


転職するにあたり、医療機関側が応募者のキャリアをどのように評価するか、考えてみたことが
ありますでしょうか?。こうしたことは客観的に自分のキャリアを振り返る意味でも重要です。


医療機関側は計画的に自身のキャリアをステップアップさせるための転職は、理解を示しますが、
給与などの条件につられて転職を繰り返すというのは当然の事ながら評価されません。


特に1年単位で転職するといった短期での転職は求人先からは「人間関係が作れない」と一方的
に決めつけられてしまいますので、転職した医療機関では最低3年は我慢してください。





■なぜ人間性が大切なのか


これは医療機関に限ったことではないのですが、どの業界においても採用する上で大きな決め手
となるのが「人間性」です。これには色々な意味が含まれていますが、非常に大切なんです。


どんなに高い技術を持っていたとしても、人間性に問題があり、職場の医療スタッフだけでなく、
患者さんとも頻繁にモメるような医師の先生には、どこの病院もいてもらいたくないわけです。


それよりも一般的な社会常識をしっかり理解し、独りよがりでなく、しっかり他の医療スタッフ
の方たちや患者さんとも信頼関係を築ける方が求められてます。将来的に変わらないでしょう。





■医師の評価が全体の評価?


昔と違い医師の権威は残念ながら年々低下しています。大都市圏を中心に病院が増えたこともあり、
患者さんにとって、病院や医師が絶対的な存在ではありません。20年前では考えられません。


逆に医師や病院が患者さんから選ばれる時代になりました。このため、一人の医師の「人間性」が
その病院の評価になるので、より責任が思くなりました。コンプライアンスも厳格化してます。


民間病院ではそうした傾向が特に強いです。ヘタをすれば経営にも直結する問題なので、ある意味
仕方がないことなのですが、もしこれから民間病院へ転職することを検討されているのであれば、
こうしたことを踏まえた上で積極的に転職活動されることをオススメします。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

安易に期待し過ぎると転職に失敗する




■安易に考えすぎると転職は失敗する


転職に失敗する医師の方の多くが転職を「安易」に考えすぎている点が要因としてあげられます。
「なぜ転職しなければならないのか?」、転職する目的・目標が明確になっていません。


まずありがちなのが、情報らしい情報がない段階で求人先に対してまるで理想の職場であるかの
ような妄想に近い期待をかけてしまいます。これでは上手くいく可能性は極めて低いです。


仮に転職が上手くいったとしても、実際に勤務するようになれば、すぐに失望します。冷静に
考えれば当たり前のことなのですが、こうしたケースが少なくないのが現状です。





■転職する目標・目的を明確にする


入職してから「こんなはずではなかった」とならないために、面談など条件交渉の場でしっかり
話し合うことで回避できますが、交渉相手は、過去に沢山の人と交渉を重ねた交渉のプロです。


そんな相手に自分に有利に交渉を進める自身がありますか?。そもそも条件交渉で有利に進めら
れるのであれば、職場でも有利な立場に入れるでしょうから、そもそも転職を考えません。


仮に想定ていたように理想の職場であったとしても、入職してから半年後、1年後に同じ職場の
先生達が大量に退職するなど、たった一夜にして状況が変わってしまう可能性だってあります。





■安易に求人先に期待しない


こういった言い方は大変失礼ですが、医局に属しながら低賃金で勤務されている方の中には、医局
よりも市中病院の方が条件も扱いも格段によい状況にあると期待して転職活動を進めます。


病院は慈善事業団体ではないので、経営にはにシビアなので、先生方にも質の高いパフォーマンス
を求めます。賃金の面で多少良くなっても労働条件は以前にも増して過酷なケースもあるんです。


転職して、取り返しのつかない後悔をしないためにも、以下の点を明確にしてください。


(1)なぜ転職したいのか?


(2)転職するにあたり最も重視しているものは?

A.給与

B.勤務エリア

C.職場の雰囲気


人間関係に悩む医師の方が実際に多いので、職場の雰囲気を最重要とする医師の方が多いです。


しかし、転職・目的が明確になっていない場合、ぶれやすいので気がついたら給与の高さに目が
向き、転職してみたら失敗だったというケースも多いので、注意しなければなりません。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

求人側のニーズと本音を知る




■中途採用に求められるものとは?


一般企業では、大学卒の新人を採用するのを「新卒採用」、社会人3年目以降の人間を採用する
ことを「中途採用」と定義されています。医師の皆様には馴染みがありませんよね。


求人側からすれば医師免許を取得し、勤務されている段階で「中途採用」となり、「新卒採用」
とは意味合いが異なります。まず新卒採用の場合は、求職者の将来性を期待して採用します。


一方、「中途採用」は即戦力として採用するので、「新卒採用」に関しては多少なりとも数合わ
せの部分がありますが、中途採用の場合は求人側の条件を満たした人しか採用されません。





■求人側の採用ポイントについて


一般企業でも人材の流動性が活発化していますので、転職は35歳までが限度という定説は壊れ
つつあります。医師の転職は一般企業に務めるサラリーマンより恵まれてます。


大都市圏の中心地にある病院では、地方にある病院よりも医師を見る目は当然厳しくなります。
中途採用における求人側の中途採用するポイントは以下のとおりとなります。



(1) 病院側が求める医師の職務能力と一致している

(2)どのような 仕事であっても前向きに取り組める

(3) コミュニケーション能力(患者さん、職場の人間)の高さ





■ニーズを理解して適切な戦略をたてる!


初めて転職される方の多くが面接に対して非常に恐怖感が強いです。大学卒業後に医局や研修先
の病院で受けたような面接とは大きく異なりますので、極度に緊張される方が少なくありません。


理想とする転職を実現するためにも「中途採用」の特徴を良く理解する必要があります。その
ポイントに対し、どのようにしてアピールするか、しっかり戦略を立てる必要があります。


そうしないといきあたりばったりとなり、時間ばかりが過ぎて行きます。そうならないためにも、
確かな情報と適切なサポートを提供してくれる「医師転職サイト」の存在が重要となります。




 カテゴリ
 タグ

医師の転職市場を必ず調べる




■転職活動をする前にすべきこと


医師の皆様が転職活動するにあたって、まず最初にやるべきことは、これまでご自身が積み上げ
てきた経験やスキルを踏まえた上で、医師の求人および転職市場をしっかり把握することです。


基本的に求人・転職市場は、売り手と買い手のバランスで成り立っています。これに関しては医師
の求人・転職市場であっても全く同じです。そして、各地域によって状況は著しく異なります。


仮にどんなに素晴しい技術と経験をもっていても、医師が十分足りている地域では需要が少ない
ので理想とする転職は難しいです。こうしたことを必ず事前に調べる必要があります。





■エリアによって条件が異なります


当然のことながら医師が多い地域では求人の数は少ないです。 仮に求人があっても給与などの
勤務条件が不足地域よりも低い傾向が強いです。とくに交通の便がいいところは顕著です。


皆様もご存知だと思いますが、希望の勤務エリアでの求人量や求人の種類は、かなり違います。
転職希望の方の希望勤務地としてあげられるのが、圧倒的に多数で「東京都」です。


東京は大都市圏の中でも圧倒的に医師が多い地域です。信じて頂けないかもしれませんが、もし
仮に地方から東京の病院に転職されると年収が下がってしまうことも十分ありえるんです。





■転職支援サービスを提供する会社に相談する


勿論経験と技術が高く評価されたり、 粘り強く交渉することができれば、 そういったことはないで
しょう。ですが、転職希望地域が「医師が多いか少ないか」を必ず把握する必要があります。


医師専門の転職支援サービスを提供する人材紹介会社や転職サイトでは皆様が希望するエリア
や求人内容についても、求人・転職市場について無料でお問い合わせすることが出来ます。


まだ転職の具体的なイメージが湧かない方であっても相談することで道が開けるかもしれません。
また、忙しくて時間がない方も無料会員登録をし、ご相談されることをオススメします。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます