2014年03月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年03月

2014年03月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■転職を決意した主な理由とは?医師の求人市場は完全な売りて市場ですが、だからといって簡単に転職できるわけではありません。しっかり考えてから転職活動を進めないと、後悔することになりますので、ご注意下さい。世間では医師は厚遇されているイメージが強いですが、実際にはそんなことはありません。多くの医師の先生方が転職を考える理由として多いのは、以下のとおりです。(1)あまりにも給料が安すぎる(2)仕事に対す...

記事を読む

no-image

その他
■病院側が求める医師とは?医療機関がどのような医師を採用したいと考えているか考えたことはございますでしょうか?そういったことを考える事自体が媚を売っているとし、嫌悪する医師の先生も少なくありません。病院は慈善事業ではないので、経営を安定化するためには、患者さんを集めなければなりません。そのためには沢山の患者さんを連れて来てくれる医師の先生がいいわけです。「集客に使われるのはごめんだ」と思われるかも...

記事を読む

no-image

その他
■医局をやめるタイミングについて医師の先生方が転職を決意する経緯は人それぞれ違いますが、ある日突然医局を辞めたくなるといったことはありません。それまで何度も辞めることを考えていたわけです。しかし、そのタイミングがわからずに先延ばししてきたというのが、医師の先生方の本音です。そうした中で医局を辞めるきっかけとなった理由として多いのが、以下の3つになります。(1)学位および資格を取得したから(2)後期...

記事を読む

no-image

その他
■求人情報の見方について今回は、転職先候補を探すために医師転職サイトを利用して自分の希望にあった求人情報を見つけるポイントについて誠に簡単ではございますが解説させていただきます。(1)職種について当然のことながら、常勤医師として勤務するのと非常勤医師として勤務するのでは、勤務条件がまったく異なります。非常勤医師として働く場合、条件がより細分化されています。見落としてしまいがちなのが勤務する時間帯で...

記事を読む

no-image

その他
■個人情報の取扱についてネットによって情報のやりとりに関する利便性は飛躍的に向上したわけですが、それゆえに悪用する輩が後をたちません。日本では、2005年から個人情報保護法が施行されました。それ以前と比べれば厳格化されてはいますが、いまだ十分とはいえません。しかし、企業や関係諸機関側は、こうした「個人情報」の取扱いについて、行政以上にシビアになってます。ちなみに医師転職サイトを利用するにあたり、無...

記事を読む

no-image

その他
■深刻な医師不足が原因?転職するしないに関係なく、医師の皆様は職業柄インターネット以外にも医療関係の雑誌などから、医師の求人情報を目にする機会が少なからずあるかと思います。すでにお気づきかもしれませんが、一年を通して毎回同じ求人広告を掲載している病院があります。なぜ毎回求人広告を掲載しているのか不思議に思ったことがありませんか?雑誌などの紙媒体に毎回同じ求人広告を掲載している理由として、深刻を通り...

記事を読む

no-image

その他
■それぞれのメリット・デメリットについて転職活動するにあたって、直接応募、間接応募のいずれかを選ぶことになります。直接応募は読んで字の如し、自力で転職活動を進めることで、自由きままに転職活動できます。一方の間接応募は、医師転職サイトや人材紹介会社を利用して転職活動することをさします。転職稼働する上でそれぞれ以下のとおりメリット・デメリットがあります。【 直接応募 】「メリット」(1)誰にも気がねする...

記事を読む

no-image

その他
■医師の求人市場は究極の売り手市場!医療現場における深刻な医師不足が依然として続いているため、医師の求人市場については、完全な売りて市場です。このため一般企業ではありえないくらい求人側が気を使ってくれます。例えば病院に見学や面談に出向けば、求人側は医師の先生に興味を持ってもらうために必死です。求人の中には食事会などを開いてくれたり、お酒の席を用意してくれるところもあります。特に医師不足が深刻な地方...

記事を読む

no-image

その他
■転職活動は3ヶ月くらいかけて行うのがベスト!転職することをを決意し、ご家族の了解を得られたらいよいよ「 転職活動 」に入るわけですが、ここで問題となるのが、どうやって計画的に「 転職活動 」を進めていくかです。こればっかりは何回も経験できることではないので、慣れることがありません。転職する度に悩まれます。あなも今いつ頃から転職活動を始めればよいかで、悩まれてませんか?もっとも理想的なのは3ヶ月程度時...

記事を読む

no-image

その他
■医師転職市場について医療現場の崩壊が叫ばれて久しいですが、一向に医師不足が改善される兆しがありません。このため依然として長期的な超売り手市場が続いています。まだ当分続きそうです。よほど高望みしない限り医師の就職先は確保することができますので、 こうした点に関しては一般企業に勤務するサラリーマンと比較すれば、相当恵まれているといえます。しかし、恵まれすぎているがゆえに想定外の事態に陥ることもしばしば...

記事を読む

転職が上手く行く理由と行かない理由




■転職を決意した主な理由とは?


医師の求人市場は完全な売りて市場ですが、だからといって簡単に転職できるわけではありま
せん。しっかり考えてから転職活動を進めないと、後悔することになりますので、ご注意下さい。


世間では医師は厚遇されているイメージが強いですが、実際にはそんなことはありません。多く
の医師の先生方が転職を考える理由として多いのは、以下のとおりです。


(1)あまりにも給料が安すぎる

(2)仕事に対する評価が低い

(3)やりたくない仕事ばかりをやらされる

(4)業務の効率化を異常なまでに押しつけられる

(5)職場の人間関係に悩まされ続けたため...





■転職する目的と目標を明確にする


職種や業種を問わずに転職を希望する人の多くが転職に対して過剰な期待を抱いてますが、
転職できたからといって、今現在抱えている不満が解消されるわけではありません。


むしろ転職したら、前以上にブラックな職場だったというケースも十分考えられます。そうなら
ないためにも、転職によって実現したい事項に優先順位をつけてみる事をお勧めします。


一見すると何でもないことのように思えるかもしれませんが、こういったことをやるだけで、
転職すべきか、または現職場にとどまるべきか具体的に分かります。





■転職が上手く行く理由と行かない理由


もしも病院側の評価が低いと感じているのであれば、より正当な評価と、それに見合った報酬
を望んで転職したいと思うのは当然です。医師として向上する余地が相当あると思います。


こうした理由であれば転職が成功する可能性が高いと思います。契約段階でご自身のスキル
や経験に見合った報酬に合わせて給与に関する金額を求人先に要求しましょう。


注意したいのは、(5)の人間関係が良くないことを理由に転職することです。転職しても新しい
職場の人間関係が良好である可能性は低いです。逆にもっと酷いかもしれません。


こうした場合、どう対処すべきか転職だけでなく、複数の道を考えるべきです。一人で考えても
良い答えを導き出すのはむずかしいので、医師転職サイトや人材紹介会社などを利用して、
相談されることをオススメします。それだけでも十分利用する価値があります。



 カテゴリ

病院が求める医師について




■病院側が求める医師とは?


医療機関がどのような医師を採用したいと考えているか考えたことはございますでしょうか?
そういったことを考える事自体が媚を売っているとし、嫌悪する医師の先生も少なくありません。


病院は慈善事業ではないので、経営を安定化するためには、患者さんを集めなければなりま
せん。そのためには沢山の患者さんを連れて来てくれる医師の先生がいいわけです。


「集客に使われるのはごめんだ」と思われるかもしれませんが、病院は外来、入院を問わずに
患者さんを集められなければ、売り上げた立ちません。売上が立たなければ即破綻です。





■なぜコミュニケーション能力が必要なのか?


病院だけに限ったことではないのですが、どの業界も2000年以降コンプライアンスの厳格化が
より進むこととなりました。皮肉なことに厳格化したことで訴訟問題が比例して増えています。


ここで問われるのが患者さんの身になって会話する能力、つまりコミュニケーション能力です。
コミュニケーション能力なしに、臨床経験や高い医学知識があっても意味がないのです。


患者さん目線の医療的ケアが求められている現代において、大先生はもはや不要な存在になり
つつあります。適切な診断を行うためにも、しっかりコミュニケーションが取ることが大切です。





■他のスタッフへのコミュニケーションも重要


病院には医師や看護師だけでなく、コメディカルや事務員など多くのスタッフが働いています。
小規模経営のクリニックであっても、最低5名以上のスタッフが勤務しています。


医療カーストにおいて医師の先生方は、トップにあるわけですが、先に述べた通り大先生が求め
られにくい時代においては、他のスタッフとのコミュニケーションも非常に重要です。


それだけで職場の雰囲気が良くなります。職場の雰囲気が良くなれば各スタッフによる患者さん
への医療サービスが格段と良くなることでしょう。そうなれば患者さんの病気も良くなります。


噂が噂をよんで、やがて沢山の患者さんが訪れるようになるので、病院経営もそれに従って良く
なります。それだけ医師の皆様の役割は大きなものなんです。



 カテゴリ
 タグ

医局を辞めるのは全然難しくない?




■医局をやめるタイミングについて


医師の先生方が転職を決意する経緯は人それぞれ違いますが、ある日突然医局を辞めたく
なるといったことはありません。それまで何度も辞めることを考えていたわけです。


しかし、そのタイミングがわからずに先延ばししてきたというのが、医師の先生方の本音です。
そうした中で医局を辞めるきっかけとなった理由として多いのが、以下の3つになります。


(1)学位および資格を取得したから

(2)後期研修を終えたから

(3)当直や時間外呼び出しがきつくなったから





■医局を辞めるのは難しくない?


それまで過酷な人間関係を生きてきたので、多くの先生方が医局を辞めるのは難しいと思い
がちですが、実際にやってみると意外に簡単に辞めることができるので拍子抜けします。


勿論いかなる正当な理由があっても、退局することを快く思わない人もいるので、医局を離れ
る前に嫌味の一つぐらいは言われるでしょうが、大半の人が円満に辞めることが出来てます。


医局の退局が難しいとされている理由は、こちらにて解説させていただいてます>>


確かにネット環境が今ほど整備されていなかった1990年台までは、医師転職サイトのような
存在がなかったので、医師の先生方が転職する場合は、人づてによる紹介が基本でした。





■なぜ多くの医師が医局の存在を恐れているのか?


2000年代前半までは、医局の力は今では想象できないほど絶大だったため、医局に逆らえば
医師として生きていけなかったのです。このため教授はその存在以上に神格化されたのです。


しかし2004年に臨床研修制度が施工されたことによって、医局の力も落ちていきます。今では
医師求人・転職サイトが100社以上ありますので、医師の労働市場も大きく変化します。


しかし、だからといって医局の力がなくなってしまったわけではありません。所属医局に関係なく、
自由に転職できるようになるまでは、残念ながら、もうしばらく時間がかかりそうです。



 カテゴリ
 タグ

求人情報で必ず確認すべき5つのポイント




■求人情報の見方について


今回は、転職先候補を探すために医師転職サイトを利用して自分の希望にあった求人情報
を見つけるポイントについて誠に簡単ではございますが解説させていただきます。




(1)職種について

当然のことながら、常勤医師として勤務するのと非常勤医師として勤務するのでは、勤務条件
がまったく異なります。非常勤医師として働く場合、条件がより細分化されています。


見落としてしまいがちなのが勤務する時間帯です。日勤か当直かを確認するのは勿論のこと、
定期もしくはスポットでの募集なのかを、しっかり確認する必要があります。




(2)求人先の情報について

紙媒体の求人誌に取って代わって、求人・転職サイトが一般化されたことで、文字情報の制限が
大幅に緩和されました。これによって求人側がよりアピールすることができるようになりました。


求人側のコメントをつけているものが多いです。医師転職サイトでもこうした傾向が広がっている
のですが、多くの医師の皆様が読み飛ばしてしまいます。これは非常にもったいないです。


病院のホームページの更新情報をみながらチェックすることによって、病院側の特徴を把握する
ことが出来ますので、こうしたなにげない情報も必ず確認されることをオススメします。




(3)関連施設での勤務の有無

病院の経営も多角化しています。老人ホームやデイサービスなどの老健施設を運営したり、外来
を切り離す恰好でクリニックを運営してるため、関連施設の勤務を依頼されることも多いです。


関連施設が多いところは、そうした可能性が高いので、求人情報にそうした関連施設が掲載されて
いるのであれば、関連施設での勤務の有無についてもしっかり確認してください。




(4)勤務地について

関連施設が多いところは、採用に関するやりとりを行っていた連絡先と実際の勤務地が異なる場合
がありますので、注意してください。連絡先が近くても実際の勤務地が遠いと話は違ってきます。


入職してから後悔しないためにも、先に確認するようにしてください。




(5)勤務先のアクセスについて

「 駅から徒歩5分 」と、求人情報に記載されていても、実際に歩いてみると10分以上かかる場合
が少なくありません。ですので、求人情報を鵜呑みにせず、あらかじめ考慮する必要があります。


また多少面倒でも病院を見学する際に自分の足で歩かれることをおすすめします。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ

個人情報のやりとりに関する問題点とは?




■個人情報の取扱について


ネットによって情報のやりとりに関する利便性は飛躍的に向上したわけですが、それゆえに
悪用する輩が後をたちません。日本では、2005年から個人情報保護法が施行されました。


それ以前と比べれば厳格化されてはいますが、いまだ十分とはいえません。しかし、企業や
関係諸機関側は、こうした「個人情報」の取扱いについて、行政以上にシビアになってます。


ちなみに医師転職サイトを利用するにあたり、無料会員登録を行わなければなりません。
医師の皆様は、登録するさいに自ら個人情報を医師転職サイトに提供しています。





■医師転職サイトに提供する個人情報


医師転職サイト側に提供する医師の皆様の「個人情報」は、以下のとおりです。

●名前
●住所および電話番号
●写真

これらの情報は個人を特定することができますので、医師転職サイト側も取り扱いには細心
の注意を払っています。一方、個人を特定出来ない情報として次のようなものがあります。

+-----+ +-----+ +-----+ +-----+ 

出身大学:私立大学医学部卒
医師経験:5年以上10年未満
性別:男
スキル:肝臓内科
勤務希望地:東京都
希望年収:1300万円以上
年齢:31歳

+-----+ +-----+ +-----+ +-----+ 


これだけですと個人を特定することは困難です。医師転職サイトの多くは、こういった個人を
特定できない簡素なプロフィールを求人担当者と打ち合わせ入念に行います。


そしてマッチングの可能性を探ることになるわけですが、求人側もいくら医師不足と言っても、
医師であれば誰でもいいというわけには行きませんので、求人先が求める理想の医師像を
理解した上で医師の皆様にお声をかけさせていただくことになります。





■個人情報流出に怯えなくて良い


医師の皆様が自分に有利に「医師転職サイト」を利用するには、やはりそれなりのことをやら
なければダメなんです。ただ単に無料会員登録すれば良いというわけにはいきません。


しっかり求人先の理想にかなった医師であることを自らアピールするには、まず以下の点に
ついて、ご家族にもしっかり相談して、将来的なことを具体的に検討してみてください。


●専門医の有無について

●得意な分野について

●将来の目標などについて

●仕事に対する理念について

●自分の性格について


こうした個人を特定できない情報を上手にまとめ、しっかり医師転職サイト側ににアピールする
ことができます。これなら個人情報が流出することになっても、何の心配もいりませんよね。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ

エントリーする前に魅力ある病院かしっかり調べるには?




■深刻な医師不足が原因?


転職するしないに関係なく、医師の皆様は職業柄インターネット以外にも医療関係の雑誌など
から、医師の求人情報を目にする機会が少なからずあるかと思います。


すでにお気づきかもしれませんが、一年を通して毎回同じ求人広告を掲載している病院があり
ます。なぜ毎回求人広告を掲載しているのか不思議に思ったことがありませんか?


雑誌などの紙媒体に毎回同じ求人広告を掲載している理由として、深刻を通り越して危機的な
医師不足があげられると思います。医療崩壊が叫ばれて久しいですが、もう後がありません。





■魅力ある病院であるか自ら判断する


2000年以前であれば、そうした病院は自力で医師を集めることができいないほど、病院として
の魅力がないと判断されていました。しかし、上述したとおり今現在はそうともいいきれません。


医局制度の崩壊によって、病院側も必死に医師を確保するために、実際の現場を魅力的ものと
するために、色々なことを取入れているので、病院としての魅力は確実に増しています。


しかし、求人情報を掲載している全ての病院がそうかといえば、当然そんなことはありません。
魅力ある病院かそうでないかを自分の勘を頼りに、自分で判断するしかありません。





■求人情報の中身について考える


一年中広告を掲載している病院を判断する上にあたって必ず以下の点について確認して下さい。


「医師の欠員したことによる募集なのか?」

「増床など病院の規模拡大による募集なのか?」

「慢性的な医師不足のための募集か?」



こうした理由について正直に答えてくれない可能性も十分考えられます。また聞きづらいでしょう。
ですが、こうした求人背景を知ることで毎回求人が掲載されている理由が明確にります。


もし、本当の理由を説明してくれないということは、単に病院としての魅力がないからと判断できる
ので、入職後に後悔しないためにも確認しましょう。自分で聞き出したり色々と調べるのは、本当
に骨がおれますから、そういった意味に置きましても医師転職サイトの果たす役割は大きいです。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ

直接応募と間接応募どちらが良いのか?




■それぞれのメリット・デメリットについて


転職活動するにあたって、直接応募、間接応募のいずれかを選ぶことになります。直接応募
は読んで字の如し、自力で転職活動を進めることで、自由きままに転職活動できます。


一方の間接応募は、医師転職サイトや人材紹介会社を利用して転職活動することをさします。
転職稼働する上でそれぞれ以下のとおりメリット・デメリットがあります。





【 直接応募 】

「メリット」

(1)誰にも気がねすることなく、自分が興味のある求人先のみを選ぶことができる

(2)会員登録など必要がないため、大切な個人情報を流さなくてもすむ

(3)馬鹿高い手数料を支払わなくてもいいので求人側に喜ばれる


「デメリット」

(1)働きながらでは入手できる情報が限られてしまう

(2)何からなにまで自分でやらなければならないので、思うように転職活動が進まない

(3)求人先に合わせて毎回応募書類を作成する必要があるため面倒くさい




【 間接応募 】

「メリット」

(1)情報収集など転職活動に関する全てのことを医師転職サイト側が代行してくれるので
  ムダがない、今いる職場で働きながらでも、無理なく転職活動することができる


(2)入職するにあたり、面倒な求人先との交渉なども医師転職サイトの社員が行ってくれ
  るので、精神的ストレスを抱え込まないですみ、入植後のトラブルを避けられる


(3)転職に関するあらゆる相談にのってくれるので、不安や迷いを最小限に抑えられる



「デメリット」

(1)複数の薬剤師転職サイトに登録すると複数の社員から連絡が入ることとなり、対応が
  面倒であるため、人によっては、一つの医師転職サイトに絞り込む方も多い。


(2)登録してはみたものの、その後何も連絡ないことや、魅力ある求人を紹介してくれない
  場合があるので、あまりにも期待しすぎてしまうと肩透かしを食らう。


(3)医師転職サイトのキャリアコンサルタントの差がありすぎるため、担当者によっては、
  まったく役に立たないどころか、常に不快な思いをすることもある


上述したように、両方ともメリット・デメリットがあるわけですが、医師転職サイトを利用する
方が、スムーズに転職活動を進められます。最短距離を走るのであれば断然お勧めです。



» 記事の続きを読む

医師の求人市場は究極の売り手市場




■医師の求人市場は究極の売り手市場!


医療現場における深刻な医師不足が依然として続いているため、医師の求人市場については、
完全な売りて市場です。このため一般企業ではありえないくらい求人側が気を使ってくれます。


例えば病院に見学や面談に出向けば、求人側は医師の先生に興味を持ってもらうために必死
です。求人の中には食事会などを開いてくれたり、お酒の席を用意してくれるところもあります。


特に医師不足が深刻な地方の病院は多いです。しかし、そういった場ではボロがでやすいから
なのか、求人側は自院についての質問に関して、あまり多くのことを語ろうとはしないようです。





■医師の面接・面談はありえないほど恵まれている?!


一般企業の面接は、面接官が終始不機嫌そうな顔をしながら、上から目線で根堀り葉堀り色々
なことを求職者に問いただし、一方的に以下の通り条件を押し付けるケースが少なくありません。


「今まで楽してたでしょう?うちは大変だよ」

「他社よりも残業多いけど、平気?」

「給与安いけど、それでも大丈夫?」


しかし、医師の面接の場合は、そういったことはまずありません。求人側も非常に低姿勢に接し
てくれます。医師転職サイトを利用すれば、事前に求人先を判断材料を入手できます。


自力でやる転職活動では、面接だけでは十分な判断材料が得られないケースもありますから、
自分の足でこうした情報を入手しなければならないので、相当の労力が必要です。





■入職前にすべきこととは?!


転職してすぐに退職するといったことがないようにするためにも、入職前の打ち合わせが何より
大切です。求人の条件や勤務形態などは、求人票や雇用条件書などで把握できてます。


出社日までに再度求人側と入職に関する色々なことをすり合わせすることによって、「思って
いたのと違う」といったことを避けることが出来ます。そのメリットは大きいです。


院長は無理でも、実際の現場にいる医師の方や事務方のスタッフなら時間を取ってもらえる、
可能性が高いです。入職する上での注意点や診察の進め方などを確認しましょう。


こうすることによって、入職後のトラブルもかなり避ける事ができると思います。




» 記事の続きを読む

 カテゴリ

転職活動はいつ始めればよいのか?




■転職活動は3ヶ月くらいかけて行うのがベスト!


転職することをを決意し、ご家族の了解を得られたらいよいよ「 転職活動 」に入るわけですが、
ここで問題となるのが、どうやって計画的に「 転職活動 」を進めていくかです。


こればっかりは何回も経験できることではないので、慣れることがありません。転職する度に
悩まれます。あなも今いつ頃から転職活動を始めればよいかで、悩まれてませんか?


もっとも理想的なのは3ヶ月程度時間をかけて転職活動することです。それ以上短い期間内
に転職活動を進めようとすると、満足に求人先を見ることができなくなってしまいます。





■転職活動にかける期間は長すぎてもダメ!


転職活動は、あまりにも短すぎるのも良くないですが、逆にあまりにも長すぎると、 緊張感が
なくなり、集中できなくなります。そうなると転職活動そのものが面倒になってしまいます。


退職が決まれば引き継ぎなどが当然ありますので、転職活動は退職日の6ヶ月前から準備
するのがベストですが、転職後の身の振り方については、もっと早く検討しましょう。




■医局の転職について!


理想とする転職に向けてのスケジュールは下記のとおりです。


(1)1年前:転職を決意


(2)6ヶ月前:転職後のキャリアプランや

    勤務先となる勤務地や病院の研究。


(3)3ヶ月前:転職活動開始


(4)1ヶ月前:内定~退職日:退職準備



また2~3月のように求人が増える時期などにも考慮して、転職活動時期を決めてしまう
のも非常に大切です。一方、医局を辞める場合は、就職活動を6ヶ月前から始めます。


このため、ある程度余裕を持って「退局の交渉 」に挑まなければなりません。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

内定を複数もらったらときの対応について




■医師転職市場について


医療現場の崩壊が叫ばれて久しいですが、一向に医師不足が改善される兆しがありません。
このため依然として長期的な超売り手市場が続いています。まだ当分続きそうです。


よほど高望みしない限り医師の就職先は確保することができますので、 こうした点に関しては
一般企業に勤務するサラリーマンと比較すれば、相当恵まれているといえます。


しかし、恵まれすぎているがゆえに想定外の事態に陥ることもしばしばあります。例えば複数
病院から同時に内定がでることも多く、特に医師不足が深刻な地方ではよくあります。





■内定は沢山もらえばいいわけではない!


医師の皆様の中には、非常勤医師として複数の病院を掛け持ちしながら働いている医師の先生
もいますが、残念ながら常勤医師ではこうした掛け持ちしながら働くのは不可能です。


内定を複数もらったら、当然一つに絞りこ無必要があります。もし転職したい病院が最初から
あり、そこでもし内定をもらえれば、悩む必要が全くないので、速やかに契約出来ると思います。


できるだけ効率よく短期間で内定が欲しいばかりに、医師の中にはとりあえず内定を取れるだけ
とっておき、後から考えようという方も多いのですが、必ず後々になってトラブルになります。





■内定を沢山もらったら?

複数の病院から同時に内定をもらった場合は以下のとおり対応します。


(1)内定の返事を病院側がどのくらい待てるかそれぞれ確認する


(2)最初に考えた転職における格付け順位を参考に、内定を受けた病院を格付けする


(3)内定を受けた病院の順番が決まらない場合、医師転職サイトの担当者などに事情を
   説明し、細かな条件の変更(給与アップ、赴任手当てなどの充実)の可能性を探る。



まず(1)についてですが、まったく期限を設けずに伸ばすのは病院の信頼性を損ねますので、
必ず確認しましょう。次に(2)についですが、格付けで意識が相当高まります。


最後に(3)についてですが、基本的に正式に契約を交わすまでは、何度でも条件交渉が可能
です。条件交渉も、その分こなさなければならないので、本当に大変です。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます