2014年03月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年03月

2014年03月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医局の重要性について以前ほどではありませんが、依然として日本の医療における医局が果たす役割は大きいです。医局から派遣される医師によって、それぞれの地域の医療が何とか保たれています。これは紛れもない事実ですよね。ですので、医局員である医師の先生方が少なくなれば、当然のことながら、医師の数が少なくなった分だけ医師の派遣が難しくなっていきます。そうなれば、その地域の医師不足をも引き起こしかねない大きな...

記事を読む

no-image

その他
■病院の苦しすぎる裏事情医師のアルバイトの給与事情について、これまで何度か申しあげてきた通り、常勤医師の給与よりも非常勤医師の給与の方が圧倒的に割高に設定されています。しかし、医療崩壊が叫ばれて久しく、大都市圏にある超大型病院が破綻する時代におきまして、なぜそれほどまでに高額な給与を支払うことが出来るのか、疑問が生じます。実際に日本国内にある病院の半数以上が赤字とされていますので、それほど高い給与...

記事を読む

no-image

その他
■なぜアルバイトするのか?医師として確かなキャリアがあり、年収も2000万円近くあるにもかかわらず、勤務がお休みの日に他の病院でアルバイトしている医師の先生が結構いらっしゃいます。「 いったいなぜ? 」と、超多忙にもかかわらずアルバイトにも精を出している姿をみて、いつも不思議に思っていたのですが、所詮医師の先生方も人の子なんですね。欲しい物を手に入れるために頑張ってアルバイトする方が多いです。もちろ...

記事を読む

no-image

その他
■アルバイトの方が実労働の対価が良い!一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので...

記事を読む

no-image

その他
■アルバイト医師でも年収2000万円?医師のアルバイトの平均的な時給が約1万円です。日中勤務だけをこなすだけでも日給8万円になります。これを週五日行ったとし、月22日勤務したとすれば172万円となります。つまりアルバイトだけでも医師の先生方は、年収2000万円を稼ぎだすことができるわけです。「えっ?私常勤だけどそんなに稼いでない」といった声が聞こえてきそうです。■非常勤医師の給与の方が割高?確かに常...

記事を読む

no-image

その他
■医師のアルバイトの時給は高額?一般の方が行うパートやアルバイトの大半がサービス業です。時給も1000円前後と安く設定されています。特殊な技術を活かせる仕事でも、せいぜい2000円くらいです。ですので 友人に医師の先生方のアルバイトの時給や日給が高いと教えると大抵驚愕します。ちなみに医師の先生方の時給は1万円前後ですので、日給にすると8万円以上となります。■医師のアルバイトの時給と日給の相場仕事の中身につい...

記事を読む

no-image

その他
■医師の労働市場は狭い?今現在日本国内には、約8500の病院が存在します。8500という数字が大きいか小さいかは別として、医師が働ける場所を病院だけに限定した場合、これが需要側の総数となります。もちろん医師が働けるのは病院だけに限られません。しかし大半の勤務医は病院で働きますので、医師の皆様が転職先を探す場合、8500の病院の中から自分にあう病院を探します。地域によって人口の数が異なるので、 病院の数は地域によ...

記事を読む

no-image

その他
■圧倒的に医師が不足しているのは内科!医師の皆様は、実際の医療現場で目の当たりしているのでお分かりだと思いますが、圧倒的に医師が不足しているのは内科です。求人情報の過半数を占めるくらい需要があります。実際に病院を訪れる患者さんの約半分が内科であることから、医師の割合も必然的に内科が半分を占める恰好となります。ですので、医師不足の大半は内科医不足です。しかし内科といっても色々な専門がありますが、求人...

記事を読む

no-image

その他
■医師充足ランキングについて「人口10万対医師数」という都道府県別に10万人の人口に対して何人の医師がいるかを示すデータが厚生労働省から発表されているのですが、ご覧になったことはありますか?大変興味深いことに2010年に発表されたデータによりますと、医師の多い県のベスト3は、1位京都府286.2人、2位東京都285.4人、3位徳島県283.0人となっています。反対にワースト3は、1位埼玉県142.6人、2位茨城県158.0人、3位千...

記事を読む

no-image

その他
■一般企業におきかえると大変さが分かります医局を退局しようにも、一般企業に勤務するサラリーマンの方が退職するようにはいきません。サラリーマンの方の場合、普段接する機会が多い直属の上司に相談します。そして部長などにつないでもらうわけですが、医局の場合はいきなり教授に退局の相談をすることになります。これは一般企業でいえば、社長にいきなり退職願をだすようなものです。■退局を伝えるだけでも大きなストレス社員...

記事を読む

no-image

その他
■転職を決意した主な理由とは?医師の求人市場は完全な売りて市場ですが、だからといって簡単に転職できるわけではありません。しっかり考えてから転職活動を進めないと、後悔することになりますので、ご注意下さい。世間では医師は厚遇されているイメージが強いですが、実際にはそんなことはありません。多くの医師の先生方が転職を考える理由として多いのは、以下のとおりです。(1)あまりにも給料が安すぎる(2)仕事に対す...

記事を読む

no-image

その他
■病院側が求める医師とは?医療機関がどのような医師を採用したいと考えているか考えたことはございますでしょうか?そういったことを考える事自体が媚を売っているとし、嫌悪する医師の先生も少なくありません。病院は慈善事業ではないので、経営を安定化するためには、患者さんを集めなければなりません。そのためには沢山の患者さんを連れて来てくれる医師の先生がいいわけです。「集客に使われるのはごめんだ」と思われるかも...

記事を読む

no-image

その他
■医局をやめるタイミングについて医師の先生方が転職を決意する経緯は人それぞれ違いますが、ある日突然医局を辞めたくなるといったことはありません。それまで何度も辞めることを考えていたわけです。しかし、そのタイミングがわからずに先延ばししてきたというのが、医師の先生方の本音です。そうした中で医局を辞めるきっかけとなった理由として多いのが、以下の3つになります。(1)学位および資格を取得したから(2)後期...

記事を読む

no-image

その他
■求人情報の見方について今回は、転職先候補を探すために医師転職サイトを利用して自分の希望にあった求人情報を見つけるポイントについて誠に簡単ではございますが解説させていただきます。(1)職種について当然のことながら、常勤医師として勤務するのと非常勤医師として勤務するのでは、勤務条件がまったく異なります。非常勤医師として働く場合、条件がより細分化されています。見落としてしまいがちなのが勤務する時間帯で...

記事を読む

no-image

その他
■個人情報の取扱についてネットによって情報のやりとりに関する利便性は飛躍的に向上したわけですが、それゆえに悪用する輩が後をたちません。日本では、2005年から個人情報保護法が施行されました。それ以前と比べれば厳格化されてはいますが、いまだ十分とはいえません。しかし、企業や関係諸機関側は、こうした「個人情報」の取扱いについて、行政以上にシビアになってます。ちなみに医師転職サイトを利用するにあたり、無...

記事を読む

no-image

その他
■深刻な医師不足が原因?転職するしないに関係なく、医師の皆様は職業柄インターネット以外にも医療関係の雑誌などから、医師の求人情報を目にする機会が少なからずあるかと思います。すでにお気づきかもしれませんが、一年を通して毎回同じ求人広告を掲載している病院があります。なぜ毎回求人広告を掲載しているのか不思議に思ったことがありませんか?雑誌などの紙媒体に毎回同じ求人広告を掲載している理由として、深刻を通り...

記事を読む

no-image

その他
■それぞれのメリット・デメリットについて転職活動するにあたって、直接応募、間接応募のいずれかを選ぶことになります。直接応募は読んで字の如し、自力で転職活動を進めることで、自由きままに転職活動できます。一方の間接応募は、医師転職サイトや人材紹介会社を利用して転職活動することをさします。転職稼働する上でそれぞれ以下のとおりメリット・デメリットがあります。【 直接応募 】「メリット」(1)誰にも気がねする...

記事を読む

no-image

その他
■医師の求人市場は究極の売り手市場!医療現場における深刻な医師不足が依然として続いているため、医師の求人市場については、完全な売りて市場です。このため一般企業ではありえないくらい求人側が気を使ってくれます。例えば病院に見学や面談に出向けば、求人側は医師の先生に興味を持ってもらうために必死です。求人の中には食事会などを開いてくれたり、お酒の席を用意してくれるところもあります。特に医師不足が深刻な地方...

記事を読む

no-image

その他
■転職活動は3ヶ月くらいかけて行うのがベスト!転職することをを決意し、ご家族の了解を得られたらいよいよ「 転職活動 」に入るわけですが、ここで問題となるのが、どうやって計画的に「 転職活動 」を進めていくかです。こればっかりは何回も経験できることではないので、慣れることがありません。転職する度に悩まれます。あなも今いつ頃から転職活動を始めればよいかで、悩まれてませんか?もっとも理想的なのは3ヶ月程度時...

記事を読む

no-image

その他
■医師転職市場について医療現場の崩壊が叫ばれて久しいですが、一向に医師不足が改善される兆しがありません。このため依然として長期的な超売り手市場が続いています。まだ当分続きそうです。よほど高望みしない限り医師の就職先は確保することができますので、 こうした点に関しては一般企業に勤務するサラリーマンと比較すれば、相当恵まれているといえます。しかし、恵まれすぎているがゆえに想定外の事態に陥ることもしばしば...

記事を読む

no-image

その他
■円満退職が絶対条件!転職するにあたり、多くの医師の皆様が良い求人先を確保することばかりに目が向いてしまいますが、より良い転職を目指すなら今勤務されている職場を円満退社することが大切です。残念ながら広いようで狭い医療業界は、うわさが広まりやすいです。もし退職するにあたってみそをつけてしまうと、転職先で噂が広がり、自分にかえってくることも十分考えられます。転職を決意した理由の一つに恐らく人間関係の問...

記事を読む

no-image

その他
■夫婦同士でしっかり話あう!転職が決まれば、様々な条件が変わります。 例えば勤務地が変わることで住居を移転しなければならなくる可能性もあるので、ご家族がいる方は慎重にならなければなりません。熟考に熟考を重ねた上で決断し、必ずご家族に相談してください。家族に余計な心配をかけたくないとし、何の相談もせずに転職活動を進めてしまう医師の先生もいます。これは絶対にやめて下さい。後々になって夫婦関係に亀裂が生じ...

記事を読む

no-image

その他
■転職活動は秘密厳守が基本転職活動を成功させるためには、まず常に慎重さが求められます。というのも職場において誰にも相談することができないからです。水面下で転職活動を行わなければなりません。意外に思われるかもしれませんが、仕事をしながら転職活動することを職場の人たちは誰も快く思いません。人によっては裏切られたと思う方もいらっしゃることでしょう。というのも、潜在的には誰もがよりよい職場で働くことを望ん...

記事を読む

no-image

その他
■求人を中々紹介してくれない理由医師転職サイトにかぎらず、転職サイトの広告を見ていると、「求人情報」が非常に豊富で迅速に紹介できるようなことを高々とうたっているものが少なくありません。しかし、実際に無料会員登録したにもかかわらず、一向に求人を紹介してくれないところもあるます。これではどうやっても医師の皆様の転職を成功させることはできません。これはわざと無視している可能性も考えられますが、その求職者...

記事を読む

no-image

その他
■医師転職サイトはあくまでも一つの選択肢医師の皆様が転職をするうえで医師転職サイトは、強い味方となりますが、だからといって万能ではありませんので、あくまでも選択肢の一つとして捉えていただければ幸いです。しかし、これほど質の高いサービスを無料で利用できるわけですから、利用しない手はありません。今回は、医師転職サイトを上手に利用するポイントについて解説させて頂きます。先に注意点をまず一つ以下のサービス...

記事を読む

no-image

その他
■医師転職サイトを利用する3つのメリット今回は、医師転職サイトを利用するメリットについて解説させていただきます。医師転職サイト利用するメリットは主に3つの点があげられます。(1)ハローワークや一般の求人メディアに掲載されていない求人情報が入手できる(2)キャリアコンサルタントとともに将来的なキャリアプランを具体化できる(3)コンサルタントが転職活動における面倒な手続きを代行してくれるので、効率よく  転職活...

記事を読む

医局に属することの厳しい現状について




■医局の重要性について


以前ほどではありませんが、依然として日本の医療における医局が果たす役割は大きいです。
医局から派遣される医師によって、それぞれの地域の医療が何とか保たれています。


これは紛れもない事実ですよね。ですので、医局員である医師の先生方が少なくなれば、当然
のことながら、医師の数が少なくなった分だけ医師の派遣が難しくなっていきます。


そうなれば、その地域の医師不足をも引き起こしかねない大きな問題です。





■医局員は多ければ多いほどいい?


医局員が多いと色々なメリットがあります。例えばその分だけ組織は大きくなるわけですから、
医局内に様々な教育システムを作ることによって、それぞれの分野に研究に没頭できます。


そうした力を拡大することができれば、医局の重要性をより高めることができます。しかしながら
こうしたことは、所詮は医局を運営する側にとってのメリットでしかありません。





■とにかく仕事量がハンパではない


医局に在籍している医師の皆様の多くが、とてつもない激務をこなさなければなりません。特に
若いころは寝食を忘れて働かなければならないほど大変です。しかも驚くほど薄給です。


はっきりいって仕事内容と給与のバランスが全くとれていません。そういうと一般のサラリーマン
の方からは「そんなことをいったらどこも同じだ」といった声が聞こえてきそうです。


しかし、実際に医局から派遣されている医師の先生方が派遣先の病院で働いている姿を見たら、
そうした言葉がでてこないくらいの激務を日々こなしています。それくらいハードなんです。





■医局員が抱える心の葛藤


また結婚に関しても難しい環境に身をおかざるえない状況にあります。なぜなら医局からの派遣
される病院が本院から離れた関連病院であっても、黙って受け入れなければならないからです。


結婚して子供が生まれたら安定を望むのが普通です。しかし来年どこに飛ばされるか分からない
状況では、だれでも不満を覚えます。医局側もこうした不満を抑えるために色々工夫しています。


例えばベテランの先生は本院を基本とし、遠くの関連病院には若い医局員を派遣して経験を積ま
せます。しかし、何があっても医局員である以上、教授の人事決定には逆らえません。



 カテゴリ
 タグ

医師のアルバイト求人は減少方向へ!




■病院の苦しすぎる裏事情


医師のアルバイトの給与事情について、これまで何度か申しあげてきた通り、常勤医師の給与
よりも非常勤医師の給与の方が圧倒的に割高に設定されています。


しかし、医療崩壊が叫ばれて久しく、大都市圏にある超大型病院が破綻する時代におきまして、
なぜそれほどまでに高額な給与を支払うことが出来るのか、疑問が生じます。


実際に日本国内にある病院の半数以上が赤字とされていますので、それほど高い給与を払い
つづけるのは容易では無いはずなのですが、非常勤の給与が大きく下がる気配はありません。





■常勤医師の重要性がより高まる!


アルバイト医師に支払わなければならない給与が経営を逼迫させてしまったら 何の意味もあり
ませんので、最近はどこの病院も常勤医師の確保を最重要課題としています。


このため常勤医師を確保した段階で非常勤で勤務しているアルバイト医師にやめてもらいます。
とくに大都市圏の病院は、地方よりも人材を確保しやすいので、そうした傾向が強いようです。


問題は地方の病院です。常勤医師を確保すること自体が容易ではないので、アルバイト医師に
高額の給与を払い続けなければなりません。こうした歪んだ構造が病院経営を蝕んでいます。





■今後アルバイト求人は確実に減る


私が住んでいる東京では、これまで以上に常勤医師の確保に力を入れる病院が増えているので、
実際に以前よりも目に見えて医師のアルバイト求人の数は減っています。


やはり、アルバイトとして仕事をこなすだけでは、長期的に医師として働くために必要な能力開発
やキャリアの継続は困難であるため、アルバイトを掛け持ちする働き方はおすすめできません。


常勤医師として勤務しながら余力がある場合に限定してアルバイトをするのが一般的です。時給
1万円は確かに魅力的ですが、常勤医師として働けるステータスを捨てる価値はありません。



 カテゴリ

医師がアルバイトする裏事情




■なぜアルバイトするのか?


医師として確かなキャリアがあり、年収も2000万円近くあるにもかかわらず、勤務がお休みの
日に他の病院でアルバイトしている医師の先生が結構いらっしゃいます。


「 いったいなぜ? 」と、超多忙にもかかわらずアルバイトにも精を出している姿をみて、いつも
不思議に思っていたのですが、所詮医師の先生方も人の子なんですね。


欲しい物を手に入れるために頑張ってアルバイトする方が多いです。もちろん知識やスキルを
高めるための勉強に費やす資金作りのために頑張っている方もいます。





■結婚すると徹底的に管理される?


世の女性からすれば旦那様の職業として「医師」は、まさにS級クラスの職業で、全く申し分ない
わけですが、それゆえに、結婚後は色々なことを心配しなければならないようです。


奥様方も恋愛中はわりと旦那様の仕事に関しては自由だったのが、結婚してから何から何まで
徹底的に管理されるようになり、お小遣いも満足にもらえない方が結構います。


驚いたことに月3万円のお小遣いで何とかしのいでいる方もいます。これでは当然何も買うことが
できないので、欲しいものを買うためにアルバイトしている医師の先生方が少なくありません。





■頑張れば2年で高級車も夢ではない?


医師の先生方の中には車が好きな方が多いですよね。ある医師の先生で、ポルシェに乗ることが、
子供の頃からの夢で、その願いがようやく叶えられそうな頃に今の奥様と電撃的に結婚しました。


お給料全部管理されているので、自由に出来るお金が無く、渋々アルバイトを始めます。しかし、
1000万円以上する車をアルバイトの給与だけで買えるのか車に興味がない私には疑問でした。


その先生は約2年間一日も休むことなく以下の通り働きました。


(1)外来のアルバイト

日給8万円×月4回×12ヶ月=384万円


(2)隔週で当直のアルバイト

20万円×月2回×12月=480万円



良い仕事をするには、なにか目標がないとだめなようです。ただ知識やスキルを高めたいだけでは
難しいのすね。高級車じゃなくても自分の趣味に費やす資金稼ぎは良い目標となりそうです。



 カテゴリ
 タグ

常勤より非常勤の方が給料が良い理由




■アルバイトの方が実労働の対価が良い!


一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも
安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。


一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤
医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。


アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので、実労働としての対価は常勤医師
よりも非常勤医師の方が遥かにいいので、知人にこの話をすると大抵驚かれます。





■なぜ非常勤の方が常勤よりも実入りが良いのか?


なぜこのような状態にあるかといえば、医局の力が絶対だった頃は、大学医局に所属する医師
が大半でした。世間の人達は医師=高収入というイメージがありますが、現実は厳しいです。


当時でさえも、ある程度キャリアを積むまでは少ない給料に甘んじなければなりません。そこで、
アルバイトしながら本業とのバランスを取る医師の方も多かったんです。


そして、派遣先の病院からは、医局から派遣される医師が大変重宝されていたので、給与水準
を上げることによって、医局と良好な関係を持とうとしたことが要因として考えられます。





■なぜアルバイトの時給はどこも高いのか?


常勤医師の給与に関しては、一般企業のそれと同じく、 それぞれの病院の立地や働き方、科目
の違いや年齢などを考慮した上で、病院側が独自に決めることができます。


ですので、医師によって給与の差がでるのは理解できますが、アルバイトは仕事自体の内容が
ほぼ同じであるため、病院側独自では決められない面もあります。


例えば以下の条件を同じ県内の病院が提示したいたとしたら、A病院に応募が殺到しますよね。
B病院は非常勤医師を確保するのが難しくなるため、他の病院と横並びになってしまうのでしょう。


A病院:1コマ5万円(時給1万2500円)

B病院:1コマ4万円(時給1万円)



 カテゴリ

アルバイト医師が年収2000万円の世界




■アルバイト医師でも年収2000万円?


医師のアルバイトの平均的な時給が約1万円です。日中勤務だけをこなすだけでも日給8万円
になります。これを週五日行ったとし、月22日勤務したとすれば172万円となります。


つまりアルバイトだけでも医師の先生方は、年収2000万円を稼ぎだすことができるわけです。
「えっ?私常勤だけどそんなに稼いでない」といった声が聞こえてきそうです。





■非常勤医師の給与の方が割高?


確かに常勤医師の平均年収よりも大幅に上回っています。普通一般の会社では、 アルバイト
の方が正社員よりも安く雇用できるということで、積極的にアルバイトを採用します。


しかし医師のアルバイトの場合は、一般では考えられないほど状況が大きく異なります。常勤
医師よりも非常勤医師の方が給与水準が割高に設定されているケースが多いんです。


医療機関の多くが封建的な世界が根強く続いているせいからか、意外とこうしたことを知らない
医師の先生が少なくありません。転職を機に色々病院の裏事情を知るケースが多いです。





■アルバイト医師の成功例とは?


女性医師の場合、結婚・出産を機に産休に入るわけですが、産休が明けても子育があるので
復職したくても、勤務シフトが複雑で長時間拘束される常勤医師として働くことが困難です。


このため日中勤務を中心にアルバイトする方が少なくありません。最初は週に二回程度だった
のが、こどもの成長に合わせて徐々に勤務日数を増やしていくケースが多く見受けられます。


特殊なケースとはいっても、当直がゼロのアルバイト医師が勤務医よりも年収が多くなるのは
事実でありまして、今後しばらくはこうした傾向が続くことになりそうです。



 カテゴリ

医師のアルバイトは平均日給8万円




■医師のアルバイトの時給は高額?


一般の方が行うパートやアルバイトの大半がサービス業です。時給も1000円前後と安く設定
されています。特殊な技術を活かせる仕事でも、せいぜい2000円くらいです。


ですので 友人に医師の先生方のアルバイトの時給や日給が高いと教えると大抵驚愕します。
ちなみに医師の先生方の時給は1万円前後ですので、日給にすると8万円以上となります。





■医師のアルバイトの時給と日給の相場


仕事の中身についてですが、 外来対応は、初診の患者さんを診たり、自分の得意科目による
専門外来を持つことができます。勤務時間は午前中のみか、丸1日となります。


午前中のみならば時給1万円×4時間=日給4万円


1日働くと時給1万円×8時間=日給8万円となります。


また、日勤だけでなく夜間の当直のアルバイトもありまして、 常勤医師が少ない夜半から朝方
にかけて、病棟での患者さんの急変に対応するのが主な仕事です。





■医師アルバイトの給与が高い理由


患者さんに特別異変がなければ当直室で就寝することもできます。夜間の当直のアルバイトは、
だいたい一晩で約4万円です。一般の人達からすれば考えられないくらい高額です。


もちろん医師の皆様のお仕事は、非常に高度な専門性があるため、アルバイトであったとしても
給与が高額なのは当然です。そうでなければ医療業界はとうの昔に絶滅しています。


そもそも人の命をあずかる仕事に従事されている人と一般の仕事を比較するほうが無理があると
思います。しかし、デフレが20年近く続いている状況では、高すぎるとする声も一部にあります。



 カテゴリ
 タグ

選択肢が少なすぎる医師の転職事情




■医師の労働市場は狭い?


今現在日本国内には、約8500の病院が存在します。8500という数字が大きいか小さいかは
別として、医師が働ける場所を病院だけに限定した場合、これが需要側の総数となります。


もちろん医師が働けるのは病院だけに限られません。しかし大半の勤務医は病院で働きます
ので、医師の皆様が転職先を探す場合、8500の病院の中から自分にあう病院を探します。


地域によって人口の数が異なるので、 病院の数は地域によって大きな差があります。例えば
東京には642も病院があるのに対し、島根県は県全体でたった53しかありません。






■なぜ選択肢がこれほどまでに狭いのか?


地方は依然として大学医学部の影響力が強いため、医師の大半が医局から派遣されている
病院ですと、応募しても医局との関係を重視しすぎるため、採用されない可能性もあります。


こうしたことから医師の転職は一般のサラリーマンとは比較にならないほど選択肢がせまい
ので、転職先は常に限られています。こうした傾向は今後も大きく変わることはありません。





■冷静な行動が大切


そして、自分の専門科目で募集しているとは限りません。確かに最も需要が多いとされている
内科系の求人は多いので、どこの病院もつねに募集している状態なので問題ありません。


一方、外科系や他科系などに関しては、 残念ながら募集が限られています。やっとの思いで
医局を離れても、希望の勤務地では求人が全くない状況も十分ありえます。


ですので、医師の皆様が転職を決意されたのであれば、まず十分に医師の労働市場を意識し、
勢いだけで無謀な行動をとるのではなく、冷静に行動しなければなりません。



 カテゴリ
 タグ

医師の求人が圧倒的に多いのは内科?




■圧倒的に医師が不足しているのは内科!


医師の皆様は、実際の医療現場で目の当たりしているのでお分かりだと思いますが、圧倒的
に医師が不足しているのは内科です。求人情報の過半数を占めるくらい需要があります。


実際に病院を訪れる患者さんの約半分が内科であることから、医師の割合も必然的に内科が
半分を占める恰好となります。ですので、医師不足の大半は内科医不足です。


しかし内科といっても色々な専門がありますが、求人情報を科別に分けると上位10のうち半分
以上が内科の科目となっているので、いかに医師が不足しているか良く分かります。





■なぜ小児科や産婦人科の求人が少ないのか?


テレビや新聞などのメディアでは、ことさら小児科や産婦人科の医師が不足していることから、
満足な医療が受けられないといった報じられかたがなされています。確かにこれは事実です。


これらの科目は、ただ単に医師の数が少ないだけでなく、訴訟リスクや経営上の問題が多分
にあるため、どこも病院を集約化することで、こうした問題を回避する動きが広がってます。


勿論どこの病院もきちんとこれらの科を設けているわけですが、 科そのものの規模が小さい
ので、病院全体の割合から見れば非常に小さいく、求人の数としても多くないわけです。





■今後ますます病院経営が難しくなる?


それゆえ科目を標榜する医療機関が少なくなっており、求人の数ということでは、それほど多く
はありませんし、皮膚科や耳鼻科、麻酔科などのマイカー科も求人は少なくなります。


どこの病院も人材不足で苦しめられていながら、赤字経営のところが少なくありません。首都圏
の老舗病院が倒産する時代ですから、今後ますます厳しい状況を迎えるかもしれません。


ですので、やむえず転職を余儀なくされることもあるでしょう。そうなったときに頼りになるのは、
確かな情報と、その情報に対して適切なアドバイスをしてくれる存在です。


その役割を果たしてくれるのが医師転職サイトの存在です。もし将来的なキャリアプランを明確
にしたいのであれば、相談するだけでも十分利用する価値はあります。



 カテゴリ
 タグ

地域によって医師の雇用条件に差がある




■医師充足ランキングについて


「人口10万対医師数」という都道府県別に10万人の人口に対して何人の医師がいるかを示す
データが厚生労働省から発表されているのですが、ご覧になったことはありますか?


大変興味深いことに2010年に発表されたデータによりますと、医師の多い県のベスト3は、
1位京都府286.2人、2位東京都285.4人、3位徳島県283.0人となっています。


反対にワースト3は、1位埼玉県142.6人、2位茨城県158.0人、3位千葉県164.3人です。





■地域によって雇用条件の差があります


病院の数も圧倒的に東京が多いわけですから、普通に考えれば医師は東京に集中していると
思いますが、それ以上に人口数が少なくて経済規模も小さい京都の方が多いんです。


このデータをもとに考えれば、日本一医師が足りていない埼玉県の医師の方が日本一医師が
足りていない京都よりも、医師の求人数が多いと考えることができます。





■必ずしも同じ条件で転職出来るとは限らない


当然のことながら需要と供給によって、条件も良くなるので、医師の数が多い京都の医師よりも
医師が足りていない埼玉県の医師の方が給料などの条件面が良い可能性が高いわけです。


ですので、もし仮に今現在埼玉の病院に勤務されていて、1800万円以上の年収を得ていたと
ます。年老いた両親の面倒を見るために東京に転居することになりました。


しかし、東京の病院で同じ条件を提示してくれる求人を探そうと思っても難しいわけです。しかも、
求人が仮にあったとしても、応募する医師の数も多いので勝ち取るのが容易ではありません。





■状況を確認するためにまず相談!


こうしたことから、現在お住まいになられている地域の医師の充足状況を把握した上で転職活動
を進めていかないと、転職そのものが失敗する可能性がより高まりますので、ご注意下さい。


こうした医師の充足状況を確認するのは個人では難しいかもしれませんが、医師転職サイトなら
すぐに教えてくれますので、早い段階で相談だけでもされることをオススメします。



 カテゴリ
 タグ

なぜ医局を退局するのが難しいのか?




■一般企業におきかえると大変さが分かります


医局を退局しようにも、一般企業に勤務するサラリーマンの方が退職するようにはいきません。
サラリーマンの方の場合、普段接する機会が多い直属の上司に相談します。


そして部長などにつないでもらうわけですが、医局の場合はいきなり教授に退局の相談をする
ことになります。これは一般企業でいえば、社長にいきなり退職願をだすようなものです。





■退局を伝えるだけでも大きなストレス


社員数30人未満の零細規模にある会社であれば、毎日ようによう会っているので、直属の上司
もいないため、いきなり社長に退職について相談しても問題ないかもしれません。


しかし、社員数1万人以上の大企業の社長に退職について報告しなければならないと、なったら
どうでしょう?考えただけでとてつもないストレスを感じるのではないでしょうか?


電話で社長と話すアポイントを取るだけでも大変です。医局を退職するというのは、そういうこと
なんですよね。教授に退局の相談をしにいくと考えただけで胃が痛くなりますよね。





■他にもある退局が難しい理由


教授の権威はさすがに以前ほどは高くはありませんが、それでも教授の考えが絶対であることに
変わりありませんので、単に辞めますというだけですまされないのが現状なんです。


一方、医局からすれば医局員が多ければ多いほどいいわけですから、教授からすれば一人でも
退局されたら困るんです。なぜ医局の力がこれほどまで大きいか考えたことがありますか?


大都市圏では医科大が沢山ありますので、医局派遣も多種多様です。しかし、地方では医局から
派遣される医師がいなければ病院経営は瞬時に崩壊するところばかりなんです。





■悩む前にまず相談!

つまり、地方にいけばいくほど医局派遣の依存度が高いので、 医局の影響力が非常に大きくなり
ます。こうした理由からも簡単には退局できないわけです。しかし、退局できなければ困ります。


転職先がすでに決まっている場合はなおさらです。そうした場合に強い見方となってくれるのが、
医師転職サイトや人材紹介会社です。退局の相談にのるだけではありません。


その場に立ち会って退局までサポートしてくれます。精神的な負担が大幅に軽減されますので、
もし悩まれているのであれば、相談するだけでもする価値は十分にあります!



 カテゴリ
 タグ

転職が上手く行く理由と行かない理由




■転職を決意した主な理由とは?


医師の求人市場は完全な売りて市場ですが、だからといって簡単に転職できるわけではありま
せん。しっかり考えてから転職活動を進めないと、後悔することになりますので、ご注意下さい。


世間では医師は厚遇されているイメージが強いですが、実際にはそんなことはありません。多く
の医師の先生方が転職を考える理由として多いのは、以下のとおりです。


(1)あまりにも給料が安すぎる

(2)仕事に対する評価が低い

(3)やりたくない仕事ばかりをやらされる

(4)業務の効率化を異常なまでに押しつけられる

(5)職場の人間関係に悩まされ続けたため...





■転職する目的と目標を明確にする


職種や業種を問わずに転職を希望する人の多くが転職に対して過剰な期待を抱いてますが、
転職できたからといって、今現在抱えている不満が解消されるわけではありません。


むしろ転職したら、前以上にブラックな職場だったというケースも十分考えられます。そうなら
ないためにも、転職によって実現したい事項に優先順位をつけてみる事をお勧めします。


一見すると何でもないことのように思えるかもしれませんが、こういったことをやるだけで、
転職すべきか、または現職場にとどまるべきか具体的に分かります。





■転職が上手く行く理由と行かない理由


もしも病院側の評価が低いと感じているのであれば、より正当な評価と、それに見合った報酬
を望んで転職したいと思うのは当然です。医師として向上する余地が相当あると思います。


こうした理由であれば転職が成功する可能性が高いと思います。契約段階でご自身のスキル
や経験に見合った報酬に合わせて給与に関する金額を求人先に要求しましょう。


注意したいのは、(5)の人間関係が良くないことを理由に転職することです。転職しても新しい
職場の人間関係が良好である可能性は低いです。逆にもっと酷いかもしれません。


こうした場合、どう対処すべきか転職だけでなく、複数の道を考えるべきです。一人で考えても
良い答えを導き出すのはむずかしいので、医師転職サイトや人材紹介会社などを利用して、
相談されることをオススメします。それだけでも十分利用する価値があります。



 カテゴリ

病院が求める医師について




■病院側が求める医師とは?


医療機関がどのような医師を採用したいと考えているか考えたことはございますでしょうか?
そういったことを考える事自体が媚を売っているとし、嫌悪する医師の先生も少なくありません。


病院は慈善事業ではないので、経営を安定化するためには、患者さんを集めなければなりま
せん。そのためには沢山の患者さんを連れて来てくれる医師の先生がいいわけです。


「集客に使われるのはごめんだ」と思われるかもしれませんが、病院は外来、入院を問わずに
患者さんを集められなければ、売り上げた立ちません。売上が立たなければ即破綻です。





■なぜコミュニケーション能力が必要なのか?


病院だけに限ったことではないのですが、どの業界も2000年以降コンプライアンスの厳格化が
より進むこととなりました。皮肉なことに厳格化したことで訴訟問題が比例して増えています。


ここで問われるのが患者さんの身になって会話する能力、つまりコミュニケーション能力です。
コミュニケーション能力なしに、臨床経験や高い医学知識があっても意味がないのです。


患者さん目線の医療的ケアが求められている現代において、大先生はもはや不要な存在になり
つつあります。適切な診断を行うためにも、しっかりコミュニケーションが取ることが大切です。





■他のスタッフへのコミュニケーションも重要


病院には医師や看護師だけでなく、コメディカルや事務員など多くのスタッフが働いています。
小規模経営のクリニックであっても、最低5名以上のスタッフが勤務しています。


医療カーストにおいて医師の先生方は、トップにあるわけですが、先に述べた通り大先生が求め
られにくい時代においては、他のスタッフとのコミュニケーションも非常に重要です。


それだけで職場の雰囲気が良くなります。職場の雰囲気が良くなれば各スタッフによる患者さん
への医療サービスが格段と良くなることでしょう。そうなれば患者さんの病気も良くなります。


噂が噂をよんで、やがて沢山の患者さんが訪れるようになるので、病院経営もそれに従って良く
なります。それだけ医師の皆様の役割は大きなものなんです。



 カテゴリ
 タグ

医局を辞めるのは全然難しくない?




■医局をやめるタイミングについて


医師の先生方が転職を決意する経緯は人それぞれ違いますが、ある日突然医局を辞めたく
なるといったことはありません。それまで何度も辞めることを考えていたわけです。


しかし、そのタイミングがわからずに先延ばししてきたというのが、医師の先生方の本音です。
そうした中で医局を辞めるきっかけとなった理由として多いのが、以下の3つになります。


(1)学位および資格を取得したから

(2)後期研修を終えたから

(3)当直や時間外呼び出しがきつくなったから





■医局を辞めるのは難しくない?


それまで過酷な人間関係を生きてきたので、多くの先生方が医局を辞めるのは難しいと思い
がちですが、実際にやってみると意外に簡単に辞めることができるので拍子抜けします。


勿論いかなる正当な理由があっても、退局することを快く思わない人もいるので、医局を離れ
る前に嫌味の一つぐらいは言われるでしょうが、大半の人が円満に辞めることが出来てます。


医局の退局が難しいとされている理由は、こちらにて解説させていただいてます>>


確かにネット環境が今ほど整備されていなかった1990年台までは、医師転職サイトのような
存在がなかったので、医師の先生方が転職する場合は、人づてによる紹介が基本でした。





■なぜ多くの医師が医局の存在を恐れているのか?


2000年代前半までは、医局の力は今では想象できないほど絶大だったため、医局に逆らえば
医師として生きていけなかったのです。このため教授はその存在以上に神格化されたのです。


しかし2004年に臨床研修制度が施工されたことによって、医局の力も落ちていきます。今では
医師求人・転職サイトが100社以上ありますので、医師の労働市場も大きく変化します。


しかし、だからといって医局の力がなくなってしまったわけではありません。所属医局に関係なく、
自由に転職できるようになるまでは、残念ながら、もうしばらく時間がかかりそうです。



 カテゴリ
 タグ

求人情報で必ず確認すべき5つのポイント




■求人情報の見方について


今回は、転職先候補を探すために医師転職サイトを利用して自分の希望にあった求人情報
を見つけるポイントについて誠に簡単ではございますが解説させていただきます。




(1)職種について

当然のことながら、常勤医師として勤務するのと非常勤医師として勤務するのでは、勤務条件
がまったく異なります。非常勤医師として働く場合、条件がより細分化されています。


見落としてしまいがちなのが勤務する時間帯です。日勤か当直かを確認するのは勿論のこと、
定期もしくはスポットでの募集なのかを、しっかり確認する必要があります。




(2)求人先の情報について

紙媒体の求人誌に取って代わって、求人・転職サイトが一般化されたことで、文字情報の制限が
大幅に緩和されました。これによって求人側がよりアピールすることができるようになりました。


求人側のコメントをつけているものが多いです。医師転職サイトでもこうした傾向が広がっている
のですが、多くの医師の皆様が読み飛ばしてしまいます。これは非常にもったいないです。


病院のホームページの更新情報をみながらチェックすることによって、病院側の特徴を把握する
ことが出来ますので、こうしたなにげない情報も必ず確認されることをオススメします。




(3)関連施設での勤務の有無

病院の経営も多角化しています。老人ホームやデイサービスなどの老健施設を運営したり、外来
を切り離す恰好でクリニックを運営してるため、関連施設の勤務を依頼されることも多いです。


関連施設が多いところは、そうした可能性が高いので、求人情報にそうした関連施設が掲載されて
いるのであれば、関連施設での勤務の有無についてもしっかり確認してください。




(4)勤務地について

関連施設が多いところは、採用に関するやりとりを行っていた連絡先と実際の勤務地が異なる場合
がありますので、注意してください。連絡先が近くても実際の勤務地が遠いと話は違ってきます。


入職してから後悔しないためにも、先に確認するようにしてください。




(5)勤務先のアクセスについて

「 駅から徒歩5分 」と、求人情報に記載されていても、実際に歩いてみると10分以上かかる場合
が少なくありません。ですので、求人情報を鵜呑みにせず、あらかじめ考慮する必要があります。


また多少面倒でも病院を見学する際に自分の足で歩かれることをおすすめします。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ

個人情報のやりとりに関する問題点とは?




■個人情報の取扱について


ネットによって情報のやりとりに関する利便性は飛躍的に向上したわけですが、それゆえに
悪用する輩が後をたちません。日本では、2005年から個人情報保護法が施行されました。


それ以前と比べれば厳格化されてはいますが、いまだ十分とはいえません。しかし、企業や
関係諸機関側は、こうした「個人情報」の取扱いについて、行政以上にシビアになってます。


ちなみに医師転職サイトを利用するにあたり、無料会員登録を行わなければなりません。
医師の皆様は、登録するさいに自ら個人情報を医師転職サイトに提供しています。





■医師転職サイトに提供する個人情報


医師転職サイト側に提供する医師の皆様の「個人情報」は、以下のとおりです。

●名前
●住所および電話番号
●写真

これらの情報は個人を特定することができますので、医師転職サイト側も取り扱いには細心
の注意を払っています。一方、個人を特定出来ない情報として次のようなものがあります。

+-----+ +-----+ +-----+ +-----+ 

出身大学:私立大学医学部卒
医師経験:5年以上10年未満
性別:男
スキル:肝臓内科
勤務希望地:東京都
希望年収:1300万円以上
年齢:31歳

+-----+ +-----+ +-----+ +-----+ 


これだけですと個人を特定することは困難です。医師転職サイトの多くは、こういった個人を
特定できない簡素なプロフィールを求人担当者と打ち合わせ入念に行います。


そしてマッチングの可能性を探ることになるわけですが、求人側もいくら医師不足と言っても、
医師であれば誰でもいいというわけには行きませんので、求人先が求める理想の医師像を
理解した上で医師の皆様にお声をかけさせていただくことになります。





■個人情報流出に怯えなくて良い


医師の皆様が自分に有利に「医師転職サイト」を利用するには、やはりそれなりのことをやら
なければダメなんです。ただ単に無料会員登録すれば良いというわけにはいきません。


しっかり求人先の理想にかなった医師であることを自らアピールするには、まず以下の点に
ついて、ご家族にもしっかり相談して、将来的なことを具体的に検討してみてください。


●専門医の有無について

●得意な分野について

●将来の目標などについて

●仕事に対する理念について

●自分の性格について


こうした個人を特定できない情報を上手にまとめ、しっかり医師転職サイト側ににアピールする
ことができます。これなら個人情報が流出することになっても、何の心配もいりませんよね。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ

エントリーする前に魅力ある病院かしっかり調べるには?




■深刻な医師不足が原因?


転職するしないに関係なく、医師の皆様は職業柄インターネット以外にも医療関係の雑誌など
から、医師の求人情報を目にする機会が少なからずあるかと思います。


すでにお気づきかもしれませんが、一年を通して毎回同じ求人広告を掲載している病院があり
ます。なぜ毎回求人広告を掲載しているのか不思議に思ったことがありませんか?


雑誌などの紙媒体に毎回同じ求人広告を掲載している理由として、深刻を通り越して危機的な
医師不足があげられると思います。医療崩壊が叫ばれて久しいですが、もう後がありません。





■魅力ある病院であるか自ら判断する


2000年以前であれば、そうした病院は自力で医師を集めることができいないほど、病院として
の魅力がないと判断されていました。しかし、上述したとおり今現在はそうともいいきれません。


医局制度の崩壊によって、病院側も必死に医師を確保するために、実際の現場を魅力的ものと
するために、色々なことを取入れているので、病院としての魅力は確実に増しています。


しかし、求人情報を掲載している全ての病院がそうかといえば、当然そんなことはありません。
魅力ある病院かそうでないかを自分の勘を頼りに、自分で判断するしかありません。





■求人情報の中身について考える


一年中広告を掲載している病院を判断する上にあたって必ず以下の点について確認して下さい。


「医師の欠員したことによる募集なのか?」

「増床など病院の規模拡大による募集なのか?」

「慢性的な医師不足のための募集か?」



こうした理由について正直に答えてくれない可能性も十分考えられます。また聞きづらいでしょう。
ですが、こうした求人背景を知ることで毎回求人が掲載されている理由が明確にります。


もし、本当の理由を説明してくれないということは、単に病院としての魅力がないからと判断できる
ので、入職後に後悔しないためにも確認しましょう。自分で聞き出したり色々と調べるのは、本当
に骨がおれますから、そういった意味に置きましても医師転職サイトの果たす役割は大きいです。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ

直接応募と間接応募どちらが良いのか?




■それぞれのメリット・デメリットについて


転職活動するにあたって、直接応募、間接応募のいずれかを選ぶことになります。直接応募
は読んで字の如し、自力で転職活動を進めることで、自由きままに転職活動できます。


一方の間接応募は、医師転職サイトや人材紹介会社を利用して転職活動することをさします。
転職稼働する上でそれぞれ以下のとおりメリット・デメリットがあります。





【 直接応募 】

「メリット」

(1)誰にも気がねすることなく、自分が興味のある求人先のみを選ぶことができる

(2)会員登録など必要がないため、大切な個人情報を流さなくてもすむ

(3)馬鹿高い手数料を支払わなくてもいいので求人側に喜ばれる


「デメリット」

(1)働きながらでは入手できる情報が限られてしまう

(2)何からなにまで自分でやらなければならないので、思うように転職活動が進まない

(3)求人先に合わせて毎回応募書類を作成する必要があるため面倒くさい




【 間接応募 】

「メリット」

(1)情報収集など転職活動に関する全てのことを医師転職サイト側が代行してくれるので
  ムダがない、今いる職場で働きながらでも、無理なく転職活動することができる


(2)入職するにあたり、面倒な求人先との交渉なども医師転職サイトの社員が行ってくれ
  るので、精神的ストレスを抱え込まないですみ、入植後のトラブルを避けられる


(3)転職に関するあらゆる相談にのってくれるので、不安や迷いを最小限に抑えられる



「デメリット」

(1)複数の薬剤師転職サイトに登録すると複数の社員から連絡が入ることとなり、対応が
  面倒であるため、人によっては、一つの医師転職サイトに絞り込む方も多い。


(2)登録してはみたものの、その後何も連絡ないことや、魅力ある求人を紹介してくれない
  場合があるので、あまりにも期待しすぎてしまうと肩透かしを食らう。


(3)医師転職サイトのキャリアコンサルタントの差がありすぎるため、担当者によっては、
  まったく役に立たないどころか、常に不快な思いをすることもある


上述したように、両方ともメリット・デメリットがあるわけですが、医師転職サイトを利用する
方が、スムーズに転職活動を進められます。最短距離を走るのであれば断然お勧めです。



» 記事の続きを読む

医師の求人市場は究極の売り手市場




■医師の求人市場は究極の売り手市場!


医療現場における深刻な医師不足が依然として続いているため、医師の求人市場については、
完全な売りて市場です。このため一般企業ではありえないくらい求人側が気を使ってくれます。


例えば病院に見学や面談に出向けば、求人側は医師の先生に興味を持ってもらうために必死
です。求人の中には食事会などを開いてくれたり、お酒の席を用意してくれるところもあります。


特に医師不足が深刻な地方の病院は多いです。しかし、そういった場ではボロがでやすいから
なのか、求人側は自院についての質問に関して、あまり多くのことを語ろうとはしないようです。





■医師の面接・面談はありえないほど恵まれている?!


一般企業の面接は、面接官が終始不機嫌そうな顔をしながら、上から目線で根堀り葉堀り色々
なことを求職者に問いただし、一方的に以下の通り条件を押し付けるケースが少なくありません。


「今まで楽してたでしょう?うちは大変だよ」

「他社よりも残業多いけど、平気?」

「給与安いけど、それでも大丈夫?」


しかし、医師の面接の場合は、そういったことはまずありません。求人側も非常に低姿勢に接し
てくれます。医師転職サイトを利用すれば、事前に求人先を判断材料を入手できます。


自力でやる転職活動では、面接だけでは十分な判断材料が得られないケースもありますから、
自分の足でこうした情報を入手しなければならないので、相当の労力が必要です。





■入職前にすべきこととは?!


転職してすぐに退職するといったことがないようにするためにも、入職前の打ち合わせが何より
大切です。求人の条件や勤務形態などは、求人票や雇用条件書などで把握できてます。


出社日までに再度求人側と入職に関する色々なことをすり合わせすることによって、「思って
いたのと違う」といったことを避けることが出来ます。そのメリットは大きいです。


院長は無理でも、実際の現場にいる医師の方や事務方のスタッフなら時間を取ってもらえる、
可能性が高いです。入職する上での注意点や診察の進め方などを確認しましょう。


こうすることによって、入職後のトラブルもかなり避ける事ができると思います。




» 記事の続きを読む

 カテゴリ

転職活動はいつ始めればよいのか?




■転職活動は3ヶ月くらいかけて行うのがベスト!


転職することをを決意し、ご家族の了解を得られたらいよいよ「 転職活動 」に入るわけですが、
ここで問題となるのが、どうやって計画的に「 転職活動 」を進めていくかです。


こればっかりは何回も経験できることではないので、慣れることがありません。転職する度に
悩まれます。あなも今いつ頃から転職活動を始めればよいかで、悩まれてませんか?


もっとも理想的なのは3ヶ月程度時間をかけて転職活動することです。それ以上短い期間内
に転職活動を進めようとすると、満足に求人先を見ることができなくなってしまいます。





■転職活動にかける期間は長すぎてもダメ!


転職活動は、あまりにも短すぎるのも良くないですが、逆にあまりにも長すぎると、 緊張感が
なくなり、集中できなくなります。そうなると転職活動そのものが面倒になってしまいます。


退職が決まれば引き継ぎなどが当然ありますので、転職活動は退職日の6ヶ月前から準備
するのがベストですが、転職後の身の振り方については、もっと早く検討しましょう。




■医局の転職について!


理想とする転職に向けてのスケジュールは下記のとおりです。


(1)1年前:転職を決意


(2)6ヶ月前:転職後のキャリアプランや

    勤務先となる勤務地や病院の研究。


(3)3ヶ月前:転職活動開始


(4)1ヶ月前:内定~退職日:退職準備



また2~3月のように求人が増える時期などにも考慮して、転職活動時期を決めてしまう
のも非常に大切です。一方、医局を辞める場合は、就職活動を6ヶ月前から始めます。


このため、ある程度余裕を持って「退局の交渉 」に挑まなければなりません。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

内定を複数もらったらときの対応について




■医師転職市場について


医療現場の崩壊が叫ばれて久しいですが、一向に医師不足が改善される兆しがありません。
このため依然として長期的な超売り手市場が続いています。まだ当分続きそうです。


よほど高望みしない限り医師の就職先は確保することができますので、 こうした点に関しては
一般企業に勤務するサラリーマンと比較すれば、相当恵まれているといえます。


しかし、恵まれすぎているがゆえに想定外の事態に陥ることもしばしばあります。例えば複数
病院から同時に内定がでることも多く、特に医師不足が深刻な地方ではよくあります。





■内定は沢山もらえばいいわけではない!


医師の皆様の中には、非常勤医師として複数の病院を掛け持ちしながら働いている医師の先生
もいますが、残念ながら常勤医師ではこうした掛け持ちしながら働くのは不可能です。


内定を複数もらったら、当然一つに絞りこ無必要があります。もし転職したい病院が最初から
あり、そこでもし内定をもらえれば、悩む必要が全くないので、速やかに契約出来ると思います。


できるだけ効率よく短期間で内定が欲しいばかりに、医師の中にはとりあえず内定を取れるだけ
とっておき、後から考えようという方も多いのですが、必ず後々になってトラブルになります。





■内定を沢山もらったら?

複数の病院から同時に内定をもらった場合は以下のとおり対応します。


(1)内定の返事を病院側がどのくらい待てるかそれぞれ確認する


(2)最初に考えた転職における格付け順位を参考に、内定を受けた病院を格付けする


(3)内定を受けた病院の順番が決まらない場合、医師転職サイトの担当者などに事情を
   説明し、細かな条件の変更(給与アップ、赴任手当てなどの充実)の可能性を探る。



まず(1)についてですが、まったく期限を設けずに伸ばすのは病院の信頼性を損ねますので、
必ず確認しましょう。次に(2)についですが、格付けで意識が相当高まります。


最後に(3)についてですが、基本的に正式に契約を交わすまでは、何度でも条件交渉が可能
です。条件交渉も、その分こなさなければならないので、本当に大変です。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

円満退職するポイントについて




■円満退職が絶対条件!


転職するにあたり、多くの医師の皆様が良い求人先を確保することばかりに目が向いてしまい
ますが、より良い転職を目指すなら今勤務されている職場を円満退社することが大切です。


残念ながら広いようで狭い医療業界は、うわさが広まりやすいです。もし退職するにあたって
みそをつけてしまうと、転職先で噂が広がり、自分にかえってくることも十分考えられます。


転職を決意した理由の一つに恐らく人間関係の問題もあると思います。仮に今の職場の人間
関係が嫌いだとしても、退職するさいには波風立てずに大人の対応を心がけてください。





■円満退職するポイント!


円満退職をするためのポイントは以下のとおりです。


(1)退職する旨を必ず直属の上司へ最初に報告する

(2)退職理由については、前向きな理由だけを述べる

(3)退職まで余裕をもって活動できるように、きちんとスケジュールを立てる



(1)に関しては、何でもないことのように思えるかもしれませんが、非常に重要でして、自分
の直属の上司を飛び越えてしまうと、顔を潰すことになりますので、ぜったいにやめてください。


(2)に関しては、例えば職場に関する不平不満を耳にすれば、上司の立場としたら自分が悪く
いわれているように思えて、良い気分はしないでしょう。ですので前向きな理由が必要なんです。

知識やスキルを高めることだったり、開業医を目指すといった前向きな理由が良いでしょう。


(3)に関係しては、就業規則をしっかり確認した上で、余裕を持って退職までのスケジュール
を組む必要があります。いきりやめられたら新しい人材を補充することができません。


退職することで職場のスタッフに迷惑がかかります。また他の先生との引き継ぎもあるので、
余裕を持って行わなければなりません。そうすることで迷惑が最小限に抑えられます。




■職場での対応について


転職を決意されたのであれば、より辞めやすい環境を整えるためにも積極的に周囲のスタッフとの
コミュニケーションを密にしながら、円満退職を実現できるように心がけてください。


なお医局を辞められる先生に関しましては、それぞれの医局の都合もありますので、転職に関して
は、より慎重に進めなければなりません。退局するにあたっては、色々悩むことになります。


そのようにならないためにも、是非医師転職サイトをご利用ください。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

必ずご家族に相談して転職の了承を得る!




■夫婦同士でしっかり話あう!


転職が決まれば、様々な条件が変わります。 例えば勤務地が変わることで住居を移転しな
ければならなくる可能性もあるので、ご家族がいる方は慎重にならなければなりません。


熟考に熟考を重ねた上で決断し、必ずご家族に相談してください。家族に余計な心配をかけ
たくないとし、何の相談もせずに転職活動を進めてしまう医師の先生もいます。


これは絶対にやめて下さい。後々になって夫婦関係に亀裂が生じるような問題の原因になり
かねませんので、必ず家族会議を開いて互いに納得されるまで話しあいましょう。





■ご家族がいる方は奥様を必ず説得する!


多くの医師の先生が今後のキャリアについて真剣に考えています。 そのための努力も怠ら
ないほど向上心が高く勉強熱心な人が圧倒的に多いです。でも逆にそれが問題になります。


医師の先生方が働く医療機関と一般の会社とでは、従業員の労働に対する価値観が大きく
異るので、奥様が医療関係の仕事に従事していない場合、同様に価値観にズレがあります。


医師としてのキャリアを高めるために、勉強する時間を確保するのと家族との時間を出来る
だけ長くとるために当直が少ない職場での勤務を検討していたとします。対する奥様の方は
子供のことを第一に考えるので勤務地が遠かったり、年収が大きく下がれば当然不満です。





■転職活動ができなくなる?!


どのご家庭も奥様の了承をえるのに非常に苦労なされています。せっかく医師転職サイトの
キャリアコンサルタントが魅力ある求人を紹介してくれても却下となりかねません。


1回ならまだ仕方がない部分もあるので、多めに見てくれますが、2回3回と続けばキャリア
コンサルタントだって人間なので魅力ある求人を紹介するのが嫌になってきます。


結果的に転職活動を本格化するまえにこのようなことを繰り返していたら、良質な求人案件
を紹介してもらえなくなります。ですので、そうならないようにしっかり話しあいましょう。



» 記事の続きを読む

転職活動は職場の人間にバレてはならない!



■転職活動は秘密厳守が基本


転職活動を成功させるためには、まず常に慎重さが求められます。というのも職場において
誰にも相談することができないからです。水面下で転職活動を行わなければなりません。


意外に思われるかもしれませんが、仕事をしながら転職活動することを職場の人たちは誰も
快く思いません。人によっては裏切られたと思う方もいらっしゃることでしょう。


というのも、潜在的には誰もがよりよい職場で働くことを望んでいるからです。自分より幸せに
なっていく人(勝手な思い込み)の姿を目にしたくないといった思いがあるんです。





■転職活動がばれたらどうなるの?!


ですので 下手に同僚の医師に相談してしまうと、気がついたら職場の人間全員が知っていた
なんてことになりかねません。そうなってしまうと理事長の耳にも入ることでしょう。


転職活動を始めてない段階で、院長から退職することを厭味ったらしく、転職を勧められるよう
なことになったら最悪です。退職する前に次の職場を見つけられない可能性が高いからです。


医療業界は、大きく見えますが実際には狭い世界です。これまでのキャリアが傷つけられたら
大変ですので仕事外の時間を最大限に利用して、慎重に転職活動を進めましょう。





■キャリアコンサルタントとのやりとりに注意!


医師の皆様は超多忙の中で激務をこなさなければななりません。「転職活動するから今日は、
適当な時間であがらせてもらう」なんてことは当然のことながら通りません。


働きながら転職活動を進めるなら、日中にどうしても医師転職サイトのキャリアコンサルタント
から連絡が入るかと思います。場合によってはメールなどで返信をして頂くこともあります。


しかし、気をつけないと普段以上に携帯でのメールのやり取りの多さに周囲のスタッフにバレて
しまう可能性がありますので、そうならないためにも、十分気をつけなければなりません。



 カテゴリ

医師転職サイトは面接にまで同行してくれる




■求人を中々紹介してくれない理由


医師転職サイトにかぎらず、転職サイトの広告を見ていると、「求人情報」が非常に豊富で
迅速に紹介できるようなことを高々とうたっているものが少なくありません。


しかし、実際に無料会員登録したにもかかわらず、一向に求人を紹介してくれないところも
あるます。これではどうやっても医師の皆様の転職を成功させることはできません。


これはわざと無視している可能性も考えられますが、その求職者が示す条件があまりにも
厳しいと転職サイト側が判断したため、一向に連絡が入らない事態に陥るわけです。





■気になる求人情報を調べてくれる


求人情報に関するリサーチを、全て医師転職サイト側に任せてしまうのは危険すぎます。
医師転職市場がどのようなものか全く分からない状態で転職活動を進めるようなものです。


しかし、ある程度自分で求人情報を調べてみて、ひっかかるような求人があれば、キャリア
コンサルタントに遠慮せずに求人先に問い合わせてもらってみてください。


頼みにくいかもしれませんが、普通であれば嫌な顔せずに直ぐに調べてれます。しかし、
場合によっては、コンサルタント自ら電話で断ってくるケースがあるかもしれません。
そうした医師転職サイトを利用するのは見送ったほうがよいでしょう。





■面接にまで転職サイトの社員が同行してくれます!


ユニークなサービスとして、キャリアコンサルタントが医師の皆様の面接に同行することも
できます。意外に思われるかもしれませんが、こうしたことは特別珍しいことではありません。


傾向としては面接に医師転職サイトの社員が同行するケースが増えています。こうすること
によって、有利に面接を進められます、が自分で応募した場合は、こうはいきません。


医師転職サイト側が広範囲に渡ってカバーしてくれるの、面接の後に行われる小難しい条件
交渉も気軽に行ってくれますので、非常にやりやすいと、実感して頂けると思います。


ちなみ転職サイトの人間が面接にまで同行してくれるサービスを提供してくれるのは、恐らく
医療系の転職サイトだけだと思います。一般の転職サイトよりも遥かに条件が良いです。



 カテゴリ

転職活動に関する相談が気軽にできる




■医師転職サイトはあくまでも一つの選択肢


医師の皆様が転職をするうえで医師転職サイトは、強い味方となりますが、だからといって
万能ではありませんので、あくまでも選択肢の一つとして捉えていただければ幸いです。


しかし、これほど質の高いサービスを無料で利用できるわけですから、利用しない手はあり
ません。今回は、医師転職サイトを上手に利用するポイントについて解説させて頂きます。


先に注意点をまず一つ以下のサービスは医師転職サイトによっては、行っていないケース
もありますので、その旨ご了承願いますよう何卒よろしくお願い申し上げます。





■転職について幅広く相談できる!


医師転職サイトは医師の皆様の転職支援サポートを提供することに特化していますので、
一般的な求人メディアが持つ求人情報とは根本的に質が全く違います。


また、ただ単に一方的に情報を送りつけてくるといった無機質なサービスではありません。
基本的に転職活動は手続きなどが意外と面倒なことが多く、色々と手間がかかります。


医師の皆様は、日々激務をこなしているわけですから、転職活動に避ける時間は限られて
いますので、いかに効率よく行っていくかが、転職活動を成功させるカギとなります。





■時間が無い方ほど相談しましょう!


転職活動をスタートさせる前に、まず自分のキャリアの棚卸しをおこない、それに応じた求人
はあるのか調べる必要があります。スタートでいきなりこけないためにも非常に重要です。


そして、転職する目的や目標を明確にしていきます。とはいっても色々と忙しいわけですから、
迷いが生じると思います。ですので、先に医師転職サイトに登録するのも一つの手です。


また、医師の求人市場が現状どうなっているのか知るためにも医師転職サイトは非常に重要
な役割を果たしてくれています。時間がない医師の皆様の強い味方となってくれるでしょう。



 カテゴリ
 タグ

医師転職サイトを利用するメリット




■医師転職サイトを利用する3つのメリット


今回は、医師転職サイトを利用するメリットについて解説させていただきます。

医師転職サイト利用するメリットは主に3つの点があげられます。


(1)ハローワークや一般の求人メディアに掲載されていない求人情報が入手できる

(2)キャリアコンサルタントとともに将来的なキャリアプランを具体化できる

(3)コンサルタントが転職活動における面倒な手続きを代行してくれるので、効率よく
  転職活動をすすめることができるので、普段通り勤務することが出来る





■メリットの詳細について


「メリット(1)について」

求人側である医療機関(主に病院)にとって、病院名や会社名を公にを出したくないことを
主な理由に、求人情報を公表したくないとするケースが意外にも多いんです。


信用をなにより大切に考えている証でもありますが、そういった医療機関では、登録して
頂いた方のみ公表します。これが未公開求人です。これは非常に大きな前メリットです。



「メリット(2)について」

医師の中には、経営陣からより効率よく医療行為を行うように圧力をかけられているのに
対し、我慢の限界を超えたことを理由に退職を検討されているケースが多いです。

ただし、現状に満足できないのであれば、それに向かってしっかりとプランをたてる必要が
あります。しかしそうした思いを抱きながら具体的にどうするか明確にない方が多いです。


キャリアコンサルタントと具体的な話を進めていくうちに将来的な方向性が明確になります。



「メリット(3)について」

医師転職サイトでは医療機関の広範囲に渡るデータ収集を行っていますので、求人情報
の本質的な部分をしっかり把握した上で医師の皆様にキャリアプランを提案できます。

実際に求人側の担当者と連絡を取って、不明な点はすぐに調べてくれますし、自分でやる
のは気が引ける面倒な交渉ごとなども行ってくれますので非常に安心です。




■孤独な転職活動にさようなら!


転職活動は本当に孤独な作業の連続です。不安で心が折れそうになることもあるでしょう。
しかし、医師転職サイトを利用すれば、キャリアコンサルタントがバックアップしてくれます。
利用者の色々な相談を受けてくれるので、まずは気軽に会員登録してみてください。



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます