2014年03月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年03月

2014年03月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医局の重要性について以前ほどではありませんが、依然として日本の医療における医局が果たす役割は大きいです。医局から派遣される医師によって、それぞれの地域の医療が何とか保たれています。これは紛れもない事実ですよね。ですので、医局員である医師の先生方が少なくなれば、当然のことながら、医師の数が少なくなった分だけ医師の派遣が難しくなっていきます。そうなれば、その地域の医師不足をも引き起こしかねない大きな...

記事を読む

no-image

その他
■病院の苦しすぎる裏事情医師のアルバイトの給与事情について、これまで何度か申しあげてきた通り、常勤医師の給与よりも非常勤医師の給与の方が圧倒的に割高に設定されています。しかし、医療崩壊が叫ばれて久しく、大都市圏にある超大型病院が破綻する時代におきまして、なぜそれほどまでに高額な給与を支払うことが出来るのか、疑問が生じます。実際に日本国内にある病院の半数以上が赤字とされていますので、それほど高い給与...

記事を読む

no-image

その他
■なぜアルバイトするのか?医師として確かなキャリアがあり、年収も2000万円近くあるにもかかわらず、勤務がお休みの日に他の病院でアルバイトしている医師の先生が結構いらっしゃいます。「 いったいなぜ? 」と、超多忙にもかかわらずアルバイトにも精を出している姿をみて、いつも不思議に思っていたのですが、所詮医師の先生方も人の子なんですね。欲しい物を手に入れるために頑張ってアルバイトする方が多いです。もちろ...

記事を読む

no-image

その他
■アルバイトの方が実労働の対価が良い!一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので...

記事を読む

no-image

その他
■アルバイト医師でも年収2000万円?医師のアルバイトの平均的な時給が約1万円です。日中勤務だけをこなすだけでも日給8万円になります。これを週五日行ったとし、月22日勤務したとすれば172万円となります。つまりアルバイトだけでも医師の先生方は、年収2000万円を稼ぎだすことができるわけです。「えっ?私常勤だけどそんなに稼いでない」といった声が聞こえてきそうです。■非常勤医師の給与の方が割高?確かに常...

記事を読む

no-image

その他
■医師のアルバイトの時給は高額?一般の方が行うパートやアルバイトの大半がサービス業です。時給も1000円前後と安く設定されています。特殊な技術を活かせる仕事でも、せいぜい2000円くらいです。ですので 友人に医師の先生方のアルバイトの時給や日給が高いと教えると大抵驚愕します。ちなみに医師の先生方の時給は1万円前後ですので、日給にすると8万円以上となります。■医師のアルバイトの時給と日給の相場仕事の中身につい...

記事を読む

no-image

その他
■医師の労働市場は狭い?今現在日本国内には、約8500の病院が存在します。8500という数字が大きいか小さいかは別として、医師が働ける場所を病院だけに限定した場合、これが需要側の総数となります。もちろん医師が働けるのは病院だけに限られません。しかし大半の勤務医は病院で働きますので、医師の皆様が転職先を探す場合、8500の病院の中から自分にあう病院を探します。地域によって人口の数が異なるので、 病院の数は地域によ...

記事を読む

no-image

その他
■圧倒的に医師が不足しているのは内科!医師の皆様は、実際の医療現場で目の当たりしているのでお分かりだと思いますが、圧倒的に医師が不足しているのは内科です。求人情報の過半数を占めるくらい需要があります。実際に病院を訪れる患者さんの約半分が内科であることから、医師の割合も必然的に内科が半分を占める恰好となります。ですので、医師不足の大半は内科医不足です。しかし内科といっても色々な専門がありますが、求人...

記事を読む

no-image

その他
■医師充足ランキングについて「人口10万対医師数」という都道府県別に10万人の人口に対して何人の医師がいるかを示すデータが厚生労働省から発表されているのですが、ご覧になったことはありますか?大変興味深いことに2010年に発表されたデータによりますと、医師の多い県のベスト3は、1位京都府286.2人、2位東京都285.4人、3位徳島県283.0人となっています。反対にワースト3は、1位埼玉県142.6人、2位茨城県158.0人、3位千...

記事を読む

no-image

その他
■一般企業におきかえると大変さが分かります医局を退局しようにも、一般企業に勤務するサラリーマンの方が退職するようにはいきません。サラリーマンの方の場合、普段接する機会が多い直属の上司に相談します。そして部長などにつないでもらうわけですが、医局の場合はいきなり教授に退局の相談をすることになります。これは一般企業でいえば、社長にいきなり退職願をだすようなものです。■退局を伝えるだけでも大きなストレス社員...

記事を読む

医局に属することの厳しい現状について




■医局の重要性について


以前ほどではありませんが、依然として日本の医療における医局が果たす役割は大きいです。
医局から派遣される医師によって、それぞれの地域の医療が何とか保たれています。


これは紛れもない事実ですよね。ですので、医局員である医師の先生方が少なくなれば、当然
のことながら、医師の数が少なくなった分だけ医師の派遣が難しくなっていきます。


そうなれば、その地域の医師不足をも引き起こしかねない大きな問題です。





■医局員は多ければ多いほどいい?


医局員が多いと色々なメリットがあります。例えばその分だけ組織は大きくなるわけですから、
医局内に様々な教育システムを作ることによって、それぞれの分野に研究に没頭できます。


そうした力を拡大することができれば、医局の重要性をより高めることができます。しかしながら
こうしたことは、所詮は医局を運営する側にとってのメリットでしかありません。





■とにかく仕事量がハンパではない


医局に在籍している医師の皆様の多くが、とてつもない激務をこなさなければなりません。特に
若いころは寝食を忘れて働かなければならないほど大変です。しかも驚くほど薄給です。


はっきりいって仕事内容と給与のバランスが全くとれていません。そういうと一般のサラリーマン
の方からは「そんなことをいったらどこも同じだ」といった声が聞こえてきそうです。


しかし、実際に医局から派遣されている医師の先生方が派遣先の病院で働いている姿を見たら、
そうした言葉がでてこないくらいの激務を日々こなしています。それくらいハードなんです。





■医局員が抱える心の葛藤


また結婚に関しても難しい環境に身をおかざるえない状況にあります。なぜなら医局からの派遣
される病院が本院から離れた関連病院であっても、黙って受け入れなければならないからです。


結婚して子供が生まれたら安定を望むのが普通です。しかし来年どこに飛ばされるか分からない
状況では、だれでも不満を覚えます。医局側もこうした不満を抑えるために色々工夫しています。


例えばベテランの先生は本院を基本とし、遠くの関連病院には若い医局員を派遣して経験を積ま
せます。しかし、何があっても医局員である以上、教授の人事決定には逆らえません。



 カテゴリ
 タグ

医師のアルバイト求人は減少方向へ!




■病院の苦しすぎる裏事情


医師のアルバイトの給与事情について、これまで何度か申しあげてきた通り、常勤医師の給与
よりも非常勤医師の給与の方が圧倒的に割高に設定されています。


しかし、医療崩壊が叫ばれて久しく、大都市圏にある超大型病院が破綻する時代におきまして、
なぜそれほどまでに高額な給与を支払うことが出来るのか、疑問が生じます。


実際に日本国内にある病院の半数以上が赤字とされていますので、それほど高い給与を払い
つづけるのは容易では無いはずなのですが、非常勤の給与が大きく下がる気配はありません。





■常勤医師の重要性がより高まる!


アルバイト医師に支払わなければならない給与が経営を逼迫させてしまったら 何の意味もあり
ませんので、最近はどこの病院も常勤医師の確保を最重要課題としています。


このため常勤医師を確保した段階で非常勤で勤務しているアルバイト医師にやめてもらいます。
とくに大都市圏の病院は、地方よりも人材を確保しやすいので、そうした傾向が強いようです。


問題は地方の病院です。常勤医師を確保すること自体が容易ではないので、アルバイト医師に
高額の給与を払い続けなければなりません。こうした歪んだ構造が病院経営を蝕んでいます。





■今後アルバイト求人は確実に減る


私が住んでいる東京では、これまで以上に常勤医師の確保に力を入れる病院が増えているので、
実際に以前よりも目に見えて医師のアルバイト求人の数は減っています。


やはり、アルバイトとして仕事をこなすだけでは、長期的に医師として働くために必要な能力開発
やキャリアの継続は困難であるため、アルバイトを掛け持ちする働き方はおすすめできません。


常勤医師として勤務しながら余力がある場合に限定してアルバイトをするのが一般的です。時給
1万円は確かに魅力的ですが、常勤医師として働けるステータスを捨てる価値はありません。



 カテゴリ

医師がアルバイトする裏事情




■なぜアルバイトするのか?


医師として確かなキャリアがあり、年収も2000万円近くあるにもかかわらず、勤務がお休みの
日に他の病院でアルバイトしている医師の先生が結構いらっしゃいます。


「 いったいなぜ? 」と、超多忙にもかかわらずアルバイトにも精を出している姿をみて、いつも
不思議に思っていたのですが、所詮医師の先生方も人の子なんですね。


欲しい物を手に入れるために頑張ってアルバイトする方が多いです。もちろん知識やスキルを
高めるための勉強に費やす資金作りのために頑張っている方もいます。





■結婚すると徹底的に管理される?


世の女性からすれば旦那様の職業として「医師」は、まさにS級クラスの職業で、全く申し分ない
わけですが、それゆえに、結婚後は色々なことを心配しなければならないようです。


奥様方も恋愛中はわりと旦那様の仕事に関しては自由だったのが、結婚してから何から何まで
徹底的に管理されるようになり、お小遣いも満足にもらえない方が結構います。


驚いたことに月3万円のお小遣いで何とかしのいでいる方もいます。これでは当然何も買うことが
できないので、欲しいものを買うためにアルバイトしている医師の先生方が少なくありません。





■頑張れば2年で高級車も夢ではない?


医師の先生方の中には車が好きな方が多いですよね。ある医師の先生で、ポルシェに乗ることが、
子供の頃からの夢で、その願いがようやく叶えられそうな頃に今の奥様と電撃的に結婚しました。


お給料全部管理されているので、自由に出来るお金が無く、渋々アルバイトを始めます。しかし、
1000万円以上する車をアルバイトの給与だけで買えるのか車に興味がない私には疑問でした。


その先生は約2年間一日も休むことなく以下の通り働きました。


(1)外来のアルバイト

日給8万円×月4回×12ヶ月=384万円


(2)隔週で当直のアルバイト

20万円×月2回×12月=480万円



良い仕事をするには、なにか目標がないとだめなようです。ただ知識やスキルを高めたいだけでは
難しいのすね。高級車じゃなくても自分の趣味に費やす資金稼ぎは良い目標となりそうです。



 カテゴリ
 タグ

常勤より非常勤の方が給料が良い理由




■アルバイトの方が実労働の対価が良い!


一般の会社が正社員よりもアルバイトを積極的に雇用するのは、正社員として雇用するよりも
安く雇用することができるためですよね。これにより人件費を抑えることができます。


一方、医療業界は事情が異なります。決して病院経営が良好ではないにもかかわらず、常勤
医師よりも非常勤医師の方が給与は圧倒的に割高に設定されています。


アルバイトと勤務すれば、いわゆるサービス残業がないので、実労働としての対価は常勤医師
よりも非常勤医師の方が遥かにいいので、知人にこの話をすると大抵驚かれます。





■なぜ非常勤の方が常勤よりも実入りが良いのか?


なぜこのような状態にあるかといえば、医局の力が絶対だった頃は、大学医局に所属する医師
が大半でした。世間の人達は医師=高収入というイメージがありますが、現実は厳しいです。


当時でさえも、ある程度キャリアを積むまでは少ない給料に甘んじなければなりません。そこで、
アルバイトしながら本業とのバランスを取る医師の方も多かったんです。


そして、派遣先の病院からは、医局から派遣される医師が大変重宝されていたので、給与水準
を上げることによって、医局と良好な関係を持とうとしたことが要因として考えられます。





■なぜアルバイトの時給はどこも高いのか?


常勤医師の給与に関しては、一般企業のそれと同じく、 それぞれの病院の立地や働き方、科目
の違いや年齢などを考慮した上で、病院側が独自に決めることができます。


ですので、医師によって給与の差がでるのは理解できますが、アルバイトは仕事自体の内容が
ほぼ同じであるため、病院側独自では決められない面もあります。


例えば以下の条件を同じ県内の病院が提示したいたとしたら、A病院に応募が殺到しますよね。
B病院は非常勤医師を確保するのが難しくなるため、他の病院と横並びになってしまうのでしょう。


A病院:1コマ5万円(時給1万2500円)

B病院:1コマ4万円(時給1万円)



 カテゴリ

アルバイト医師が年収2000万円の世界




■アルバイト医師でも年収2000万円?


医師のアルバイトの平均的な時給が約1万円です。日中勤務だけをこなすだけでも日給8万円
になります。これを週五日行ったとし、月22日勤務したとすれば172万円となります。


つまりアルバイトだけでも医師の先生方は、年収2000万円を稼ぎだすことができるわけです。
「えっ?私常勤だけどそんなに稼いでない」といった声が聞こえてきそうです。





■非常勤医師の給与の方が割高?


確かに常勤医師の平均年収よりも大幅に上回っています。普通一般の会社では、 アルバイト
の方が正社員よりも安く雇用できるということで、積極的にアルバイトを採用します。


しかし医師のアルバイトの場合は、一般では考えられないほど状況が大きく異なります。常勤
医師よりも非常勤医師の方が給与水準が割高に設定されているケースが多いんです。


医療機関の多くが封建的な世界が根強く続いているせいからか、意外とこうしたことを知らない
医師の先生が少なくありません。転職を機に色々病院の裏事情を知るケースが多いです。





■アルバイト医師の成功例とは?


女性医師の場合、結婚・出産を機に産休に入るわけですが、産休が明けても子育があるので
復職したくても、勤務シフトが複雑で長時間拘束される常勤医師として働くことが困難です。


このため日中勤務を中心にアルバイトする方が少なくありません。最初は週に二回程度だった
のが、こどもの成長に合わせて徐々に勤務日数を増やしていくケースが多く見受けられます。


特殊なケースとはいっても、当直がゼロのアルバイト医師が勤務医よりも年収が多くなるのは
事実でありまして、今後しばらくはこうした傾向が続くことになりそうです。



 カテゴリ

医師のアルバイトは平均日給8万円




■医師のアルバイトの時給は高額?


一般の方が行うパートやアルバイトの大半がサービス業です。時給も1000円前後と安く設定
されています。特殊な技術を活かせる仕事でも、せいぜい2000円くらいです。


ですので 友人に医師の先生方のアルバイトの時給や日給が高いと教えると大抵驚愕します。
ちなみに医師の先生方の時給は1万円前後ですので、日給にすると8万円以上となります。





■医師のアルバイトの時給と日給の相場


仕事の中身についてですが、 外来対応は、初診の患者さんを診たり、自分の得意科目による
専門外来を持つことができます。勤務時間は午前中のみか、丸1日となります。


午前中のみならば時給1万円×4時間=日給4万円


1日働くと時給1万円×8時間=日給8万円となります。


また、日勤だけでなく夜間の当直のアルバイトもありまして、 常勤医師が少ない夜半から朝方
にかけて、病棟での患者さんの急変に対応するのが主な仕事です。





■医師アルバイトの給与が高い理由


患者さんに特別異変がなければ当直室で就寝することもできます。夜間の当直のアルバイトは、
だいたい一晩で約4万円です。一般の人達からすれば考えられないくらい高額です。


もちろん医師の皆様のお仕事は、非常に高度な専門性があるため、アルバイトであったとしても
給与が高額なのは当然です。そうでなければ医療業界はとうの昔に絶滅しています。


そもそも人の命をあずかる仕事に従事されている人と一般の仕事を比較するほうが無理があると
思います。しかし、デフレが20年近く続いている状況では、高すぎるとする声も一部にあります。



 カテゴリ
 タグ

選択肢が少なすぎる医師の転職事情




■医師の労働市場は狭い?


今現在日本国内には、約8500の病院が存在します。8500という数字が大きいか小さいかは
別として、医師が働ける場所を病院だけに限定した場合、これが需要側の総数となります。


もちろん医師が働けるのは病院だけに限られません。しかし大半の勤務医は病院で働きます
ので、医師の皆様が転職先を探す場合、8500の病院の中から自分にあう病院を探します。


地域によって人口の数が異なるので、 病院の数は地域によって大きな差があります。例えば
東京には642も病院があるのに対し、島根県は県全体でたった53しかありません。






■なぜ選択肢がこれほどまでに狭いのか?


地方は依然として大学医学部の影響力が強いため、医師の大半が医局から派遣されている
病院ですと、応募しても医局との関係を重視しすぎるため、採用されない可能性もあります。


こうしたことから医師の転職は一般のサラリーマンとは比較にならないほど選択肢がせまい
ので、転職先は常に限られています。こうした傾向は今後も大きく変わることはありません。





■冷静な行動が大切


そして、自分の専門科目で募集しているとは限りません。確かに最も需要が多いとされている
内科系の求人は多いので、どこの病院もつねに募集している状態なので問題ありません。


一方、外科系や他科系などに関しては、 残念ながら募集が限られています。やっとの思いで
医局を離れても、希望の勤務地では求人が全くない状況も十分ありえます。


ですので、医師の皆様が転職を決意されたのであれば、まず十分に医師の労働市場を意識し、
勢いだけで無謀な行動をとるのではなく、冷静に行動しなければなりません。



 カテゴリ
 タグ

医師の求人が圧倒的に多いのは内科?




■圧倒的に医師が不足しているのは内科!


医師の皆様は、実際の医療現場で目の当たりしているのでお分かりだと思いますが、圧倒的
に医師が不足しているのは内科です。求人情報の過半数を占めるくらい需要があります。


実際に病院を訪れる患者さんの約半分が内科であることから、医師の割合も必然的に内科が
半分を占める恰好となります。ですので、医師不足の大半は内科医不足です。


しかし内科といっても色々な専門がありますが、求人情報を科別に分けると上位10のうち半分
以上が内科の科目となっているので、いかに医師が不足しているか良く分かります。





■なぜ小児科や産婦人科の求人が少ないのか?


テレビや新聞などのメディアでは、ことさら小児科や産婦人科の医師が不足していることから、
満足な医療が受けられないといった報じられかたがなされています。確かにこれは事実です。


これらの科目は、ただ単に医師の数が少ないだけでなく、訴訟リスクや経営上の問題が多分
にあるため、どこも病院を集約化することで、こうした問題を回避する動きが広がってます。


勿論どこの病院もきちんとこれらの科を設けているわけですが、 科そのものの規模が小さい
ので、病院全体の割合から見れば非常に小さいく、求人の数としても多くないわけです。





■今後ますます病院経営が難しくなる?


それゆえ科目を標榜する医療機関が少なくなっており、求人の数ということでは、それほど多く
はありませんし、皮膚科や耳鼻科、麻酔科などのマイカー科も求人は少なくなります。


どこの病院も人材不足で苦しめられていながら、赤字経営のところが少なくありません。首都圏
の老舗病院が倒産する時代ですから、今後ますます厳しい状況を迎えるかもしれません。


ですので、やむえず転職を余儀なくされることもあるでしょう。そうなったときに頼りになるのは、
確かな情報と、その情報に対して適切なアドバイスをしてくれる存在です。


その役割を果たしてくれるのが医師転職サイトの存在です。もし将来的なキャリアプランを明確
にしたいのであれば、相談するだけでも十分利用する価値はあります。



 カテゴリ
 タグ

地域によって医師の雇用条件に差がある




■医師充足ランキングについて


「人口10万対医師数」という都道府県別に10万人の人口に対して何人の医師がいるかを示す
データが厚生労働省から発表されているのですが、ご覧になったことはありますか?


大変興味深いことに2010年に発表されたデータによりますと、医師の多い県のベスト3は、
1位京都府286.2人、2位東京都285.4人、3位徳島県283.0人となっています。


反対にワースト3は、1位埼玉県142.6人、2位茨城県158.0人、3位千葉県164.3人です。





■地域によって雇用条件の差があります


病院の数も圧倒的に東京が多いわけですから、普通に考えれば医師は東京に集中していると
思いますが、それ以上に人口数が少なくて経済規模も小さい京都の方が多いんです。


このデータをもとに考えれば、日本一医師が足りていない埼玉県の医師の方が日本一医師が
足りていない京都よりも、医師の求人数が多いと考えることができます。





■必ずしも同じ条件で転職出来るとは限らない


当然のことながら需要と供給によって、条件も良くなるので、医師の数が多い京都の医師よりも
医師が足りていない埼玉県の医師の方が給料などの条件面が良い可能性が高いわけです。


ですので、もし仮に今現在埼玉の病院に勤務されていて、1800万円以上の年収を得ていたと
ます。年老いた両親の面倒を見るために東京に転居することになりました。


しかし、東京の病院で同じ条件を提示してくれる求人を探そうと思っても難しいわけです。しかも、
求人が仮にあったとしても、応募する医師の数も多いので勝ち取るのが容易ではありません。





■状況を確認するためにまず相談!


こうしたことから、現在お住まいになられている地域の医師の充足状況を把握した上で転職活動
を進めていかないと、転職そのものが失敗する可能性がより高まりますので、ご注意下さい。


こうした医師の充足状況を確認するのは個人では難しいかもしれませんが、医師転職サイトなら
すぐに教えてくれますので、早い段階で相談だけでもされることをオススメします。



 カテゴリ
 タグ

なぜ医局を退局するのが難しいのか?




■一般企業におきかえると大変さが分かります


医局を退局しようにも、一般企業に勤務するサラリーマンの方が退職するようにはいきません。
サラリーマンの方の場合、普段接する機会が多い直属の上司に相談します。


そして部長などにつないでもらうわけですが、医局の場合はいきなり教授に退局の相談をする
ことになります。これは一般企業でいえば、社長にいきなり退職願をだすようなものです。





■退局を伝えるだけでも大きなストレス


社員数30人未満の零細規模にある会社であれば、毎日ようによう会っているので、直属の上司
もいないため、いきなり社長に退職について相談しても問題ないかもしれません。


しかし、社員数1万人以上の大企業の社長に退職について報告しなければならないと、なったら
どうでしょう?考えただけでとてつもないストレスを感じるのではないでしょうか?


電話で社長と話すアポイントを取るだけでも大変です。医局を退職するというのは、そういうこと
なんですよね。教授に退局の相談をしにいくと考えただけで胃が痛くなりますよね。





■他にもある退局が難しい理由


教授の権威はさすがに以前ほどは高くはありませんが、それでも教授の考えが絶対であることに
変わりありませんので、単に辞めますというだけですまされないのが現状なんです。


一方、医局からすれば医局員が多ければ多いほどいいわけですから、教授からすれば一人でも
退局されたら困るんです。なぜ医局の力がこれほどまで大きいか考えたことがありますか?


大都市圏では医科大が沢山ありますので、医局派遣も多種多様です。しかし、地方では医局から
派遣される医師がいなければ病院経営は瞬時に崩壊するところばかりなんです。





■悩む前にまず相談!

つまり、地方にいけばいくほど医局派遣の依存度が高いので、 医局の影響力が非常に大きくなり
ます。こうした理由からも簡単には退局できないわけです。しかし、退局できなければ困ります。


転職先がすでに決まっている場合はなおさらです。そうした場合に強い見方となってくれるのが、
医師転職サイトや人材紹介会社です。退局の相談にのるだけではありません。


その場に立ち会って退局までサポートしてくれます。精神的な負担が大幅に軽減されますので、
もし悩まれているのであれば、相談するだけでもする価値は十分にあります!



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます