2014年04月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年04月

2014年04月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■大学医局とは?残念ながら一般の人の間で大学医局の存在を知る人は、ほとんどいません。その名前を耳にしたことがあっても、その存在がどのようなものか答えられるのはごく少数です。ただ漠然と医療ドラマのようイメージを持たれているかもしれません。■後期研修を終えると...もし病気になれば、まずどのクリニックに行くかで迷われると思います。例えば風邪をひいたのであれば、内科、骨折やねんざであれば整形外科を利用します...

記事を読む

no-image

その他
■脅威のマッチング率医学部の6年生が研修先を決めるために利用する「臨床研修マッチング」によって、ほとんどの医学生の研修先が決まります。研修先が決まる=就職先が決まるのと同じです。この「 臨床研修マッチング 」によるマッチングは大変優れていまして、毎年95%を超えていますので、就職率100%に限りなく近い数字をたたき出しています。一般の学生からすると到底考えられない高い数字です。しかし、これだけではな...

記事を読む

no-image

その他
■医師はどの仕事よりも修行期間が長いこちらをご覧になられている皆様の多くが経験されていると思いますが、まず医師になるには、大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格しなければなりません。しかしながら、医師国家試験に合格してもすぐに患者さんを診察することはできないわけでして、研修医として初期研修~後期研修まで約6年ほど修行期間があります。■2004年に研修医制度が大きく変わるこうした点が他の国家資格と大...

記事を読む

no-image

その他
■自信過剰が命取りに研修医の約三割がうつ病など心の病に苦しんでいるといわれているくらい、過酷な環境で働いているわけですが、これを乗り越えなければ一人前の医師にはなれません。こうした長期的な体調不良に陥る研修医の特徴としては、周囲の評価以上に自分自身を過剰に評価している傾向にあります。このため身の丈にあった研修病院を選びません。どう考えても無謀としか思えないほどレベルの高い優秀な病院を選ぶ傾向が強い...

記事を読む

no-image

その他
■なぜ労働市場を把握する必要があるのか?医師の先生方の中には、医師の労働市場および労働環境が今現在どのような状況にあるのか、残念ながら全く把握していない人が少なくありません。これはこれで問題です。勤務している地域や科目によって医師が少なかったり多かったり、それぞれの診療科の働き方、どれくらい忙しいかを知らなければ自分の状況を相対的に評価できません。医師としての自分の役割を見いだせないまま働き続ける...

記事を読む

no-image

その他
■目的意識の低い医師も多い?医師として今現在働いている人全員が医師として将来的に明確な目標・目的があるわけではありません。中には驚いてしまうくらい目的意識が低い医師の方も当然います。親の後を継ぐために仕方なく 医師になった人や 学生時代成績がずば抜けて優秀だったため、教師にすすめられるまま医師になってしまった人も少なからずいます。「本当はミュージシャンになりたかった」 「IT系の企業で働きたかった...」...

記事を読む

no-image

その他
■将来に希望を見いだせない人が増えている転職支援サービスを利用する医師の先生方の中には、今だに自分の適正が何かわからずに色々と迷われていることから、将来に希望が見いだせない方が少なくありません。しかし、残念ながら医師転職サイトのスタッフも、医師としてしっかり目標と目的が定まっていなければ、適切な就職先、転職先の紹介やキャリアプランを提示することはできません。■思い悩んだらやるべきこととは?すでに医師...

記事を読む

no-image

その他
■医師専門の転職支援サービスの需要が急増中医師転職サイトは、求職者である医師の先生方と求人先の医療機関のマッチングが主な仕事です。最終的なゴールである採用までを出来るだけ効率よくスムーズに行います。ですので、ここ数年で医局の力が大幅に低下したこともあいまって、飛躍的に利用者数が増大し、すでに医師専門の人材紹介会社は、大中小合わせて100社を超えてます。■医師転職サイトのマッチングについて採用に至るに...

記事を読む

no-image

その他
■ドクターバンクとは?医師不足を解消するために各自治体や地域レベルで色々な試みが行われていますが、今回は、そのうちの一つであるドクターバンクの実情について解説させていただきます。ドクターバンクは、医師が不足を解消するために各地域にある医師専門の職業案内所です。基本的にドクターバンクは医師会が運営していまして、完全無料で利用できます。しかし、ドクターバンクで働いているスタッフは、地方自治体の職員が多...

記事を読む

no-image

その他
■解消されない医師不足問題の現状依然として深刻化が進む「 医師不足問題 」を解消するための一つの手段として、出産や育児を理由に離職した女性医師の復帰を支援する動きが日本全国の病院で広がっています。実際に女性医師の支援を病院側もそれなりに取り組んでいます。院内に保育施設を設けたり、短時間勤務制度を採用することで、「女性医師を活用しよう」といった強い姿勢がみられます。しかしながら、医師不足を解消したい病...

記事を読む

医局は教授が絶対的な権力を持つ世界




■大学医局とは?


残念ながら一般の人の間で大学医局の存在を知る人は、ほとんどいません。その名前を
耳にしたことがあっても、その存在がどのようなものか答えられるのはごく少数です。


ただ漠然と医療ドラマのようイメージを持たれているかもしれません。





■後期研修を終えると...


もし病気になれば、まずどのクリニックに行くかで迷われると思います。例えば風邪を
ひいたのであれば、内科、骨折やねんざであれば整形外科を利用します。


診療科によって実際に受けられる医療的ケアが異なるので、花粉症で苦しんでいるのに
整形外科にいっても適切な治療を受けることは当然のことながらできません。


医師になってまず選択しなければならないのは、自分が進む診療科を自ら選ばなければ
なりません。言葉にすれば簡単ですが、将来を決めることなので皆さん迷われます。





■市中病院と大学病院における医師の扱い


初期研修を終えて後期研修を市中病院と大学病院のいずれかで受けることになります。
市中病院で後期研修を終えると、その時点で勤務医として本採用されます。


そして、その所属先として内科や外科といった診療科に属することになります。


一方、大学医学部で後期研修を受けると「 なちゃら大学医学部 麻酔学教室 」に入局
する形になります。市中病院・大学病院それぞれメリット・デメリットがあります。





■大学医局は教授によって支配されている?


医局は組織自体が一種独特な雰囲気があります。医局によっては、独立性が高く革新的
だったりする一方で反対に極端に閉鎖的で封建的なところも依然として多いです。


こうした背景には医局のトップである教授の影響力が強いことも大きな要因としてあげ
られます。教授が絶対的な権力を持っているので、問題視する声も多いです。



 カテゴリ
 タグ

最近の医学生の就活事情について




■脅威のマッチング率


医学部の6年生が研修先を決めるために利用する「臨床研修マッチング」によって、ほとんど
の医学生の研修先が決まります。研修先が決まる=就職先が決まるのと同じです。


この「 臨床研修マッチング 」によるマッチングは大変優れていまして、毎年95%を超えて
いますので、就職率100%に限りなく近い数字をたたき出しています。


一般の学生からすると到底考えられない高い数字です。しかし、これだけではないんです。





■8割超の医学生が第一希望の病院へ...


第一希望がどれだけ反映されるかの数字も発表されていまして、何と80%を超えています。
つまり、8割以上の医学生が第一希望の病院へ就職できているということになります。


基本的に初期研修は、2年間だけですが、とはいえ、これほどまでに自分の希望が通る機会
というのは、人生において、そうありませんので、この点に関しては非常に恵まれています。





■早い人で4年生の夏休みから就活開始


ここ最近の医学生の就職活動についてですが、早い人で4年生の夏休みには興味のある病院
にて「見学」及び「実習」を行います。一般的には5年生の夏休みから行います。


早く始めれば良いというわけではないですが、早く始めることによって、その分多くの病院
を回ることが出来ますので、比較検討がしやすいなど、メリットは大きいです。





■完成されたシステムがすごい!


いくつかの病院を実際に訪問し、見学・実習を受けることで幅広く情報収集できます。また、
指導医の先生やプログラム、病院の雰囲気、勤務条件などを確認することができます。


そして、 6年生の夏休みに入る前に「 臨床研修マッチング 」への参加登録を済ませ、希望
する病院の採用試験を受けて合否を待ちます。これが医学生の就活の一連の流れです。



 カテゴリ
 タグ

医学生と病院のマッチングについて




■医師はどの仕事よりも修行期間が長い


こちらをご覧になられている皆様の多くが経験されていると思いますが、まず医師になる
には、大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格しなければなりません。


しかしながら、医師国家試験に合格してもすぐに患者さんを診察することはできないわけ
でして、研修医として初期研修~後期研修まで約6年ほど修行期間があります。





■2004年に研修医制度が大きく変わる


こうした点が他の国家資格と大きく異なります。2004年に新医師臨床研修制度が導入
されたことによって、どこの病院でも研修を受けることができるようになりました。


このため医学部4年生になると、 就活に励む他の大学生のようにスーツを着て「研修先」
を決めるために自分の足で病院を訪問しながら受験する病院を決めます。





■研修医のマッチングにつてい


医学生は希望する病院を記入し、それを病院側の希望と合わせていくのですが、こうする
ことで、より精度の高いマッチングを実現するためにこうしたシステムが導入されました。


今現在「医師臨床研修マッチング協議会」によって執り行われています。一種のお見合い
のようものですが、データを集計した上でコンピューターによって研修先が決まります。





■研修先はこうして決まる


どのように研修先が決められていくのかといいますと、仕組み自体は非常にシンプルです。
例えばA大学医学部のBさんがC病院を第1希望にしていたとします。


しかしC病院側の希望リストにBさんの名前がなければ「アンマッチ」となります。そして、
第2希望、第3希望と病院側の医学生を取りたい順位を比較しながら決定します。



 カテゴリ

挫折する研修医の特徴について




■自信過剰が命取りに


研修医の約三割がうつ病など心の病に苦しんでいるといわれているくらい、過酷な環境
で働いているわけですが、これを乗り越えなければ一人前の医師にはなれません。


こうした長期的な体調不良に陥る研修医の特徴としては、周囲の評価以上に自分自身を
過剰に評価している傾向にあります。このため身の丈にあった研修病院を選びません。


どう考えても無謀としか思えないほどレベルの高い優秀な病院を選ぶ傾向が強いことが
災いとなって、数ヶ月もしないうちに燃え尽きてしまうことになります。





■研修医はこうしたつまづく


当然のことながら医学部の勉強と実際の研修はまったく勝手が異なります。 当然のこと
ながら体力のない研修医はそこで挫折します。そうなると将来に希望を見いだせません。


医療に関する技術も知識を身につけていくのは、 全て積み重ねですから、研修医の段階
で挫折すると、そこからキャリアを修正するのは言うまでもなく非常に困難です。


そうならないためにも、医学部を卒業してからのマッチングがどうしても重要です。





■理想と現実の差に苦しむ


他者のアドバイスを通じて自分の適性を理解することが大切なんですが、冒頭で申し上げ
ました通り、自分自身の能力を過大評価する研修医が少なくありません。


昨日今日格闘技を始めた人が世界最強といわれたヒョードルに勝てると思い込んでしまう
のと同じです。頭の中では自分はできると思っても、実際の現場ではそうはいきません。





■研修医に必要なのは?


しかし、こうした研修医の多くが人のアドバイスを素直に受け入れることができません。
つまり自分の適正を理解しなままマッチングの希望を出すことになります。


これでは上手くいきませんので、研修医は常に謙虚さ素直さが求められます。



 カテゴリ

医師の労働市場を把握しないと悲惨です




■なぜ労働市場を把握する必要があるのか?


医師の先生方の中には、医師の労働市場および労働環境が今現在どのような状況にある
のか、残念ながら全く把握していない人が少なくありません。これはこれで問題です。


勤務している地域や科目によって医師が少なかったり多かったり、それぞれの診療科の
働き方、どれくらい忙しいかを知らなければ自分の状況を相対的に評価できません。


医師としての自分の役割を見いだせないまま働き続けることになってしまいます。





■自分の置かれた状況を評価できない


ハードな研修医を経て医師として働きながら、何も疑問を持たずに働けるなら幸せかも
しれませんが、何となく選んでしまった科目がとんでもなく医師不足だったとします。


連日残業続きでまともに休めない状況にありながら、「どこもこんなものかな」と素直
に思えますでしょうか? 自分で選んだなら「仕方ない」と、あきらめもつきます。


しかし、教授の勧めで入局したら、教授を恨みたくなるのではないでしょうか?





■他人の意見に振り回され続ける


そうならないためにも周囲の一方的な情報に頼りすぎることは危険です。しかし、そう
はいっても、医師の労働市場・労働環境を把握できなければ頼らざるえません。


マッチングは需要と供給のバランスによって成立するわけですから、安易に進路を決め
てしまうと、将来あらゆる場面で色々と迷いが生じ、苦しむことになります。


ですので、適切な選択が出来るようになるためにも、中長期的なキャリアプランを作成
するために、医師の労働市場の状況をしっかり把握しなければなりません。



 カテゴリ
 タグ

なぜ医師にキャリアプランが必要なのか?




■目的意識の低い医師も多い?


医師として今現在働いている人全員が医師として将来的に明確な目標・目的があるわけ
ではありません。中には驚いてしまうくらい目的意識が低い医師の方も当然います。


親の後を継ぐために仕方なく 医師になった人や 学生時代成績がずば抜けて優秀だった
ため、教師にすすめられるまま医師になってしまった人も少なからずいます。


「本当はミュージシャンになりたかった」 「IT系の企業で働きたかった...」といった
具合に半ば医師になったことを後悔している人すら中にはいます。





■なぜキャリアプランが必要なのか?


明確なキャリアプランがないまま働き続けるには、 あまりにも医師の仕事は過酷すぎる
ので、しっかりとしたキャリアプランを出来るだけ早い段階で打ち出す必要があります。


そうすることで医師としての深い自覚が芽生えてきます。しかし そのままなにもせずに
放置したままにすると、精神的にさらにつらい状況へ自らを追い込むことになります。





■時代の変化に対応するには?


残念ながら医師としてのキャリアを指南してくれる教育機関は、今のところありません。
また自分にあったキャリアを選択出来る自由な環境も当然ありません。


信じられないことに今だに封建的な世界が根強いためか、「 仕事は盗みながら覚える 」
「 俺から盗め 」といった大昔からある職人の世界のような師弟関係が色濃くあります。


仕事の技術は何とかそれで覚えられるかもしれませんが、著しく変化の激しい時代を生き
ぬくためにも、一人の医師としてどう生きるか、より明確なキャリアプランが必要です。





■キャリアプランをどうやって作る?


職場にそれを求めるのは無理があります。ではどうするか?これまで沢山の医師の先生方
をサポートしてきた医師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談することです。


二人三脚であなたにあったキャリアプランを作り上げるためにナビゲートしてくれます。



将来に希望を見いだせない医師がやるべきこととは?




■将来に希望を見いだせない人が増えている


転職支援サービスを利用する医師の先生方の中には、今だに自分の適正が何かわからずに色々
と迷われていることから、将来に希望が見いだせない方が少なくありません。


しかし、残念ながら医師転職サイトのスタッフも、医師としてしっかり目標と目的が定まって
いなければ、適切な就職先、転職先の紹介やキャリアプランを提示することはできません。





■思い悩んだらやるべきこととは?


すでに医師という職業自体に興味を失っていたり、 今以上に稼げるとこならどこでもいいから
紹介しろといった態度では、どの職場でも浮いてしまい、合わないと思います。


もしも今何か漠然と思い悩んでいるのであれば、 「医師転職サイト」などが主催している無料
のキャリア相談や勉強会を開催しているので、積極的に利用されることをオススメします。


医師転職サイトのスタッフが、これまでのキャリアのアセスメントから 将来なキャリアプラン
を提案してくれますので、これまでにないくらい医師としてモチベーションが高まります。





■医師転職サイトの需要がさらに拡大


残念ながら今は病院だけでなく、ありとあらゆる業界で人材育成が軽視され、完全に機能不全
に陥っていますので、若い医師の先生方が将来のビジョンを描けないのも無理はありません。


人にはそれぞれの役割があります。そうした可能性や適性を見出そうともせずに、ただ闇雲に
「 医師不足 」を嘆いても当然のことながら問題は何も解決しません!!


そもそも頭数が揃えばいいという考えが「適正配置」を妨害しています。その結果として医師
の流出が止まらないわけです。今後ますます医師転職サイトの役割が大きくなりそうです。



医師不足解消をさまたげているものとは?




■医師専門の転職支援サービスの需要が急増中


医師転職サイトは、求職者である医師の先生方と求人先の医療機関のマッチングが主な
仕事です。最終的なゴールである採用までを出来るだけ効率よくスムーズに行います。


ですので、ここ数年で医局の力が大幅に低下したこともあいまって、飛躍的に利用者数
が増大し、すでに医師専門の人材紹介会社は、大中小合わせて100社を超えてます。





■医師転職サイトのマッチングについて


採用に至るには二つのパターンがあります。まず転職を希望されている医師の先生方の
要望をしっかりヒアリングした上で、条件に近い求人を探し出し、それをすすめます。


もう一つは、求人先である医療機関の要望にあった医師の先生を探しだし、紹介します。
ですので、最終的なゴール(採用)は同じですが、その過程が異なるわけです。





■医師の転職市場について


医師の転職市場におきまして、圧倒的に需要が供給を上回っています。こういった需要
と供給のバランスを適正化することができれば、確実に医師不足は解消できます。


しかし、残念ながら地域によって需要と供給が非常に偏っています。求人情報をみれば
一目瞭然です。例えば東京の中心部では、すでに求人の数は減少傾向に入っています。


一方、地方においては深刻な医師不足が続いているところが圧倒的に多いです。





■需給バランスは依然偏っている


医師不足が問題となって久しいですが、 微増ながら医師になる人が増えている状況で、
依然として深刻なのは、単純に医療機関と医師のマッチングの問題だと思います。


情報がしっかり行き届いていないため、マッチングがうまく行われていません。


ですので、今後医師転職サイトのような医師専門の人材紹介会社が果たす役割はさらに
大きなものになると確信していますし、現実にそうなりつつあります。



 カテゴリ
 タグ

ドクターバンクが医師から敬遠される理由




■ドクターバンクとは?


医師不足を解消するために各自治体や地域レベルで色々な試みが行われていますが、今回
は、そのうちの一つであるドクターバンクの実情について解説させていただきます。


ドクターバンクは、医師が不足を解消するために各地域にある医師専門の職業案内所です。
基本的にドクターバンクは医師会が運営していまして、完全無料で利用できます。


しかし、ドクターバンクで働いているスタッフは、地方自治体の職員が多いうえに、役所
の業務と平行して医師の就職先を紹介する仕事を行うので、どうしても質が問われます。





■ドクターバンクはなぜダメなのか?


片手間で就職・転職支援に関する色々な業務を行うわけですから、ドクターバンクよりも
医師転職サイトなど、民間の医師転職支援を行うサービスの方が断然優れています。


もちろん地方によって取り組む姿勢が全く異なりますので、ある地域においては質の高い
就職・転職支に関するサービスを提供しているところもあるかもしれません。


しかし、医師の方から過去にドクターバンクを利用したという話は、一度も聞いたことが
ありません。医師の期待値を超えるサービスを提供しないかぎり浸透しそうもありません。





■ドクターバンクよりも医師転職サイト


ドクターバンクが出来ることといえば、 せいぜい「求人情報」の紹介、施設見学・面談の
段取りくらいです。給与などの条件交渉に関しては自分で行わなければなりません。


医療機関とのマッチングに関しても質が高いとはお世辞にもいえません。 ですので、利用
する医師の先生方からすれば当然不満が募りますので、利用者が大きく増えません。


ですので 当サイトではドクターバンクよりも医師転職サイトの利用を強くおすすめします。
質の高い求人情報と手厚い転職支援サービスを完全無料で利用することが出来ます。



 カテゴリ

女性医師の復職支援プログラムの実態




■解消されない医師不足問題の現状


依然として深刻化が進む「 医師不足問題 」を解消するための一つの手段として、出産や育児を
理由に離職した女性医師の復帰を支援する動きが日本全国の病院で広がっています。


実際に女性医師の支援を病院側もそれなりに取り組んでいます。院内に保育施設を設けたり、
短時間勤務制度を採用することで、「女性医師を活用しよう」といった強い姿勢がみられます。


しかしながら、医師不足を解消したい病院側と女性医師との間では、余りにも互いに求めている
ものに差がありすぎるようで、残念ながら期待通りの結果は依然として得られていません。





■復職支援プログラムの利用について


自治体と病院が協力して女性医師を対象にした復職プログラムを運営しているケースが多いです。
しかし、復職プログラムを受講するために長時間かけて移動しなければならなかったりします。


大都市圏の病院であれば電車で問題なく通えますが、地方の場合は、大型病院が中心地から離れ
ている場合が少なくありません。車で1~2時間かかってしまうケースはザラです。


ですので、こうした復職プログラムそのものが利用しにくいという切実な問題があります。





■感謝されない病院の支援策の実態


実際に復職支援プログラムを受講しても、同じような理由から紹介された病院が遠すぎて通えない、
給与が安いなど、勤務条件が医師側の要望とあまりにもかけ離れているケースが多いようです。


子育て中の女性医師が通いやすいように保育所を設ける病院が増えていますが、利用しやすい環境
には程遠いケースが多いようです。このため実際に利用している方が少なくいようです。



Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます