2014年04月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年04月

2014年04月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■大学医局とは?残念ながら一般の人の間で大学医局の存在を知る人は、ほとんどいません。その名前を耳にしたことがあっても、その存在がどのようなものか答えられるのはごく少数です。ただ漠然と医療ドラマのようイメージを持たれているかもしれません。■後期研修を終えると...もし病気になれば、まずどのクリニックに行くかで迷われると思います。例えば風邪をひいたのであれば、内科、骨折やねんざであれば整形外科を利用します...

記事を読む

no-image

その他
■脅威のマッチング率医学部の6年生が研修先を決めるために利用する「臨床研修マッチング」によって、ほとんどの医学生の研修先が決まります。研修先が決まる=就職先が決まるのと同じです。この「 臨床研修マッチング 」によるマッチングは大変優れていまして、毎年95%を超えていますので、就職率100%に限りなく近い数字をたたき出しています。一般の学生からすると到底考えられない高い数字です。しかし、これだけではな...

記事を読む

no-image

その他
■医師はどの仕事よりも修行期間が長いこちらをご覧になられている皆様の多くが経験されていると思いますが、まず医師になるには、大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格しなければなりません。しかしながら、医師国家試験に合格してもすぐに患者さんを診察することはできないわけでして、研修医として初期研修~後期研修まで約6年ほど修行期間があります。■2004年に研修医制度が大きく変わるこうした点が他の国家資格と大...

記事を読む

no-image

その他
■自信過剰が命取りに研修医の約三割がうつ病など心の病に苦しんでいるといわれているくらい、過酷な環境で働いているわけですが、これを乗り越えなければ一人前の医師にはなれません。こうした長期的な体調不良に陥る研修医の特徴としては、周囲の評価以上に自分自身を過剰に評価している傾向にあります。このため身の丈にあった研修病院を選びません。どう考えても無謀としか思えないほどレベルの高い優秀な病院を選ぶ傾向が強い...

記事を読む

no-image

その他
■なぜ労働市場を把握する必要があるのか?医師の先生方の中には、医師の労働市場および労働環境が今現在どのような状況にあるのか、残念ながら全く把握していない人が少なくありません。これはこれで問題です。勤務している地域や科目によって医師が少なかったり多かったり、それぞれの診療科の働き方、どれくらい忙しいかを知らなければ自分の状況を相対的に評価できません。医師としての自分の役割を見いだせないまま働き続ける...

記事を読む

no-image

その他
■目的意識の低い医師も多い?医師として今現在働いている人全員が医師として将来的に明確な目標・目的があるわけではありません。中には驚いてしまうくらい目的意識が低い医師の方も当然います。親の後を継ぐために仕方なく 医師になった人や 学生時代成績がずば抜けて優秀だったため、教師にすすめられるまま医師になってしまった人も少なからずいます。「本当はミュージシャンになりたかった」 「IT系の企業で働きたかった...」...

記事を読む

no-image

その他
■将来に希望を見いだせない人が増えている転職支援サービスを利用する医師の先生方の中には、今だに自分の適正が何かわからずに色々と迷われていることから、将来に希望が見いだせない方が少なくありません。しかし、残念ながら医師転職サイトのスタッフも、医師としてしっかり目標と目的が定まっていなければ、適切な就職先、転職先の紹介やキャリアプランを提示することはできません。■思い悩んだらやるべきこととは?すでに医師...

記事を読む

no-image

その他
■医師専門の転職支援サービスの需要が急増中医師転職サイトは、求職者である医師の先生方と求人先の医療機関のマッチングが主な仕事です。最終的なゴールである採用までを出来るだけ効率よくスムーズに行います。ですので、ここ数年で医局の力が大幅に低下したこともあいまって、飛躍的に利用者数が増大し、すでに医師専門の人材紹介会社は、大中小合わせて100社を超えてます。■医師転職サイトのマッチングについて採用に至るに...

記事を読む

no-image

その他
■ドクターバンクとは?医師不足を解消するために各自治体や地域レベルで色々な試みが行われていますが、今回は、そのうちの一つであるドクターバンクの実情について解説させていただきます。ドクターバンクは、医師が不足を解消するために各地域にある医師専門の職業案内所です。基本的にドクターバンクは医師会が運営していまして、完全無料で利用できます。しかし、ドクターバンクで働いているスタッフは、地方自治体の職員が多...

記事を読む

no-image

その他
■解消されない医師不足問題の現状依然として深刻化が進む「 医師不足問題 」を解消するための一つの手段として、出産や育児を理由に離職した女性医師の復帰を支援する動きが日本全国の病院で広がっています。実際に女性医師の支援を病院側もそれなりに取り組んでいます。院内に保育施設を設けたり、短時間勤務制度を採用することで、「女性医師を活用しよう」といった強い姿勢がみられます。しかしながら、医師不足を解消したい病...

記事を読む

no-image

その他
■臨床研修医制度は問題だらけだったのか?2004年に導入された新医師臨床研修制度によって、大学医局の力は削がれ、医局から派遣される医師に依存していた地方の病院はより医師不足が深刻化することなりました。しかし、研修医からすると自由に研修先を選べるようになるなど、それなりにメリットも多く、実際に研修を終えた研修医の多くが臨床研修医制度自体に満足されているようです。それまでは医局で上級医師の下働きをさせ...

記事を読む

no-image

その他
■原因は新医師臨床研修制度?医師不足がこれほどまで深刻化するきっかけとったのが、2004年度から実施されることとなった「新医師臨床研修制度」です。当時の小泉政権下で多方面で規制緩和が行われました。その大半が失敗してますが、新医師臨床研修制度には医学界からは批判が殺到しました。新医師臨床研修制度によって、研修医が出身大学の医局以外でも自由に研修病院を選択できるようになったわけですが、その代償として医...

記事を読む

no-image

その他
■医師転職サイトは求人情報が豊富です!基本的に医療クリニックは個人経営であるため、小規模なところが圧倒的に多いことから、総合病院などの大型医療施設よりも求人情報が少ないように思えるかもしれません。しかし、ここ最近では、更年期外来、禁煙外来、頭痛外来など、患者さんのニーズに合わせて外来の種類も多いので、外来のみの常勤医師も比較的多く募集されています。ただしクリニックは必ずしも休診日が「土日祝日」では...

記事を読む

no-image

その他
■依然として女性医師の取り巻く環境は厳しい女性医師は一般企業に勤務している女性と同様に社会進出の壁(結婚・出産・子育)があるため、残念ながら長期間にわたって男性医師と同等の働きを期待するのは難しいです。勿論結婚するしないにかかわらず、優れた女性医師は現時点でも沢山いますし、それぞれの職場で活躍されていますが、医学界全体でみればどうしても少数派となってしまいます。医師の転職なら平均年収アップ率146.6%...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師への期待は高まる一方で...医師不足を解消させるための起爆剤として、右肩上がりで増え続けている女性医師に対する期待は高まる一方なのですが、女性が男性のように働くのは、現実的に厳しいようです。社会的に制約が多いことから、欧米のように女性が社会進出するのが困難であるため、女性医師が男性医師のような仕事に対するマインドを持ちながら働くのは難しいようです。■女性医師は常勤で働き続けるのが困難専門医の...

記事を読む

no-image

その他
■施設の規模に関係なく比較検討する医師として外来診療の求人のみに絞り込んで転職活動を進めるのであれば、「クリニック」のような小規模経営の医療施設や、「総合病院」、「大学病院」といった、規模の大きな医療施設の求人情報を比較しながら検討されることをおススメします!。やはり、人によって向き不向きがありますので、大きな組織の中で力を発揮する方もいれば、反対に家族的な雰囲気の中でこそ医師としての力を発揮出来...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師が転職支援サービスを利用する理由意外に思われるかもしれませんが、「医師転職サイ」トの利用者の約半数が女性医師です。女性医師は、結婚・出産・子育などを理由に仕事を辞めたり、変えなければなりません。こうした理由から、将来的には医師転職支援サービスを利用する頻度は、女性医師の方が男性医師よりも多くなっているかもしれません。それくらい急増しています。しかし、常勤医師として働く女性医師は少ないので...

記事を読む

no-image

その他
■常勤として働き続ける女性医師は少ない女性医師の数が右肩上がりで増え続けている中で、 医学界における女性医師の地位は依然として低いままです。これは医学界の体質的な問題が原因ではありません。日本の社会構造に大きな問題があります。日本は先進国でありながら、欧米のように働く女性がキャリアを積むことが非常に困難である点が主な原因としてあげられます。事実医学部を卒業してから、常勤医師として勤務し続ける女性医師...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師が医師を目指したきっかけとは?女性医師が医師の道を選択した理由として意外にも多かったのが、両親からのススメです。あらためて医師になるには志の高さや情熱だけではなれないのだなと思った次第です。医学部を卒業するまでに膨大な費用(国立大学で約350万円、私立大学で約3000万円)がかかりますから、それこそ裕福な家庭でなければ費用を工面することすら困難です。裕福な家庭でなければ、娘に手に職をつけ...

記事を読む

no-image

その他
■本業以上に稼ぐ女性医師が急増ここ数年間における女性医師の活躍が目覚ましく、大手メディアでも引っ張りだこですよね。本を出せばベストセラー、講演会やセミナーは予約の段階で完売御礼...といった具合です。代表的なのがコメンテーターとして大活躍されている西川史子先生や友利新先生ですが、すでにタレントとしての方が稼いでいるかもしれないくらい、メディアでの露出が多いです。また「 美しすぎる女医 」というキーワード...

記事を読む

no-image

その他
■扱いの低い初期研修人生経験を何年か積んだのちに、 医師国家試験に合格して医師となる人達が微増ながらも増えています。そうした人達が医師として最初の一歩となるのが研修医です。一般の会社に勤務した場合、、仮にキャリアアップするために必要とされる資格を取得しても、思うように転職できないことのほうが多いわけですが、医師の場合は事情が異なります。医師国家試験に無事合格すれば、96%以上の方が就職しますので、中...

記事を読む

no-image

その他
■研修医の3割がうつ状態研修医の中には、 日本の医療に貢献したいといった 志が高くて問題意識をしっかりと持った人達が多いのですが、 それゆえに途中で挫折してしまうケースが少なくありません。岐阜大学大学院医学系研究科産業衛生学分野から発表されている「1年目研修医のバーンアウトと職業性ストレスおよび対処特性の関係」からも研修医の過酷さが伺い知れます。驚くべきことに男性で26.0%、女性で36.6%の割合で1年目の...

記事を読む

no-image

その他
■研修医までなら誰でもなれる?医師になるためには、研修医としての修業期間を避けることはできないわけですが、あえて極論を言えば研修医までならば誰でもなれますが、そこから先は本当に険しき道です。医師には年齢制限のようなものがありませんので、SMAPの草なぎ剛さんが主演して話題となったドラマの主人公のように30代後半の人でも医師になることができます。■多様化する医学部まず医学部に入学し、しっかり卒業することが...

記事を読む

no-image

その他
■どの業界よりも薄給で長時間勤務研修医は、一人前の医師になるためにとにかく肉体的に精神的にもトコトンまで追い込まれるわけですが、医学部を卒業してから2年間の研修を受ける初期研修医は大変です。毎日死に物狂いで頑張らなければなりません。しかも超薄給です。初期研修医を無事卒業すると、後期研修医として、より専門的な科目の研修を受けることになるわけです。しかし、大変な状況に変わりありません。ほぼ寝食以外は仕...

記事を読む

no-image

その他
■医局員の医局に対する不満と将来に対する不安大学医局は良くも悪くも封建的な世界であるため、組織上の縛りが非常に強いので、不満を通り越して常に怒りを胸の内に抱えながら働いている医局員も少なくありません。また常にどこに派遣されるかわからないといった不安定な職場環境も医局員を苦しめます。そうした非常に過酷な環境の中で働き続ける医局員のモチベーションは専門医を取りたい、学位を取りたい、一定の技術を学びたい...

記事を読む

no-image

その他
■教授を納得させる退局理由とは?退局するための理由として、(1)親の病院を継ぐ(2)両親の介護(3)結婚をあげさせて頂きましたが、それ以外にも医師としてステップアップするなどの前向きな理由も良いです。また体調不良などを退局理由にする医師の方も少なくありません。教授としても、これまで無理に激務をおしつけた後ろめたさもあるので、無理に引き止めることをためらいます。■進路が決まってから退局することを伝える...

記事を読む

no-image

その他
■円満退局をめざす!医局を退局するにあたって、まず教授に退局の相談しなければなりません。このさいに注意しなければならない点が幾つかあります。職場の不満を漏らすことのないようにして下さい。医療業界は広いようで本当に狭い業界です。揉めに揉めて逃れるように退局したことにより、根も葉もない悪い噂を入職したばかりの病院内で流されるかもしれません。医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >...

記事を読む

no-image

その他
■なぜ医局を退局するのが難しいのか?過去に医局を離れて転職された経験がある医師の皆様は自ら経験されているのでお分かりだと思いますが、いかに円満退職するかが、医師の転職を成功させるカギとなります。医師の先生方は、一般のサラリーマンのように簡単に退職させてもらえません。転職を経験した医師の先生方の大半が退職を切り出してから、何度も引き止められることになります。最終日まで気がまったく抜くことができないの...

記事を読む

医局は教授が絶対的な権力を持つ世界




■大学医局とは?


残念ながら一般の人の間で大学医局の存在を知る人は、ほとんどいません。その名前を
耳にしたことがあっても、その存在がどのようなものか答えられるのはごく少数です。


ただ漠然と医療ドラマのようイメージを持たれているかもしれません。





■後期研修を終えると...


もし病気になれば、まずどのクリニックに行くかで迷われると思います。例えば風邪を
ひいたのであれば、内科、骨折やねんざであれば整形外科を利用します。


診療科によって実際に受けられる医療的ケアが異なるので、花粉症で苦しんでいるのに
整形外科にいっても適切な治療を受けることは当然のことながらできません。


医師になってまず選択しなければならないのは、自分が進む診療科を自ら選ばなければ
なりません。言葉にすれば簡単ですが、将来を決めることなので皆さん迷われます。





■市中病院と大学病院における医師の扱い


初期研修を終えて後期研修を市中病院と大学病院のいずれかで受けることになります。
市中病院で後期研修を終えると、その時点で勤務医として本採用されます。


そして、その所属先として内科や外科といった診療科に属することになります。


一方、大学医学部で後期研修を受けると「 なちゃら大学医学部 麻酔学教室 」に入局
する形になります。市中病院・大学病院それぞれメリット・デメリットがあります。





■大学医局は教授によって支配されている?


医局は組織自体が一種独特な雰囲気があります。医局によっては、独立性が高く革新的
だったりする一方で反対に極端に閉鎖的で封建的なところも依然として多いです。


こうした背景には医局のトップである教授の影響力が強いことも大きな要因としてあげ
られます。教授が絶対的な権力を持っているので、問題視する声も多いです。



 カテゴリ
 タグ

最近の医学生の就活事情について




■脅威のマッチング率


医学部の6年生が研修先を決めるために利用する「臨床研修マッチング」によって、ほとんど
の医学生の研修先が決まります。研修先が決まる=就職先が決まるのと同じです。


この「 臨床研修マッチング 」によるマッチングは大変優れていまして、毎年95%を超えて
いますので、就職率100%に限りなく近い数字をたたき出しています。


一般の学生からすると到底考えられない高い数字です。しかし、これだけではないんです。





■8割超の医学生が第一希望の病院へ...


第一希望がどれだけ反映されるかの数字も発表されていまして、何と80%を超えています。
つまり、8割以上の医学生が第一希望の病院へ就職できているということになります。


基本的に初期研修は、2年間だけですが、とはいえ、これほどまでに自分の希望が通る機会
というのは、人生において、そうありませんので、この点に関しては非常に恵まれています。





■早い人で4年生の夏休みから就活開始


ここ最近の医学生の就職活動についてですが、早い人で4年生の夏休みには興味のある病院
にて「見学」及び「実習」を行います。一般的には5年生の夏休みから行います。


早く始めれば良いというわけではないですが、早く始めることによって、その分多くの病院
を回ることが出来ますので、比較検討がしやすいなど、メリットは大きいです。





■完成されたシステムがすごい!


いくつかの病院を実際に訪問し、見学・実習を受けることで幅広く情報収集できます。また、
指導医の先生やプログラム、病院の雰囲気、勤務条件などを確認することができます。


そして、 6年生の夏休みに入る前に「 臨床研修マッチング 」への参加登録を済ませ、希望
する病院の採用試験を受けて合否を待ちます。これが医学生の就活の一連の流れです。



 カテゴリ
 タグ

医学生と病院のマッチングについて




■医師はどの仕事よりも修行期間が長い


こちらをご覧になられている皆様の多くが経験されていると思いますが、まず医師になる
には、大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格しなければなりません。


しかしながら、医師国家試験に合格してもすぐに患者さんを診察することはできないわけ
でして、研修医として初期研修~後期研修まで約6年ほど修行期間があります。





■2004年に研修医制度が大きく変わる


こうした点が他の国家資格と大きく異なります。2004年に新医師臨床研修制度が導入
されたことによって、どこの病院でも研修を受けることができるようになりました。


このため医学部4年生になると、 就活に励む他の大学生のようにスーツを着て「研修先」
を決めるために自分の足で病院を訪問しながら受験する病院を決めます。





■研修医のマッチングにつてい


医学生は希望する病院を記入し、それを病院側の希望と合わせていくのですが、こうする
ことで、より精度の高いマッチングを実現するためにこうしたシステムが導入されました。


今現在「医師臨床研修マッチング協議会」によって執り行われています。一種のお見合い
のようものですが、データを集計した上でコンピューターによって研修先が決まります。





■研修先はこうして決まる


どのように研修先が決められていくのかといいますと、仕組み自体は非常にシンプルです。
例えばA大学医学部のBさんがC病院を第1希望にしていたとします。


しかしC病院側の希望リストにBさんの名前がなければ「アンマッチ」となります。そして、
第2希望、第3希望と病院側の医学生を取りたい順位を比較しながら決定します。



 カテゴリ

挫折する研修医の特徴について




■自信過剰が命取りに


研修医の約三割がうつ病など心の病に苦しんでいるといわれているくらい、過酷な環境
で働いているわけですが、これを乗り越えなければ一人前の医師にはなれません。


こうした長期的な体調不良に陥る研修医の特徴としては、周囲の評価以上に自分自身を
過剰に評価している傾向にあります。このため身の丈にあった研修病院を選びません。


どう考えても無謀としか思えないほどレベルの高い優秀な病院を選ぶ傾向が強いことが
災いとなって、数ヶ月もしないうちに燃え尽きてしまうことになります。





■研修医はこうしたつまづく


当然のことながら医学部の勉強と実際の研修はまったく勝手が異なります。 当然のこと
ながら体力のない研修医はそこで挫折します。そうなると将来に希望を見いだせません。


医療に関する技術も知識を身につけていくのは、 全て積み重ねですから、研修医の段階
で挫折すると、そこからキャリアを修正するのは言うまでもなく非常に困難です。


そうならないためにも、医学部を卒業してからのマッチングがどうしても重要です。





■理想と現実の差に苦しむ


他者のアドバイスを通じて自分の適性を理解することが大切なんですが、冒頭で申し上げ
ました通り、自分自身の能力を過大評価する研修医が少なくありません。


昨日今日格闘技を始めた人が世界最強といわれたヒョードルに勝てると思い込んでしまう
のと同じです。頭の中では自分はできると思っても、実際の現場ではそうはいきません。





■研修医に必要なのは?


しかし、こうした研修医の多くが人のアドバイスを素直に受け入れることができません。
つまり自分の適正を理解しなままマッチングの希望を出すことになります。


これでは上手くいきませんので、研修医は常に謙虚さ素直さが求められます。



 カテゴリ

医師の労働市場を把握しないと悲惨です




■なぜ労働市場を把握する必要があるのか?


医師の先生方の中には、医師の労働市場および労働環境が今現在どのような状況にある
のか、残念ながら全く把握していない人が少なくありません。これはこれで問題です。


勤務している地域や科目によって医師が少なかったり多かったり、それぞれの診療科の
働き方、どれくらい忙しいかを知らなければ自分の状況を相対的に評価できません。


医師としての自分の役割を見いだせないまま働き続けることになってしまいます。





■自分の置かれた状況を評価できない


ハードな研修医を経て医師として働きながら、何も疑問を持たずに働けるなら幸せかも
しれませんが、何となく選んでしまった科目がとんでもなく医師不足だったとします。


連日残業続きでまともに休めない状況にありながら、「どこもこんなものかな」と素直
に思えますでしょうか? 自分で選んだなら「仕方ない」と、あきらめもつきます。


しかし、教授の勧めで入局したら、教授を恨みたくなるのではないでしょうか?





■他人の意見に振り回され続ける


そうならないためにも周囲の一方的な情報に頼りすぎることは危険です。しかし、そう
はいっても、医師の労働市場・労働環境を把握できなければ頼らざるえません。


マッチングは需要と供給のバランスによって成立するわけですから、安易に進路を決め
てしまうと、将来あらゆる場面で色々と迷いが生じ、苦しむことになります。


ですので、適切な選択が出来るようになるためにも、中長期的なキャリアプランを作成
するために、医師の労働市場の状況をしっかり把握しなければなりません。



 カテゴリ
 タグ

なぜ医師にキャリアプランが必要なのか?




■目的意識の低い医師も多い?


医師として今現在働いている人全員が医師として将来的に明確な目標・目的があるわけ
ではありません。中には驚いてしまうくらい目的意識が低い医師の方も当然います。


親の後を継ぐために仕方なく 医師になった人や 学生時代成績がずば抜けて優秀だった
ため、教師にすすめられるまま医師になってしまった人も少なからずいます。


「本当はミュージシャンになりたかった」 「IT系の企業で働きたかった...」といった
具合に半ば医師になったことを後悔している人すら中にはいます。





■なぜキャリアプランが必要なのか?


明確なキャリアプランがないまま働き続けるには、 あまりにも医師の仕事は過酷すぎる
ので、しっかりとしたキャリアプランを出来るだけ早い段階で打ち出す必要があります。


そうすることで医師としての深い自覚が芽生えてきます。しかし そのままなにもせずに
放置したままにすると、精神的にさらにつらい状況へ自らを追い込むことになります。





■時代の変化に対応するには?


残念ながら医師としてのキャリアを指南してくれる教育機関は、今のところありません。
また自分にあったキャリアを選択出来る自由な環境も当然ありません。


信じられないことに今だに封建的な世界が根強いためか、「 仕事は盗みながら覚える 」
「 俺から盗め 」といった大昔からある職人の世界のような師弟関係が色濃くあります。


仕事の技術は何とかそれで覚えられるかもしれませんが、著しく変化の激しい時代を生き
ぬくためにも、一人の医師としてどう生きるか、より明確なキャリアプランが必要です。





■キャリアプランをどうやって作る?


職場にそれを求めるのは無理があります。ではどうするか?これまで沢山の医師の先生方
をサポートしてきた医師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談することです。


二人三脚であなたにあったキャリアプランを作り上げるためにナビゲートしてくれます。



将来に希望を見いだせない医師がやるべきこととは?




■将来に希望を見いだせない人が増えている


転職支援サービスを利用する医師の先生方の中には、今だに自分の適正が何かわからずに色々
と迷われていることから、将来に希望が見いだせない方が少なくありません。


しかし、残念ながら医師転職サイトのスタッフも、医師としてしっかり目標と目的が定まって
いなければ、適切な就職先、転職先の紹介やキャリアプランを提示することはできません。





■思い悩んだらやるべきこととは?


すでに医師という職業自体に興味を失っていたり、 今以上に稼げるとこならどこでもいいから
紹介しろといった態度では、どの職場でも浮いてしまい、合わないと思います。


もしも今何か漠然と思い悩んでいるのであれば、 「医師転職サイト」などが主催している無料
のキャリア相談や勉強会を開催しているので、積極的に利用されることをオススメします。


医師転職サイトのスタッフが、これまでのキャリアのアセスメントから 将来なキャリアプラン
を提案してくれますので、これまでにないくらい医師としてモチベーションが高まります。





■医師転職サイトの需要がさらに拡大


残念ながら今は病院だけでなく、ありとあらゆる業界で人材育成が軽視され、完全に機能不全
に陥っていますので、若い医師の先生方が将来のビジョンを描けないのも無理はありません。


人にはそれぞれの役割があります。そうした可能性や適性を見出そうともせずに、ただ闇雲に
「 医師不足 」を嘆いても当然のことながら問題は何も解決しません!!


そもそも頭数が揃えばいいという考えが「適正配置」を妨害しています。その結果として医師
の流出が止まらないわけです。今後ますます医師転職サイトの役割が大きくなりそうです。



医師不足解消をさまたげているものとは?




■医師専門の転職支援サービスの需要が急増中


医師転職サイトは、求職者である医師の先生方と求人先の医療機関のマッチングが主な
仕事です。最終的なゴールである採用までを出来るだけ効率よくスムーズに行います。


ですので、ここ数年で医局の力が大幅に低下したこともあいまって、飛躍的に利用者数
が増大し、すでに医師専門の人材紹介会社は、大中小合わせて100社を超えてます。





■医師転職サイトのマッチングについて


採用に至るには二つのパターンがあります。まず転職を希望されている医師の先生方の
要望をしっかりヒアリングした上で、条件に近い求人を探し出し、それをすすめます。


もう一つは、求人先である医療機関の要望にあった医師の先生を探しだし、紹介します。
ですので、最終的なゴール(採用)は同じですが、その過程が異なるわけです。





■医師の転職市場について


医師の転職市場におきまして、圧倒的に需要が供給を上回っています。こういった需要
と供給のバランスを適正化することができれば、確実に医師不足は解消できます。


しかし、残念ながら地域によって需要と供給が非常に偏っています。求人情報をみれば
一目瞭然です。例えば東京の中心部では、すでに求人の数は減少傾向に入っています。


一方、地方においては深刻な医師不足が続いているところが圧倒的に多いです。





■需給バランスは依然偏っている


医師不足が問題となって久しいですが、 微増ながら医師になる人が増えている状況で、
依然として深刻なのは、単純に医療機関と医師のマッチングの問題だと思います。


情報がしっかり行き届いていないため、マッチングがうまく行われていません。


ですので、今後医師転職サイトのような医師専門の人材紹介会社が果たす役割はさらに
大きなものになると確信していますし、現実にそうなりつつあります。



 カテゴリ
 タグ

ドクターバンクが医師から敬遠される理由




■ドクターバンクとは?


医師不足を解消するために各自治体や地域レベルで色々な試みが行われていますが、今回
は、そのうちの一つであるドクターバンクの実情について解説させていただきます。


ドクターバンクは、医師が不足を解消するために各地域にある医師専門の職業案内所です。
基本的にドクターバンクは医師会が運営していまして、完全無料で利用できます。


しかし、ドクターバンクで働いているスタッフは、地方自治体の職員が多いうえに、役所
の業務と平行して医師の就職先を紹介する仕事を行うので、どうしても質が問われます。





■ドクターバンクはなぜダメなのか?


片手間で就職・転職支援に関する色々な業務を行うわけですから、ドクターバンクよりも
医師転職サイトなど、民間の医師転職支援を行うサービスの方が断然優れています。


もちろん地方によって取り組む姿勢が全く異なりますので、ある地域においては質の高い
就職・転職支に関するサービスを提供しているところもあるかもしれません。


しかし、医師の方から過去にドクターバンクを利用したという話は、一度も聞いたことが
ありません。医師の期待値を超えるサービスを提供しないかぎり浸透しそうもありません。





■ドクターバンクよりも医師転職サイト


ドクターバンクが出来ることといえば、 せいぜい「求人情報」の紹介、施設見学・面談の
段取りくらいです。給与などの条件交渉に関しては自分で行わなければなりません。


医療機関とのマッチングに関しても質が高いとはお世辞にもいえません。 ですので、利用
する医師の先生方からすれば当然不満が募りますので、利用者が大きく増えません。


ですので 当サイトではドクターバンクよりも医師転職サイトの利用を強くおすすめします。
質の高い求人情報と手厚い転職支援サービスを完全無料で利用することが出来ます。



 カテゴリ

女性医師の復職支援プログラムの実態




■解消されない医師不足問題の現状


依然として深刻化が進む「 医師不足問題 」を解消するための一つの手段として、出産や育児を
理由に離職した女性医師の復帰を支援する動きが日本全国の病院で広がっています。


実際に女性医師の支援を病院側もそれなりに取り組んでいます。院内に保育施設を設けたり、
短時間勤務制度を採用することで、「女性医師を活用しよう」といった強い姿勢がみられます。


しかしながら、医師不足を解消したい病院側と女性医師との間では、余りにも互いに求めている
ものに差がありすぎるようで、残念ながら期待通りの結果は依然として得られていません。





■復職支援プログラムの利用について


自治体と病院が協力して女性医師を対象にした復職プログラムを運営しているケースが多いです。
しかし、復職プログラムを受講するために長時間かけて移動しなければならなかったりします。


大都市圏の病院であれば電車で問題なく通えますが、地方の場合は、大型病院が中心地から離れ
ている場合が少なくありません。車で1~2時間かかってしまうケースはザラです。


ですので、こうした復職プログラムそのものが利用しにくいという切実な問題があります。





■感謝されない病院の支援策の実態


実際に復職支援プログラムを受講しても、同じような理由から紹介された病院が遠すぎて通えない、
給与が安いなど、勤務条件が医師側の要望とあまりにもかけ離れているケースが多いようです。


子育て中の女性医師が通いやすいように保育所を設ける病院が増えていますが、利用しやすい環境
には程遠いケースが多いようです。このため実際に利用している方が少なくいようです。



研修医の待遇は良くなっている?




■臨床研修医制度は問題だらけだったのか?


2004年に導入された新医師臨床研修制度によって、大学医局の力は削がれ、医局から派遣
される医師に依存していた地方の病院はより医師不足が深刻化することなりました。


しかし、研修医からすると自由に研修先を選べるようになるなど、それなりにメリットも多く、
実際に研修を終えた研修医の多くが臨床研修医制度自体に満足されているようです。


それまでは医局で上級医師の下働きをさせられ、薄給のためアルバイトをしなければ生活すら
ままならなかった状況から比べると、研修医を取り巻く環境は、かなり良くなっています。





■医療機関側にもメリットがあった


では、「 研修医側にしかメリットはないのか? 」ととわれれば、答えは「 NO 」です。


研修医の多くが、これまでとは比較にならないくらい研修先で幅広く色々なことを学び、また、
経験したことによって、一般的な診察であれば問題なく対応できるようになったようです。


このため医療機関側もこうした点にはプラスの評価を下しているケースが多いです。





■医師不足は20年間なにもしなかったことのツケ


臨床研修制度は、国が本来目指していたことは、それなりの成果が出ているわけですが、その
代償として「 医師不足 」が加速するという大きな問題が生じてしまいました。


もっとも、臨床研修制度が導入される以前も医師不足や偏在はあったわけですし、制度の有無
に関係なく医療費は右肩上がりで年々増大し、患者の増加に医師が足りない状況が続いてます。


ですので、医療機関が抱える問題全てをこの制度だけに押し付けることは無理があります。





■すでに制度の見直しが行われている


臨床研修制度は、すでに研修できる病院や地域の受け入れに制限を設けてます。


そのまま放置するのではなく、 状況を見ながら改善が行われており、今後も研修医の地域的な
偏在をなくす方向に動くことが予想されていますので、悲観することはありません。



 カテゴリ

医局が崩壊した理由とは?




■原因は新医師臨床研修制度?


医師不足がこれほどまで深刻化するきっかけとったのが、2004年度から実施されることと
なった「新医師臨床研修制度」です。当時の小泉政権下で多方面で規制緩和が行われました。


その大半が失敗してますが、新医師臨床研修制度には医学界からは批判が殺到しました。


新医師臨床研修制度によって、研修医が出身大学の医局以外でも自由に研修病院を選択できる
ようになったわけですが、その代償として医局が崩壊したっといっても過言ではありません。





■実施されたことによる影響について


医局の関連病院に医師を派遣できなくなったことによって、「医師不足」を解消するどころか、
より深刻化することとなりました。とくに医局に依存していた地方の病院は大変です。


「より医師を確保するのが難しくなった」と悲鳴をあげています。この制度が実施されたこと
によって、地域の差こそあれ、医師不足を加速させてしまったことは間違いありません。





■研修医にはメリットがあった?


色々問題が指摘されていますが、これにより研修医は自由に研修先を選べるようになったので、
それまでのように医局カーストの強く圧力に苦しめられることが、かなり緩和されています。


実施される以前の研修医は、上級医師の下働きを身を粉にして行わなければなりませんでした。
しかもものすごく薄給ですから、アルバイトで食いつなぐ研修医が今以上に多かったんです。


しかし「研修医」が自ら選べるようになったため、研修先が人気の病院に集中してしまいます。
都市部にある病院にその傾向が強く、今後さらに二極化がさらに進むことになりそうです。





■なぜ国はこの制度を導入したのか?


国がこの臨床研修制度を実施した本当の理由は、研修医の教育環境、労働環境をしっかり整備
するためです。確かに前期2年の間に色々な科目で経験を積むことができます。


医師として基本的な診療能力を、この短い間に身に付けることを目的に導入されたわけですが、
医学界からは、「この制度が導入されて本当に良かった」といった声は聞こえてきません。



クリニック外来の求人について




■医師転職サイトは求人情報が豊富です!


基本的に医療クリニックは個人経営であるため、小規模なところが圧倒的に多いことから、
総合病院などの大型医療施設よりも求人情報が少ないように思えるかもしれません。


しかし、ここ最近では、更年期外来、禁煙外来、頭痛外来など、患者さんのニーズに合わ
せて外来の種類も多いので、外来のみの常勤医師も比較的多く募集されています。


ただしクリニックは必ずしも休診日が「土日祝日」ではありません。クリニックによって
は、土曜日や日曜日に外来診療しているところも少なくありません。





■様々なニーズに対応してくれます!


クリニックによって勤務体制も微妙に異なりますので、クリニックへの転職を検討してる
のであれば医師転職サイトを利用して希望に合った求人を探してもらう方が良いです。


そして医師転職サイトには年収1,600万円~1,800万円の高待遇の求人が豊富です。
また、短期のアルバイトに関する情報も紹介してくれます!。


医師転職サイトを利用している方の中には新たに資格を取得することを決意し、勉強時間
を最大限確保するために、アルバイトしながら最低必要な生活費を稼いでます。





■医師転職サイトは希望する求人が探しやすい!


入院設備がある病院でも日勤のみで外来とオペのみに対応している所もありますし、外来
での内視鏡検査、透析管理、画像診断といった募集内容も診療科によって異なります。


ですので、クリニックの外来求人は、自分が希望する勤務内容及び条件を医師転職サイト
「キャリアアドバイザー」に提示して、サポートしてもらうのが得策です。


医師転職サイトを利用すれば転職するうえで最短距離を歩くことが出来ます。外来は経験
がどうしても問われますが、医師転職サイトでは年齢や経験に考慮した求人も豊富です。



 カテゴリ

女性医師を求める声が急増している理由



■依然として女性医師の取り巻く環境は厳しい


女性医師は一般企業に勤務している女性と同様に社会進出の壁(結婚・出産・子育)がある
ため、残念ながら長期間にわたって男性医師と同等の働きを期待するのは難しいです。


勿論結婚するしないにかかわらず、優れた女性医師は現時点でも沢山いますし、それぞれ
の職場で活躍されていますが、医学界全体でみればどうしても少数派となってしまいます。


医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >>





■現場で女性医師を求める声が拡大!


殘念ながら依然として女性医師を取り巻く環境は決して良いとはいえませんが、厳しい状況
にありながらも、医療の現場では女性医師を求める声が確実に広がっています。


実際に患者さんやそのご家族から女性医師を希望するケースが増えています。診療科では、
「婦人科」「健診」「小児科」「内科」などから女性医師を要望する声が大きいようです。





■今後ますます女性医師が求められる


患者さんが女性で、しかも女性特有の病気を患っている場合は、男性医師より、同性である
女性医師の方が色々話しやすく、自分の痛みを深い部分で理解してくれると感じています。


そして、小さなお子さんをもつママさんも 同じ理由で子供をもつママさんの大変さを深い
部分で理解してくれていると感じているため、患者さん側から強い要望があります。





■医師の仕事が転換期に入った?


ある病院の診療科においては、患者さんから女性医師を求める声が大きすぎて、女性医師
限定の求人が増えており、すでに男性医師を敬遠しはじめているところまで出てきてます。


先に述べた診療科においては、全国的にそうした傾向が広がってます。こういったことは、
これまでは考えられませんでしたが、医療業界も時代の転換期に入っているようです。


ですので、 社会的地位の高い医師の仕事でさえも、サービス業として側面を強くしなけれ
ば、患者さん側から拒否されてしまう時代に入ってしまったようです。


いつでも気軽に相談できる「医師転職ドットコム」 >>



 カテゴリ

女性医師が増えても医師不足が解消しない理由




■女性医師への期待は高まる一方で...


医師不足を解消させるための起爆剤として、右肩上がりで増え続けている女性医師に対する
期待は高まる一方なのですが、女性が男性のように働くのは、現実的に厳しいようです。


社会的に制約が多いことから、欧米のように女性が社会進出するのが困難であるため、女性
医師が男性医師のような仕事に対するマインドを持ちながら働くのは難しいようです。





■女性医師は常勤で働き続けるのが困難


専門医の資格までを取得するまで大学医局に勤務した女性医師の例をあげさせて頂きますと、
その方は医局に勤務している間に職場の同僚と結婚し、出産を機に退局しました。


3人のお子さんのママとして子育に追われる生活を送っています。家庭の家事は、全て一人で
行っているため、殘念ながら常勤医師として復職することは現実的に難しいです。


とはいっても専門医の資格まで取得したので、当然のことながら医師としてのキャリアを捨てる
つもりはなく、復職するにしても、パートで週3~4日程度働ければ良いと考えているようです。





■将来的に女性の社会進出は活性化するのか?


経済的に非常に余裕があるので、無理に常勤で働く必要がないため、子育て中の女性医師は、
このように考えているケースが多く、今後もこのような状態が続くことが予想されます。


日本政府は何もせず、ただ傍観しているだけなのかといえば、決してそんなことはありません。
しかし、各党から上がってくる政策が現状にまったくマッチしていないものばかりです。





■国が考えることは現状にマッチしていない!


例えば、女性の社会進出を活性化させるため政策として次のようなものがあります。 フィリピン
やベトナムなどのアジアの後進国から家政婦さんとして働く女性を大量に入国させます。


そして、世帯年収700万円以上の家庭は、家庭での家事や育児は すべてこうした家政婦さん
にやってもらい、夫婦それぞれの仕事に専念してもらうというものです。


またこうしたサービスを広く浸透させるために、利用する世帯の節税にもなるよう検討しているの
だとか。殘念ながら、これでは当分明るい時代はやってきそうにもありませんね。



 カテゴリ

医師求人は医師転職サイトを利用する時代




■施設の規模に関係なく比較検討する


医師として外来診療の求人のみに絞り込んで転職活動を進めるのであれば、「クリニック」の
ような小規模経営の医療施設や、「総合病院」、「大学病院」といった、規模の大きな医療施設
の求人情報を比較しながら検討されることをおススメします!。


やはり、人によって向き不向きがありますので、大きな組織の中で力を発揮する方もいれば、
反対に家族的な雰囲気の中でこそ医師としての力を発揮出来る方もいます。


ですので、一概にどちらが良いとはいえません。決めるのはあくまでもご自身ですので、納得
されるまでとことん検討しましょう!。そうすることで志望動機がより明確化します!





■医師の求人もネットの時代へ!


規模の大きな医療施設では一般診療の他に、血液外来・糖尿病外来など専門分野の外来が
多いのが特徴です。このため、欠員がでた場合に求人が募集されます!


ほんの数年ほど前までは、医師の転職は医局からの紹介が一般的とされていましたが、最近
では人材難が深刻化しているため、欠員補充が急務とされるケースが少なくありません。


このため 応募の窓口を広げるために 医師転職サイトを利用するケースが増えています。医師
転職サイトを利用すれば、働きながら希望する条件で転職することがスムーズに行えます。





■医師転職サイトを利用するメリットとは?


医師転職サイトでは沢山の医療機関情報が網羅されており、求人情報は常勤・非常勤問わず
紹介されています。基本的に規模の大きい病院には入院設備が充実しています。


このため、夜間当直や病棟管理がセットになっているのが一般的です。もし、そうした外来のみ
を希望するのであれば、その旨を医師転職サイトのコンサルタントに伝えるだけでOKです。


希望の条件に合った求人情報を徹底的に探してくれます 。コンサルタントは沢山の医師の転職
をバックアップしてきた転職支援のエキスパートですので、今すぐ転職しなくても、対面して
相談するだけでも価値がありますし、転職に対して前向きに考えられるようになるでしょう。



 カテゴリ

キャリア志向の女性医師が少ない理由




■女性医師が転職支援サービスを利用する理由


意外に思われるかもしれませんが、「医師転職サイ」トの利用者の約半数が女性医師です。
女性医師は、結婚・出産・子育などを理由に仕事を辞めたり、変えなければなりません。


こうした理由から、将来的には医師転職支援サービスを利用する頻度は、女性医師の方が
男性医師よりも多くなっているかもしれません。それくらい急増しています。


しかし、常勤医師として働く女性医師は少ないので、医師不足を解消する力になりません。





■アルバイトのかけもちも多い!


医師転職サイトを利用する女性医師の中心とっている30歳~40歳は、一般女性であれば、
育児が一段落したので家計を助けるために働きに出るケースが比較的多いです。


しかし、育児が一段落したといっても、小さなお子さんを保育園や幼稚園の送り迎えしながら
常勤医師として働くことは難しいので、非常勤のアルバイト医師として働くケースが多いです。


どんなに多くても週4日、それも一つの病院に腰を据えて働くのではなく、アルバイトを何個
か掛け持ちして、育児を優先しながら働きますので、かなり大変です。





■女性医師はキャリア志向が少ないは本当か?


30歳~40歳の女性医師の中には、当然のことながら独身の女性もいます。しかし意外にも
独身の女性医師は、独身の男性医師と較べてキャリア志向の方が少ないです。


女性医師の場合、長期間に渡って常勤医師として勤務すると、男性のように過酷な環境の中
で長時間勤務するのが肉体的にも精神的にもきついと感じる方が多いようです。


もちろん男性医師が全て超がつくほどの激務をこなしているわけではありませがん、出世すれ
ばするほど、責任も大きくなりますので、それを避けたいと考える医師の方も少なくありません。



 カテゴリ
 タグ

常勤で働き続ける女性医師が少ない理由




■常勤として働き続ける女性医師は少ない


女性医師の数が右肩上がりで増え続けている中で、 医学界における女性医師の地位は依然
として低いままです。これは医学界の体質的な問題が原因ではありません。


日本の社会構造に大きな問題があります。日本は先進国でありながら、欧米のように働く
女性がキャリアを積むことが非常に困難である点が主な原因としてあげられます。


事実医学部を卒業してから、常勤医師として勤務し続ける女性医師が少ないです。女性医師
の場合、結婚・出産・子育てによってどうしても長期間にわたるブランクが生じます。





■常勤で復職するのが困難


上述した理由からブランクが生じてしまうと、 病院の多くが深刻な医師不足でありながら、
復職するのが困難であるため、多くの女性医師が常勤で働くことをあきらめてしまいます。


ですので、仕方なく非常勤として働くケースが圧倒的に多いのが女性医師の現状なんです。
具体的には週1~2日、3~4日程度非常勤として働くケースが多いです。


非常勤医師の病院内における扱いは確かに低くいのですが、時間換算にすると常勤医師より
も圧倒的に給与がいい点が、非常勤として働く唯一の救いといえそうです。





■日本の社会構造に問題あり?


女性医師の場合、 仮に復職しても非常勤として勤務するケースが多いので、 抜本的に医師
不足を解消する力にはなりえないとされています。これは本当に大きな問題です。


実際に医師転職サイトを利用する女性医師の大半は非常勤での勤務を希望していますので、
日本の社会構造に変化がない限り、今後もこうした傾向はしばらく続くことが予想されます。



 カテゴリ

女性医師が医師を目指した理由について



■女性医師が医師を目指したきっかけとは?


女性医師が医師の道を選択した理由として意外にも多かったのが、両親からのススメです。
あらためて医師になるには志の高さや情熱だけではなれないのだなと思った次第です。


医学部を卒業するまでに膨大な費用(国立大学で約350万円、私立大学で約3000万円)
がかかりますから、それこそ裕福な家庭でなければ費用を工面することすら困難です。


裕福な家庭でなければ、娘に手に職をつけるために医師になれとはすすめられません。





■成績優秀だと医学部を勧められる


御存知の通り医師の仕事は女性でも一生涯続けられる仕事です。そして、社会的に信用も
高いので、一つの職業としてみた場合、医師の仕事は大変人気があります。


このため、高校時代に成績が良いと医学部を学校側から勧められるケースも多いようです。
こうした理由から比例するからのように医学部進学を目指す女性が増えていています。


すでに医学部によっては、女性の入学者の数が全体の4割超えているところもあります。





■地方では優秀な人達の受け皿が少ない?


東京や大阪など大都市圏には、女性が活躍できる場所が沢山ありますが、地方の場合は、
地域によって格差がありすぎるため、勉強熱心で優秀な生徒の受け皿が少ないです。


このため、比較的裕福で教育熱心な親ほど自分の子供を医師にしたいと考えるようです。
このため地方の医学部がある大学の女性が占める割合が年々増えています。


しかし、女性の社会進出をようやく国が「国策」としてサポートしようとしているくらい、
先進国の中で我が国は遅れをとっています。このため色々な問題が山積み状態です。


女性医師がそうした状況を改善するための火付け役になることを願うばかりです。



 カテゴリ
 タグ

女性医師の時代がついに到来!




■本業以上に稼ぐ女性医師が急増


ここ数年間における女性医師の活躍が目覚ましく、大手メディアでも引っ張りだこですよね。
本を出せばベストセラー、講演会やセミナーは予約の段階で完売御礼...といった具合です。


代表的なのがコメンテーターとして大活躍されている西川史子先生や友利新先生ですが、
すでにタレントとしての方が稼いでいるかもしれないくらい、メディアでの露出が多いです。


また「 美しすぎる女医 」というキーワードが勝手にひとり歩きして、まとめて沢山の女医さん
を売りだそうとする動きがあるくらい、女性医師は今大きな注目を集めています。





■2000年に入ってから女性医師が急増


ほんの20年ほど前までは、女性医師の存在そのものが珍しかったわけですが、ここ最近
は規模に関係なく病院やクリニックにて女性医師が診察している姿が多く見られます。


実は2000年以降、女性医師の数は急速に増えていまして、すでにその数は医師全体の
2割に迫る勢いです。そして、今後もこの勢いは止まりそうにありません。


といいますのも、20代の女性医師の増加が非常に大きいうえに、今現在の医師国家試験
の合格者数に占める女性医師の割合が30%を大きく超えているからです。





■すでに欧米に迫る体制は整った?


医学部によっては、入学者における女性の比率が4割を超えているところもありますので、
早ければ10年以内に3人に1人が女性医師になるかもしれません。


それくらい急速に女性医師が増えていますして、本業以外にも活躍の場が沢山あるので、
そのうち「 女性医師 」、「 女医 」 という言葉も使われなくなるかもしれませんね。


ちなみに米国では4人に1人、欧州では3人に1人が女性医師となってます。もしこのまま
順調に増え続ければ、欧米以上に女性医師が活躍する時代が来るかもしれませんね。



 カテゴリ
 タグ

中年研修医が直面する厳しい現実とは?




■扱いの低い初期研修


人生経験を何年か積んだのちに、 医師国家試験に合格して医師となる人達が微増ながらも
増えています。そうした人達が医師として最初の一歩となるのが研修医です。


一般の会社に勤務した場合、、仮にキャリアアップするために必要とされる資格を取得しても、
思うように転職できないことのほうが多いわけですが、医師の場合は事情が異なります。


医師国家試験に無事合格すれば、96%以上の方が就職しますので、中高年で医師になった
方でも就職できないということはありません。しかし初期研修の段階では薄給で過酷です。





■後期研修で直面する厳しい現実


初期研修は2年間ありますが、病院側も2年間丁稚奉公のように安く雑用処理してくれるくらい
にしか思っていません。一般企業で確かなキャリアを積んできた方にとっては屈辱です。


しかし基本的に初期研修はローテーションで各科を数カ月間回って過ごしながら医師としての
知識や技術を身につける段階なので、歯を食いしばって屈辱に耐えるしかありません。


ただし、初期研修の段階では患者さんを長く受け持つということはありません。初期研修の段階
でそのようなことを強要されても到底できないので、この段階では唯一の救いです。





■年齢が最大のネックに...


3年目からは、いよいよ後期研修に入ります。医師として外来や病棟も持つので、採用側も医師
慎重に選びます。残念ながら30代後半以上の研修医の方は、厳しい現実に直面します。


やはりどうしても病院側は、中年の方よりも若い研修医を選ぶからです。もっとも、人間性が高く、
一社会人として実務処理能力が高くても、研修医として通常勤務に耐えられるかが問われます。


このためどうしても採用する側は年齢は重要視します。また、医局というのは旧態依然の体質が
根強いので、組織の年齢的なバランスを重要視している点も中年の方にはネックとなります。



 カテゴリ

研修医の3割がうつ状態にある厳しい現実




■研修医の3割がうつ状態


研修医の中には、 日本の医療に貢献したいといった 志が高くて問題意識をしっかりと持った
人達が多いのですが、 それゆえに途中で挫折してしまうケースが少なくありません。


岐阜大学大学院医学系研究科産業衛生学分野から発表されている「1年目研修医のバーン
アウトと職業性ストレスおよび対処特性の関係」からも研修医の過酷さが伺い知れます。


驚くべきことに男性で26.0%、女性で36.6%の割合で1年目の研修医がうつ状態です。





■一年365日極度の緊張状態が続く


研修医は、当然のことながら当直が必須です。「自分の部屋でなければ寝れない」という人は、
まず心と体がもたないので、続けるのが困難です。それくらい当直の現場は過酷なんです。


救急車が頻繁に出入りする大きな病院ですと、週2回程度当直があります。話で聞くのと実際
に自分でやってみるのとでは大違い、何もかもが慣れるまで相当苦労します。


医学部生から社会人となると、それまでと環境が激変します。当直だけでなく、休みの日でも
急に担当する患者さんの様態に異変がおこれば、容赦なく携帯で呼び出されます。





■やる気だけでは務まらない厳しい現実


研修医でいる間は一年365日緊張が途切れることはありません。肉体的にも精神的にも過酷
であるため、20代半ばで医学部を卒業した研修医であっても心身ともに疲弊します。


ですので、30代後半から40歳前半の研修医の方々が、こうした過酷な状況を乗り越えるのは
至難の業でして、残念ながら現実は厳しく、例のドラマのようにはいきません。


やっとの思いで一人前の医師になったのに、緊張の糸が緩んだかのように突然休職されたり、
うつ病に苦しむケースも少なくありません。医師になるには相当の覚悟が必要となります。



 カテゴリ
 タグ

なぜ医局は多くの研修医を失望させるのか?




■研修医までなら誰でもなれる?


医師になるためには、研修医としての修業期間を避けることはできないわけですが、あえて
極論を言えば研修医までならば誰でもなれますが、そこから先は本当に険しき道です。


医師には年齢制限のようなものがありませんので、SMAPの草なぎ剛さんが主演して話題
となったドラマの主人公のように30代後半の人でも医師になることができます。





■多様化する医学部


まず医学部に入学し、しっかり卒業することが認められ、国家試験に合格すれば誰でもなれ
ます。これまでは、高校卒業して大学の医学部を受験するのが一般的とされていました。


このためどこの大学も医学部は一種独特な雰囲気がありましたが、今では医師不足が問題
になっているだけでなく、今後さらに少子化が進むため大学側も生き残りをかけて必死です。


このため幅広く学生を受け入れたいといった意向から、医学部でさえも門戸を広げて取り組
んでいます。事実、編入学や社会人入学などによって、色々な学生が集まっています。





■医学部の学生も多様化が進む


このため、一度は大学で弁護士を目指して法学部で法律を勉強するも卒業したあと、医学部
に入り直したり、大企業に勤務した後に仕事を辞めて医学部に入り直すケースもあります。


また、一度は看護師や薬剤師などの医療関連の仕事に従事するも、医師になることを志して
医学部の門をたたくケースもありますので、医学部の学生も本当に多様化しています。





■多くの研修医を失望させる現状


こうした傾向は非常に素晴しいことではあるのですが、問題は研修医として属する病院が旧態
依然のままであることです。このためせっかく研修医になっても失望する方が多いんです。


とくに大企業でしっかりとしたキャリアを積んだ方などは、ありえなくらい医局のカースト制
の強さに嫌気します。ですので、残念ながら非常に根の深い問題となっています。



 カテゴリ
 タグ

過酷な研修医の実態について



■どの業界よりも薄給で長時間勤務


研修医は、一人前の医師になるためにとにかく肉体的に精神的にもトコトンまで追い込まれ
るわけですが、医学部を卒業してから2年間の研修を受ける初期研修医は大変です。


毎日死に物狂いで頑張らなければなりません。しかも超薄給です。初期研修医を無事卒業
すると、後期研修医として、より専門的な科目の研修を受けることになるわけです。


しかし、大変な状況に変わりありません。ほぼ寝食以外は仕事です。こうした「下積み時代」
にどう学んだかによって、医師としての将来が決まるといっても過言ではありません。





■ブラックを超えた過酷な勤務形態


研修医は、とにかく忙しいというイメージが強いですが、実際には想像以上に大変ですよね。
研修医の朝はとにかく早くいです。先輩医師よりも早く来て病棟回診を行います。


それが終わってからカンファレンスに出席し、 チームでの病棟回診、カルテ書き、外来見学、
勉強会出席など、目まぐるしく1日が過ぎるため、肉体的にも精神的にも過酷ですよね。





■這い上がれなければ一人前の医師になれない


そして朝から晩まで働き詰めの通常勤務の他に、研修医に平等に与えられるのが当直業務
です。初期研修医と後期研修医の違いや選択する科目によっても異なります。


しかし最低週1回は必ず勤務しなければならいわけでして、もし救急患者が来た場合、何より
研修医が上級医よりも先に連絡を受け問診し、所見、検査などのオーダーを出します。


当直帯は医師の数も少ないので、サポートしてくれる医師も限りがあるため、普通の仕事では
ありえないくらいの緊張感の中で仕事をすることとなり、これが医師としての力になります。



 カテゴリ

長年勤務する医局員が陥りやすい問題とは?




■医局員の医局に対する不満と将来に対する不安


大学医局は良くも悪くも封建的な世界であるため、組織上の縛りが非常に強いので、不満
を通り越して常に怒りを胸の内に抱えながら働いている医局員も少なくありません。


また常にどこに派遣されるかわからないといった不安定な職場環境も医局員を苦しめます。


そうした非常に過酷な環境の中で働き続ける医局員のモチベーションは専門医を取りたい、
学位を取りたい、一定の技術を学びたいなど非常に前向きな物が多いです。





■長年勤務している医局員の陥りやすい問題とは?


しかし、いくらモチベーションが高いからといはいえ、理不尽な思いを抱きながら一定の年齢
まで医局で過ごさなければならないので、なにか違った方向から希望を見出そうとします。


例えば退局したら給与は大幅にあがり、当直などの夜間勤務は減少し、教授との軋轢から
も開放されるといった具合です。医局に対する不満が大きいほど希望が大きくなります。


「あともう少し、あともう少し頑張れば全てが報われる」と考えることにより、日々の仕事での
ストレスも解消されるので、それに従って退局したあとの希望は自然と大きくなります。





■妄想で終わらせないために必要なこととは?


そうした状況で長期間に渡って働き続けると、「 週4日、当直なし、1500万円 」といった求人
広告が突然目に入ってきます。そうなると居ても立ってもいられなくなります。


しかしながら、条件がよい求人の裏には何かしら落とし穴があります。大学医局においても
メリット・デメリットがあるように、一般の病院においても良い点、悪い点があります。


一時的な感情に振り回されないためにも、 キャリアプランが必要です。 それだけのためでも
いいので、一度医師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談することをオススメします。



 カテゴリ

教授を怒らせないで退局するには?




■教授を納得させる退局理由とは?


退局するための理由として、(1)親の病院を継ぐ(2)両親の介護(3)結婚をあげさせて
頂きましたが、それ以外にも医師としてステップアップするなどの前向きな理由も良いです。


また体調不良などを退局理由にする医師の方も少なくありません。教授としても、これまで
無理に激務をおしつけた後ろめたさもあるので、無理に引き止めることをためらいます。





■進路が決まってから退局することを伝える


当然のことながら大学医局を退局するにあたり、すでに進路が決まっていることを前提に進め
なければなりません。決まっていない状態で進めてしまうと必ず引き止められます。


教授も説得しやすいように妥協案を出してきます。これまで地方の関連病院で辛酸を舐めて
きた医師の先生は、教授から本院勤務をちらつかされると、ころっといってしまいます。


教授からすると「海外留学」なども引き止める手段として有効となります。 すでに進路が決ま
っていない場合は教授の引き留め工作にかかりやすいので注意が必要です。





■常に低姿勢で接する!


どんなにしつこく説得されたとしても、低姿勢で応じなければなりません。同じことを何度も
言われると、人間頭にますよね。ですので、忙しく疲れているときは注意が必要です。


「ここにいるメリットはありません!」とか、「教授の下では成長できない!」なんてことを
怒り任せにいったら大変なことになります。医師として生きていけ無くなるかもしれません。





■教授を怒らせると大変


それほど医局の力は医学界では強いんです。もちろん昔ほどではありませんが、日本国内
には派遣病院が依然として数多くありますし、何より医師の世界は狭いのです。


教授を怒らせてしまったがために、その場で恫喝されたり暴言を吐かれるケースもあり
ます。そうなれば、学会などで教授に会っても完全に無視されてしまいます。


医師としてのキャリアにマイナスの影響しか及ぼさないので注意が必要です。



 カテゴリ
 タグ

医師が円満退局しやすい退局理由とは?



■円満退局をめざす!


医局を退局するにあたって、まず教授に退局の相談しなければなりません。このさいに注意
しなければならない点が幾つかあります。職場の不満を漏らすことのないようにして下さい。


医療業界は広いようで本当に狭い業界です。揉めに揉めて逃れるように退局したことにより、
根も葉もない悪い噂を入職したばかりの病院内で流されるかもしれません。


医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の 【 医師限定求人 】 >>





■円満退局するための理由について


そして、またすぐに転職することになったら最悪です。映画やドラマの見過ぎと思われるかも
しれませんが、実際にそうしたトラブルに巻き込まれてしまったケースがいくつもあります。


大学医局の力を見くびってはなりません。 以前ほどではないにしろ、依然として医学界では、
とてつもない大きな力があるので、絶対に円満退局を目指さなければなりません。


当然のことながら円満退局を目指すうえで大切なのが、 医局を「 辞める理由 」です。 医局を
辞めるさいによく使われる理由について以下のとおりまとめてみました。




(1)親の病院を継ぐため

医師の親が医師というケースが少なくありません。実際に親の病院を継ぐために医師になった
先生も多いです。ですので、退局する理由としては自然ですし、実際に多く使われています。


もし実家が病院を経営していなくても、親族で病院を経営していれば、その病院を手伝うという
理由も十分通用します。波風を立てずに医局を去るための理由としては一番かもしれません。



(2)結婚・出産のため

これは男性医師ではなく、 女性医師が退局するにあたってよく使います。もちろん本当に結婚
するわけですから、正当な理由として通ります。医学界では普通に認められます。



(3)両親の介護のため

実際40歳前後の医師の両親ともなれば、高齢者とされる65歳を超えているのが普通ですから、
両親の介護は十分理由として成立します。これも反対されにくい理由として最適です。


いつでも気軽に相談できる「医師転職ドットコム」 >>




 カテゴリ
 タグ

教授に退局を伝えるさいの注意点




■なぜ医局を退局するのが難しいのか?


過去に医局を離れて転職された経験がある医師の皆様は自ら経験されているのでお分かり
だと思いますが、いかに円満退職するかが、医師の転職を成功させるカギとなります。


医師の先生方は、一般のサラリーマンのように簡単に退職させてもらえません。転職を経験
した医師の先生方の大半が退職を切り出してから、何度も引き止められることになります。


最終日まで気がまったく抜くことができないので、精神的にも辛い日々を過ごさなければなり
ません。もっともそれだけ重要度の高い仕事を日々行っているという証拠なんですよね。





■退局を切り出すタイミングが重要


実際に退局を切り出すのは本当に勇気がいりますよね。一般の会社の場合は退職願の相談
は、直属の上司に行いますが、医局の場合は教授と直接面談しながら行います。


教授は超多忙な身にありながら、何とか時間を作って来期の医局人事を決めるため、医局員
と面談を行うわけですが、その際に退局を切り出すケースが多いように見受けられます。





■退局を切り出すのがとてつもなく大変


もっとも重要とされているのが来春に向けた教授との面談です。大学によって行われる時期
が微妙に異なりますが、実際に面談が行われるのは、11月から翌年の1月にかけてです。


この面談を通して教授は、医局員の今置かれている状況や希望などをヒアリングしたうえで、
来年の派遣先を決定します。この面談を逃してしまうと厳しいので大きな重圧となります。





■前向きな退局理由を用意する


当然のことながら教授は、医局員の皆様を来期も戦力として期待しているわけですから、
次の派遣先などを決めようとしている場で、退局を切り出すというのは大変ですよね。


教授の強いプレッシャーに飲み込まれないためにも、教授をやんわり理解してもらう方向へ
導くためにも、できるだけ前向きでもっともらしい理由が必要となります。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます