2014年05月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年05月

2014年05月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■脳神経外科医に求められるスキルとは?脳神経外科医は、手術の技量は勿論大切ですが、「 訴訟リスク 」を最小限に抑えるためにも、患者さんやその家族に対してしっかり説明しなければなりません。専門用語を織り交ぜながら手術について説明しても、当然のことながら患者さんには到底理解することができません。逆に不信感を抱かれてしまいます。そのためにどうしても高いコミュニケーション能力が必要となります。■脳神経外科医の...

記事を読む

no-image

その他
■全国的に脳神経外科の需要は多い脳神経外科医の転職市場については、完全な売り手市場にあるといっていいほど需要が多いです。高齢化社会が今後さらに進むことから、こうした傾向は今後も続きます。といいますのも高齢者の脳卒中リスクは依然として高く、医療技術の進歩によって多少は改善されるかもしれませんが、現段階では抜本的な改善策はありません。このため、脳梗塞をはじめとした脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷などの画像...

記事を読む

no-image

その他
■指定医取得のメリットとは?言うまでもなく精神科医として「指定医」を取得するのは容易ではありません。しかし、指定医を取得すれば転職するさいに完全な売り手市場となります。給与など待遇面でも有利に交渉することができますので、色々な点でプラスになります。基本的に精神科は外科のような長時間にわたる肉体的にも精神的にも疲弊する難易度の高い手術を行うこともありませんし、オンコールなどもほとんどありません。■今後...

記事を読む

no-image

その他
■精神科医に必要不可欠なスキルとは?精神科医は患者さんとのコミュニケーションが何より大切です。患者さんを内に向かわせないようにコミュニケーションを取りながら、患者さんの症状を把握していきます。もちろん!他の診療科でもコミュニケーション能力は必要ですが、精神科へ転科するのであれば、さらに一段上のコミュニケーション能力が必要になります。しっかり患者さんとコミュニケーションをとって短期間で「 信頼関係 」...

記事を読む

no-image

その他
■精神科医の存在価値が高まっている基本的に精神科では抑うつ症や神経症を中心に診療するのが主な仕事となります。神経症には近寄りがたく暗いイメージが常につきまとっているため、残念ながら依然として一般の人達に対して、あまりよい印象を与えていません。そうした中で精神科はここ10年くらいの間にその存在価値を大きく高めています。すでに日本では心の問題を無視することが出来ない社会になっています。■神経症について神...

記事を読む

no-image

その他
■眼科医として働く魅力とは?眼科は、他の診療科よりも平均勤務時間が短いにもかかわらず給与水準が比較的高い点が大きな魅力となっているため、眼科への転科を希望する医師が少なくありません。しかし、眼科では新卒の医師を時間をかけて育てていく傾向が強いため、専門医資格がない医師が転科するのは容易ではありません。このため求人そのものが少ないです。■コンタクト外来も縮小傾向へ眼科業務の中でもコンタクトレンズの診療...

記事を読む

no-image

その他
■眼科への転科は容易ではない!基本的に「眼科」は、他の診療科目のように専門医を取得していない医師を受け入れてくれるケースは極端に少ないです。また人気が高いので求人数も極端に少ないです。眼科へ転科することを目的として転職するのであれば、十分覚悟する必要があります。医師の転職市場について全く知らないと、それ相当に痛い目にあうことになります。■求人情報を常にチェックする医師の先生は皆さん多忙ですから、自分...

記事を読む

no-image

その他
■眼科医への転科が難しい理由とは?眼科の転科についてですが、他の診療科と比べても求人数が圧倒的に少ないことから、専門医を取得されていない方が転科するのは、正直非常に困難です。もし仮に受け入れてくれる医療機関があったとしても、技術を取得するのが非常に困難であるため、早い段階で挫折することとなり、また転科することになりかねません。■新卒の医師を中心に育てる傾向が強い!歯科医院などは町のいたるところにあり...

記事を読む

no-image

その他
■泌尿器科医として求められるスキルとは?泌尿器科では、透析管理まで行える人材がここ最近強く求められています。透析センターを併設する病院が増加傾向にあるため、今後さらにこうした傾向が強まる可能性が高いことから、泌尿器科医は非常に将来性が非常に高いとされています。事実透析センターでの勤務を希望する医師は年々増えています。■透析センターの求人に応募が殺到!!透析センターの求人が出ると、瞬時に応募が殺到しま...

記事を読む

no-image

その他
■将来性のある診療科泌尿器科は、高齢化社会が進むにつれて需要が拡大しています。高齢者の中には頻尿、尿漏れなどの排尿に関するトラブルや前立腺肥大症などの問題を抱える方が多いです。そして、若年層の間では「 クラミジア 」などの性感染症を患うケースが増えていますので、実際に泌尿器科は高齢者だけでなく、幅広い層に求められています。今後これらが劇的に減少する可能性が低いので、将来性のある診療科の一つです。■泌尿...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医の未来は明るい?小児科医は、常にハードワークを求められるうえに、「 訴訟リスク 」が他の診療科の医師よりも高いので、小児科医を目指す医師が少ない点が大きな問題となっています。病院側も思うように医師を集めることができないため、小児科を閉鎖する病院が一時期増えました。しかし、さすがに危機的状況を迎え、環境改善の動きが出ています。過酷な労働条件を何とか改善し、プライベートと仕事のワークライフバラ...

記事を読む

no-image

その他
■小児科を取り巻く環境について残念ながら多くの病院が「 小児科 」を閉鎖せざるえない状況に追い込まれています。このため全国的に小児科は減少傾向にあります。しかし小児科医は不足しています。また、小児科は一般的に15歳までの小児を診察の対象としているため、容態が急変し、緊急搬送されることも多いことから、夜勤や当直が非常に多いです。最近は「訴訟件数」が産科と一二を争う状況にあるくらい訴訟リスクが大きいです。■...

記事を読む

no-image

その他
■産科そのものが減少傾向へ産科は訴訟リスクが一番高い科であるため、産科医になろうとする医師の数が減少するだけでなく、産科そのものを閉鎖してしまうケースが現実に増えています。都市部ではそうした弊害はあまりみられませんが、地方では本当に深刻な問題です。すでに車で数時間かけて他県で出産しなければならないケースが現実に増えています。■訴訟リスク対策の効果についてさすがにこうした問題を「厚生労働省」も見てみぬ...

記事を読む

no-image

その他
■産科医不足が危機的状況に!医師不足といわれる中で最も深刻な診療科の一つに「産科」があげられます。産科は新しい生命が誕生する場であるため、テレビのドキュメンタリー番組などでも、産婦人科は頻繁に取り上げられることが多いですが、色々な問題が潜んでいます。とにかく産科医が不足しています。とくに地方では危機的状況にあります。人手不足をカバーするために、多くの産科医が過酷な労働を強いられています。■訴訟件数が...

記事を読む

no-image

その他
■単なる憧れでは働けない?循環器内科は、外科系、内科系の医師の転科先として非常に人気が高いのですが、その分職場における競争も非常に激しいため、単なる憧れだけでは到底務まりません。また循環器内科は内科系診療科の中でも一二を争うくら忙しいので、当然のことながら、目的意識をしっかりもって日々の業務に取り組む必要があります。■循環器内科の医師はとにかく多忙循環器内科に勤務する医師の先生方は常に時間に追われる...

記事を読む

no-image

その他
■循環器内科は人気の高い転科先?ハードで長時間にわたる困難な手術を長年にわたって行ってきた「外科医」の先生方も、残念ながら、いつかはメスを置かなければならない時が必ず訪れます。そうした中「循環器内科」を転科先として選ぶケースが少なくありません。狭心症や心筋梗塞などのカテーテル検査や治療を行うのえすが、心筋梗塞の突発的な発作に襲われた患者さんが頻繁に緊急搬送されるので、循環器科医の先生は大変です。■循...

記事を読む

no-image

その他
■内科は全ての診療科の基本転科先として最も多いのが内科です。内科は全ての診療科の基本となります。病気を患った患者さんがまず最初に受診してプライマリーケア(初期治療)を受けます。内科には以下のとおり、複数の「 専門医療 」が存在しています。(1)「 循環器科 」(2)「 呼吸器科 」(3)「 消化器科 」(4)「 感染症科 」(5)「 腎臓・内分泌科 」(6)「 糖尿病・代謝・内分泌科 」(7)「 アレルギー科 」■...

記事を読む

no-image

その他
■転科を実現するまでには山あり谷ありどんなに強く「転科したい」と思っても、実際に行動に移すとなると簡単ではありません。実現するまでに生じる沢山の「壁」を自ら乗り越えていかなければならないからです。どんなに悩み苦しんだとしても、当然のことながら何もしなければ何も起こりえません。ですので、まず具体的な「転科する目的と目標」を明確にする必要があります。■常に不安がつきまとうしかし、その前の段階でどうしても...

記事を読む

no-image

その他
■最も多い転科を決意した理由別の診療科に転科する理由として多いのが、「別の診療科に興味をもった」です。「今いる診療科で本当に良いのか?」という自問自答を重ねたうえでの答えなので、ようやく自分がやってみたいと思ったわけですから、至って前向きな理由です。■スムーズに転科できるケースとは?最近の例では脳神経外科医の先生が、 脳卒中の後遺症に苦しむ多くの患者さん達と実際に接しながら、リハビリテーション科に興...

記事を読む

no-image

その他
■転科するのは簡単ではない医師の先生方の中には長い医師生活の中で様々な理由から、一度や二度は専門科目を見直す機会が訪れるようです。しかし実際に転科するとなると本当に大変です。医師の仕事に限らず、どんな仕事でも実際にやってみないと分かりませんから、当初考えていた通りに事が進むことの方が少ないため、色々と迷いが生じて当然です。30代半ばくらいまでは、若さもあって苦しみながらも何とか乗り切れます。しかし...

記事を読む

no-image

その他
■優秀な医師でも病院側の評価は低い?10年くらい経験をつめば、どの診療科でも「一人前の医師」として認められるわけですが、ここで止まってしまう医師と、さらに貪欲なまでに進化し続ける医師と大きく分かれます。その差は何でしょうか? 私が見てきた限りでは、「患者さんのため」にと、毎日頑張ってる医師の先生は、目的・目標がブレることがないため、進化し続ける傾向が強いです。こうした先生は、 当然のことながら患者さ...

記事を読む

no-image

その他
■医師として人として優れているから許せないどこの病院にも正義感が強くて人間味あふれる医師の先生が必ずいます。こうした先生は、総じて患者さんへの想いが強く、より高い医療的ケアを行えるように日々努力しています。このため、病院側のシステムについて強い憤りを感じている方が少なくありません。とくに外科医の先生方に多く見受けられます。これには理由がありまして、内科の場合は、外科のように手術がありませんので、医...

記事を読む

no-image

その他
■転科を志したら...まず相談!どうしても転科を試みるのであれば、まず医師転職サイトの「 キャリアコンサルタント 」に相談するのが一番です。確かな情報をもとに適切なアドバイスを受けることができます。例えば皮膚科や耳鼻科から内科への転科を希望される場合、再度やり直すことになりますので、相当の覚悟がなければ、実現するのは難しいです。当然年齢に関しても大きな壁となります。■何度も自問自答する!キャリアコンサル...

記事を読む

no-image

その他
■だれでも一度は転科を考える?医師として長いこと働いていれば、「 これが(今いる診療科での仕事)本当に自分がやりたいことなのか?」と、一度や二度は誰もが思い悩むことでしょう。ある意味当然です。満足してしまったら人は成長できないからです。そうしたことも成長するために必要です。しかし医師の先生の中には、それまでのキャリアを捨てる人もいます。転科することにより、医師として別の道を新たに模索するわけですが、...

記事を読む

no-image

その他
■女性医師が多い診療科目とは?女性医師が多い診療科は、1位:皮膚科、2位:眼科、3位:小児科となっています。逆に女性医師が少ない診療科は、 1位:泌尿器科、2位整形外科、3位:外科となってます。女性医師は年々増加傾向にあるため、どの診療科にも女性医師は存在します。女性医師を医師不足解消の起爆剤として期待する声は非常に大きいのですが、結婚をきっかけに離職するケースが多いうえに復職後も常勤での勤務が困難...

記事を読む

no-image

その他
■医局員の確保に必死2004年に新しい臨床研修制度が施工されたことによって、自由に研修先を選べるようになったのですが、これにより医局に残らない医師が一気に増えてしまったのです。このため医師不足を加速させてしまい、地域によっては深刻なレベルにあります。大学の医局側も派遣する医局員を確保するために必死です。■至れり尽くせりに戸惑う?医局では人材確保のために当然試験や面談を行いますが、就活で苦労している一...

記事を読む

脳神経外科医を最も求めている診療科とは?




■脳神経外科医に求められるスキルとは?


脳神経外科医は、手術の技量は勿論大切ですが、「 訴訟リスク 」を最小限に抑える
ためにも、患者さんやその家族に対してしっかり説明しなければなりません。


専門用語を織り交ぜながら手術について説明しても、当然のことながら患者さんには
到底理解することができません。逆に不信感を抱かれてしまいます。


そのためにどうしても高いコミュニケーション能力が必要となります。





■脳神経外科医の人気の転科先とは?


これまで脳神経外科は、「心臓血管外科」と並んで手術の花形とされてきましたが、
訴訟リスクが高いので、脳神経外科医を目指す医師が減少しているのが現状です。


全診療科の中でも脳神経外科は、高難度手術に関してはダントツです!


脳神経外科は、他の科からの転科はまずありませんが、高難度手術を生涯にわたって
行うことは困難であるため、一定の年齢に達すると現場を退かなければなりません。


このため脳神経外科での経験と技術を活かすため、リハビリテーション科をはじめ、
精神科、人間ドック施設などに転科するケースが圧倒的に多いです。





■リハビリテーション科で能力開花?!


脳神経外科医の給与についてですが、全診療科の中でもダントツに難易度の高い手術
を行い、過酷な職場であるため他の外科系よりもかなり高めに設定されています。


最近は回復期リハビリテーション病棟を新設する動きが全国的に広がっているため、
確かな技術と経験のある脳神経外科医の募集が積極的に行われています。


このため脳神経外科からリハビリテーション科へ転科を希望する医師の先生も増えて
いるのですが、残された現役の脳神経外科医の負担はさらに強まることこなります。



過酷過ぎる脳外科医を取り巻く環境




■全国的に脳神経外科の需要は多い


脳神経外科医の転職市場については、完全な売り手市場にあるといっていいほど需要が
多いです。高齢化社会が今後さらに進むことから、こうした傾向は今後も続きます。


といいますのも高齢者の脳卒中リスクは依然として高く、医療技術の進歩によって多少
は改善されるかもしれませんが、現段階では抜本的な改善策はありません。


このため、脳梗塞をはじめとした脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷などの画像診断や手術
などを行う脳神経外科専門病院や総合病院にて、積極的に求人募集が行われています。





■脳神経外科医を目指す医師が年々減少!


脳神経外科医は、過酷な労働環境の中で日々激務をこなしています。しかも訴訟リスク
が非常に高いとされているため、脳神経外科医を目指す医師が年々減少しています。


下が育たない中で上が引退すると現役医師の負担が年々重くなってしまいます。


そういった厳しい環境の中で踏ん張っているのが脳神経外科の現状です。


規模がそれほど大きくない地方の病院は、雇用できる医師の数にどうしても限りがある
ので、総合的なスキルを持った先生が求められる傾向がかなり強いです。





■どこの現場も崩壊寸前!


脳神経外科の全手術なかで常にトップを占めているのが「 急性硬膜外血腫 」です。


高齢者の増加によって年々「 急性硬膜外血腫 」の手術が増えています。


救急搬送されるケースが少なくないため、脳神経外科医の先生方は、休みの日でも容赦
なく呼び出され、こうした予定外の手術をこなさなければならないのです。


本当にギリギリのところで踏ん張って頂いているので、日本の医療は何とかなっていま
すが、若手医師が増えない状況では本当に近い将来崩壊してしまうかもしれません。



 カテゴリ

精神科への転科は今後さらに困難に!




■指定医取得のメリットとは?


言うまでもなく精神科医として「指定医」を取得するのは容易ではありません。


しかし、指定医を取得すれば転職するさいに完全な売り手市場となります。給与など
待遇面でも有利に交渉することができますので、色々な点でプラスになります。


基本的に精神科は外科のような長時間にわたる肉体的にも精神的にも疲弊する難易度
の高い手術を行うこともありませんし、オンコールなどもほとんどありません。





■今後さらに転科が難しくなる?


働き方に関しても他の診療科と比較にならないほど余裕があります。


このため仕事とプライベートを充実させたいと考える医師には、精神科は非常に魅力
を感じるようです。事実精神科へ転科を希望する医師は非常に多いです。


しかし、そういった理由で精神科へ転科するのは今後さらに厳しくなりそうです。


やはり仕事に対する強い「 やりがい 」を求め、精神科医として揺るぎないキャリア
プランがある医師には勝てません。人の心を動かす仕事への強い想いが必要です。





■精神科医の仕事は楽ではない!


精神科を他の診療科よりも「楽」そうなイメージが強いようですが、しかし実際には
想像以上に大変な職場です。まずコミュニケーション能力がどうしても必要です。


ここ最近は高齢の「 認知症患者 」が増えています。予測できない行動を取ることが
多く、運動機能の低下も進でいるため、突然転倒することも少なくありません。


場合によっては長時間にわたって患者さんを拘束することもあります。





■高いコミュニケーション能力が絶対的に必要


コミュニケーションは患者さんとだけ取ればいいものではありません。その家族とも
しっかりコミュニケーションを取らなければ、不測の事態を招いてしまいます。


介護施設などとの連携も強く求められ、精神科医の仕事は確実に増えています。


こうしたことから、これまで以上に指定医の需要が増えています。


もし転科するのであれば、豊富な症例を経験できる「 医療機関 」を選びましょう。
大学病院以外にも指定医が取得できる民間の医療機関は多くあります。



 カテゴリ
 タグ

精神科への転科で必要となるスキルとは?




■精神科医に必要不可欠なスキルとは?


精神科医は患者さんとのコミュニケーションが何より大切です。患者さんを内に向かわ
せないようにコミュニケーションを取りながら、患者さんの症状を把握していきます。


もちろん!他の診療科でもコミュニケーション能力は必要ですが、精神科へ転科するの
であれば、さらに一段上のコミュニケーション能力が必要になります。


しっかり患者さんとコミュニケーションをとって短期間で「 信頼関係 」を築くことが
できなければ、患者さんは二度と病院を訪れなくなってしまうからです。





■精神科医の活躍の場は確実に増えている


ここ数年、多くの企業が過当競争に打ち勝つべく、業務の効率化を図ってコスト削減を
進めたため、「うつ病」など心の病に苦しむ人が急激に増えています。


このため、企業側もこうした問題に危機感を感じているため、メンタルヘルスを診れる
医師を採用する傾向が強いです。実際に積極的に精神科医を雇用しています。


ですので、精神科医が活躍する場は年々確実に広がっています。





■安易な気持ちでは指定医の取得は困難!


医師として将来的なことを考えて、「 精神保健指定医 」を取得するために転科を希望
される方も少なくありません。いうまでもなく「 指定医 」の資格取得は重要です。


とはいっても「指定医」を取得するのは容易ではありません。


ですので、並々ならぬ決意が必要です。


指定医の有無で「診療報酬」や「救急搬送」への対応に差が生じますので、当然のこと
ながら医療機関からすれば、有資格者を積極的に採用したいと考えます。





■精神科への転科は女性医師にも人気!


仮に「指定医」を取得すれば、年収で200万円前後上乗せされますので、「内科系」
の医師よりも年収は高くなりますし、医師として内外の評価もぐんと高まります。


また指定医の募集についてですが、「外来のみ」から「療養病院」まで、仕事とプライ
ベートの両立を実現することができる案件が多いのも魅力の一つとされています。


仕事と家庭の両立を目指す女性医師にもぴったりです!



 カテゴリ
 タグ

精神科へ転科する医師が増えている理由




■精神科医の存在価値が高まっている


基本的に精神科では抑うつ症や神経症を中心に診療するのが主な仕事となります。


神経症には近寄りがたく暗いイメージが常につきまとっているため、残念ながら依然
として一般の人達に対して、あまりよい印象を与えていません。


そうした中で精神科はここ10年くらいの間にその存在価値を大きく高めています。
すでに日本では心の問題を無視することが出来ない社会になっています。





■神経症について


神経症は色々なものがりますが、代表的なものとして「 視線恐怖症 」があります。
人の目を異常なまでに気にしてしまい、次第に被害妄想が拡大していきます。


その過程がなにより耐え難く、非常に苦しいとされています。


また「強迫神経症」もここにきて急速に増えています。「強迫神経症」は、同じこと
を壊れたぜんまい仕掛けのおもちゃのように何度も繰り返してしまいます。





■精神科での治療につて


基本的に精神科を訪れる患者さんの多くが精神科医にすがる思いでやってきます。


ですので、精神科医は診察するにあたって人の目には見えない「心の病」に苦しんで
いる患者さんと真剣に向き合っていくことが非常に重要となります。


そしてある程度心を開いてくれたところで、一般心理療法や薬物療法、行動療法など
を用いて治療を行い、ゆっくり症状を緩和していく方向へと導いていきます。





■精神科医を社会が求めている


日本は先進国の中でも特に自殺率が高いです。また依然として学校でのいじめを原因
とした不登校・引きこもりなどの問題を抱え、年々悪化しているのが現状です。


しかし、残念ながらこうした問題は何も学校だけではありません。


一般の企業でもブラック企業と呼ばれる企業が急速に増え、社会現象となっています。
職場ではノルマや人間関係の軋轢などから心に問題を抱えている人が急増しています。





■精神科へ転科する医師が増えています!


こうしたことから精神科医は病院だけでなく、一般企業や学校でも必要とされる存在
となったのです。このため「精神科」の存在自体も高まっています。


人気精神科医の本はベストセラーとなり、日本全国で行われる講演会も大人気です。


また精神科は、他の診療科よりも、それまで身につけたスキルや知識を生かすことが
できるため、最近では色々な診療科から転科するケースが増えています。



 カテゴリ
 タグ

手術が嫌いだと眼科への転科は厳しい!




■眼科医として働く魅力とは?


眼科は、他の診療科よりも平均勤務時間が短いにもかかわらず給与水準が比較的高い点
が大きな魅力となっているため、眼科への転科を希望する医師が少なくありません。


しかし、眼科では新卒の医師を時間をかけて育てていく傾向が強いため、専門医資格が
ない医師が転科するのは容易ではありません。このため求人そのものが少ないです。





■コンタクト外来も縮小傾向へ


眼科業務の中でもコンタクトレンズの診療は大きな割合を占めています。言葉はあまり
良くありませんが、「高収益」をあげられる業務であるため、ドル箱的存在です


しかし、診療報酬改定が行われたことによって、規模が縮小したため、求人数も大幅に
減ることになりました。事実コンタクト外来の求人には応募が殺到します。


すぐに求人そのものが閉じられます。ちょっとでも出遅れるとアウトです。





■医師の偏在が進んでいる理由とは?


ここ最近の眼科を取り巻く環境についてですが、最初から眼科を専門科として選択する
医師が増えているため、「眼科」や「皮膚科」などに医師が集中しています。


医療機関の多くが医師不足でありながら、こうした医師の偏在が問題となっています。
ですので、生半可な気持ちでは眼科へ転科することは到底できません。


この分野を極めるくらいの覚悟で挑まないと採用側の心を動かすことはできません。





■手術が嫌いだと眼科への転科は難しい?


運良く転科を受け入れたとしても、スキルを磨くことを怠れば、そこで眼科医としての
キャリアは完全にストップし、その他大勢の中に埋もれることとなります。


そうした身分に甘んじてられるのもせいぜい数年です。すぐに目をギラギラさせた若手
医師に追い抜かされ、気がついたらただの「コンタクト屋」となってしまいます。


冒頭で申し上げたとおり、コンタクト診療に関する診療報酬改定がおこなわれたことに
より、この分野も安泰ではなくったので、手術が嫌いないな方は厳しいです。





■レーシック手術も過当競争の時代


高収入が得られることから「レーシック手術」に特化した眼科医を目指す方も多かった
のですが、すでに過当競争に入り、熾烈な価格競争が繰り広げられています。


このため他の疾患の研究も同時に行っていかないと、数年でキャリアは頭打ちとなって
しまいますで、転科した後のキャリアプランが非常に重要になります。



 カテゴリ
 タグ

眼科医として働く魅力について




■眼科への転科は容易ではない!


基本的に「眼科」は、他の診療科目のように専門医を取得していない医師を受け入れて
くれるケースは極端に少ないです。また人気が高いので求人数も極端に少ないです。


眼科へ転科することを目的として転職するのであれば、十分覚悟する必要があります。
医師の転職市場について全く知らないと、それ相当に痛い目にあうことになります。





■求人情報を常にチェックする


医師の先生は皆さん多忙ですから、自分の在籍している診療科以外のことをあまり良く
知らないため、根拠もなく医師の転職市場は「売り手市場」と盲信しています。


下手にのんびり構えていると、思うように「転職活動」が進まない可能性が高いです。
眼科への転職活動で大切なのは、やはり常に求人情報をチェックすることにつきます。


希望にあった求人先が見つかれば、迷わず行動しなければなりません。





■他の診療科よりもストレスが少ない


眼科医の就職先は小規模経営のクリニックから大型病院まで幅広いわけですが、眼科医
として働くメリットについてですが、他の診療科よりも色々な面で負担が軽い点です。


長時間に渡るような大規模な手術を行うことはありません。


コンタクト外来の対応業務であっても、身体的な負担がほとんどありません。


他の診療科よりも仕事上のストレスが比較的少ない点もメリットです。





■仕事とプライベートの両方を充実できる


また、眼科は基本的に夜勤などはほとんどありません。慣れてくれば仕事をこなす処理
スピードも上がりますので、勤務時間はご自身が想定する範囲内で収まります。


常に一つの仕事にかけられる時間を逆算して割り出し、それに合わせて精一杯働けば、
仕事とプライベートの両方を充実させることができます。これは大きな魅力ですよね。



 カテゴリ
 タグ

眼科医急増中!眼科への転科は難しい



■眼科医への転科が難しい理由とは?


眼科の転科についてですが、他の診療科と比べても求人数が圧倒的に少ないことから、
専門医を取得されていない方が転科するのは、正直非常に困難です。


もし仮に受け入れてくれる医療機関があったとしても、技術を取得するのが非常に困難
であるため、早い段階で挫折することとなり、また転科することになりかねません。





■新卒の医師を中心に育てる傾向が強い!


歯科医院などは町のいたるところにありますが、眼科は少ないですよね。


一般病院でも眼科は必ずありますが、その規模は決して大きくありません。そういった
状況にありながら、眼科医を目指す方が非常に多いので、競争が激しいです。


ですので、他の診療科で確かな技術と知識をみにつけた医師であっても、眼科の専門医
を取得されていない方をわざわざ迎え入れるようなことはしません。


医療機関の多くが新卒者を採用し、育て上げることに力を注いでいます。





■眼科の主な特徴について


眼科医は、眼瞼、結膜、角膜、水晶体、眼底、眼窩などの病気を診療するわけですが、
実際に行われる「 診療行為 」の大半は、基本的に検査が中心となります。


患者さんの症状に対して検査を行い、その結果に従って治療します。


また眼科医は治療だけでなく、手術までも自ら行います。高齢化が急速に進んだことに
よって、高齢者の間で「白内障」や、「網膜疾患」などが急増しています。


眼科で実際に行われる疾患の治療は、短時間で終わる手術が中心となっています。





■眼科医が増えている理由とは?


眼科は、外科系の診療科と同じように手術までも行いますが、外科医ほど過酷ではあり
ません。また患者さんが手術を受けて死にいたるケースは、まずありません。



このため、訴訟リスクも非常に低いですし、最初から眼科を専門家として選択する医師
が増えていることもあり、医師不足とは唯一無縁の状態となっています。


このため他の診療科よりも残業が圧倒的に少ない点も若い医師には魅力なようです。



 カテゴリ
 タグ

泌尿器科医の間で透析センターの求人に人気殺到!




■泌尿器科医として求められるスキルとは?


泌尿器科では、透析管理まで行える人材がここ最近強く求められています。


透析センターを併設する病院が増加傾向にあるため、今後さらにこうした傾向が強まる
可能性が高いことから、泌尿器科医は非常に将来性が非常に高いとされています。


事実透析センターでの勤務を希望する医師は年々増えています。





■透析センターの求人に応募が殺到!!


透析センターの求人が出ると、瞬時に応募が殺到します。


それくらい人気がすでに加熱している状態にありますので、もし転科して透析センター
で勤務することが出来れば、本当にラッキーですし、医師としての将来は明るいです。


しかし、実際に入職されたら毎日のように「病棟管理」や「外来処置」などに追われる
ことになりますので、そのあまりの忙しさに驚かれると思います。





■常にスキルアップが求められる!


手術では「腹腔鏡下手術」だけでなく、すでに「ロボット手術」が導入されている医療
施設も少なくありません。このため常にスキルアップが求められます。


泌尿器科医としてキャリアの選択肢を広げるためにも日々忙しい合間を縫って勉強しな
ければならないので、本当に大変ではありますが、確実に大きな財産となります。





■女性医師が強く求められている


そうした中で女性の泌尿器科医は非常に少ないです。泌尿器科を訪れる女性の患者さん
の多くが非常に恥ずかしい思いをしていますので、女性医師を求める声が強いです。


病院側も女性の患者さんが利用しやすいようにと、「 女性外来 」に限定した外来日を
別途設けたりするところも増えており、小規模経営のクリニックでも同様です。


実際に女性に配慮することによって、女性の患者さんを集客しているクリニックが増加
しています。今後こうした動きがさらに拡大することが予想されます。



 カテゴリ

泌尿器科医は透析管理のスキルが求められる




■将来性のある診療科


泌尿器科は、高齢化社会が進むにつれて需要が拡大しています。高齢者の中には頻尿、
尿漏れなどの排尿に関するトラブルや前立腺肥大症などの問題を抱える方が多いです。


そして、若年層の間では「 クラミジア 」などの性感染症を患うケースが増えています
ので、実際に泌尿器科は高齢者だけでなく、幅広い層に求められています。


今後これらが劇的に減少する可能性が低いので、将来性のある診療科の一つです。





■泌尿器科医に求められるものとは?


泌尿器科医は、基本的に何からなにまで自分ひとりで行わなければなりません。


他の診療科と連携する機会が極端に少ないので、診断にはじまり「治療・手術」まで、
全てに携わることになりますので、職場では何よりも創意工夫が求められます。


例えば「前立腺肥大症」など下半身に関する問題を抱えている患者さんは、「自信」を
失ってしまい、高齢ということもあり、内にこもってしまうケースが多いです。


ですので、コミュニケーションを取りやすい環境を自ら作らなければなりません。





■透析管理の重要性について


泌尿器科医は大規模な総合病院から街中にあるクリニックまで幅広い需要があります。
そうした状況にありがなら泌尿器科と透析施設を併設しているケースが多いです。


このため泌尿器科医求人の多くが「透析管理」までを行える医師が求められます。


もし泌尿器科へ転科するのであれば、将来的なことを考えて「透析管理」に関する技術
を学びなが、しっかりら高めることができる医療機関がよいでしょう。



 カテゴリ

専門分野を目指せば小児科医の未来は明るい!!




■小児科医の未来は明るい?


小児科医は、常にハードワークを求められるうえに、「 訴訟リスク 」が他の診療科の
医師よりも高いので、小児科医を目指す医師が少ない点が大きな問題となっています。


病院側も思うように医師を集めることができないため、小児科を閉鎖する病院が一時期
増えました。しかし、さすがに危機的状況を迎え、環境改善の動きが出ています。


過酷な労働条件を何とか改善し、プライベートと仕事のワークライフバランスを出来る
限り整えようと働きかけている病院が実際に増えていますので、未来は明るいです。





■過酷な状況はもうしばらく続く


しかしまだまだ小児科医と小児科をとりまく環境は厳しい状況が続きます。人工透析、
内科などに転科して小児科を去っていく医師も依然として多いです。


劇的に環境改善がなされるわけではないので、医師を集めても仕事が過酷なゆえ、すぐ
退職してまうといった、負のスパイラルに陥っている病院も少なくなりません。


特に小児集中治療室(PICU)は全国規模で施設が不足しているため、日本全国から患者
が搬送されることから、医師の労働環境は、さらには苛酷な状況です。





■小児科医として働く最低条件


しかしながら、「小児救急」は、誕生してからまだ日が浅いので、将来的に大きく成長
する可能性がありますので、早い段階で転科して、技術取得に励むのも一つの手です。


10年後には名医として小児救急の分野で権威になっているかもしれません。


もしも小児科医になるのであれば、子供が好きであることが最低条件です。やはり子供
嫌いでは、コミュニケーションが思うように取れないので、難しいです。


また、コミュニケーションが十分にとれない乳児や小さい子供の場合は、その子たちの
親御さんとコミュニケーションをとることになるので、信頼関係が何より大切です。





■女性医師の需要が高い理由とは?


子供たちを病院につれてくるのは、大半はお母さんです。


このためお母さんたちからは、男性医師よりも同じ女性である女性医師が好まれます。
このため産科や小児科は女性医師の確保に力を入れているところが増えています。


先に述べた通り小児科の環境改善する動きは全国的に広がっています。女性医師による
ワークシェアリングや短時間勤務によって各科を回す動きも広がっています。



 カテゴリ

小児科は慢性的に医師不足でブラック化が進む!




■小児科を取り巻く環境について


残念ながら多くの病院が「 小児科 」を閉鎖せざるえない状況に追い込まれています。
このため全国的に小児科は減少傾向にあります。しかし小児科医は不足しています。


また、小児科は一般的に15歳までの小児を診察の対象としているため、容態が急変し、
緊急搬送されることも多いことから、夜勤や当直が非常に多いです。


最近は「訴訟件数」が産科と一二を争う状況にあるくらい訴訟リスクが大きいです。





■「子供が好き」では務まらないい


こうした問題があるため、「小児科医」になる医師の数も減少しています。このため、
小児科医が不足することとなり、小児科医一人あたりの負担が大きいです。


内科医の先生の中には「子供が好き」といった理由で、小児科への転科を希望する方が
少なくありません。しかし、そうした安易な気持ちで務まる科ではありません。





■小児科は慢性的に医師不足


特に小さいお子さんは、診察のさいに医師の言うことを聞いてくれないケースが多く、
ちょっとしたことですぐに泣き出したりするので、診察時間が取られます。


また、「医師不足」をカバーするために少ない人数で外来と入院を担当しなければなり
ませんので、日々激務となり、嫌気して小児科を去る医師が後を絶ちません。


補充したくても医師の確保が思うようにいかず、慢性的に医師不足に陥ってます。



 カテゴリ
 タグ

産科は圧倒的な売り手市場




■産科そのものが減少傾向へ


産科は訴訟リスクが一番高い科であるため、産科医になろうとする医師の数が減少する
だけでなく、産科そのものを閉鎖してしまうケースが現実に増えています。


都市部ではそうした弊害はあまりみられませんが、地方では本当に深刻な問題です。


すでに車で数時間かけて他県で出産しなければならないケースが現実に増えています。





■訴訟リスク対策の効果について


さすがにこうした問題を「厚生労働省」も見てみぬふりをするわけにもいかないため、
過失の有無に関係なく、補償金が支払われる「無過失補償制度」を導入しました。


これはあくまでも訴訟リスク対策として導入されたわけですが、問題が多すぎます。


というのも 重度脳性麻痺の一部にのみが適用となっているからです。 それでも導入前
期待する声も大きかったのですが、導入後はすっかりトーンダウンしています。





■なぜ女性の産科医は増えないのか?


産科を訪れる患者さんは当然のことながら全て女性です。


しかも圧倒的に妊婦さんと接する機会が多いわけですから、同性である「 女性医師 」
に適した診療科であるため、女性の産科医が増えることに対する期待は大きいです。


しかし、女性医師の場合結婚・出産後は家庭と仕事の両立が非常に困難です。


復職しても非常勤で勤務するケースが殆どです。


結婚直前まで産科医として勤務していた場合でも、出産後は外来で婦人科や不妊治療科
だけを担当し、そのまま産科に戻らないケースも多いのが現状です。





■産科の今後の展望について


残念ながら現状では産科への転科を希望する医師はほとんどいません。


反対にあまりにも激務であるため、産科を見限って内科や精神・神経科、麻酔科などに
転科する医師が少なくありません。産科医の減少に拍車をかけている状態です。


今後は出産して子育が一段落した女性産科医をどれだけ引き戻せるかにかかってます。


そのためにも女性医師が働きやすい環境を病院だけでなく、国をあげて取り組まなけれ
ばなりません。そうした芽は今のところ小さいですが、確実に育っています。



 カテゴリ

産科医と産科を取り巻く厳しい現状




■産科医不足が危機的状況に!


医師不足といわれる中で最も深刻な診療科の一つに「産科」があげられます。


産科は新しい生命が誕生する場であるため、テレビのドキュメンタリー番組などでも、
産婦人科は頻繁に取り上げられることが多いですが、色々な問題が潜んでいます。


とにかく産科医が不足しています。とくに地方では危機的状況にあります。人手不足
をカバーするために、多くの産科医が過酷な労働を強いられています。





■訴訟件数が他の診療科の約3倍


表向きに公表されている1ヶ月の「平均労働時間」は何と「340時間」です。地方
では500時間を大幅に超えているところもあるので、その深刻さが伺えます。


現状では「法定労働時間」よりも大幅に超過しています。


しかし、産科医が大変なのは長時間労働だけではないんです。


「訴訟件数」が他の診療科の約3倍とされています。それだけ訴訟リスクが高いわけ
ですから、「これでは割にあわない」と思うのが当然です。





■産科そのものが減少している?


ここ数年「出産」に立ち会った担当医が業務上過失致死罪などで訴えられるケースが
急激に増えていまして、今後さらにふえる可能性が高いとされています。


といいますのも、テレビなどの大手メディアの偏向的な報道によって病院側が「巨悪」
に仕立てられているため、知らず知らずのうちに不信感が植え付けられています。


産科医を目指す医師が減少している中で産科を休止する医療機関が増えています。
このままでは出産するためだけに他県に引っ越すなんて時代が来るかもしれません。



 カテゴリ
 タグ

循環器内科はさらに活躍の場が拡大する




■単なる憧れでは働けない?


循環器内科は、外科系、内科系の医師の転科先として非常に人気が高いのですが、その分
職場における競争も非常に激しいため、単なる憧れだけでは到底務まりません。



また循環器内科は内科系診療科の中でも一二を争うくら忙しいので、当然のことながら、
目的意識をしっかりもって日々の業務に取り組む必要があります。





■循環器内科の医師はとにかく多忙


循環器内科に勤務する医師の先生方は常に時間に追われるように働いています。


例えば外来や、カテーテル治療、その他の検査、入院患者対応、即入患者対応、救急対応
などを臨機応変に対応しながら、レセプトや診断書など事務仕事も沢山あります。


「カテーテル」が何件も続いてしまうと、食事すらまともにとれません。


また、循環器内科は心筋梗塞や心不全などによる救急、急変も非常に多いです。


オンコールじゃなくても、受け持ち患者が急変すれば真夜中であっても叩き起こされます。





■専門医の道は開かれていない?


そして、「病院ランキング」や「名医ランキング」といったメディア情報を参考に特定の
医師に殺到する傾向が強いため、医師として経験を積むことが容易ではありません。


このため専門医を志して循環器内科に転科しても、専門医への道は開けていないのが現状
です。このため転科するさいには、この点に関しても確認する必要があります。





■総合的な循環器内科医が求められる?


数年前まで急性期病院では「心臓カテーテル」関連の人材が求められていました。


当時は「心臓カテーテル」だけを専門的にやっていれば良かったのですが、状況が大きく
変化した今、「心臓カテーテル」を含む総合的な循環器内科医が求められています。


「心臓カテーテル」だけやりたい医師は、今後キャリアの選択肢を狭めてしまう可能性が
高いとされていますので、この点に関してもしっかり意識する必要があります。





■今後さらに活躍の場が拡大する?


循環器内科は、他の診療科や健診施設とも提携するケースが年々多くなっていますので、
心臓以外の分野に関する研究について強い興味があれば、やりがいがあります。


当然病院の内外で信頼が高まりますので、医師としての活躍の場はさらに拡大します。



 カテゴリ

循環器内科は転科先として人気の高い!




■循環器内科は人気の高い転科先?


ハードで長時間にわたる困難な手術を長年にわたって行ってきた「外科医」の先生方も、
残念ながら、いつかはメスを置かなければならない時が必ず訪れます。


そうした中「循環器内科」を転科先として選ぶケースが少なくありません。


狭心症や心筋梗塞などのカテーテル検査や治療を行うのえすが、心筋梗塞の突発的な発作
に襲われた患者さんが頻繁に緊急搬送されるので、循環器科医の先生は大変です。





■循環器内科の仕事は超ハード?


「緊急カテーテル治療」のため、真夜中でも容赦なく叩き起こされます。患者さんの容態
が急変することも多いうえに、急死するケースも少なくないので本当に大変です。


冬は寒さが厳しくなると心筋梗塞の患者さんが増えます。また夏は猛暑による脱水で心筋
梗塞の患者さんが増えるので、とにかく循環器内科は一年を通じて忙しいです。


昔は循環器内科は外科医の先生方から低くみられていたのですが、現在では循環器内科を
目指す医師が逆に増えています。医師の数も内科系では最も多い診療科です。





■転科する前に認識すべきこととは?


そして、「心臓カテーテル」は技術が物をいう世界です。良くも悪くも「職人」タイプの
医師が多いので、同じ職場のスタッフと衝突することも少なくありません。


また、カテーテルは事故発生率が高いので、「ヒヤリハット」の報告事例も多いです。


「 労作性狭心症 」のように、患者さんに大きな負荷をかけないと症状を断定することが
できないギリギリの検査も多いですし、「緊急対応」が頻繁にあります。


循環器内科は人気の高い転科先ですが、この点にいつて十分認識する必要があります。



 カテゴリ

内科へ転科する前に知っておきたい裏事情




■内科は全ての診療科の基本


転科先として最も多いのが内科です。内科は全ての診療科の基本となります。


病気を患った患者さんがまず最初に受診してプライマリーケア(初期治療)を受けます。
内科には以下のとおり、複数の「 専門医療 」が存在しています。


(1)「 循環器科 」

(2)「 呼吸器科 」

(3)「 消化器科 」

(4)「 感染症科 」

(5)「 腎臓・内分泌科 」

(6)「 糖尿病・代謝・内分泌科 」

(7)「 アレルギー科 」





■内科医はなぜ忙しいのか?


このため内科医は 「頭痛」、「胃炎」、「高血圧」、「糖尿病」など、幅広く診療しな
ければなりません。しかも限られた時間内に的確な診断をしなければなりません。


内科を訪れる患者さんの症状は幅広いです。中には診察を受ける必要がない人もいます。
また、しっかりとヒアリングしているつもりでも症状が分からないことも多いです。


このため相当時間が取られてしまうので診療時間内に外来診療が終わらないことも少なく
ありません。病院の全診療科の中でも、一二を争うくらい忙しいです。





■内科医へ転科するなら?


内科医は、患者さんの話をしっかりと聞く温厚な性格の方でなければ到底務まりません。
患者さんと向き合いながら色々なことを聞きだすので、相当な忍耐力を要します。


内科は転科先としては最も人気が高いです。あらゆる診療科の医師が転科をしています
ので、本気で転科するのであれば専門医になるまでのキャリアプランを構築します。


そして転科を確かなものにするためにも、過去に沢山の医師の先生方を転科させている
医師転職サイトを利用するのが得策です。悩む前にまず相談してみましょう!!



 カテゴリ
 タグ

転科して専門医になれるのか?




■転科を実現するまでには山あり谷あり


どんなに強く「転科したい」と思っても、実際に行動に移すとなると簡単ではありません。
実現するまでに生じる沢山の「壁」を自ら乗り越えていかなければならないからです。


どんなに悩み苦しんだとしても、当然のことながら何もしなければ何も起こりえません。
ですので、まず具体的な「転科する目的と目標」を明確にする必要があります。





■常に不安がつきまとう


しかし、その前の段階でどうしても、転科した後のことを考えて不安になります。


「 ゼロから知識や技術を身につけられるのか? 」、 「 専門医・認定にになれるのか?」
といった不安な思いは職場の人に相談することが出来ないので、簡単にぬぐい去れません。


すんなり諦められるのであれば楽なのですが、そうもいきません。





■転科して専門医になれるのか?


まず転科先で新しい知識や技術の取得に関する問題についてですが、 今現在在籍している
診療科において、「これまでどのように取り組んできたか」が、その答えになります。


やる気もなく、嫌々仕事をこなしてきたのであれば、 転科先でも同じ状況を迎えることで
しょう。そして、また他の科への転科を考えるかもしれませんが、その時は手遅れです。


反対にこれまで「一生懸命」頑張ってきたのであれば、 転科先でも同じかそれ以上の情熱
を持って努力を惜しまずに取り組めば、時間はかかっても必ず専門医になれます!





■専門医の重要性は年々高まっている


専門医資格を取得するためには規定の症例数など明確な基準があります。


勤務している医療機関の指導体制の質も問われます。一人の医師がどんなに頑張っても人材
を育てようとする意識が低いところで立派な医師が育つはずもありません。


こうした問題も大きな壁となります。しかし、専門医資格の重要性が年々高まっているので、
医師としての可能性をさらに高めるためにも、専門医資格の取得は不可欠です。





■指導体制がしっかり整備されているか確認する


転科先の診療科で専門医資格を取得できるかどうかもしっかり見極めなければなりません。
そのさいに以下の点が重要になりますので、必ず確認するようにしましょう。


■過去に転科したを採用したことはあるか?


■転科した医師を対象とした個別の専門医取得プログラムの有無?



本気で転科するのであれば、必ず医師転職サイトを利用しましょう。こういった情報なども
迅速に調べてくれますので、自分の仕事にしっかり専念することができます。



 カテゴリ
 タグ

医師が転科を決意した理由について




■最も多い転科を決意した理由


別の診療科に転科する理由として多いのが、「別の診療科に興味をもった」です。


「今いる診療科で本当に良いのか?」という自問自答を重ねたうえでの答えなので、
ようやく自分がやってみたいと思ったわけですから、至って前向きな理由です。





■スムーズに転科できるケースとは?


最近の例では脳神経外科医の先生が、 脳卒中の後遺症に苦しむ多くの患者さん達と
実際に接しながら、リハビリテーション科に興味を持ち、転科を決意しました。


これまで培った経験がしっかり活かせるのでスムーズに転科されました。





■多くの外科医が転科する理由とは?


御存知の通り脳神経外科医は、とてつもなく長時間にわたる高度な手術を常に行わ
なければなりません。肉体的にも大変ですが、精神的にも非常に過酷です。


万一ミスが生じてしまうと、訴訟を起こされるリスクがあります。


また医療技術の進歩が凄まじいため、年々外科医に求められる患者側のハードルが、
高まっていますので、訴訟リスクは今後さらに高まることでしょう。





■関連性の低い診療科に転科する際の注意点


しかし、別の診療科に興味を抱いたとしても、 今いる診療科と関連性が低い場合は、
当然のことながら、これまでの経験が評価されることはほとんどありません。


つまり完全にゼロからのスタートとなります。給与も確実にいまより下がります。


またストレートで後期研修医として勤務する「20代の若い先生と同じ扱いを受けて
耐えられるか?」も、実際に転科を決意するにあたって重要な課題です。





■同じ間違いを繰り返さない!


今いる診療科と関連性が低い診療科に万一転科できたとしても、上述したような問題
にプラスして、数年後まったく同じような壁にぶつかる可能性があります。


転化した診療科においても医師としての限界を感じ、同じように他の診療科に興味を
抱いたとしても、その段階では年齢的にも転科できる年齢ではないかもしれません。


もし転科するのであれば今まで築いてきたキャリアを活かせる転科を目指すべきです。
そのためにも、今いる場所で前向きに働く姿勢が何より大切だと思います。



 カテゴリ
 タグ

転科に成功する医師は全体の2割以下




■転科するのは簡単ではない


医師の先生方の中には長い医師生活の中で様々な理由から、一度や二度は専門科目を
見直す機会が訪れるようです。しかし実際に転科するとなると本当に大変です。


医師の仕事に限らず、どんな仕事でも実際にやってみないと分かりませんから、当初
考えていた通りに事が進むことの方が少ないため、色々と迷いが生じて当然です。


30代半ばくらいまでは、若さもあって苦しみながらも何とか乗り切れます。しかし、
40歳前後になると、体力がガクンと落ちるので次第に不安を感じはじめます。





■転科する背景にあるものとは?


転科するケースについてですが、外科から内科への転科が圧倒的に多いです。


外科の中でも心臓血管外科と脳神経外科は手術において常に高度な技術を要しますし、
どんなケースでも手術は長時間にわたるので相当の体力がなければ到底務まりません。


このため外科医の先生方の多くが40歳前後になると、医師としての将来に不安を感じ
ます。悩みに悩み抜いた挙句に内科系の診療科に転化するケースが多いです。





■転科する医師は全体の2割以下


「 日経メディカル 」が現役医師を対象に独自に行なった調査によりますと、
過去に転科した経験のある医師は、16.7%に達していたことが明らかになりました。


また、今現在転科を考えている・過去に考えた医師は、18.3%となりました。


これが多いか少ないかは別として、若い世代の医師が大きな割合を占めています。


やはり転科した後に専門医取得などを考慮すれば、できるだけ沢山の症例を経験する
必要があるため、若いうちに転科したほうが得策と考えてのことのようです。



 カテゴリ
 タグ

優秀な医師が転職に失敗する理由とは?




■優秀な医師でも病院側の評価は低い?


10年くらい経験をつめば、どの診療科でも「一人前の医師」として認められるわけですが、
ここで止まってしまう医師と、さらに貪欲なまでに進化し続ける医師と大きく分かれます。


その差は何でしょうか? 私が見てきた限りでは、「患者さんのため」にと、毎日頑張ってる
医師の先生は、目的・目標がブレることがないため、進化し続ける傾向が強いです。


こうした先生は、 当然のことながら患者さんからの評価も「 非常に高い 」のが特徴です。
しかし、残念ながら必ずしも病院側の評価が高いとはいえないケースが多いです。





■理想の職場を求めて転職することに...


医師の仕事に対する意識が非常に高くて、患者さんへの思いが強すぎる医師の先生は、
下手をすると疎んじられてしまいます。まったくおかしな話ですが、事実なんです。


とにかく「最高の医療」を提供するためにスタッフ一丸となって患者さんに対応することを
誰よりも真剣に考えているため、病院の中で衝突することも少なくありません。


病院の経営陣とも妥協せずに自分の正しいと思うことを伝えるため、衝突することになる
わけですが、遅かれ早かれ理想の病院を求めて一度は転職することになります。





■求人先の面談でも衝突してしまう?


しかし、転職といっても確かなキャリアがあってのことですから、求人先の病院で各施設
を見学したうえで面談を受けるにあたって、いきなり衝突してしまうケースもあります。


例えば 「医療機器が古い」「マンパワーが足りない」「施設全体が老朽化しすぎている」
といったことを、いきなり院長に対して言ってしまったら衝突しないほうが不思議です。


当然のことながら、どんなに医師不足に苦しんでいる病院でも、面談でこのような物言い
をする医師を採用することはありませんので、多少のことは目をつぶる必要があります。



 カテゴリ
 タグ

優れた医師ほど組織で生きづらい理由




■医師として人として優れているから許せない


どこの病院にも正義感が強くて人間味あふれる医師の先生が必ずいます。こうした先生は、
総じて患者さんへの想いが強く、より高い医療的ケアを行えるように日々努力しています。


このため、病院側のシステムについて強い憤りを感じている方が少なくありません。


とくに外科医の先生方に多く見受けられます。これには理由がありまして、内科の場合は、
外科のように手術がありませんので、医師の先生の診療によって解決できます。





■外科医が苦しめられるジレンマとは?


しかし、手術がどうしても必要となる診療科では、 手術前から手術完了までをしっかりと
管理し、手術後のリハビリ、退院したあとの対応までに沢山の従業員が携わってます。



このため、 一人の医師の先生だけでは、到底患者さんを診ることができません。病院側の
「 管理体制 」がしっかりしていなければ、提供する医療サービスの質にモロ影響します。






■効率化を求める病院の実情について


あまりにも経営安定化を優先しすぎて、徹底的に効率化を推し進めてしまうと、従業員一人
あたりの負担が大きくなるので、職場全体が重々しい雰囲気となってしまいます。


そのような状況では、患者さんに満足な医療サービスを提供できません。


こうした問題をどこの病院も大なり小なり抱えています。日本国内にある約8000の病院
のうち半分以上が赤字経営にありますので、仕方がない部分も確かにあります。





■優秀な人ほど組織で生きづらい


病院側の理由はどうあれ、こうしたことに不満を持つ医師の先生は少なくありません。特に
人間性に優れている患者さん想いの先生は、例外なく憤りを感じています。


必然的に経営陣と対立してしまいます。そして、自分が理想とする職場へ転職するにしても、
院長と折り合いがつかなければ採用される可能性は一気に低下します。


医師として優秀で人望も厚いのに組織で生きづらいという皮肉な現実があります。



 カテゴリ
 タグ

転科を途中で諦める医師が多い理由とは?




■転科を志したら...まず相談!


どうしても転科を試みるのであれば、まず医師転職サイトの「 キャリアコンサルタント 」に
相談するのが一番です。確かな情報をもとに適切なアドバイスを受けることができます。


例えば皮膚科や耳鼻科から内科への転科を希望される場合、再度やり直すことになりますので、
相当の覚悟がなければ、実現するのは難しいです。当然年齢に関しても大きな壁となります。





■何度も自問自答する!


キャリアコンサルタントと一緒にこれまでのキャリアを振り返りながら、今後どうやって取り
組んでいくか考えていきます。まず実現可能なことから手をつけていきます。


まず最初はキャリアコンサルタントに転科可能な病院を出来るだけ広範囲に探してもらいます。
そして、受け入れてくれるところがあれば、施設見学を兼ねて面談することになります。


これだけでも本当に大変なことなので、 「転科するのが本当に自分のやりたいことなのか?」
「何がなんでも転科しなければならないのか?」何度も自問自答してほしいところです。





■30代後半に入ると難しい?


30代も後半に入ると転科を受け入れてくれる病院は少ないのが現状です。40歳目前で研修し
直しとなると、問題となるのが、20代の医師と一緒に研修を受けることとです。


研修現場における自分の立場を理解し、極力「低姿勢」に振る舞ったとしても、どうしても組織
としてのバランスが崩れますので、慣れるまでは本当に大変なので、相当の覚悟が必要です。





■途中であきらめるケースが多い?


なぜ再三にわたり「相当の覚悟が必要」と申し上げているかといいますと、転科を受けれてくれ
る病院を探すのは本当に容易なことではないからです。くどいようですが本当に大変なんです。


そうした状況の中で、キャリアコンサルタントが本当に大変な思いをしながら転科を受け入れて
くれる病院を探しだしたとしても、途中で考え直す医師の先生が少なくありません。


面談を受けた後なら、まだ分かるのですが、ようやく面談までこぎつけたのに、その段階で諦め
てしまわれると、手配する側もがっかりします。相手があることなので、慎重にお願いします。



 カテゴリ
 タグ

医師の転科が簡単なケースと難しいケース




■だれでも一度は転科を考える?


医師として長いこと働いていれば、「 これが(今いる診療科での仕事)本当に自分がやり
たいことなのか?」と、一度や二度は誰もが思い悩むことでしょう。ある意味当然です。


満足してしまったら人は成長できないからです。そうしたことも成長するために必要です。


しかし医師の先生の中には、それまでのキャリアを捨てる人もいます。転科することにより、
医師として別の道を新たに模索するわけですが、これが思いのほか大変なんです。





■転科が可能なケースとは?


実際に過去に転科された多くの先生方が大変苦労されています。


中には色々な理由があって、やむにやまれず転科される医師の先生もいらっしゃいます。


理由は人それぞれ異なりますが、実際に転科するにあたって、転科しやすい科目としにくい
科目があります。外科から内科は比較的転科しやすいのですが、その反対は難しいです。





■外科医が内科に転科する理由とは?


外科で長年にわたって勤務されていた医師が、50歳くらいになると肉体的にも精神的にも
負担が大きい手術をやめて内科に転科されるケースは珍しくありません。


外科である程度長期間にわたって勤務すると術前、術後の全身管理を行う関係から、必然的
に内科に関しましても、ある程度の経験を同時に積むことができるためです。


しかし、内科医は手術に携わることはほとんどありませんので、内科から外科に転科された
経験のある医師を見たことも聞いたこともありません。それほど転科するのは難しいです。





■その他の転科が難しいケースについて


そして皮膚科や耳鼻科のようなマイナーな科目から内科のようなメジャーな科目に転科する
のも非常に困難です。それまでのキャリアを全て捨てる覚悟なければ難しいです。


ほぼゼロから勉強する必要があります。 こうして口で言うのは簡単ですが、 実際にやると
なると想象を絶するくらい大きな負担になるため、大半の方が思いとどまります。



 カテゴリ
 タグ

女性医師が多い診療科目とその理由




■女性医師が多い診療科目とは?


女性医師が多い診療科は、1位:皮膚科、2位:眼科、3位:小児科となっています。


逆に女性医師が少ない診療科は、 1位:泌尿器科、2位整形外科、3位:外科となってます。
女性医師は年々増加傾向にあるため、どの診療科にも女性医師は存在します。


女性医師を医師不足解消の起爆剤として期待する声は非常に大きいのですが、結婚をきっかけ
に離職するケースが多いうえに復職後も常勤での勤務が困難であるため現状では難しいです。





■女性医師が診療科目を選ぶ背景について


女性医師が多い診療科の特徴についてですが、女性医師の多くが自ら医師を志して医師になる
ケースが少なく、また女性ということで親の病院を継ぐケースも、さほど多くありません。


学業優秀であっため、教師や両親から勧められて医師になるケースが圧倒的に多いため、結婚
した後のことを考えて、手術などで長時間拘束されるようなハードな仕事を好みません。


また急な呼び出しもほとんどない「 皮膚科 」、「 眼科 」に女性医師が多です。そして同性
の患者さんが多いということで、産婦人科や小児科も女性医師が多いです。





■ライフスタイルに合わせて働く傾向が強い


女性医師の多くが結婚や出産しても勤務しやすい診療科を選ぶ傾向が強いです。自分のライフ
スタイルにあった働き方を求めるので、医師不足解消の起爆剤として期待できません。


例えば皮膚科はスキンケアを含め、女性であれば興味が無い人の方が少ないので、美容皮膚科
などを含め、皮膚科は女性が入りやすい診療科の一つであることは間違いありません。





■キャリアチェンジは簡単ではない


しかし、問題なのは医師としてある程度キャリアをつむと、いつしか物足りなさを感じてしま
うため、違う診療科目でキャリアの再構築を図ろうとする方が少なくありません。


実際に診療科目をシフトするのは容易ではなく、転職するうえで大きな課題となってます。



 カテゴリ

医局員確保のためなら何でもやる?




■医局員の確保に必死


2004年に新しい臨床研修制度が施工されたことによって、自由に研修先を選べるように
なったのですが、これにより医局に残らない医師が一気に増えてしまったのです。


このため医師不足を加速させてしまい、地域によっては深刻なレベルにあります。


大学の医局側も派遣する医局員を確保するために必死です。





■至れり尽くせりに戸惑う?


医局では人材確保のために当然試験や面談を行いますが、就活で苦労している一般の学生が
知ったら怒り狂うのではないかと思うくらい非常に恵まれています。


一般的に就職や転職における面接は、面接者が威圧的な態度で挑むケースが多く、求職者は
常に小さくなっていなければなりませんが、医局の面談はこうした雰囲気にはありません。


終始なごやかな雰囲気の中で行われますし、場合によっては学生では到底利用できないよう
な高級料亭や高級イタリアンなどを利用して一席設けるケースもあります。





■接待で研修先を決めると後悔することも


実際に医局員が研修医をお酒の席(二次会)で必死に勧誘している姿を何度か見ています。


研修医の多くが後期研修を「民間病院」、「大学医局」のどちらで受けるかで頭を悩まされ
るわけですが、医局員の猛烈アプローチに後押しされて、医局を選ぶ人が少なくありません。


それだけ医局側の接待には効果があるということです。しかし後になって「給料が安すぎる」
「下働きばかりで嫌になる」と愚痴をこぼされる方が多いのもまた事実なんです。



 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます